ペットピッ!HOME / 鳥類 / コザクラインコの寿命と、病気のサイン・予防法を解説!, 動物の寿命は種類によってさまざまです。今回は【コザクラインコ】の健康維持に必要な情報や長生きのコツを紹介します。平均寿命や長生きのために必要なことを知り、ペットとできるだけ長く一緒に居られる環境を作りましょう。, そこで、コザクラインコのかかりやすい病気やその予防法、ペットの種類に合ったストレスを溜めない方法など、様々な観点から解説していきます。, しかし、近年エサの品質の向上やインコにとって過ごしやすいケージの開発によりインコが過ごしやすい飼育環境をつくる事ができ、平均寿命はあくまでも1つの目安となっているので飼育環境やインコの体質、病気などで寿命は大きく変化します。, コザクラインコの平均寿命10年~15年を延ばすには様々なポイントを参考にする必要があります。, こういったトラブルが起きない様に飼育を始める時から家族全員でお世話をしたりコミュニケーションを取る様に心掛けましょう。, コザクラインコがかかりやすい疾患は様々ですが、知識として覚えておく事は発症を早期発見する為にとても重要です。, 食べた種子がそのまま排出され食べても食べても痩せてしまうメガバクテリア症や脚のしびれ、びっこが症状として現れるビタミンB1欠乏症、骨軟化症や骨折を引き起こすビタミンD欠乏症や最悪の場合死に至るPBFD、発症が分かりづらいオーム病や鼻炎などになるマイコプラズマ病、痒みを伴う疥癬症、腹壁が黄色く膨らむ腹部黄色腫、異常な量の卵を産卵する過剰産卵、骨と関節に異常を起こす多骨性骨化過剰症、精巣に腫瘍ができる精巣腫瘍、その他にも卵塞、腺胃拡張、毛引き症と自咬症、痛風、そのう炎などの病気が挙げられます。, 飼い主が日頃より健康チェックをしてこの初期症状を発見する事で早期治療に入れるのです。, メガバクテリア症は胃炎、食欲減退、元気消失、吐き気、嘔吐、胃出血、血便、黒色便、貧血などの症状があります。, PBFDは甚急性、急性、慢性の3つに分けられ甚急性は肺炎、腸炎、体重減少が症状にあり最悪の場合死んでしまいます。, 1ヶ月前後の幼鳥に見られる急性は沈鬱、発育羽毛の異常、そ?食滞、下痢などがあります。, 若鳥~成長に見られる慢性型は羽鞘の残存、出血、折れ、くびれ、ねじれ変色などの羽毛障害、進行性の脱羽、脂粉の減少、嘴や爪の過長や脆弱化などがあります。, オーム病は元気消失、食欲不振、体羽の租造化、体温低下、震え、昏睡、結膜炎、呼吸困難、鼻炎、副鼻腔炎、衰弱、脱水、黄色~緑便、水様便があり最悪の場合死んでしまいます。, マイコプラズマ病は慢性呼吸器病、関節炎、結膜炎、鼻炎、副鼻腔炎、気管支炎、気嚢炎になります。, 多骨性骨化過剰症は脚を引きずる、脚を上げる、飛べない、羽の位置が変わる、貧血などの症状が出ます。, 腺胃拡張はインコの種類によって症状が異なりますが急性で発症した場合は食欲不振、食滞、嘔吐、緑便などの症状があります。, 痛風は止まり木にうまく止まれない、脚の関節の腫れ、食欲不振、虚弱、羽を膨らますなどの症状があります。, コザクラインコに限らずインコの病気は分かりにくいものが多く、治療できる病院も犬や猫に比べると少ないのが現状です。, コザクラインコなどの小鳥は本来体温が非常に高く、42℃前後もあるため寒さには非常に弱いのです。, 夏場は冷房の風で体温が下がってしまうので冷たい風があたらない場所に飼育スペースを設置する必要があります。, しかし高体温症にもなりやすいので涼しい場所と温かい場所を小屋半分ずつで作ってあげると自分で温度調節をするでしょう。, エサを加えてばらまくインコがいるので食べた分と比較できる様に定期的にこぼれたエサは掃除してあげましょう。, その他にも体重チェック、糞チェック、呼吸音チェック、羽チェック、鳴き声、寝てばかり、生あくびを繰り返す、目のまわりの腫れ、鼻腔のまわり鼻水汚れ、くちばしチェック、体を頻繁に掻くなど飼い主が観察する事で異常を発見する事ができます。, 平均寿命が10年~15年前後のコザクラインコの老化は6歳~8歳頃からゆっくりと始まります。, 老化による疾患などもこの頃から始まり、性格も以前よりずっと大人しくなる事があります。, 愛鳥に老化の兆候が見られたら普段の健康チェックも今まで以上にしっかりと行いましょう。, コザクラインコの老化が始まると自分で行っていたグルーミングが上手にできなくなり、羽がばさばさになったり、足を引きずる様に歩いたり、止まり木に止まっていられなくなったりします。, 体力が落ちてしまう事が原因なのでその他にも以前できていた事ができなくなるなど様々な老化現象が現れます。, 体温をきちんとチェックする、室温を適した温度に保つ、水とエサは毎日取り換える、日光浴をさせるなど日々のお世話にしっかりと気を配りましょう。, 基本的にはヒエ、アワ、キビが一般的なシードの種類ですがそれぞれ栄養価が違う為、愛鳥の年齢、種類に合わせてミックスしてあげると良いでしょう。, 殻無しのエサは小屋の中が汚れにくくなるので飼い主にとっては良いですが、インコにとって殻を剥きながらエサを食べる事はストレス解消にもなるのでなるべく殻付きを選ぶと良いでしょう。, インコが老齢化すると殻が剥けなくなったりするので老齢のコザクラインコには殻無しのものが好ましいでしょう。, シードに比べると栄養的には優れたエサですが、シードの方が好みのインコもいる為、ペレットとシードは一緒に与える様にしましょう。, その他にも補助栄養となるミネラルやヨウ素、カルシウムやビタミンなどが含まれたエサも与える様にしましょう。, インコとのコミュニケーションの為にヒマワリの種、麻の実、サフラワー、エゴマ、ナタネなどの脂肪分が高いシードや果物もおやつで与えても良いですが与え過ぎには注意しましょう。, 果物の種にはインコにとって毒となる成分が含まれているので果物を与える時は種が絶対混入しない様にしましょう。, 他にもインコの食事には小松菜、豆苗、にんじん、大葉、パセリ、ブロッコリー、チンゲン菜、カボチャなどの新鮮な生の青菜類が欠かせないので用意しましょう。, キャベツ、ホウレンソウ、アボカド、ジャガイモの芽、生の豆類、ネギ、ニラなどは与えてはいけません。, コザクラインコの老化が進んでも餌を変える必要はありませんが、食べやすいものを選んだりして飼い主が工夫をしましょう。, ストレスは病気になったり、元気が無くなったりと様々な体調不良の原因となるのでインコがどんな事にストレスを感じてしまうのか飼い主がしっかりと把握しておきましょう。, インコが感じるストレスは3種類あり、肉体的ストレス、環境ストレス、精神的ストレスが挙げられます。, 肉体的ストレスは病気になった時や具合が悪い時、発情期のストレスなどが挙げられます。, あまり過度なストレスはあまりよくないですが、ケージの向きを変える、苦手なおもちゃをケージに入れるなど少しインコを緊張させるくらいの環境的ストレスは与えた方が良いそうです。, 後から違うインコをもう一匹飼う場合は先住しているインコを優先してエサや遊びを行ってあげましょうね。, 飼い主にべったりで愛情深いコザクラインコは、飼い主が自分以外の動物を可愛がっていると嫉妬心を強く表して問題行動を取る事があります。, あまりにも飼い主にべったり懐くので飼育を始めたらコザクラインコにどっぷりハマってしまうかもしれないですね。. 死に至ることもあるので早めの対応をしましょう。, ・生理的な要因 タオルをぬらして冷やすか、足なら流水にさらすなどしてから、動物病院へ連れていきましょう。, 骨折ややけどといった重傷ではなくても、体をぶつけたり、小鳥同士のけんかなどで傷ができることもあります。 骨折・捻挫しているときの症状. ・皮膚疾患 ひどくなると、クチバシが変形してしまうこともあります。, インコの尾羽の付け根にあるのが「尾脂腺」で、そこから脂分を分泌し、防水のために全身の羽に塗ります。, 尾脂腺が赤くなったり、異常に大きくなったりします。 もしくはペレット食に変えて栄養バランスが取れた食事にしましょう。, ・マンガンなどミネラルの欠乏 出血はほとんどなくなり、ほかの処置の必要もありません。, キャリーの底には紙などの保温材を敷き、エサと水をコットンなどにしめらせたものも入れておくと安心です。 両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。, 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。 インコのお世話も毎日するものなので、インコの様子がおかしいことに気がつきやすいかもしれません。 しかしインコは体調不良を隠そうとする習性があるため、なんとなく ... インコを飼育していると思わぬ事故に遭うことがありますが、ほぼ全て飼い主の不注意で起こしてしまう事故が「逃がしてしまう」ということです。 普段どれだけ注意をして ... インコが寿命を全うするまでには病気にかかることもあると思いますが、時には思いがけない事故で大けがをしてしまうことも考えられます。 人が大けがをしたときに緊急処置があるように ... ペットブームの影響もあるのか、動物病院の数も増えてきました。 しかし猫や犬ほどのブームにならないのがインコの現状。 獣医も猫や犬には詳しくても、インコにはあま ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright© インコ・オウムとのハッピーライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

      インコの飼育で問題になりやすいのが 発情過多 (過発情)です。 この記事では主に次のことを簡潔に解りやすく解説しています。 なぜ発情過多が問題になるのか 発情 ... インコの飼育で問題になりやすいのが 発情過多 (過発情)です。 この記事では主に次のことを簡潔に解りやすく解説しています。 なぜ発情過多が問題になるのか 発情 ... ・お尻から赤いものが見える インコのケガ!飼い主ができる応急処置とは? インコの具合を知るチェックポイントとは? インコの病気・症状と予防法 ; インコをストレスから守る!主なストレス3種類 ; 万病のもとを脱する!インコの肥満とダイエット! こんな時どうする? そのため肝臓疾患では多くの症状が出ます。, ・黄色の尿 ・卵塞の原因にも, インコの問題行動としてもみられる病気です。 ・食欲低下 症状として、セキセイインコの場合はろう膜の色がおかしい、腹のふくらみ、元気がない、うまく飛べない、歩けない、フンの状態が悪い、呼吸が早い等があります。 バッグや袋にキャリーを入れてタオルや毛布などの布をかぶせ、使い捨てカイロや湯たんぽなどで保温し、病院に向かいましょう。. インコを飼っている方の中で、ある日突然足をかばうように歩いたり止まり木に止まらず床の上で寝ていた…なんて経験されたことはありますか?, インコにとって羽ももちろん大事な部位ですが、足も生活する上で大事な部位になります。そして意外と病気やケガになりやすい部位でもあるので、とても注意が必要なのです。, 足の病気は意外に知らない方が多く、症状が悪化してしまうと最悪命を落としてしまう場合もありますので、いつもと様子がおかしい場合はすぐに対応してあげることが大切になってきます。, 今回はそんな知られていないインコの足の病気と、異常な時に見られる症状をご紹介していきたいと思います。, この4つの病気は動物病院での相談も多く、多くのインコにかかりやすい足の病気なので知らない方はぜひ知っておくといいでしょう。, インコ以外のペットでもかかる「バンブルフット」と言う病気。バンブルフットの症状としては、足の裏の感染で発症することが多く赤いニキビのようなものができます。, 原因としては、止まり木に糞が溜まったままだったり肥満や肝機能障害で免疫が低下していることが原因として考えられます。, バンブルフットの次に多い病気が、「疥癬(かいせん)症」と言う病気です。この病気は皮膚病の一種で、ダニが原因と言われています。, 疥癬症の症状として、足全体がカサカサしていてもじもじと足を交互に浮かせている様子が現れます。実際私の実家で飼っているセキセイインコも、1度疥癬症にかかったことがあります。, 疥癬症は止まり木を介して他の子にも移ってしまう厄介な感染症なので、一緒のケージで飼っている方は隔離するなどの対処が必要になります。, 幸い、疥癬症にかかったセキセイインコは1匹飼いだったので他の子に移る心配はありませんでしたが、毎日足をもじもじと痒そうにしていたのでとても可哀相な思いをさせてしまいました(´;ω;`), 私たち人間もかかることが多い痛風ですが、実はインコも痛風にかかることがあります。痛風は、白っぽく腫れている部分があり足の指が曲がらないと言った症状が出ます。, インコの足に白いこぶのようなものが沢山出ている場合は、痛風が既に進行してしまっている証拠ですので、すぐに動物病院へ受診し早急に対処してあげましょう。, 人の痛風はよく聞きますが、インコの痛風と言うのはあまり耳にしないので知らない方が多いです。もし飼っているインコの足に白っぽく腫れているものを発見したら、早めに対処してあげてくださいね!, こちらの病気もインコにかかりやすい病気の1つ「麻痺」です。麻痺の症状としては、本来後ろ向きの指が前に来てつぼんだままの状態になっています。, ペットショップに行くとたまに足が麻痺している子を目にすることがあります。原因としては、腱(けん)に異常があると言われています。, もし不自然なまま足を動かせない、またはかかとで止まり木に止まっていたら麻痺の可能性があります。, 麻痺の病気にかかっているインコは、私の鳥仲間のインコにも多くいて本当にかかりやすい病気なんだなといつも思います。, 次に代表的な病気以外に、インコの足が異常な時に見られる病気の症状やケガの症状についてご紹介していきます。, インコの足はとても細いので、骨折や捻挫をする可能性も非常に高いです。骨折や捻挫をしている場合、足を開いた状態で常に足を浮かせています。, この様な症状が見られた場合は、早めに動物病院へ受診しましょう。適切な処置をしてもらえれば、完治します。, 飼っているインコがある日突然、びっこをひいていたらそれは痛風や外傷、ビタミンB1欠乏症の可能性があります。足の痺れや筋肉の痛みからびっこを引いてしまい悪化してしまうと両足とも引きずり普通の生活が困難になります。, またビタミンB1欠乏症の最悪の場合は、呼吸困難や循環障害、脳神経障害が引き起こされ最悪の場合命を落としてしまう危険な病気です。, インコは元気なときや機嫌がいいときなど、ぴょんぴょんと飛び跳ねることがありますが、長期間ずっと跳ねている場合は、足に違和感や異常を感じている可能性があります。, 足を痒がったり足を口で常に気にしている様子が見られた場合は、皮膚病の可能性があります。, またそれ以外に、いつも以上に落ち着きがなく暴れていたり飛行は乱雑で下手になっている場合、神経系の病気の可能性もあります。, まずは、動物病院へ受診し皮膚病なのか?神経系の病気なのか?をきちんと調べてもらいましょう!, インコの足に力がなく常に足を浮かせてぶらぶらさせている場合、骨折や脱臼、やけどなどの外傷の疑いがあります。, また、両足を交互に浮かせながらもじもじしている様子が見られた場合、疥癬症の可能性も非常に高いので早急に対応する必要があります。, びっこを引いていたり、足を浮かせてかばうように歩行している場合は私たち飼い主の力だけでは治すことができません。, 特にインコのように小動物のペットは、診てくれる動物病院も少なく病気やケガの種類、またその病気の進行状況によって治療方法や治療に必要な時間、通院費など差が出てきます。, 病院によって金額が全然違いますので一概には言えませんが、参考情報としてインコの骨折の場合、平均8000円~と言われています。, ちなみに私が飼っていたセキセイインコで、そのう炎にかかってしまい何ヶ月か通院していましたが、その時の治療費は1回10,000円程でした(;^_^A, もちろん病院によって金額も違いますし、進行状況や治療方法などでも金額が変わってきますが、鳥仲間の方で同じく通院されている方でも大体10,000円前後と答える方が多かったです。, インコを診てくれる動物病院は本当に少ないので、初めてインコを飼われる方はお迎えする前に近くにインコを診てくれる動物病院があるかきちんと下調べしてからお迎えしましょう!, 今回はインコの足の病気や以上な時に見られる症状をご紹介しました。インコの足の病気は、普通の病気と違い知らない方が多かったりします。, 今回ご紹介した病気はあくまでも一例で、絶対その病気やケガとは言えませんがやはり異常行動が見られた場合は、インコ自身なにか辛い思いをしているのは確かです。, まずは飼い主が冷静になり、動物病院を受診しましょう!いつまでも愛鳥には元気に飛んで欲しいですし、毎日楽しく健康で過ごしてもらいたいですよね(*^-^*), 毎日の健康状態や表情、動きなどを観察するのはとても大変ですが何事も早期発見!飼い主さんが無理しない範囲で、健康管理をしてあげてくださいね♪, はじめまして⋈♡*。゚はるかです。 ・定期的な日光浴 足を骨折したインコは、片足だけで止まり、もう一方の足をぶらぶらさせているので、すぐにわかります。 両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。 ・重金属や薬など刺激性のあるものを食べる, ・腸粘膜の炎症により嘔吐や下痢 発見が遅くなると命にかかわることもあるので、注意が必要です。, 大きなけがであればすぐに見つけられるものですが、小さなけがを見つけるのは難しいもの。 足を骨折したインコは、片足だけで止まり、もう一方の足をぶらぶらさせているので、すぐにわかります。 両足を骨折したときは、止まり木に止まらず、ケージで横になっているでしょう。 下羽を骨折した場合は、羽がだらりと下がったままになっています。 トリコモナス原虫に感染することで起こります。, 症状は食欲がなくなる、食べたものを吐く、体重が減る、くしゃみや鼻水が出る、口臭がある、涙目になるなど。治療で直せます。, クラミジアもインコがかかりやすい感染症。 ・呼吸が早い ・羽を膨らませる ふき出す血に驚くこともありますが、落ち着いて折れた筆毛をまっすぐ抜きとりましょう。

・腹痛で腹や地面をけるような行動, ・カンジダ菌の感染

今日、うちで飼っているセキセイインコ(生後1.5か月くらい)が左足を怪我していることがわかりました。症状は左足を常にあげていて右足で立っている状態です。ただ、全く力が入らないわけではなく、インコがよくやる背伸びで羽と一緒 セキセイインコは丈夫で飼いやすい鳥ですが、病気になることもあります。 本来インコは捕食される動物なので、天敵に気づかれないように体の不調を隠す習性があります。 「病気かもしれない!?」と気付いたときには、症状が深刻になっているケースもあります。 ・傷の化膿 人に感染すると、肺炎のような症状が出ます。, ジアルジア症も感染症で、ジアルジア原虫がフンに寄生し、それをインコが口にしてしまうことで起こります。, フンが軟らかくて黄緑色のときは、ジアルジア症を疑ってみます。 ・卵殻が柔らかい ・かさぶたのようなものができる ・衰弱, ・抗生剤や化膿止めを塗布して押し戻す ジアルジア症と同様、フンに粘りがあり、黄緑色をしているときは注意が必要です。, 鼻眠結膜炎はウイルスや細菌、トリコモナス原虫が原因で起こる病気で、鼻水やくしゃみが頻繁に出ます。, また、目がしょぼしょぼしたり、赤くなったり、涙目になったりします。 生きている限り、ケガや病気の心配はつきもの。 定期的に水浴びをすることで、予防が可能です。, 嘔吐や下痢、急激にやせるなどの症状が出ます。 どこかにぶつかったり、はさまったり…人間に踏まれてしまったり… そんなときはひとまず、インコさんを安静にさせてあげることが大切です。 暴れ防止のために、小さめのケージに入れて様子 … ・突出した卵管の壊死 ・発情過多を予防する ・突然死前には腎不全の症状も ・食欲不振 ・足にできもの このブログでは、私の経験を踏まえた記事やインコ初心者さんへ参考になる情報を書いてます✧*。 ・下痢 ・体重減少, 血糖値が高い原因が特定できれば原因に合わせた治療をしますが、原因がわからないことも多くあります。, ・親に糖尿病がないかチェックしておく ・涙管閉塞 卵巣をすべて摘出することは難しく、一部摘出する手術をしますが、残った卵巣に再発することもあります。, ・初期段階なら不足している栄養を補うことで悪化を防ぐ

  ・栄養をしっかり取らせる

・爪の伸び

・痛風 パウダーフードを与えればくる病は予防できます。, 臓器表面や皮膚形成異常を起こし、眼・呼吸器・消化器など多くの場所にさまざまな症状が現れます。 ・足を上げるようになる. ・呼吸器系疾患 こんなときは、すぐに動物病院へ向かいましょう。, 副木やテーピングなどで応急処置をする方法もありますが、逆効果のこともあるので、そのままで。, やけども放鳥の間に起こりやすい事故。ストーブなど暖房器具の上にのってしまったり、まだ熱いアイロンに触れてしまうことも。, 放鳥の間は料理をしない、アイロンをしまう、ストーブをガードするなど、飼い主さんが気を配れば防げることです。, やけどをしたら、まずは冷やすこと。 インコの足はとても細いので、骨折や捻挫をする可能性も非常に高いです。骨折や捻挫をしている場合、足を開いた状態で常に足を浮かせています。 この状態は痛みを伴い止まり木などに止まれないからです。 ・腹部が固い ・くちばしの伸び エサや水の衛生管理を徹底しましょう。.

そのあと、綿棒などを使って患部を消毒します。, 足のつめが折れてしまっていたら、同様にガーゼで止血。 鳥って足か羽のどちらかが、健在だと. ・長期の抗生剤投与 現在1児のママをしながらインコ記事を書いてます★*゚ ・腹部状態のチェック. インコに与えてはダメなもの。4つの飼育本を参考に紹介。 ・対症療法 そのうは食物を溜め込みますが、消化液などは出ないので雑菌などが繁殖しやすい特徴があります。, ・腸管内のウイルスや細菌感染

・羽を膨らませる ・すでに骨の変形があれば治らない, ヒナの段階からカルシウムやリンも含め、栄養バランスのとれた食事を与えます。 1.バンブルフット; 2.疥癬症; 3.痛風; 4.麻痺; インコの足が異常な時に見られる3つの症状. ©Copyright 2018 Petop!|ペットピッ! All Rights Reserved. インコについてなら何時間でも語れちゃうほどインコが大好き♡

・羽を膨らませる, ・栄養バランスの取れた食事 抗生剤投与で特定の細菌がいなくなりカンジダが増加したり、免疫力低下により発症します。, 口腔・食道・そのう・副鼻腔・目など多くの場所に感染するため症状は多岐にわたります。 実家には、オカメインコ3匹、セキセイインコ2匹と沢山飼っていますが、まだまだ欲しい子が沢山…(*´`)♡ ・急激な衰弱 か細くてちょっと心配になってしまう インコの足ですが、もし万が一ケガや病気になったらどうしたら良いのでしょう?, 筆者の飼っていたセキセイインコも ある朝見てみたら足から血が出ていて 慌てて病院に連れて行ったことがあります…, 悪化すると大事につながる場合もあるので、症状を確認したら 迅速に対処してあげることも重要です。, これらは病院での相談も多く、多くのインコが罹っている病気なので 予め知っておくと良いでしょう。, これはインコの場合、 止まり木に糞が溜まって不衛生なままだったり肥満や肝機能障害で免疫が落ちているから という原因が考えられます。, 止まり木を介して別の子にも移ってしまう 感染症なので、隔離するなどの対処が必要です。, 白いコブのようなものがたくさんできていると痛風が進行してしまっている証拠ですので 早めに対処してあげましょう。, 不自然なまま足指が動かせない、または 踵で止まり木にとまっていたら 麻痺を疑いましょう。, 代表的な病気の紹介でもあったように、 足に異常があると様々な症状が 出てきますので判断材料にしましょう。, こちらの動画の子も骨折していて この後完治できたそうなので良かったですが、足を浮かせているのがよくわかりますね。, 足の痺れや筋肉の痛みからびっこを引いて、 悪化すると両足とも引きずるようになります。, ビタミンB1欠乏症の最悪の場合は、呼吸困難や循環障害、脳神経障害が引き起こされて、命を落としてしまうことも…, 普段は元気な時やご機嫌なときに ぴょんぴょんと飛び跳ねることもありますが、あまりにずっと飛び跳ねたりしていたら、足に違和感や異常を感じているのかもしれません。, また、落ち着きがなく暴れていたり 飛行が乱雑で下手になっていたら 神経系の病気の可能性もゼロではありません。, もし足を浮かせてぶらぶらとさせていたら骨折や脱臼、やけどなどの外傷の疑いがあります。, これまで病気やケガを紹介しましたが、 重症とまではいかないけれど、軽い擦り傷が出来ていたらどういった対処をしてあげると良いのでしょう?, ケガをして血が滲んでいるようなら、 慌てずに清潔なガーゼをあてて 止血してあげます。, もし爪やくちばしが折れてしまったら 同様にガーゼで止血して消毒しますが、折れた部分の処理が難しいと思うので出来れば病院に連れて行ってあげましょう。, けんけんL’さん(@kenkenooo)がシェアした投稿 – 2016年 9月月13日午前1時43分PDT, 様々な症状とその病気を 紹介してきましたが、歩行異常がみられたら迷わず早急に病院で診てもらうのが賢明です。, びっこを引いていたり、 足をかばうような歩き方をしていたら飼い主の力だけでは治らない場合が多く、 ちゃんとした診察と治療が必要です。, 動物病院へ連れて行くのが初めてで 不安な方は、こちらの記事で丁寧に 解説しているので参考にしてくださいね!, 病院で診てもらいたいけど、 治療費って高いんじゃないの? と心配になっているあなた。, 病気やケガの種類、またその進行度によって治療方法や治療に必要な期間と通院費などに差があるので 一概にはいくらとは言えないんです。, 参考情報として、骨折の手術であれば平均8000円から、とも言われていますが あくまで参考なので病院に相談してみましょう。, 他にも様々な病気もあり、飼い主の工夫次第で 防げるものもあるので、こちらの記事で 勉強しておくのをおすすめします!, 日頃から健康状態や表情、 動きなどもよく見てあげて飼い主のあなたが愛鳥を守ってあげてくださいね。, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','c5EXYTLckpWclKpx'). ・足を引きずるような行動, 人間の肝臓同様にインコの肝臓は多くの働きを持ちます。 ・皮膚を傷つける ・腹が膨らむ インコの爪切りのタイミングと切り方・注意点。出血時の対処法。爪を切らなかったらどうなる?. おかしな行動をとったりします。, 急性腎不全なら ・卵管摘出をするケースも多い, ・過発情を防ぐ Copyright ©  2012-2020 インコの飼育法-初心者の飼い方 All rights reserved. ・ビタミンA不足 ・遺伝的要因 インコを大切に飼育していても、何かしらの病気を経験することがあります。この記事では比較的経験しやすい病気や覚えておくべきインコの病気の症状と原因、治療と対策をまとめました。異常の早期発見のためにもぜひ参考にしてください。 ここでは、インコがかかる恐れのある、感染症についてお話ししたいと思います。, トリコモナスは、インコのヒナや若鳥がかかりやすい病気のひとつ。