0000257454 00000 n

0000002462 00000 n © Copyright 2020 社会人の教科書 All Rights Reserved. }��G���cO�b�P�K �P�,&�*{h��^�B�������2]����f�_�S=�. <<513782A042DEFB49A0F0C247218368B5>]>> 396 0 obj <> endobj � 9�DXS�����_U����� �w���~�֓1]�Ɠ�3��{�#Xw�a8����5:Y�s fj�V���`�B�N �Hd���D����� !�Ʈ0� j����@�Hd��T�"�'��O^�o@8PL�,1yA��� �[���G"��:� 2.�` 7goV 0000000629 00000 n 0000002050 00000 n 「いただく」と「頂く」の違いをふだん意識して使いわけているでしょうか。今回は「いただく」と「頂く」の意味と使い方の違いをご紹介します。よく使う言葉であるからこそ正しく使えるようになりましょう。小さいことの積み重ねが常識のある社会人への近道です。 0000002872 00000 n 0000001835 00000 n 0000001656 00000 n 0000002425 00000 n trailer 0000257751 00000 n 0000007829 00000 n endstream endobj 397 0 obj <> endobj 398 0 obj <> endobj 399 0 obj <>/Encoding<>>>>> endobj 400 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 401 0 obj [/ICCBased 406 0 R] endobj 402 0 obj <>stream 記載されている内容は2017年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, ひらがな表記の「いただく」と漢字表記の「頂く」には、意味に違いがあり、使い分けが必要なことをご存知ですか。「いただく」のようにひらがな表記する場合の意味は、補助動詞の役割があるときにひらがなで表記します。, 「お越しいただきまして、ありがとうございます」「ご覧いただけますようお願いいたします」といった使い方の場合は、「いただく」は、補助動詞として使われています。補助動詞の「いただく」は、文部科学省によってひらがなで表記すると定められています。ビジネスなどでもこのような使い方をすることが多いですが、この場合の「いただく」はひらがなで書くのが正しい使い方です。, 「もらう」「食べる」「飲む」という言葉の謙譲語として使う場合は、漢字の「頂く」を使用します。「いただく」という言葉を漢字にしてしまいますと、「もらう」「食べる」「飲む」という意味の言葉になってしまうということです。「頂く」と漢字で表記する場合は、「先輩からお祝いの品を頂きました」「デザートを頂いてもよろしいですか」のように、何かを食べる、飲むという時や、人から何かをもらった時の謙譲語の敬語として使う場合に「頂く」という漢字を使います。, 公文書における漢字使用の決まりについて内閣府で決められています。補助動詞の「いただく」という言葉がひらがな表記されるということも、この公文書の漢字使用の決まりに基づき、そのルールによってひらがな使用をするということです。公文書を作成する際の漢字使用のルールにより、「いただく」と「頂く」のように、漢字表記をしない言葉があります。たとえば、「おって(追って)」「かつ(且つ)」「ただし(但し)」「そのほか(その他)」「できる(出来る)」などです。公文書を作成する時に、これらの言葉が出てきた場合は、「ひらがな」表記することが決められています。, ビジネス文章で、この文字は「ひらがな」表記が正しい、「漢字」表記が正しいというマナーがあるのは、公文書作成時の漢字使用の決まりが基準になっています。ビジネス文書は、公文書ではありませんので、公文書作成の漢字使用のルールではない使い方をしても特に問題はありません。ビジネスマナーとしての漢字の使い方として、この公文書作成の漢字使用の決まりが基準になっていることがあるため、使い方の間違いを指摘された場合は、直すようにすると良いでしょう。, では、漢字の「頂く」と「戴く」には、どのような意味の違いがあるのでしょうか。「戴く」という言葉には、「頭にのせる」「上の者として敬い仕える」という意味があります。このことから、「戴く」を使う時は、非常に高価なものをいただいた時や、名誉な賞などをいただいた時に使われています。何かを「いただく」という意味の言葉に「頂戴する」という言葉がありますが、この言葉にはいただくという意味の「頂」と「戴」の両方の漢字が使われています。「食事をいただく」の場合は、「頂く」を使いますが、「国民栄誉賞をいただきました」の場合は「戴く」を使います。この2つを重ねて使うことで、目上の方などから何かをもらった時などに、「頂戴いたします」などのような言い方をします。しかし、「戴く」という漢字は、常用漢字ではないため、あまり使われる事がありません。, 「休みをいただく」という場合は、どの漢字が正しいのでしょうか。この場合、「いただく」という言葉を謙譲語ではない表現に直すと、「休みをもらう」「休みをもらっている」になります。「もらう」という言葉を謙譲語にすると、「頂く」になりますので、「休みをいただく」場合は、「休みを頂く」の漢字を使うことが正しいということになります。, 「お金をいただく」も同じように謙譲語ではない表現に直しますと、「お金をもらう」になります。休みの時と同様になりますので、「お金を頂く」という使い方が正しい使い方ということです。, 「食べる」「飲む」の謙譲語が「いただく」ですが、「食べる」「飲む」の謙譲語のいただくも「頂く」という漢字を使います。, ウラナルは、無料で簡単に出来る占いから有名な先生による本格的な占いまで充実したコンテンツをお届けし皆様の幸せに貢献するメディアです。. 0000002737 00000 n 「いただく」と「頂く」の正しい使い分け方と違いについて 「いただく」と「頂く」の違い 日本語での「イタダク」という言葉には、主に「いただく」と「頂く」の二つの表記が使われます。どちらも同じ意味を表していそうですが、実際に… 」「ご覧いただく」などの表現が可能です。 補助動詞として使用する場合は、ひらがなを使用すると、文部科学省が指定しているので、ひらがなの使用が正しいといえます。 「頂く」「戴く」「いただく」の使い分け方

411 0 obj <>stream xref 0000001998 00000 n startxref 0000002179 00000 n %%EOF x��UihA~��Mv�֤IlS��j�*նT�J�DփjiR�JRZ�R/�aTl�J���XQ��'�ね"��������Ctv'Mv�T�0����7�{�� ���b� $p�!q>(y���`�~:�3��F�Z�ֻ3��h ��#���՘kԻ�|��;f�����K�ƹ�� 6�Fcm3�۽9|�;7��}��!z���Lf.s�qQ������'_�f�f���D�am\���骙N'��iE��\��/���FYPa3���@F��} ɺ�'v�Fr&��d֡�]�������/[d�zR��uU-}�����E{Eu�w2��(��{4%គ�}%�mW�3.����St[�3ϵ�Z���U�IOA[�1���D��:$p�T�h{g��v��$� �1Rp8�)�-��S� ���v�����$�L�?Y�E��Ʃ�{�������Ũ�Do 0 0000000016 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000010578 00000 n

H�E�� を経て,文部科学大臣に答申された。 なお,ここまでの敬語小委員会及び敬語小委員会ワーキンググループ(敬語小委員会「 主査検討会」を含む)の開催回数は計54回に上る。。 <従来の建議・答申との関 … endstream endobj 410 0 obj <>/Size 396/Type/XRef>>stream 0000007907 00000 n s�y�����*����a�=��sR��c���F_|_�|Us�u��'U5�_����s���}y���j�\ӿq��&�h��FQ9r�&����R|�����Є��׆=n?zb�W��ԟ��]��HV��R�k7�/L(�$�{?RT�I�G�=�>�NNXw��ƈ�����؝1J���/�Q��;�^y(e����������l��rW���e�SayeB�:���L�BZwHe��>�O�����>^SH]Qͧ$�(q�F5eJ%��J�� ひらがなの「いただく」と漢字の「頂く」には意味の違いがあることをご存知ですか?他にも「いただく」と「頂く」のように、本来はひらがなで表記するものに、漢字が使われていることがあります。「漢字表記」と「ひらがな表記」の意味や使い分けについてご紹介します。

396 16

x�bbz�����8�f�;� ` ou9 「いただく」には、「自分より上のものを敬って迎える」、「あたまにのせる・かぶせる」といった意味があります。また、「もらう」の謙譲語や「食べる・飲む」の謙譲語としても使われます。その他、「苦労もなく手に入れる」(この試合は頂いたも同然だ)、「しかられる」(お小言を頂く)といった意味もあります。 日本語での「イタダク」という言葉には、主に「いただく」と「頂く」の二つの表記が使われます。どちらも同じ意味を表していそうですが、実際には明確な違いが存在します。 まずはそれぞれの意味について見ていきましょう。, ひらがなで「いただく」と書く際は、補助動詞として使う場合が主です。補助動詞とは、文章の付属として補助的な意味を持つようになった動詞のことで、補助動詞をひらがなにすることは、文部科学省の定めによります。, 「いただく」の場合は、言葉の後ろに付くことで、「何かを~してもらう」という意味を持つようになっています。具体的には、「お越しいただく」「お呼びいただく」「ご覧いただく」などのような使い方になります。, 漢字表記で「頂く」と書く場合には、動詞としての使い方が一般的です。こちらの場合、主に「食べる、飲む」「もらう」の謙譲語といった意味を持ちます。具体的には、「ごはんを頂く」「褒美を頂く」「お土産を頂く」などのように使います。「頂戴する」の「頂」と考えると、覚えやすいでしょう。, 「いただく」と「頂く」の意味や使い方の違いについては、上記の通りです。ここではそれぞれの詳しい使い方について、例文を挙げて紹介していきましょう。, 「いただく」は前述のように、補助動詞として「~をしてもらう」という意味合いを持つようになっています。動詞の後に付いて、「~ていただく」や「お(ご)~いただく」「~させていただく」などの形で使われます。具体的には、以下のような使い方になります。, 漢字表記の「頂く」の場合、これも前述のように、動詞として「もらう」「食べる、飲む」の謙譲語となります。具体的には、以下のように使われます。, 「いただく」は補助動詞としての使い方で、「~して(させて)もらう」という意味になります。一方漢字表記の「頂く」では、「もらう」や「食べる、飲む」の謙譲語としての働きとなります。「~させて頂く」などのような使い方は誤用となりますから、両者を正しい表記で使い分けるよう心がけましょう。, 「社会人の教科書」は社会人のためのビジネス情報マガジンです。ビジネスマンやビジネスウーマン向けに働く上で欠かすことができない情報・ノウハウや仕事上で役立つツールなどをまとめてお届け致します。.