Googleアドセンスは、「自動広告」と「手動広告」の2つの広告貼り付け方があります。, Google側は「自動広告」をオススメしてきますが、絶対に自動広告にしてはいけません。, 上の画像のように、画面の上・または下にずっと付いてくるウザい広告、これを「アンカー広告」といいます。, このアンカー広告は、ずっと付いてくるため、設置していると読者から嫌われ、離脱率が高くなってしまいます。, 実際に、筆者も自動広告をやめてアンカー広告を外したところ、直帰率が10%以上は下がりました。, 自動広告にすると、勝手に「アンカー広告」が出てきてしまうので、避けたいところです。, このように、不自然な所に広告が出ると、これまた読者が離れる確率が増えてしまいます…。, そして、はてなブログにおいて、自動広告の最大のデメリットがうまく広告が表示されないことです。, はてなブログだと、広告が横幅いっぱいで不自然な形になってしまい、広告はおろか、記事の内容にまで悪影響を及ぼしてしまうんですよね。, まず、アドセンス広告を貼り付ける前に、自分のアドセンス広告のコードをコピーしておきましょう。, まずGoogle AdSenseのトップページを開いて、[広告]→[広告ユニットごと]から好きな広告を選んで下さい。, ちなみに、記事内に広告を置くのであれば「記事内広告」、それ以外の所に置くのなら「ディスプレイ広告」がオススメです。, まずは、記事上・記事下の貼り付け方から紹介していきます。(正確にはタイトル下・はてなスター上), そしたら、上の画像の通り記事上・記事下のコーナーから直接コードを貼り付けるだけです。, 次に、サイドバーの部分に広告を貼り付けていきます。スマホ表示だと、ブログページの下部ですね。, するとモジュール作成の画面が出てくるので、モードをHTMLにして、「

」と薄く書いてある所にコードを貼り付けるだけです。, 記事内の貼り付け方に関しては少し手順が増えるので、よく読みながら貼っていくことをオススメします。, addEventListener("DOMContentLoaded", function() {.

game. books. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 私も長いこと検案だったGoogleアドセンスに、先日、無事合格することができました。, そして、Googleアドセンスに合格したことにより、ようやく当ブログも収益化がスタートしたことになります。, 先ず、やらなければならないことは、当然ながらブログに自分自身で広告を貼らなければなりません。, 当ブログは、はてなブログで運営しておりますので、この記事では、はてなブログ内へのアドセンス広告の貼り方を簡単にまとめてあります。, Googleアドセンスに合格すると管理画面から広告を作ることができるようになります。, Googleアドセンス広告の貼り方は、大まかに分けると【サイトごと】か【広告ユニットごと】かの何れかになります。, サイトにコードを 1 つ追加するだけで、ページ内の広告掲載に適した場所を Googleがもれなく検出し、自動的に広告を表示します。, 【サイトごと】を選択すれば広告を自分で貼る手間はありませんので、どの位置にどんなサイズの広告を貼ればいいのか考えずに済みます。, 広告の貼り方などを調べなくてもできてしまうほど簡単なので、広告を直ぐに貼りたい場合は【サイトごと】を選んで広告掲載の自動化(自動広告)をするといいでしょう。, 広告の種類は、ディスプレイ広告・インフォード広告・記事内広告の3つから選び自分自身で作成します。, 【広告ユニットごと】は、ブログ内に貼る広告の位置やデザイン・サイズまでを自分自身で行います。, ブログサイトに合わせてカスタマイズが可能なので、自分好みのデザインや大きさの広告を貼ることができます。, その分、手間と時間がかかりますが、ブログデザインに大きなこだわりを持っている人には、この貼り方が向いていると言えます。, Googleアドセンスにログインして左側のメニューから【広告】→【サマリー】へと進みます。, 広告を自動的に掲載したい場合は、【サイトごと】のタブをクリックします。(サマリーのデフォルト画面です。), この画面で【コードを取得】をクリックし、表示されたAdSenseコードをコピーします。, コピーしたAdSenseコードをはてなブログの【ダッシュボード】→【設定】→【詳細設定】内にある、headに要素を追加に貼り付けます。, 再びGoogleアドセンスの【サマリー】へ戻り、画面右下にあるペンマーク(編集)をクリックして、自動広告の設定をはじめます。, 先ずは、自動広告のボタンを右側にスライドして、広告のフォーマットを以下の中から決めていきます。, 使い方は簡単で、スライダーの最小~上限の間でスライドすると、ページ内の自動広告数を調整できます。, 実際の広告位置もプレビュー画面で確認できますので、イメージを確認しながら自動広告の設定ができます。, 広告を自分好みで貼り付けたい人は【広告ユニットごと】をクリックし、新しい広告ユニットの作成をはじめます。, 広告の種類は、「ディスプレイ広告・インフォード広告・記事内広告」の3つから選ぶことができますが、アドセンスの画面ではディスプレイ広告が推奨となっております。, 使い方は簡単で広告の種類を選択し、広告サイズをレスポンシブか固定のいずれかを選択するだけです。, 広告サイズはレスポンシブの方が管理が楽そうなので、迷わずレスポンシブを選びました。, この時点で広告ユニットの名前を入力できるので、後ほど管理しやすいように名前を決めます。, 私の場合は、記事上・記事下・サイドバーと言った広告の貼る位置を広告ユニットの名前に入力しました。(今回は記事内広告は貼りませんでした。), 広告位置別に広告ユニットを作成しておけば、後ほどレポートで位置別のクリック数などを管理できるようになり、ブログ内での有効な広告位置の分析にも役立てることができます。, 広告ユニットを作成したら既存の広告ユニットに配置されますので、〈〉をクリックしてコードの取得をします。, するとHTMLコードが表示されるので、そのコードをコピーしてブログに貼り付けます。, はてなブログの場合は、【ダッシュボード】→【デザイン】→【スパナマーク】へと進みます。, 次に【記事】をクリックして【記事上】や【記事下】にコピーしたコードを貼り付ければ完了です。, はてなブログのサイドバーに広告を貼り付ける場合は、サイドバー編集で【+モジュールを追加】をクリックし、〈/〉HTMLを選びます。, ウィンドウが開きHTMLコードを入力する画面で現れますので、コピーしたコードを貼り付ければ完了です。, 主に2つの広告タイプの説明をしてきましたが、自動広告と広告ユニットのどちらを使うのがいいのか少し迷いました。, 結果として広告ユニット(ディスプレイ広告)を使うことにしましたが、それぞれメリット・デメリットがありますので、自身のブログに合わせた選び方をするといいでしょう。, 今後、収益を優先して自動広告にすることも考えておりますが、今回はアドセンスデビューということもあって、先ずはユニットタイプの広告を自分で貼ってみることにしました。, はてなブログにGoogleアドセンスの広告を貼ること(貼り方)は意外と簡単でした。, 他のブログサービスで広告を貼る場合も、基本的にはAdSenseコード(HTML)を指定の場所に貼るだけでしょう。, Googleアドセンス広告の貼り方は簡単ですが、それに対して収益を出すことは決して簡単ではありません。, Googleアドセンスに合格したことは、ブログ収益化のスタートラインに立てただけであって、決してゴールではありません。, 今後は、集積されていくGoogleアドセンスのデータを参考にしながら、少しずつ収益化に力を入れていきたいと思います。, 東京都在住の2児の父です。因みに子どもは2人とも男です。 はてなブログでは、Googleアドセンスの設置が可能です。当記事では、ブログ内にGoogleアドセンスを設置する方法について紹介します。 当ブログは、はてなブログで運営しておりますので、この記事では、はてなブログ内へのアドセンス広告の貼り方を簡単にまとめてあります。 Googleアドセンス広告の種類. HTMLはデザイン設定から編集できます。, Googleアドセンスのご利用上の質問などに関しては、はてなサポートにお問い合わせいただいても対応できません。下記の公式ドキュメントをご参照のうえ、Googleアドセンスの担当窓口にお問い合わせいただきますようお願いいたします。, AdSense ヘルプ - Google Supportお問い合わせ | Google AdSense – Google, 「グローバル設定の選択」ページに移動したら、表示する広告フォーマットを選択し、「保存」ボタンを押してください。, さらに詳しく知りたい方は、下記のGoogleアドセンスの公式ヘルプを参照してください。, サイドバーの「HTML」モジュールでは、HTMLコードを広告コードを配置できます。, アドセンスアカウントの登録が完了していても、審査を通過していない場合は、Googleアドセンスの設置はできません。, Googleアドセンスを掲載する際には、「スポンサーリンク」であることを明示してください。, はてなブログ内でGoogleアドセンスの自動広告機能が動かない場合は、お手数ですが、下記のGoogleアドセンスの公式ヘルプを参照の上、手動で広告を設置してください。. また、無料のはてなだと、はてなブログの広告が出るので稼ぎが持って行かれますので、はてなブログProにした方が後々の稼ぎが大きくなりますよ。 はてなブログProに登録する 今回ご説明するのはWordPressでサイト構築している場合の貼り付け方です。 スポンサーリンク. Googleアドセンスの申請についてはヘルプ「Googleアドセンスの申請をする」を参照してください。, Google AdSense(Googleアドセンス)は、Google社が提供するブログ運営者向けの広告配信サービスです。Googleアドセンスの審査を通過すれば、ブログにGoogleアドセンスを設置することができます。, はてなブログ上では、HTMLを自由に記述できる場所に広告コードを貼り付けることで、Googleアドセンスを設置することができます。 お問い合わせはこちらから。 はてなブログにアドセンス広告を設置する場合は、記事上部と記事下部の2箇所に簡単に設置することが出来ます。 アドセンス広告コードの設置を間違えると広告がうまく表示されないので、こちらでの手順に沿って間違いないように設置していきましょう。 ブログネタとしても取り入れておりますのでご覧になってみてください。. profile. はてなブログでのプライバシーポリシーの設置方法をご紹介しました。すでにプライバシーポリシーを設置されている方でも、GoogleアドセンスやGoogle Analytics、Amazonアソシエイトなどの利用規約が漏れている場合が散見されますので、一度見直して見ることをオススメいたします。 目次. ブログができたらアドセンス登録; コードを貼り付けよう; 注意とまとめ; 審査通過しました! スポンサーリンク. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【お知らせ】保険総合情報メディア「保険のはてな」に記事を寄稿させていただきました!, 【おすすめ】ヨドバシ.comで日用品の定期購入をしよう!ポイントも1円単位は繰上げでお得!, 【レビュー】高コスパロボット掃除機Anker Eufy RovoVacG10 Hybridを購入!もう掃除はロボットに任せられる時代です, Googleアドセンスの申請で「お客様のサイトにリーチできません」とエラー!ブログURL転送で解決で…, 忍者おまとめボタンを使ったらライブドアブログにソーシャルボタンを簡単に設置できた!, 【メガロドン】巨大な古代ザメの大きさがついにわかった!ホホジロザメの約3倍はあるぞ!, 【コロナ禍】HISがハワイ・グアム旅行向けのキャンセル補償付き海外ツアー商品を発売開始!, アクセスアップ用ブログパーツBlogPickerをはてなブログのサイドバーに設置しました!, インフォード広告→サイトのデザインに合わせてカスタマイズできる広告で、投稿とリスティングの間に表示されます。, 記事内広告→サイトに合わせてカスタマイズできる広告で、記事やコンテンツのページに表示されます。, 関連コンテンツ:関連コンテンツを宣伝するツールで、収益の拡大とユーザー エンゲージメントの促進を図ることができます。, 表示する広告の数を上手く管理しないと、広告だらけの読みづらいブログになってしまう。, 広告を貼る位置やデザインを自分好みにできるので、ブログの読みやすさやデザインに影響が出にくい。, はじめは手探り状態で広告を貼る位置を決めるので、コツを掴むまで収益に繋がりにくいこともある。. 今回の記事では、はてなブログのGoogleアドセンス貼り方について、利用できるコードをまとめて紹介したいと思います。, さて、最近はワードプレス利用者が主流になっていることもあり、はてなブログのカスタマイズに関する最新情報が乏しいように感じます。, なので現時点では、導入部の切れ目で読み手の邪魔になりにくいと考えられる目次下にアドセンスを設置しています。, 具体的には「var $target = $(‘.entry-content >h3‘);」のh3の部分を, ちなみに「$target.eq(0).before($(‘.insentence-adsense’));」という部分の0の部分の数字を増やしていくごとに、指定する見出しの位置を下げることができます。, つまり0を1や2にすれば、2番目や3番目の中見出しにも張ることができるということです。, ただアドセンスはできるだけ上に配置した方が効果が高いといわれているので、特に理由がなければ0のままでよいと思います。, 以前はGoogleアドセンスはブログ内に設置できるアドセンスの個数に限度がありました。, あくまで読み手の邪魔にならず、良いタイミングで情報提供になる場所にアドセンスは設置というのが理想です。, 当ブログの場合、記事の文字数が多い(5000字以上~)ので、文中に2つアドセンスがあっても気にならないのではと楽観的に考えています。, せっかくですから、文中以外のアドセンス設置に関してもメモを残しておきたいと思います。, そのままアドバイスのコードを「記事下」のボックスに入れると、記事の真下には広告は配置できません。, しかしコードを利用して貼り付ければ、記事の内容が終わった真下の箇所に設置できるはずです。, 真下ではなく関連記事やスター下、つまりデフォルトの「記事下」に貼っていたアドセンスは, 設置するのであれば、コードを利用して記事の真下にアドセンスを設置するのが断然お勧めです。, 「はてなブログのデザインを手軽にお洒落に設定する方法【初心者ブロガー向け】」という記事に書きましたが、はてなブログでは「レスポンシブ設定」をチェックするとPCとスマホのデザインが同じになります。, 視覚的にインパクトがあり、目に入る情報量も多いので、結果として読み手の方にも利点があると思います。, ただスマホではサイズの大きすぎて画面全体をすっぽり覆ってしまう巨大広告や広告の2重配置は禁止です(※規約違反になります), 記事上の部分に関しては、特に他にコードを使わなくても「記事上」のボックスに自分のアドセンスコードを貼れば、アドセンスが表示されるようになるはずです。, 折角配置するのであれば、少しでも見た目が綺麗な方が素敵だと思いますので、自分のブログのテーマから合う色を指定するのがおすすめです。, 今後ともブログに合う、読み手にも書き手にも嬉しいアドセンス配置を研究していきたいと思います。, ちなみに当ブログは「はてなブログPRO」に登録しているので、当記事もPROであることが前提で説明を行っています。, 無料利用者だと、カスタマイズも制限があったと記憶していますので何卒ご了承ください。, 平成生まれのマイペースな旅好き。現在まで30か国、1人旅バックパッカー経験あり。 「はてなブログでアドセンス広告を貼り付ける方法が分からない…」そんな方に向けて、本記事では、はてなブログでアドセンス広告を貼り付ける方法について紹介しています。ぜひ、見ていって下さいね。 グレープのブログ トップページ ブログ・アフィリエイト エンタメ 勉強・文房具 はてなブログ ブログ運営 その他. アドセンスに合格したあなたが、今困っていることは広告の貼り方ではないでしょうか?よく読み方の分からない管理画面。広告の種類も貼り方も分からない状態からあなたを救います!今回はそんなGoogleアドセンスの「合格してから」のお悩みを解決していきたいと思います。 元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍UPするプロの技60, 『はてなブログ アフィリエイト入門シリーズ』をひとつにまとめました! - はてなブログでアフィリエイトがしたい人のブログ, はてなブログでアフィリエイトした時にまずやったこと…「はてなブログをプロにアップグレードする」 - はてなブログでもアフィリエイトがしたい人のブログ, どちらかと言うとバリバリ!アフィリエイトをしている人を見かけないという印象の「はてなブログ」でも、アフィリエイトしてみたいという私のブログです, yonta24さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog © 2020 The Cat's Pajamas(ぱじゃねこ) All rights reserved. このエントリーでは、当ブログにも貼っているグーグルアドセンス(Google AdSense)の”はてなブログ”への貼り方を紹介します。【更新:2019/04/15】, すでにグーグルアドセンスに申し込みをして広告を貼り、収益を得られる状態にしてあることが前提です。, プロですと”はてな”が出しているデフォルトの広告を消し、代わりに自分の広告が出せるようになります。(広告が全くないブログも可能です), (※追記※ 無料版はてなブログでも、自分の広告と、はてなのアドセンス広告を混ぜる形で自分の広告を出せるそうです。以下のエントリーに詳細がありました), 無料版はてなブログでGoogleAdsense 設置したよ!審査を一発で通す方法。 - カタダのペンギンな日々, (※追記2019/10/06 … 復活??無料版でもアドセンスに合格した人がいらっしゃるようです), (※追記2019/04/15※ ご存じのようにAdSenseの合格基準が独自ドメインのみの対象となったため、以前はOKだったこのブログのような他人が管理しているドメイン「affiliate-hatekun.hatenablog.com」などサブドメインでの申請が不可能になりました。そのため現在は無料版のはてなブログでAdSenseの申請を今通すのは不可能だと思われます。※過去にサブドメインで合格している人はそのまま使えます), (※追記2019/04/15※ さらに以前はサイトを1つ合格させれば、無限にサイトを増やしてAdSenseが貼れたのですが、いまはサイトごとに審査を受けて合格する必要があります。ただし追加サイトの審査は一番最初の審査に比べると簡単だと言われています ※これもこのルール以前にサイトを追加している人の審査のやり直しは無いようです。実際うちの場合も今は存在しないドメインのサイトなのに広告が貼れる状態になっています。ただしポリシー違反に引っかかったタイミングで再審査が発生するかも知れないとフォーラムでは書かれていました), ご自身のはてなブログ設定画面に行き、「設定」 ⇒ 「詳細設定」にて「記事にGoogle AdSense広告を表示しない(←これは”株式会社はてなが出しているAdSense広告”を表示しないという意味です)」にチェックを入れ、広告を無効にします。, この作業をしておけば、”はてなのアドセンス広告”と”自分のアドセンス広告”が混在することはなくなります。, (※2016年3月18日追記※ 現在上の画像の部分は、以下のようによりわかりやすく「はてなによる広告を表示しない」という表記に変わっていました), (複数のグーグルアカウントを同じブラウザで出たり入ったりしている場合キャッシュの影響でアカウントがあるのに作業画面に入れなくなることがあります。詳細エントリーをかきました。), グーグルアドセンスのホーム画面の上にあるタブ「広告の設定」をクリックして画面を切り替えます。, 「名前」部分は、後にAdSenseのレポートを見る時、どの設置場所で何円収益が有ったか?何回クリックされたか?が判るので、パッと見てわかりやすい名前を付けておきましょう。, (※実際のパフォーマンスレポート画面では上図のように自分が命名した広告名が使われます), 例えば、このブログでサイドに出す広告の名前なら、「affiliateblog-side-300x600」などです。, 推奨サイズならば配信される広告の数が最も多いのでそれだけ自分のサイト(コンテンツ内容)に合った広告を出しやすくなります。, マイナーなサイズを選ぶと広告主がそのサイズで作っていない場合があり、用意される広告数・バリエーションも少なくなります。, ブログの内容に合う広告が表示されればそれだけクリック率も上昇しますので、広告の在庫が豊富な推奨サイズの方が有利です。, 新しく登場した”レスポンシブ(自動サイズ)”というユニットは、広告を表示する機種に合わせたサイズをグーグルが自動的に選んでくれるタイプの広告です。, 例えばスマホでサイトを表示した時はスマホの横幅に合う小さめの広告、パソコンでサイトを表示したときは大きな広告が自動的に選ばれます。(意図的に常に同じサイズの広告を出したいと云う時は”レスポンシブ”ではなく各種固定サイズの広告を選びます。), 広告サイズはやはり貼ってみないとわからないのでいったん無難なサイズで貼り、実際に広告がサイトに表示されるのを確認後、本番の大きさを決めると良いと思います。, 広告タイプは、テキストもディスプレイ(画像や動画の広告)も、どちらの広告も表示されるように「テキスト広告とディスプレイ広告」に設定します。, サイズと同様にこちらもできるだけ多くの広告の中から自分の記事内容(コンテンツ内容)に適した広告を表示するためです。, 記事内容に合った広告が表示されれば、自然と広告をクリックしてもらう可能性も高くなります。, 「広告を作成しました」というウィンドウ画面に移ると、コードが表示されています。このコードをコピーして、はてなブログへ貼り付けます。(画像の黒塗り部分は私所有のIDのため消しています), 一度作成されたコードは、「広告の設定」>「コンテンツ」>「広告ユニット」の画面上、広告ユニット一覧の中から「コードを取得」をクリックすれば何度でも呼び出すことが可能になります。, "広告コード”の「コードタイプ」⇒(プルダウンメニューの)「同期」または「非同期」の違いは、非同期ならばAdSense広告がウェブページの他の部分の読み込みを妨げないタイプとなります。, 非同期なら通信速度が低い場合でもコンテンツが優先して(つまり非同期で)読み込まれます。, 私のブログの場合は全て「同期」で作っています。(※追記※ 2016年1月12日(火)現在、記事中(手動貼り付け)以外は全て非同期に移行しました), 記事中に手動でGoogle AdSenseのコードを貼る場合だけはちょっと特殊で、アドセンスから取得したコードを(HTML編集へ)そのまま貼ると、はてなブログの仕様によりGoogleから取得した広告コードが勝手に書き変わってしまいます。, 今試してみるとこの自動変換によって、記事中に「同期」広告は貼れますが、「非同期」広告は貼ることが出来ないようです(下で紹介するサイトのJavascriptを使ったやり方ならば非同期も貼れました)。, はてなブログ的にはアドセンスコードの記事中への貼り付けを想定していないという事だと思います。, ◆記事中にアドセンスを入れたい場合は以下のエントリーがとても参考になります。(といいますか文中にAdSenseを自動で入れる場合はこちらの方法一択だと思います。以前のバージョンであった「アクティブビュー視認率の低下問題」も解消されています), ご自身のはてなブログの設定画面で「デザイン」⇒「カスタマイズ」⇒「ヘッダ>タイトル下」に、Google AdSenseから取得したコードをそのままコピペすればOKです。, 同様にして「記事上・記事下」、「サイドバー」、「フッター」に貼ることが出来ますのでそれぞれ広告を作って貼ってみてください。, アドセンス広告を貼った直後は(特にコードを新しく作成して貼った場合)すぐに広告が表示されない場合があります。, 2018年頃から、アドセンスのクローラー(BOT)がまずサイトを巡回してサイト内容にぴったりな広告を出すようになりました。, そのため、アドセンスのクローラーがサイトを巡回するまで広告が表示されないことがあるようです。(そのタイムラグは数分から数時間。だんだんクローラーのスピードは上がっているようです), 私も今日(2019/04/15)PCは広告が出ているのにスマホだけ広告が出ていない事があり、その後3,4時間経ってやっと広告が表示される…という経験をしました。, アドセンスの広告には、必ず「スポンサーリンク」「広告」などのテロップを忘れずに付けましょう。, これがないおかげで、adsenseが停止したという人はかなりいらっしゃるようです。, 下記リンク先に公式ルールが詳しく掲載されています。ひと通り目を通すと良いと思います。, テロップの簡易的なコードを書くとするなら例えば……アドセンスコードを以下のタグで囲めばセンター配置+「スポンサーリンク」のラベルを付けることが可能です。, フォントサイズの部分「85%」を増減することでラベルの文字サイズの変更も可能です。, 「text-align: center」部分で広告(+ラベル)を中央に表示しています。, またブログのサイドバーに広告を表示する場合は、サイドバーのタイトルを「広告」や「スポンサーリンク」に変更することも出来ます。, 広告のラベルは必ずしも必要では無くなったようです。ただし広告の境目がわからないような配置は引き続きNGです。, 最近ではかなり正確に誤クリックを判定するため、誤クリックを誘導する(故意・過失どちらでも)、クリック単価が下がり収益に大打撃を受けます。, 特にスマホでは広告のスキマを十分開けて誤クリックをできる限り少なくし、単価が下がらないよう十二分に注意が必要です。, (そのため「広告」ラベルはあったほうが良い…とアドセンスでは今現在(2019/10/06現在)も推奨しているようです。), Google AdSenseを貼る枚数は無制限ではなく、1つの画面で「3つまで」と決まっています。(大手ですと特別な契約によって3つ以上貼ってある場合もあります), これを超えると広告が非表示になったり、アカウントごと広告配信が停止になる場合もあるので注意が必要です。, (※2016/09/04現在、なんと広告が3つまでという上限が撤廃された?という話がチラホラ出ています。ただし他社の広告も合わせてブログ全体として貼り過ぎには慎重になるべきとのことでした), 多分誤クリックが増えるからだと思います。ほんとにどんどん下がりますのでくれぐれも貼りすぎに注意です。, 以下はadsense公式動画で、ポリシーについてとても大切な話になっているので一度は見ておいて損はありません。(例えばアイドルの水着の写真も普通に貼るとポリシー違反だけど、ジャケットを1枚紹介する程度ならば良い…などのヒントが解説されています。), (※追記※ 以下は文中に手動で広告を貼った場合のみ対象です。広告数の制限は撤廃されました), 1つのブログ記事で広告を3つにしたつもりでも、トップページでは広告が3つ以上表示される場合があります。, たとえば記事中にAdSenseを(手動で)貼っている場合、トップページを開くと下図の様になります。, トップページには今までの記事がずらりと並ぶ(初期設定で7つ)ため、記事内のアドセンスが一気に表示されるのです。このままではポリシー違反となってしまいます。, これを防ぐには、「続きを読む」を使います。「続きを読む」の下にアドセンス広告を貼っておけば、トップページを表示した時に「続きを読む」より下が表示されないため、広告も表示されなくなります。(追記:トップページの記事数を設定で減らす方法もあります), はてなブログの場合は、このページだけ表示とか、ここだけ非表示とか細かい設定が現在できないので少し残念。(例えば記事中に3つアドセンスを入れると、トップページを開いたときには1つもアドセンスが貼れないということになります。サイドバーやタイトル下は、各記事ページでもトップページでも関係なく常に表示されるからです。)(JavaScriptという魔法を使って表示分けをしている人もいらっしゃるかもしれません…), (※「続きを読む」を設定すればトップページの記事中広告を表示しないように出来ます), 具体的には、サイドバーとフッタに貼った広告はPCでのみ表示され、スマホサイトには出てきません。, (※追記※ 現在スマホ版タイトル下に広告が貼れるようになっています。またスマホ版フッタの「次のページ(ページャ)」と表示される部分の下に「ページャ下」という新しいスペースも出来ています。ここにも広告を貼ることができます), 今ではPCよりもスマホからの閲覧が多いので、スマホメインで作戦を練る必要が在るでしょう。, 例えば芸能ニュースなどを扱うサイトではページの上の方が最も観られるので広告は上に集中した方が良いでしょうし、このサイトのように文章短めなノウハウ型のページは最後まで見ていただけることが多いので、記事下に広告を置いても効果が大きいかもしれません。, ともかくチラッとでも広告を発見してもらえなければクリックされる可能性はゼロです。サイトを訪れてもらったからには3つの広告すべて見て欲しい……。そんな気持ちです。, 私も迷いながら試している最中ですので、今後何か気がついた時にブログに書こうと思います。, 定期的に見に行って自分が質問に答えるつもりで読んでいると何かあった時に強くなれます!, https://productforums.google.com/forum/#!forum/adsense-ja.