北野武『アウトレイジ』西田敏行ら新キャストで完結!

Outrage Coda. , –k–ì •ŠÄ“‚̐l‹CƒoƒCƒIƒŒƒ“ƒXƒVƒŠ[ƒY‘æ3’ewƒAƒEƒgƒŒƒCƒW ÅIÍx‚ªA2018”N4ŒŽ24“ú‚ÉBlu-rayADVD‚Å”­”„‚³‚ê‚éB‰¿Ši‚́Aƒ“Á‘•ŒÀ’è”Ł„ƒXƒyƒVƒƒƒ‹ƒGƒfƒBƒVƒ‡ƒ“‚ÌBD”Łi•i”ԁFBCXJ-1361j‚ª7,000‰~ADVD”Łi•i”ԁFBCBJ-4906j‚ª6,000‰~A–{•ÒƒfƒBƒXƒN‚݂̂̒ʏí”ÅBDi•i”ԁFBCXJ-1360j‚ª4,800‰~ADVDi•i”ԁFBCBJ-4905j‚ª3,800‰~i‘S‚ĐŔ²jB”­”„Œ³E”Ì”„Œ³‚̓oƒ“ƒ_ƒCƒrƒWƒ…ƒAƒ‹B, ‚ ‚ç‚ä‚éƒnƒCƒŒƒ]‰¹Œ¹‚ð–Ô—…Ie-onkyo music, ÜŒ´ˆê–ç‚́g‚¢‚܃Vƒ…ƒ“IhƒrƒWƒ…ƒAƒ‹ƒvƒƒ_ƒNƒg, ‰f‰æw‹â°xUHD BD‚ª11ŒŽ22“ú”­”„B ƒ[ƒi[Vì–M‰æ‰‚ÌUHD BD, wŒ€ê”Å –‚–@‰È‚Z‚Ì—ò“™¶ ¯‚ðŒÄ‚ԏ­—xBlu-ray/DVDA2018”N1ŒŽ24“ú‚É”­”„Œˆ’è, BOOWY‚Ì“`à“Iƒ‰ƒCƒu‚ª4K UHD BD‰»Bƒpƒiƒ\ƒjƒbƒNuƒvƒ‰ƒCƒx[ƒgEƒrƒGƒ‰v‚ª“X“ªƒfƒ‚‰f‘œ‚Æ‚µ‚Đæsã‰f, wƒXƒpƒCƒ_[ƒ}ƒ“Fƒz[ƒ€ƒJƒ~ƒ“ƒOx‚ªUHD BD‚Å12ŒŽ20“ú”­”„BƒTƒ€Eƒ‰ƒCƒ~”Å3ì•i‚à“¯Žž”­”„, wƒgƒ‰ƒ“ƒXƒtƒH[ƒ}[^ÅŒã‚Ì‹RŽm‰¤x‚ƉߋŽ4ì•i‚ª4K UHD BD‚Å12ŒŽ13“ú”­”„, wƒWƒ‡ƒ“EƒEƒBƒbƒNFƒ`ƒƒƒvƒ^[2x‚ª1ŒŽ10“ú‚ÉUHD BD‰»B‰pŒê‰¹º‚̓hƒ‹ƒr[ƒAƒgƒ‚ƒXŽû˜^, ƒz[ƒ€ƒVƒAƒ^[ƒtƒ@ƒCƒ‹PLUS Facebookƒy[ƒW. 前作は自己採点で60点!続編に思いをぶつける!! 2017年12月20日 北野 武監督の人気バイオレンスシリーズ第3弾『アウトレイジ 最終章』が、2018年4月24日にBlu-ray、DVDで発売される。

『쉽고 재밌게 보는 국내 토렌트』 아웃레이지 파이널 アウトレイジ 最終章. 死んだはずの「あの人」も復活! 『アウトレイジ 最終章』(アウトレイジ さいしゅうしょう)は、北野武監督による日本映画。2017年10月7日に日本公開。R15+指定。, 監督および主演は北野武(ビートたけし)。前作主要キャストである西田敏行、塩見三省、松重豊らに加え、新たな主要キャストとして大杉漣、ピエール瀧、大森南朋、岸部一徳、原田泰造、池内博之らを起用している。, 関西最大の暴力団・花菱会は代替わりし、先代会長・布施(神山繁/本作出演なし)の娘婿である元証券マン・野村和夫(大杉漣)[注釈 1]が会長に就任した。しかし堅気出身で高慢な野村は組織内での人望がなく、特に古参幹部の若頭・西野一雄(西田敏行)との反りが合わなかった。薬物売買を禁止していた先代の布施と異なり、野村は金さえ儲かれば何でもありというスタンスであった。この野村体制のもとで台頭したのが新興勢力の花田組で、その組長の花田和弘(ピエール瀧)は闇金・薬物売買で多額の利益を出しており、さらに野村に直接献金して歓心を買うことにより、直参になる等、花菱会内部での地位を高めていた。, 他方、大友(ビートたけし)は前作で悪徳刑事・片岡を射殺後に、日韓フィクサーの張大成(チャン・テソン)会長(金田時男)の計らいにより日本を出国し、張の故郷である韓国・済州島の歓楽街で、張が運営する組織の用心棒を務めていた。用心棒仲間には同じく日本人の市川(大森南朋)と、韓国人数名がいた。, 花田は、野村が開く定例会議をすっぽかして、懇意にしている筆頭若頭補佐の中田勝久(塩見三省)に「韓国にうまい話がある[注釈 2]」と言い残し、済州島に女遊びに出かけていた[注釈 3]。テハン・リゾートホテルに宿泊した花田は、出張風俗の韓国女性2名がSMプレイに対応できないことがわかると激怒、組の手下を使って女性たちを暴行・脅迫した。このことを知った用心棒の大友と市川たち数名はホテルに急行し、花田を一喝。大友たちの銃器による武装と剣幕に平静を装いながらも恐れをなした花田は「詫び料として200万円払う」と言ったが、金に汚い花田は詫び料を本気で払うつもりは毛頭なく、後日、金を受け取りに来た張グループのドライバー、高成進(コ・ソンジン)に花田組の手下を使ってアイスピックで拷問を加え殺害した[注釈 4]。仲間の高が殺されたことに、大友と市川は激怒する。, 日本に帰国後、花田は焼肉店で兄貴分の中田に対して、済州島での出来事を自慢気に語った。しかし、焼肉店の従業員で済州島出身の在日韓国人[注釈 5]・ゴン(仁科貴)に済州島のホテルや歓楽街を仕切っている人物が誰なのか中田が確認したところ、日本在住の張会長と、兄弟分の尹(ユン)会長[注釈 6]であることが判明する。中田は花田が済州島で起こしたことの重大性に気づき、野村や西野には内緒で花田に高殺害の慰謝料として現金3000万円を用意させ、張会長のもとに向かう。, しかし、張の腹心の李(白竜)と幹部の崔(津田寛治)は3000万円を『ハシタ金』とし、謝罪の場に会長である野村や若頭である西野を連れて来ないばかりか、日本のヤクザでありながら、指の一本すら詰めない態度に不快感を露わにし、頑として受け取ろうとしなかった。更に後から現れ、同じく舐めた態度に不快感を示していた張が中田の発言[注釈 7]に対し激怒。張は李に現金3000万円を金庫から持ってこさせ、合計6000万円の金を中田と花田に突き返した。窮地に追い込まれた中田はやむを得ず会長の野村と若頭の西野に相談。西野は花田を連れて張のもとを訪れ、慰謝料を渡そうとする[注釈 8]が、李からは「気持ちだけで結構です」と自分達が用意した3000万円だけを受け取られ、中田の時と同様、張には全く相手にされなかった。日頃から西野と折り合いが悪かった野村はこのことに目を付け、若頭補佐の中田に花菱会の次期会長ポストをちらつかせながら、張と西野の対立・抗争を煽ろうと画策する。, しかし中田は、会長の野村の甘言を信用しておらず、昔から信頼関係を持っている若頭・西野に野村の謀略を全て密告していた。そこで、西野は一計を案じ、自分が乗っていた車のドライバーを中田の部下に殺させ、更に車自体を湖に落とす事で自らが張に殺されたかのように装う。花田は西野の脅迫により、偽装された西野の「死」を野村に報告。目の上のたんこぶだった西野の(表向きの)死に、野村は上機嫌であった。, 一方、関東ヤクザ・山王会は花菱会の傘下に入った後、著しく弱体化していた。東京の木村組のシノギは全て花菱会が独占。生え抜きの山王会の幹部である会長・白山広(名高達男)と若頭・五味英二郎(光石研)は、花菱会本部から送り込まれた若手幹部の木村組組長・吉岡(池内博之)の尊大な態度に不満を抱いていた。, 野村は西野の仇討ちという名目で張の殺害を計画し、吉岡の監視のもと、花田組の舎弟である丸山(原田泰造)他、合計5名のチンピラを使って張が通う喫茶店を襲撃し、同行していた張の組織の幹部である崔のほか、その場にいた張グループの数名を射殺。チンピラ側も5名が死亡するものの、唯一生き残った丸山は張に銃口を向ける。しかし、顔色一つ変えない張の雰囲気に圧倒されている間に、背後から近づいてきた張の腹心・李によって射殺される。, 度重なる花菱会の凶行に対して済州島にいる大友は激怒し、ゴンが手配した偽造パスポートを使って日本に入国した。大友は李の運転するシルバーのベンツSクラス(W221系)で張のもとに向かっていたが、空港から尾行していた警視庁のマル暴刑事・平山(中村育二)と繁田(松重豊)に車を止められ、大友は任意同行で警視庁に連行される。繁田は大友に対して山王会元会長・加藤稔(三浦友和/本作出演なし)と悪徳マル暴刑事・片岡(小日向文世/本作出演なし)の殺害に関する厳しい尋問を行うが、日韓のフィクサーである張が李を介して警視庁の上層部に圧力をかけて、大友に対する取り調べは中止された。海外逃亡していた大友の追跡に執念を燃やしていた繁田は激怒するが、その後も前作で大友の弟分だった木村(中野英雄/本作出演なし)を殺害した加藤の側近だった元山王会組員の男(四方堂亘)への聞き込みによる捜査を続けたため、日韓間の国際問題への発展を恐れて張の意向を酌んだ警視庁上層部により、暴力団対策課(四課)から二課への転属を命じられたため、後に居酒屋で平山と飲んだ後に辞表を叩きつけた。, 警視庁を出た大友は、同じくゴンが手配した偽造パスポートで入国した市川たちと合流し花菱会への襲撃を開始。ゴンが用意した拳銃で武装し、手始めにバーにいた吉岡を射殺。吉岡の居場所を大友に教えたのは、吉岡の尊大な態度に不満を持つ山王会の白山と五味であった。, 花菱会に対して報復に動かない張に対して、側近のオレンジ髪の若衆(石塚康介)は義憤に駆られ、単独で花菱会の屋敷に車で戻る所の野村を拳銃で襲撃する。防弾車でない野村の車(GZG50系トヨタ・センチュリー)の後部窓ガラスは粉々に割れたものの、野村は奇跡的に生き残り、オレンジ髪の若衆は花菱会の手によって射殺された。自分の車が防弾車でなかったことが判明し、野村は八つ当たり同然に激昂する[注釈 9]。, 大友と市川は次の花菱会襲撃計画に動きつつあったが、「張会長の兄弟分の尹会長の手下」と称する韓国人[注釈 10]が数名合流しようとしてきた。しかし、この連中は一部の人間だけが知っていた尹会長の妻の死を知らなかったことから、大友は花菱の送った偽物と断定。ワンボックス車の中で撃ち合いになり、全員射殺するが、その流れ弾で市川とともに来日していた張グループ若衆二名をも死なせてしまう。その結果、大友と市川の二人だけで花菱会を襲撃せざるを得なくなったが、大友たちに合流しようとしていた韓国人はアサルトライフル・M4カービンなどの強力な殺傷力を持つ武器を持参していた。, 表向き、死亡したことになっている西野は影で動き始める。某ビルの屋上駐車場に大友と市川を呼び出し、今回の抗争の発生について花田に詫びさせる。さらに、花菱会による張襲撃の黒幕が野村であることを明かし、花菱会中堅幹部・河野直樹(桐生コウジ)の出所パーティーに出席する野村を襲撃するように大友をそそのかす。ところが、ケチな野村は中堅幹部の河野の出所に対する祝い金を払いたくなかったためにパーティーを欠席した。西野は野村の欠席を知り、大友による襲撃をやめさせようとし、河野のパーティーに唐突に現れる。数日前自分が野村に殺されそうになった事を暴露し、そして野村と親子の縁を切る事を宣言した上で野村か自分どちらに付くか腹を括る様、組員達に激を飛ばすが、大友は花菱会に対する報復の意志が固く、パーティー会場に傘に隠して持ち込んだM4カービン[注釈 11]を市川と共に乱射、河野を始めとする花菱会組員を大量に射殺した。, その後、西野は中田と共に野村がいる花菱会本部に急行。大友によって組員の多くが殺された事を聞いた野村は中田に破門を言い渡すが、返す刀で西野が現れ、西野が生きていたことに野村は驚く。西野は「初めっから、オドレをヤクザや親やと思うた事あれへんのや」、「唯の素人やないかい!」とそれまで隠していた本心をぶちまける。野村は腹心であった幹部の森島(岸部一徳)を焚き付けるが、西野の生存を確認した森島は寝返る。西野や森島たちの手下に花菱会本部から引きずり出された野村は山中に連れて行かれ、そこに待っていたのは大友であった。大友は野村に「キャンプ楽しんでもらおうかと思ってな」と言い放つと、車の往来の多い夜の峠道に野村を頭だけを出した状態で生き埋めにする。野村はそのすぐ後に走ってきた車に頭を轢かれ、即死した[注釈 12][注釈 13]。山王会の五味は、どさくさに紛れてもともと折り合いが悪化していた白山を射殺し、花菱会には大友の仕業であると報告した。, 野村の死により、若頭の西野が花菱会の新会長に若頭補佐の中田が若頭に就任する。花田は若頭補佐の一人として昇格するが、内心花田を嫌う西野はさらなる計略を案じていた。変態嗜好の花田[注釈 14]をおびき出すために「幹部昇進祝い」と称してSM嬢二名に接待させると同時に、大友と市川にホテルの場所を教えて花田を襲撃させ、殺害に成功する。, さらに、西野は大友の抹殺を最終的な視野に入れ、張の腹心である李を焚き付けた。そのことを知らない大友は、市川をチェジュ島に帰した後、李が運転するシルバーのベンツでスクラップ工場に向かう。この工場の工場長は前述の通り、元山王会会長・加藤の側近で、悪徳マル暴・片岡の教唆により、木村を殺害しており、大友は木村殺害に対する報復のため、彼と工員の二名を射殺する。しかし、西野の意向を受けた李は「大友さん、すいません。これ以上、会長に迷惑かけないでくださいよ。」と言って大友に拳銃の銃口を向けるが、大友は「李さん、あんたがそんな事しなくたっていいよ。ケジメは自分でつけるから…。会長に…宜しく。」と告げ、自分で顎から頭頂部を拳銃で撃ち抜き、自害した。, その後、李は張会長のオフィスに戻り、張に「大友さん…死にました」と告げると、張は韓国語で「그래(そうか)」と力なく答えた。李は、最後に「会長によろしくと言ってました」と大友の遺言を張に伝え、本三部作は完結した。, 以前は関東最大規模を誇っていた巨大暴力団。現在は花菱会の勢力下にある。かつての本部屋敷は、花菱会の東京支部として乗っ取られており、賃貸ビルの一角にある小さな事務所を拠点とするなど、前作から著しく凋落した様子が伺える。, 大杉も2018年2月21日に急性心不全で急逝し、本作が最後の北野映画出演となった。その後、2018年10月6日に大杉漣の遺作となった「, 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.9の記載では、花田は韓国で「取引」を行っていたという公式設定になっている。ただし、本作で花田は済州島のホテルのシーンから登場しており、映画の中では取引のシーンは出てこない。花田の定例会欠席を説明した若頭補佐の中田に対して、若頭の西野が, 映画の冒頭シーン(「プロデューサー森昌行 吉田多喜男」のテロップが表示されている部分)に、日本ナンバー「98-52」で黒色の, 高成進の遺体のシーンに、大友が乗っていた韓国ナンバー「23부 4752」のW220系ベンツSクラスが映っている。, 中田は張が日本語が通じないものと思いこんでおり、高について「(慰謝料は)500万で十分やろ。(ドライバーの高は)ドサンピンやないかい」と言った。「ドサンピン」は漢字で書くと「ど三一」で、身分の低い者や、取るに足らない者を卑下する言葉。三一は江戸時代に、給与が年間三両一人扶持だったことから、身分の低い侍を見下すときに使われた言葉が由来である。, 野村と同席しているシーンと張の方向を向くシーンで、西野役の西田敏行が体全体を動かす不自然な動きをしている。その理由は、西田が本作収録前の事故により、首を動かすことができなくなっていたためである。詳しくは「その他」を参照。, 地面から首だけが出ている野村の叫び声とともにヘッドライトが近づき、「グチャッ」という擬音がして、大友・市川が車に乗っているシーンに繋がるため、一見すると大友と市川が乗っている車が野村を轢き殺したように見える。しかし、この車は車体色がシルバー、ナンバープレート「大阪300お90-24」であり、大友と市川が日本国内で乗車した2台の車(いずれも黒色の, 当初は、生き埋めになった野村を轢くシーンを入れる案もあり、撮影テストまで行われたが、監督の北野が「インパクトはあるけど品がないかも」と判断し、採用されなかった。(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.26), 花菱会における西野の会長就任会合の後、花田からSMプレイに誘われた森島は「そないな変態みたいな事、出来るかい」と吐き捨てるように言っている。, 劇中では、ワン会長という人物と香港に関する商談を行っており、その他の会話から香港や台湾にも影響力がある模様。, しかし襲撃されても顔色一つ変えず、鋭い眼光で自分に銃口を向ける丸山を見つめていた。, 大友からも指摘されているが、太刀魚は夜釣れる魚である。市川曰く「たまに大きいのが岸に寄ってくる」とのこと。, 大友は済州島での一件から花菱会を憎んでおり、これを機に花菱の組員たちをまとめて抹殺しようとしていた可能性もある。, 現にその後は繁田との関係は悪くなっておらず、一緒に食事をした際には奢るなど気前の良さも見せている, たけしは報知映画賞の受賞に際して「特別賞という訳の分からない賞。ありがとうございます」というたけしならではの毒舌で答えている。, 録音技師。読みは「くれいし・よしふみ」。『アウトレイジ ビヨンド』から北野映画の録音担当として参加。(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレットP.24), 編集担当。北野映画への参加は本作で16作目となる(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレットP.24)。, 「スポーツ報知」2017年10月7日付、「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.18, https://www.asahi.com/articles/ASKCM46YJKCMUEHF00L.html, http://www.securico.co.jp/blog/blog35.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171220-OHT1T50081.html, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712290000028.html, https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/892975/, Film Movement Acquires North American Rights to ‘Outrage Coda’ (EXCLUSIVE), https://www.cinra.net/news/20170727-outrage, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171129-OHT1T50063.html, https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171007-OHT1T50066.html, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171013-OHT1T50065.html, Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アウトレイジ_最終章&oldid=80358746, リハビリ中の塩見三省は自力で立つのが難しく、プレミア試写会でも共演者の岸部一徳と大杉漣に抱えられて立ち上がる状態であった。そのため、本作において塩見が演じる中田はほぼ全てのシーンで椅子か車に座っており、立っているシーンでも杖を使っている, 監督の北野武は、首が動かせず歩行も困難な西田に対して「大丈夫だよ、大丈夫だよ。本(台本)変えちゃおうか」と声をかけたという, 2017年10月2日から6日までの7:30 - 8:00の時間帯に、『アウトレイジ 最終章』の番宣を兼ねた生トーク番組『おはよう、たけしで すみません。』がテレビ東京で放送された.