澁澤 龍彥[注 1](しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は、日本の小説家、フランス文学者、評論家。, 別名のペンネームに澁川龍兒、蘭京太郎、Tasso S.などがある。晩年の号に呑珠庵、無聲道人がある[注 2]。, 東京市芝区車町(現在の東京都港区高輪)に澁澤武・節子の子として生まれ、埼玉県川越市、東京市滝野川区中里(現在の東京都北区中里)に育つ。父の武(1895年 - 1954年)は銀行員。母の節子(1906年 - ?)は実業家で政治家の磯部保次長女。渋沢栄一やその孫の渋沢敬三と遠戚にあたるが、龍彥の家が澁澤家の本流(東の家)で、栄一や敬三の家は支流(中の家)である。なお澁澤家は、指揮者尾高尚忠や競馬評論家大川慶次郎とも親類に当たる。龍彥の幼少時、渋沢栄一はまだ存命で同じ滝野川に住んでいた。龍彥は、赤子のとき栄一翁に抱かれて小便を洩らしたことがあると伝えられている。, 旧制の東京府立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)から、1945年、敗戦の直前に旧制浦和高校理乙(理系ドイツ語クラス)に進む。理系に進んだのは、当時の軍国主義的風潮の中で飛行機の設計者に憧れたためだが、徴兵逃れの意図もあった。中学から高校時代には勤労学徒として動員され、板橋の凸版印刷と鋳物工場、八丁堀の製本屋、赤羽の東京陸軍兵器補給廠、大宮の工機部(蒸気機関車の修理工場)で働く。大宮の工機部では艦載機の機銃掃射を体験する。ドイツ語が不得手だったためもあり、敗戦に伴って文甲(文系英語クラス)に転じる。旧制浦和高校の文丙(文系フランス語クラス)は戦時中に廃止されていたが、澁澤の一級下から復活したため、一級下の講義に潜り込み、平岡昇からフランス語の手ほどきを受けた。このころの友人に出口裕弘や野沢協がいる。またアテネ・フランセに通ってフランス語を習得。みるみる上級クラスに上がっていったという。このころ、神田の古書店街でダダイスムやシュルレアリスム関係の仏語の原書を渉猟し、アンドレ・ブルトンやジャン・コクトーに熱中した。, 本来、旧制高校卒業生はほぼ無試験で帝国大学に進める立場だったが、新しい学制が施行されたためにその特権的立場を喪失し、このため澁澤は東大仏文受験に失敗して、いわゆる白線浪人となった。浪人中のアルバイトで「モダン日本」誌(新太陽社)の編集に携わり、吉行淳之介の知遇を得た。久生十蘭の原稿を取りに行った事もある。このころ、小説の習作を吉行に読んでもらったことがあるが、それは吉行によるとサディズムの傾向があらわれた作品だったとのことである。, 1950年、2年の浪人生活を経て東京大学文学部に入学。この時のことを、1974年2月の「週刊朝日」の取材には「入学試験なんてインチキなものだと信用していなかったが、やはり三度目に入ったときはうれしかった」と答えている。若干の社会人経験を積んだためもあり、澁澤当人は自筆年譜の中で「周囲の学生が秀才馬鹿に見え、研究室の雰囲気にも馴染めなかった」と語ったが、当時の友人の証言によると、澁澤はこのころ研究室には頻繁に出入りしていたともいう。1953年仏文科を卒業。卒論は『サドの現代性』。サドをテーマにした論文は自分が最初で最後かもしれないと語っている。澁澤の執筆当時はサドは文学者としての評価は芳しくないばかりか俗悪的なポルノ作家との認識が少なくなく、学者もサド研究に好意的ではなかった。そんな状況での澁澤の論考は、当然のようにアカデミズムから疎外される。澁澤は卒論を提出した後に、大学から取り戻したという。このころ、新聞社や出版社の就職試験に失敗している。, その後、東京大学修士課程に進んだが肺結核を病み就職への道が絶たれる。1954年、白水社で最初の訳書『大跨びらき』(ジャン・コクトー)を上梓、初めて筆名「澁澤龍彥」を用いた。訳業自体は、すでに大学入学前、浪人時代に着手していたものである。, この頃、父が急死したため経済的に逼迫し、岩波書店で社外校正のアルバイトを始めると共に、のちの妻矢川澄子と知り合った。また1955年には友人の出口裕弘や野澤協、小笠原豊樹たちと同人誌「ジャンル」を結成、『撲滅の賦』『エピクロスの肋骨』などの小説を書いた。公式には、この『撲滅の賦』が小説家としての澁澤の処女作だったとされている。このころ三浦市の市長選に絡んで個人的に日本共産党候補を応援し、対立候補を批判する詩を書いてビラ撒きを手伝ったが、やがて一切の政治的発言を自らに禁ずるようになった。, 1961年、わいせつ文書販売および同所持の容疑で、現代思潮社社長石井恭二と共に在宅起訴され、以後9年間に渡りいわゆる「悪徳の栄え事件」の被告人となった。第1回公判は8月10日。埴谷雄高・遠藤周作・白井健三郎が特別弁護人、大岡昇平・吉本隆明・大江健三郎・奥野健男・栗田勇・森本和夫などが弁護側証人となった。澁澤はこの裁判について「勝敗は問題にせず、一つのお祭り騒ぎとして、なるべくおもしろくやる」との方針を立てていたため最初から真剣に争う気がなく、「寝坊した」と称して裁判に遅刻したことまであったため、弁護側から怒りを買うことがあった。1962年10月26日に東京地裁で無罪判決が出たが検事控訴で、1963年11月21日東京高裁で有罪判決、最高裁まで争った末に1969年に澁澤側の有罪が確定し、7万円の罰金刑を受けた。このとき澁澤はマスコミ取材に対し「たった7万円、人を馬鹿にしてますよ。3年くらいは(懲役刑を)食うと思っていたんだ」「7万円くらいだったら、何回だってまた出しますよ」と語った。, 1970年9月に、初めての欧州旅行に出たのをきっかけに、1970年代から1980年代にかけ、龍子夫人[3]を伴い、何度か海外旅行をした。なお初めての海外への出発の際、三島由紀夫が羽田空港に見送りに来たのが最後の面会となった[4]。, また作家嵐山光三郎は、平凡社の編集者時代に澁澤と中近東旅行に同伴している。また国内旅行の記録も『澁澤龍彥の古寺巡礼』(図版での小著、平凡社)など、複数で紹介されている。, 1983年頃、牝の兎を飼い始める。名前は「ウチャ」。澁澤は幼い頃から喉が弱く、知人の間では特徴的なかすれ声で知られていたが、近所の医師の誤診から下咽頭癌の発見が遅れたため、1986年に声帯を切除し、声を失った。このあと、真珠を呑んで声を失ったという見立てにもとづき、またスペインの伝説上の放蕩児ドン・ファンDon Juanのフランス語発音「ドン・ジュアン」にちなみ、「呑珠庵」と号する。, 入院生活の最中も『高丘親王航海記』を書き継ぎ脱稿、次作『玉蟲物語』を構想していたが、1987年8月5日、東京都港区の東京慈恵会医科大学附属病院の病床で読書中に頚動脈瘤の破裂により死去、59歳没[1]。戒名は、文光院彩雲道龍居士。, 旅行自体は、夫人の回想記『澁澤龍彥との旅』や『澁澤龍彥との日々』(白水社)、図版の編著『澁澤龍彥のイタリア紀行』(, 三島由紀夫『澁澤龍彥氏のこと』(澁澤龍彥『快楽主義の哲学』 光文社カッパブックス、1965年)でのカバー紹介, 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=澁澤龍彦&oldid=80117499, 澁澤龍彥編 『血と薔薇 エロティシズムと残酷の綜合研究誌』(全3号、復原版/白順社、2003年), 上述のとおり自由奔放な言動で知られるが、近い人間からは「(特にフランス関連で)わからないことがあったら澁澤に聞け」と言われるほど信頼され、深夜に問い合わせの電話がかかってきても親切に応対していたという(赤木洋一『, 『澁澤龍彥 夢の博物館』 季刊みづゑ編集部・雲野良平編、1988年7月。友人らの回想評論を追加収録した単行判, 『BGM〈ブックガイド・マガジン〉 創刊号 特集 澁澤龍彥をめぐるブック・コスモス』1990年, 『澁澤龍彥事典-Encyclopedia Draconia』平凡社〈コロナブックス〉、1996年, 『世紀末の水先案内人 澁澤龍彥展』美術出版社、1994年4月。展覧会図録『澁澤龍彥をもとめて』とほぼ同一内容, 礒崎純一『龍彥親王航海記 澁澤龍彥伝』(白水社、2019年)- 晩年の担当編集者(国書刊行会)、, 石川鴻斎『夜窓鬼談』小倉斉・高柴慎治訳註、春風社(2003年)巻末の高柴慎治「『夜窓鬼談』の世界」は、澁澤の小説に深く踏み込んで分析している。, 林淑丹『小泉八雲・澁澤龍彥と『夜窓鬼談』 交響する幻想空間』翰林書房(2019年). ウィキにはたくさんの慣習やルールや思想があるでしょうが、「大胆に」というルールが何よりも優先されるのです!