サイト内の文章、画像などの著作物は有限会社豊明に属します。無断転載を禁止します。. 天然藍(スクモやインド藍)にハイドロを用いた天然藍の化学建ても可能、状況によっては効率よく濃色が染める事が可能。, 天然染料と化学染料とブレンドした染法。多量に効率よく染色ができるが、染める生地や染め上がった後の用途によってはそれぞれの特色を損なうことになるので注意が必要。, 藍の葉を水槽に入れて蓋をしインジカンを溶出。石灰を加えよくかき回す。温暖な地域で行われた染色方法。, 藍の生葉細かくちぎって水につけ濾したものを染液にする。染色可能な時期が藍の刈り入れ時期、7?8月頃のみと限定され濃い色は出せないが、むらになりにくく、生地を傷めにくいといわれる。, 他、現代では染料店が様々な染料を販売しており、簡単な方法では1日で染める事が出来る藍染セットを販売しているので、これから藍染をやって見たい方や、作品や製品として販売するものを染めている製作側は、素材、染料、建てかたの選択と表現方法、制作側のポリシーが求められると思います。. 天然のもの:蒅(すくも/蓼科の葉を発酵させたもの)、生葉、インド藍液、インディゴケーキ(インド藍液等を濃縮沈殿させ固形にしたもの)等 1880年代ドイツで化学的に合成藍が開発され効率のよい染色が日本にも輸入されるようになり、天然藍(すくもを原料にした天然発酵建)での染色は激減しました。, 藍染をするには インディゴ、インジゴ(英: indigo)は、鮮やかな藍色(青藍)を呈する染料である[1][2]。, アメリカ合衆国における主な用途は綿製の服やジーンズの染色である。世界中で10億着以上のジーンズがインディゴで青く染められている。また、長年にわたりウール生地を深いネイビーブルーにするため使われてきた。, インディゴはそのままで不溶性であるから、顔料としても用られ(「インディゴ染料」はそのまま「インディゴ顔料」である)、絵具としても供給されている。ただし、絵具名にインディゴないしインジゴを冠するだけの代替品も数多い。天然には数種の植物に由来する。, 食品添加物、着色料としてはスルホン化したインジゴチンまたはインジゴカルミンの形で用いられる。ジスルホナートは食品衛生法で青色2号、アメリカ連邦食品医薬品化粧品法(FD&C)で Blue No.2 の名で指定されている。FD&C Blue No.2 の明細書にはインジゴチンジスルホナートなど3つの基質が含まれる。, インジゴチンスルホナートは腎機能検査、硝酸塩や塩素酸塩の検出、牛乳の検査などにも染色剤として使われる。, 歴史上、ウォード[3]を含む様々な植物から採取されてきたが、天然インディゴの大部分は熱帯植物のコマツナギ属から得られる。温暖な気候の地域ではタイセイ[4]やダイアーズ・ノットウィード[5]からも、コマツナギより量は少ないものの採ることができる。アジアで最も流通したインディゴは真インディゴ(木藍、インド藍、ナンバンアイ、タイワンコマツナギ[6]だった。中央・南アメリカではアニール(ナンバンコマツナギ[7]とナタルインディゴ[8]の2種が最も重要視された。それまでは天然インディゴが唯一の原料だったが、1900年ごろに合成インディゴがとって代わり、今日ではほぼ全てが合成品である。 化学名は6,6’-ジブロモインジゴ 化学構造 N C C O H C C N H O B r Br N C C O H C C N H O 古代紫(6,6’-ジブロモインジゴ) 参考:藍(インジゴ) 赤紫色 青色. 藍の色素、インジゴは水に不溶性の色素なので、アルカリ性の水溶液の中で一旦色素を水に溶ける形に変換(還元)して繊維に吸収させ、繊維の中で再びインジゴに戻す(酸化)ことで染色が行われ、この方法を還元染めや建て染めと呼ばれています。 1、染の原料に何を使うか ・手作業ならではの温かみと希少性, 合成インディゴ(インディゴ)の良さ © 2002 - 2020 染裕 SOMEHIRO All rights reserved.

・自然の青色成分なので、その色はその時にしか出せない ・鮮やかで綺麗な仕上がり リエステルの染色は,ファンデルワールス力のはたらき による 6)。 実際は,色素と繊維との間の化学的相互作用に加え,染 色液中の色素の濃度,染色液のpHや温度等の染色条件, 色素や繊維の種類など,繊維の染色には様々な因子が複雑 に関係している。

All Rights Reserved. ここは染色のページなので、主に染料について考えてみましょう。 (染色に顔料も使うだろといわれればそうなのですが、やはり王道は染料でしょう。個人的見解。) 染色における染料とは、繊維等に対して染まり着く力を有する有色物質を指します。

1909年、P. 藍の液で染色をするには、天然の材料だけを用いて(蒅・灰汁・石灰・日本酒)温度を一定に保ち2?3週間定期的に攪拌し発酵させる天然灰汁発酵建てから、お湯を混ぜれば10分程度で染色が可能な藍染セット(染料店で販売されています)まで様々な方法があります。次に藍染の主な方法をまとめてみました。, 日本の伝統的な藍染。室町時代〜江戸時代に盛んに染められていた古来の方法です。原料には蒅(すくも)、ふすま(麦のから)、日本酒、石灰、灰汁と古来から伝わる素材を使用。手間と経験と道具や染色する環境が必要とされ、「本藍」等の呼ばれ方をする。染めをする甕も一石五斗:いっこくごと(270リットル)又は二石:にこく(360リットル)の甕(大谷焼)を利用し温度を25度前後に保つ環境が必要とされる。藍染できる状態に準備に仕込むことを「藍を建てる」と言いますが、一週間から二週間程の期間は数時間ごとに撹拌し様子を見ながら液を管理する経験と勘が必要とされます。また染色できる状態になっても発酵させる為、1日に染める量も限られ濃く染めるには回数を重ねる必要もあり、大変に手間のかかる染色方法となります。, 合成インジゴ、カセイソーダー、ハイドロサファイトを加え染液をつくる。短時間で効率良く染められるが、強アルカリ性になる場合があり、一度に濃紺に染めることができるが染色時に注意しないと色ムラが発生したり色が落ちやすくなる。

浮世絵においても青色材として使用されていたが、文政年間にベロ藍(紺青)が輸入されると、瞬く間に取って代わられた(ただし、以降も主線の色として用いられたり、他の色との混色用に用いられる場合はあった)。 “インディゴ”というとジーンズを連想する方が多いと思いますが、よく耳にする“藍染め”との違いはご存知でしょうか。 これらの原料の選択と組み合わせ、液の管理方法、素材や施す意匠、染めた生地の用途、染める環境、その人の技術等によって様々な方法で染色することが可能です。 ・色ムラが少ない, インディゴの染色方法は、大きくわけてロープ染色と枷染め(かせぞめ)の2種類です。ジーンズの糸をインディゴで染色する際には、ロープ染色を用いることが一般的です。, ロープ染色・・・ロープ状に束ねた糸が機械に巻き取られる過程で、染料の液に浸かり その後空気に触れて酸化させる、を繰り返して青く染める手法です。インディゴは染着力が弱いため、ロープ染色を何度も繰り返し、美しい色に染あげていきます。, 枷染め・・・ロープ染色とは異なり、全て手作業で行います。天然のインディゴが入った瓶(壺)に束ねて輪っか状にした糸を、何度も浸けては絞り、空気にさらして酸化させる、を繰り返して青く染めるといった手法です。天然の染料で少しずつ染めていくため、非常に手間がかかります。, この2種類の染色方法、何度も繰り返し染料につけて酸化させて青くする、という点では全く同じ原理です。 ている。また,インジゴの染色には,還元という化学反応 を起こす必要があり,伝統的には発酵が利用されている。 そして染色によって,繊維製品に色柄という付加価値を生 んでいる。これらのことは,どの切り口をとってみても, 俗に広重の東海道五十三次や北斎の富嶽三十六景は鮮やかな藍で刷られたなどというが、正しくはベロ藍のことである。, ドイツの化学者アドルフ・フォン・バイヤーは1865年にインディゴの研究を始め、1880年、o-ニトロベンズアルデヒドとアセトンに水酸化ナトリウム、水酸化バリウム、またはアンモニアの希薄溶液を加える方法によってその合成に成功し、3年後には構造を報告した。1897年に化学工業会社BASFによって工業的合成法が開発され、1913年までには天然インディゴはほぼ合成インディゴにとって代わられた。19世紀にはイギリスはインドから大量のインディゴを輸入していたが、合成法が登場するとインディゴ農家は職を失った。2002年の全世界におけるインディゴ生産量は1万7千トンである。, インディゴは水に溶けないため利用するのが難しく、溶解させるためには化学修飾を施す必要があった。布地を染色槽から引き上げると、インディゴはすぐに空気で酸化して不溶性の形に戻ってしまう。16世紀に初めてヨーロッパに伝わったとき、染め物屋や印刷屋たちはこの特性に苦労した。また、インディゴは毒性を持ち、さらに使用に多段階の化学反応を必要とするので負傷する機会が多かった[疑問点 – ノート]。, ヨーロッパで工業生産が始まる前に使われていたのは、インディゴを腐った尿に溶かす方法だった。尿は水に不溶なインディゴをロイコ体のインディゴ白(ロイコインディゴ)に還元して溶解し、黄緑色の溶液を生成する。この溶液で染められた繊維は、インディゴ白が空気で酸化すればインディゴに戻り、青色を呈する。尿を代替する合成尿素は1800年代に利用できる様になった。, 日本で用いられていたもう1つの方法は、好熱性・嫌気性のバクテリアが培養された容器にアイを入れ、加熱して溶解するというものである。そのようなバクテリアのうちある種のものは代謝物として水素を発生させ、不溶性のインディゴを溶解性のインディゴ白に変換する。この容器で染められた布は絞り染め、絣、型染め、筒描といった技法によって装飾された。これらの技法を用いた衣服や旗は葛飾北斎の作品などに見ることができる。, インディゴを化学変化させずにそのまま利用する2種類の方法が18世紀のイギリスで開発され、19世紀になっても広く使われていた。1つ目の方法は鉛筆やブラシに良く使われていたため「ペンシルブルー法」と呼ばれ、濃い色を出すことができる。三硫化二ヒ素と増粘剤をインディゴと混合して用いるが、ヒ素化合物はインディゴの酸化を防ぐ。2つ目の方法は中国の青白の磁器との類似性から「チャイナブルー法」と呼ばれる。インディゴの溶液を直接用いる代わりに、不溶性のインディゴを繊維の上に塗る。次に硫酸鉄(II)の槽にひたして酸化させ、繊維に浸透させる。チャイナブルー法では細かい模様を作ることができるが、ペンシルブルー法のような濃い色調を出すことはできない。, 1880年ごろ「グルコース法」が開発された。この方法によって繊維に直接インディゴを塗ることができるようになり、チャイナブルー法で不可能だった濃色のインディゴ捺染布が安価に作られるようになった。, インディゴは暗青色の結晶性固体で、融点は 390 – 392℃である。水、アルコール、エーテルには溶けないが、クロロホルム、ニトロベンゼン、濃硫酸には可溶である。, 天然にはインディカンとして存在し、これは無色で水に溶ける。インディカンは容易に加水分解してグルコースとインドキシルになる。空気にさらすなどして緩やかに酸化すると、インドキシルはインディゴに変換される。, 1800年代後期に開発された工業合成法はいまだに世界中で使われている。この方法では、フェニルグリシンナトリウムを水酸化ナトリウムとナトリウムアミドの存在下に環化させてインドキシルを合成する。, インディゴを分解させるとアニリンやピクリン酸などが生成する。実用的な反応としては尿素によるインディゴ白への還元が挙げられる。インディゴ白は繊維に浸透させたあと、酸化によりインディゴに戻される。, インディゴを硫酸で処理するとスルホン化されて青緑色になる。この反応は1700年代中期には知られていた。スルホン化されたインディゴはサクソンブルー[10]、インジゴカルミンと呼ばれる。, ティルス紫[11]は古代ギリシャ・ローマで貴重だった紫の染料である。地中海の巻き貝から抽出される。1909年にその構造が 6,6'-ジブロモインディゴであることが示された。商業的合成法は知られていない。, CAS登録番号は [12626-73-2]、SMILES表記はN2C1=CC=CC=C1C(=O)C2=C4NC3=CC=CC=C3C4=O である。, c1ccc2c(c1)C(=O)/C(=C\3/C(=O)c4ccccc4N3)/N2, InChI=1S/C16H10N2O2/c19-15-9-5-1-3-7-11(9)17-13(15)14-16(20)10-6-2-4-8-12(10)18-14/h1-8,17-18H/b14-13+, InChI=1/C16H10N2O2/c19-15-9-5-1-3-7-11(9)17-13(15)14-16(20)10-6-2-4-8-12(10)18-14/h1-8,17-18H/b14-13+, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=インディゴ&oldid=78627764. インディゴは染物や印刷に使われてきた最も古い染料の1つである。インド、中国、日本など多くのアジアの国々で何世紀にもわたって用いられてきた。メソポタミア、エジプト、ギリシャ、ローマ、ブリテン、ペルー、イラン、アフリカなどの古代文明でも知られていた。, インディゴ染色の最も古い中心地はインドであったとされている。グレコローマン期のヨーロッパは主にインドからインディゴを輸入していた。インディゴを介したインドとギリシャの交流は、この染料を意味するギリシャ語「ινδικον[9]」に反映されている。ローマ人はラテン語「indicum」の語を用い、これが英語「indigo」となった。, 紀元前7世紀のバビロニアの楔形文字で書かれた板には毛織物の染色法が記されており、布への染料の浸透・乾燥を繰り返すことによってラピス色の毛織物(uqnatu)が作られていた。インディゴは主にインドから輸入されていたと考えられている。, ローマ人はインディゴを顔料、医療用、化粧品として用いていた。アラブの商人によってインドから地中海に輸入される高級品であった。, 中世ヨーロッパではインディゴは貴重品であり、ウォードという、同名の植物から採取される染料が代用品として用いられた。, 15世紀後期、ポルトガルの探検家ヴァスコ・ダ・ガマによってインド洋航路が発見され、インドや香料諸島、中国、日本と直接貿易することが可能になった。これによりペルシア、レバント、ギリシャの中間商人に関税を支払わずに済むようになり、またそれまでの危険な陸路は不要になった。その結果、ヨーロッパでのインディゴの輸入量・使用量は激増した。大量のインディゴがポルトガル、オランダ、イギリスの港を通してアジアからもたらされた。スペインは南アメリカの植民地から輸入した。ヨーロッパの列強国によって、熱帯地方に多くのインディゴのプランテーションが作られ、ジャマイカやサウスカロライナは有数の生産地となった。インディゴプランテーションはヴァージン諸島でも成功を収めた。一方、フランスやドイツはウォードの染料工業を保護するため1500年代にインディゴの輸入を禁止した。, 西アフリカにおいてインディゴは数世紀の歴史を持つ伝統的織物の基礎であった。ここではインディゴの利用は前時代から一般的なものであった。サハラ砂漠からカメルーンの遊牧民族であるトゥアレグにとって、インディゴで染められた衣服は裕福さの印であった。ほとんどの地方で女性はこの染料で服を染め、特にナイジェリアのヨルバやマリのマンディングはその技術の高さで良く知られる。ハウサ族の男の間では、ピットと呼ばれる作業所で染め物屋として働くことが古都カノで富を作る基本的な稼ぎ口であり、今日でも同じピットで作業を行う姿が見られる。, 日本ではかつてタデ科の蓼藍が使われていたが、琉球では在来の琉球藍(キツネノマゴ科)より色鮮やかなマメ科の印度藍が栽培されるようになった。日本では、絹を使うことが禁止され、木綿の輸入と栽培を行うようになった江戸時代にアイが特に重要になった。木綿の繊維をアイ以外で染めるのは難しかった。後年、青い海や自然が想起されることから、浴衣の色としてのアイの使用は高く評価されるようになった。 また、すくもの中にはインジゴの分子以外にも多種多様な分子などのツブが存在している。 こういった分子の性質やその振る舞いを、分子1粒1粒の立場に立って考えるのが化学である。 染色も、分子というミクロのレベルで考える必要がある。 モニタの色合いによって見え方が異なり、あくまで染裕が感じる色味とご了承ください。, この写真は乳鉢でインド藍のインディゴケーキ(濃縮させ固形化させたもの)をお湯で溶いている状態です。すくもと比較すると藍色の元になるインジカンの含有率が多い為、藍色の色合いをしています。, 2、アルカリ性の水溶液・還元剤に何を使うか ・使えば使うほど味のある色落ちをする 最初にお話した、, ということです。化学の技術が発展し、ジーンズの糸の染色は合成インディゴが主流となりました。そして「ジーンズ=インディゴ」といった印象が強いことから、インディゴ=合成染料だと認識されるようになったのでしょう。, 藍の葉をを発酵させて採れるのが藍染めの染料、石油を原料として作られているのがインディゴです。天然インディゴを採る際に 混ざってしまう不純物を除けば、合成インディゴと天然インディゴは全く同じ物質です。不純物がなく、ムラのない一定のものが生産できるということも、合成インディゴが主流とされている理由のひとつです。, 天然(藍染め)と合成(インディゴ)と聞くと、なんとなく天然のほうが良いんじゃないかって思いますよね。もちろん天然のインディゴならではの良さはたくさんありますが、同じように合成のインディゴならではの良さもあります。, 天然インディゴ(藍染め)の良さ 6,6’−ジブロモインジゴ及びその混合物を用いた染色液の調整、保管、及びそれを用いた染色、酸化による発色時に遮光環境下で行うことにより、染色液の光劣化、染物の色調変化を防ぐことである。 人工のもの:インジゴピュア、等, この写真は乳鉢でスクモをお湯で溶いている状態です。藍色の元になるインジカンの含有率が少ない為、どちらかといえば、茶色に近い色合いをしています。スクモやインド藍は不純物(藍色以外の色味になるもの)が含まれるため、濃色では赤味が、薄色では黄身の色合いがあります。※天然の原料で藍染したイメージ。 藍染めとインディゴ染めの違いとは何でしょうか。実は、両者ともジーンズにまつわる深い関連性があるのです。染料の作られ方や染色方法、糸の違いについても詳しく解説。京都デニムでは、それらジーンズの特性を活かして、京友禅染めを施しています。 デニムに伝統工芸京友禅染めを施すことができるのは、世界でも京都デニム、ただ一つだけ。, お持ちのジーンズやデニム素材の製品に伝統工芸京友禅染めを施すサービスも行なっております。, 傳統技術“京佑禪” 牛仔布使用一種稱為“ Kyo-Yuzen”的傳統技術。 自日本和服使用的江戶時代以來,這種染色技術就已不復存在。 它是京都傳承了數百年的傳統工藝。 KYOTODENIM是世界上第一家使用Kyo-Yuz [...] [...], traditional techniques “Kyo-Yuzen” A traditional technique called “Kyo-Yuzen” is used for denim. This is a [...], 目次1 デニムのれんオーダー承ります1.1 オーダー事例2 京都デニムの暖簾(のれん)制作2.1 形・サイズ・生地・柄すべて用途に合わせたものをお作りします2.2 〜お問い合わせの前に〜3 デニム暖簾(のれん)オーダーの [...] [...], 京都デニムのジーンズあれこれ 京都デニムのジーンズと言えば、京友禅や金彩友禅が施された華やかな柄に目が行きがち。 でも実は、こだわりは京友禅・金彩友禅だけではありません。 デニム生地や作りにも強くこだわっているんです。 [...] [...], サービス休止のお知らせ重ね染めを担当する職人が高齢となり引退されるということで、染め直しサービスは現在休止しております。後継者が見つかり次第再開いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。 ジーンズ(デニム)の染め [...] [...], 京都デニムとは 京都デニムは 伝統工芸京友禅染めをデニムに施し、 着物の技術を今に伝える 日本で唯一のジーンズブランドです 京都デニムの始まり京都デニムの特徴 京都デニムは、ジーンズのカスタムオーダーを承って” [...] [...], 京都デニムのジーンズは、腰回りやポケット、ロールアップなど様々な部分に柄を施しています。 この柄はプリントでもなければ、刺繍でもありません。“伝統工芸京友禅染め”という本来着物に用いられる染色技法で染めているのです。 目 [...] [...], 「伝統工芸 伝統工芸京友禅染め」をお持ちのジーンズに 色褪せてきたジーンズ 長年使い込んだジーンズ 箪笥の奥に眠ったままのジーンズ 「だけど、捨てるのは忍びない・・・」 「それに、思い出もたくさんある・・・」 そんな日本 [...] [...], Copyright 2020(C) 京都デニム kyotodenim.

<インジゴによる染色について> ①で作った溶洷に布を洙し,空気中にさらすことでインジゴが酸化され緑色だった布が青色になる。 空気中にさらすことで,インジゴが酸化されるとき再びインジゴが水に溶けなくなる。この性質を利 インディゴと藍染めには、ジーンズにまつわる深い関係性があるのです。, このように簡単に説明されることが多いのですが、具体的にどういった違いがあるのでしょう。, インドで栽培される“インドアイ”という品種の植物が、藍染めの原料として世界中で使われるようになり、そのことから藍に含まれる青色の色素が“インジゴ”と名付けられたといわれています。インドからきたことが由来でインジゴ→インディゴと呼ばれるようになったのです。, なので 一般的にインディゴ=合成染料だといわれているのは、本来の意味でいうと間違いで、インディゴとは天然の成分なのです。このインディゴの特徴としては、植物から染料を作るのでとても手間と時間がかかることです。, そして天然の成分であるため、均一にムラなく染めることが困難であったり、長期保存ができず管理難しいことが欠点とされることもしばしばでした。, そこで、発明されたのが“合成インディゴ”です。合成インディゴは、天然のインディゴよりも安く、簡単に作ることができ、長期保存が可能な染料です。

天然のもの:木灰からとった灰汁、石灰、ふすま、日本酒、水飴、等 ・藍染めならではの深い発色

今ではジーンズの糸を染める時にはこの“合成インディゴ”が主流です。

藍の色素、インジゴは水に不溶性の色素なので、アルカリ性の水溶液の中で一旦色素を水に溶ける形に変換(還元)して繊維に吸収させ、繊維の中で再びインジゴに戻す(酸化)ことで染色が行われ、この方法を還元染めや建て染めと呼ばれています。 Friedlander は12,000粒のシリアツブ …

人工のもの:苛性ソーダ、ハイドロ、等 他に沈殿染め、生葉染め等、染色する国や地域のなど独特の気候風土に適した染色方法が工夫され、改良されてきました。 インジゴチンスルホナートは腎機能検査、硝酸塩や塩素酸塩の検出、牛乳の検査などにも染色剤として使われる。 歴史 [ 編集 ] 歴史上、ウォード [3] を含む様々な植物から採取されてきたが、天然インディゴの大部分は熱帯植物の コマツナギ属 から得られる。 大きな違いは、糸の染まり方です。, ロープ染色で染めた糸は、糸の中心まで染まりません。「中白」という現象です。ジーンズが味わい深い色落ちをしていくのはこれが要因のひとつです。ロープ染色で染められたジーンズは、はきこむほどに青と白のコントラストを生み、ジーンズ特有の風合いを増します。自分だけのジーンズに育てていくことができるということです。, 一方枷染めは、ロープ染色とは異なり、糸の芯までしっかりと染まります。中心まで浸透しているため、ロープ染色のようにアタリやヴィンテージ感出ずらいですが、深みのある独特の風合いがあります。色落ちがしにくいのも特徴です。, 京都デニムでは、江戸時代より着物に用いられた染色技術『伝統工芸京友禅染め』をデニムに施すことができます。