しかし、アロマサロンを経営したり、アロマセラピストとして活動する場合、あるいはアロマオイルを販売する場合には注意をしなくてはならない法律がいくつかあり ... 薬機法(旧薬事法)でアロマテラピー・オイル(精油)の広告表現ok ... 化粧品 2016.1.21 ご訪問ありがとうございます。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター中国漢方ライフアドバイザーアロマテラピーと日々の養生をつづっています。, 「この香りが気に入ったので、今度また作って販売してください」とよく聞くセリフです。, 私は、販売はしていないので、作り方を教えますので、ご自身で好きな香りで作ってみてはいかがですか? と言います。, プレゼントさせていただくスプレーは、その方をイメージして、精油をブレンドしていきます。, アロマテラピーで使用する精油は、医薬品、医薬部外品、化粧品に含まれず、雑貨扱いということ。, 薬事法は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療用具」の製造、販売を規定する法律で私たちはモノを製造⇒販売することについては厳しく条件が決められています。, 医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器の種類に応じ、厚生労働大臣の許可を受けた者でなければ、それぞれ、業として、医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器の製造販売をしてはならない。, 医療品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬品及び第23条の2第1項の規定により指定する体外診断用医薬品を除く。)、医薬部外品(厚生労働大臣が基準を定めて指定する医薬部外品を除く。)、厚生労働大臣の指定する成分を含有する化粧品又は医療機器(一般医療機器及び同項の規定により指定する管理医療機器を除く。)の製造販売をしようとする者は、品目ごとにその製造販売についての厚生労働大臣の承認を受けなければならない。, 私がアロマテラピーを始めたころは、消毒用エタノールは店頭にあっても、無水エタノールは薬剤師さんやお店の人に聞かないと、出してもらえませんでしたし、何の目的で使用ですか?と必ず質問がありました。, 同じく苛性ソーダで作る石けんで使用する苛性ソーダも劇薬扱いですから、薬剤師さんに聞いてからの販売です(今はどうかしら?), よく無水エタノールに「局方」「日局」と書いてあり、これは「日本薬局方」の略名です。, ですから、この「局方」「日局」という文字が書いてあると医療品として指定されていることがわかるそうです。, ということは、この無水エタノールを含む手作りモノを売る場合には厚生労働大臣の承認をもらわないといけないということになります。, (また、この薬事法では医薬品でないのに「○○に効く」といった行為も禁じられています。), 誤解のない表現として「有用性」という言葉、または似たような言葉を使って表現しています。, アロマテラピー専門店ですと、△△スプレーなど販売されていますが、きちんと承認をとっているのでは?, ですから、アロマスプレー1本でも、作り方を教えますので、ご自身の好きな香りや目的別で, 素敵なスプレーやコロンを作っていただきたいです♪ いつでも作れるようになりますしね♪, そりゃ~3か月や半年もたつと劣化してきて、香りも変になるし、カビが生える可能性もありますよ。. ©Copyright2020 薬事法マーケティングの教科書.All Rights Reserved. いずれも、営業所ごとに所轄の都道府県薬務主管課を通じて申請・取得します。輸入者は、品質確認・管理・販売後の安全管理等のため、薬剤師など総括責任者の常時配置、事業所の一定の設備構造等が要求されます。, アロマオイルを店頭販売したり、サロンで施術やトリートメントを受けたお客様に販売したりすることがあると思います。そのときにも気をつけるべきことがありますので、説明します。, まず、アロマオイルを店頭販売する場合にも、「雑品」として取り扱われるものであれば、販売する時に、医薬品・医薬部外品・化粧品として効能・効果を表示して、広告をすることは許されません。化粧品であるアロマオイルについては、医薬品・医薬部外品としての効能をうたって販売してはいけません。, その他、販売の際に別の容器に移し替える場合も注意が必要です。不特定の購入者への販売のために、あらかじめ既製の医薬品等をその容器又は被包から取り出し、品質に変化を与えることなく、分包等をしておくことは小分け製造として、製造販売となり、薬事法の許可が必要となります。, すなわち、単なる雑貨としてのアロマオイルについては小分けも問題ないのですが、薬機法の適用をうける用途で用いるアロマオイル(化粧品として扱っている商品)については、許可なくあらかじめ小分けにして販売することはできません。, もっとも、特定の購入者の求めに応じて容器に収められている商品の一部をその都度分割して販売することは許されます。この場合には別途その容器等への記載事項や添付書類への記載事項が必要となることに注意が必要です。, アロマサロンでは、アロママッサージやリンパマッサージなどの言葉が使われているケースがあります。この「マッサージ」という言葉は曲者で注意が必要です。, 「マッサージ」という言葉を使う場合は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(略称:あはき法)」で定められた資格を取る必要があり、アロマセラピストの資格では、「マッサージ」という言葉は使えません。「マッサージ」という言葉を使うと法律違反となります。, これは薬機法とは関係なく、別の法律(あはき法)で定められています。よく間違われることのある表現ですので、紹介させてもらいました。, アロマテラピーあるいは、アロマオイルについては一定の効能が認められ、海外ではその医療的な効果が認められているところもあります。しかし、日本ではその効能が確固たるものとして評価されておらず、医薬品等としての効果効能をうたうことは薬機法に違反するおそれがあるのです。, アロマテラピーの普及によって、アロマテラピーに一定の効果があることは周知のことであり、実際にインターネットやサロンではそのような効果効能書きがされていることがあるのを見かけることも多いため、罪の意識が全くないままに薬機法に違反する表示をしてしまうことは大いにありうることです。, しかし、それが薬機法に違反しているものとして通報されること等により取り締まられてしまうこともあるのです。消費者保護の観点からますます厳しい目が向けられる表示について、薬機法をしっかりと理解することがアロマテラピーを扱う場合には必要となるでしょう。, 最新のビジネスノウハウをまとめた有料レポートを販売しています。有料レポートの内容はこちらのページを見て下さい。, 機能性表示食品の情報を詳しく見たい人は、機能性表示食品の届出情報をまとめたデータベースの「機能性表示食品ドットコム」へ, 薬事法ドットコムは、薬機法、景表法関連法規に精通したエキスパートを擁し、1995年から20年間で大手企業などを含む600社以上へコンサルティングを行ってきました。, 法律からマーケティングまでのトータルマーケティングで、健康美容ビジネス企業をお手伝いします。. ルームスプレーは、一般的に人体には使用せず、室内の消臭や香りづけを目的に使用されます。手作りルームスプレーを製造販売する場合、使用目的からは化粧品などにあたらず、医薬品医療機器等法における許可や承認などは不要と考えられます。 そんな不安を除くかのように、サプリメントを摂るだけで新型コロナウイルス対策ができる、という製品が販売されています。, ・新型コロナウイルスにも負けない体に!新型だろうが…なんでも来い!強力なウイルス対策ハーブ、オリーブの葉, ・深海サメの肝油に含まれているアルキルグリセロールという成分が、新型コロナウイルスによる人体の免疫力破壊に対抗できる, ・非常に強力な抗菌、免疫賦活の特質の精油を配合、新型コロナウイルス(COVID-19)の予防対策用ブレンド精油。ラビィンツァラ、タイム、スターアニス、ジンジャー、シナモンカシア他 12 種類の精油をブレンド。, ・新型コロナウイルス、脅威のウイルス対策に、光触媒により菌やウイルスの根本となる DNA を破壊し不活化、光触媒でウイルス不活化全身ガード!, また、健康食品については、問答無用で新型コロナウイルスの予防と話すことは薬機法違反です。, 新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品等の表示に関する改善要請等及び一般消費者等への注意喚起について(第2報), https://www.caa.go.jp/notice/entry/019433/, 薬事法コンサル、医療健康ライターのKazuと言います。外資系医療機器メーカーで薬事法(現薬機法)を10年使っておりました。 ・製造販売業者の氏名又は名称及び住所、

・厚生労働大臣の指定する化粧品にあっては、その使用の期限 私が、アロマスプレーを販売しない理由は、薬事法に引っかかるためです。 アロマテラピーをしっかりとお勉強なさった方は、 アロマテラピーに関する法律を学びます。 まずは. 健康食品、医薬品、化粧品の広告の違反をしない書き方や、薬事法や景表法等の法律の文章を分かりやすく説明します。 ※平成26年11月25日の薬事法等の一部を改正する法律(平成25年法律第84号)の施行により、法律名が「薬事法」から「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に改められています。略称は「薬機法」や「医薬品医療機器法」とされています。, この法律は、医薬品等の取扱い、表示について定めていますが、アロマテラピーやアロマオイルにも関わる法律で、特に意図せずにこの法律に違反する行為をしてしまう危険があります。どのような行為が法律に反するのか、自分のサロンやアロマオイルの販売が違法なものとして取り締まりを受けないために薬機法を学んでいきましょう。, アロマテラピーについては、さまざまな定義付けがなされていますが、アロマテラピーの普及・啓発を目的とする公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)は、アロマテラピーを、「精油を用いてホリスティック(「全体」「つながり」「バランス」)な観点から行う自然療法」と定義し、その目的を1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる、2.美と健康を増進する、3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る、4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す こととしています。, 薬機法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(これらを「医薬品等」といいます。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行う法律です(薬機法第1条)。すなわち、医薬品や化粧品であればこの法律で規制されることになるのです。, アロマテラピーのテラピーは「therapy」、すなわち「療法」という意味があります。そこで、このアロマテラピーという言葉を使って広告をすれば、医療品として承認を受けていないにも関わらず効能、効果又は性能に関する広告をしたものとして、同法68条に違反するおそれがあります。実際、東京都福祉保健局は「アロマテラピー」という表現を雑貨や化粧品としてのアロマオイルに用いることは、薬機法に違反するという見解を示しています。, AEAJ(「公益社団法人 日本アロマ環境協会」の略称)が示すアロマテラピーの目的に中に「美の増進」がありましたが、これは化粧品の効果効能と同じであり、「健康の増進」「身体や精神の不調の改善」は医薬品の効能効能といえるでしょう。そこで、薬機法をクリアするためには、化粧品あるいは医薬品としての承認を受けるか、そうでないなら、それらの効果効能をうたうことのないようにしなくてはなりません。, アロマオイルの広告表現はどこまでOKなのかを確認する前に、アロマオイルとエッセンシャルオイルの違いを説明しておきます。, アロマオイルは、植物に由来する天然香料・精油や合成香料を、他の化合物、油などで希釈した製品一般を指します。, それに対して、エッセンシャルオイル(精油)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。, そこで、AEAJでは、消費者を保護するとともにアロマテラピーが安全で正しく発展できることを目的として、「公益社団法人日本アロマ環境協会 表示基準適合精油」認定制度を設けています。, AEAJ表示基準適合認定精油として認められた精油には、ラベル部分や使用説明書に精油製品情報の8項目(ブランド名、品名、学名、抽出部分(位)、抽出方法、生産国(生産地)または原産国(原産地)、内容量、発売元または輸入元)と4つの使用上の注意事項(1.原液を皮膚につけないでください。2.絶対に飲用しないでください。3.お子様の手の届かないところに保管してください。4.火気には十分ご注意ください。)が記されています。, 現在の薬機法(または医薬品医療機器法)において「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいうとされています(第2条3項)。, すなわち、皮膚や毛髪を健やかに保つために、身体にアロマオイルを塗って利用する場合などは「化粧品」として、その直接の容器又は直接の被包に ・厚生労働大臣の指定する成分を含有する場合はその成分、

健康食品 ・新型コロナウイルスにも負けない体に!新型だろうが…なんでも来い!強力なウイルス対策ハーブ、オリーブの葉 ・深海サメの肝油に含まれているアルキルグリセロールという成分が、新型コロナウイルスによる人体の免疫力破壊に対抗できる ・新型肺炎コロナウイルスの予防にはたんぽぽ茶 アロマオイル ・非常に強力な抗菌、免疫賦活の特質の精油を配合、新型コロナウイルス(COVID-19)の予防対策用ブレンド精油 … Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.

資格:薬事法管理者、コスメ薬事法管理者. などを記載しなくてはなりません。, また、化粧品としての効能効果をこえる効能効果に言及した広告は許されません。たとえば、東京都福祉保健局は、「アロマで肌の疲れを回復」「エッセンシャルオイルが肌の血行を促進」の表現などは薬機法違反になるとしています。, 現在、アロマオイルは香りを楽しむものとして、化粧品や医薬品としてではなく「雑品」として扱われているものがほとんどです。雑品ですから、薬機法の業許可や規制は受けません。ただし、化粧品や医薬品あるいは医薬部外品としての効果効能をうたった表現の広告をすることは許されません。「~に効く」や、「~の症状を緩和する」という表現はもちろん、「肌を健やかに保つ」「髪をつやつやにする」などの表現を用いることも許されません。, アロマオイルやその他の製品についてですが、人体への効果効能をうたわず、香りを楽しむアロマオイル、アロマキャンドル、お香などとして用いるのであれば、「雑品」として自由に輸入・販売できます。, しかし、「化粧品」として肌や髪に直接塗ったり、香水の代わりとして使用したりする場合、あるいは医薬品・医薬部外品の原料として使用する場合などは薬事法の規制対象となります。これらの物を輸入し販売する場合は「製造販売業許可」が必要となります。, また、輸入後、包装・表示・保管などを行う場合は併せて「製造業許可」が必要です。

アロマ効果の表現について(化粧品) 芳香のあるエッセンスやオイルを化粧品中に着香料として配合することは可能ですが、化粧品の効能効果としては認められない、アロマによる効果を言及した広告が増えています。 以下の表現方法は違反となります。 ・名称、製造番号又は製造記号、 近年では、すっかり私たちの生活の中でなじみのある存在となったアロマテラピー。しかし、アロマサロンを経営したり、アロマセラピストとして活動する場合、あるいはアロマオイルを販売する場合には注意をしなくてはならない法律がいくつかあります。, そのうちもっとも注意すべきなのが薬機法でしょう。 医師法.