シスターソノの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ウイニングポスト9の1991年産史実馬「シスターソノ」に関する攻略情報。シスターソノのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。 11戦10勝(うちGⅠ2つ)のオーサムフェザーを産むということで金札扱いと思われます。 仔出しは悪くないので架空馬の母としても期待できるかも。 その他の攻略情報 【日本の1997年産駒おすすめ】 【ウイニングポスト9】1997年産駒おすすめ競走馬データ一覧 このページでは『ウイニングポスト9』の1997年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。, おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。.

このページでは『ウイニングポスト9』の1997年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。, 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); この年の海外セリは熱いです(1998年12月3週開催)。エイシンプレストン、タップダンスシチー、アグネスデジタル、ゼンノエルシド、イーグルカフェ等々。, 俺TUEEEプレイがしたい人でも海外セリだけで十分に楽しめるんじゃないかというくらい有力馬が揃っています。あとは庭先取引でエアシャカールやレギュラーメンバーなどの有力馬を銀札で買えば十分すぎるので、札の消費を抑えながら有力馬の所有が楽しめる年と言ってもいいでしょう。, 史実でも勝っている2歳GⅠ(阪神3歳牝馬S)は堅いですし、難易度ノーマルなら2歳の時点でGⅠを5つくらい勝てると思います。あとはライバル次第で桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯も。, 海外に行くなら欧州牝馬マイル3冠を狙って、繁殖入りしてからの3冠配合狙いも面白いと思います。, 史実では2003年2月がラストランになっていますが、成長型が早熟で、かなり大事に使ってもそこまで持たないです。, 個人的には2歳~3歳までにGⅠをガンガン走らせて、3歳一杯でGⅠ2桁を目指すくらいの勢いで進み、4歳の後半にはもう引退させるという感じで良いと思います。, 【ウイニングポスト9】1998年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1997年産駒)データ一覧, 難易度ノーマルですが獲得賞金がカンスト、GⅠも50勝オーバーを記録できました。負けた2回は4歳の時のキングジョージでのVS サキーと引退レースの有馬記念でのVS ディープインパクトです。, 3歳時は菊花賞のトライアルあたりまでに重賞を勝ってから海外へ進出し、その後は海外の賞金の高いレースを走らせまくって、秋になったら秋古馬3冠という感じのローテでガンガン稼いでくれるので、縛りプレイなどでなければ資金を豊潤にするという意味でもおすすめの1頭。, 史実では2005年の12月がラストランで、ゲーム上でもかなりガンガン走らせてようやく8歳の中頃で劣化が始まるかという感じなので、普通ペースなら最後までちゃんと持つと思います。, ゲーム内ならドバイも狙えるので、ペガサスワールドCと合わせて賞金をガンガン稼ぐことも可能ですし、金殿堂は堅いです。AMC完全制覇で金札が取れることを考えても、非常にお得な1頭だと言えるでしょう。, 史実では2003年12月がラストラン。普通に走らせていれば6歳頭で劣化が始まり、何とか1年もつかどうかという感じになると思います。, 香港GⅠ3勝を含むトータルGⅠ4勝の名馬。もっと勝っている印象がありましたが、マイルチャンピオンSで2回2着になっているなど、惜しくも届かなかったレースというのがあるからでしょう。, ゲーム内ではマイル~中距離でほぼ無敵です。AMC完全制覇もお手の物で、ライバルと言えば安田記念でのアグネスデジタルくらいでしょうか。, AMCだけに絞って適度に競争寿命を残しながらプレイすれば、AMC完全制覇も3連覇くらいはできるんじゃないかと思うので、金札稼ぎには文句なしです。, 史実では2003年12月がラストラン。上記データでは5歳の後半から劣化が始まり、6歳の折り返し手前でもう厳しくなったので引退させました。, ちなみに上記データでは、皐月賞→欧州牡馬マイル3冠の流れがスムーズでしたが、別検証でキングズベストが最終戦でシンダーに負けて3冠を取りこぼすという事例を見ているので、これに関しては運の要素も強いんじゃないかと思いました。, 連勝による補正で成長すれば、それこそ手が付けられないくらいにはなるので、AMC完全制覇を複数年に渡って狙うことで、銀札で購入して金札が複数枚手に入るという面でもおすすめです。, 史実では2004年11月がラストラン。成長が鍋底なのですが、普通に走らせている分には7歳を迎える頃には劣化しまくっているので、6歳一杯での引退でいいと思います。, 史実で残した成績はあまりパッとしないような気もしますが、ゲームでは結構走るので十分に元は取れるはずです。海外の手薄な牝馬マイルGⅠを走らせているだけで軽く2桁は勝ってきてくれるので、これで金殿堂入りすれば金札の回収に成功です。, 史実では2003年3月がラストラン。史実では3月に引退してそのまま繁殖入りしているため、オートにしていると2002年の末で引退します。6歳も走ってしまうとアルティマトゥーレが消失してしまうので注意してください。, 皐月賞と菊花賞を勝ったGⅠ馬。真ん中の日本ダービーもアグネスフライトに次ぐ2着で、3冠に非常に近い位置にいた競走馬にも関わらず銀札です。, ゲーム内では勢いに乗れた時と乗れなかった時の差が激しく、勢いに乗れれば面白いくらい勝てます(ただし国内の古馬クラシックには関わらない方が無難)。, 史実では2002年12月がラストラン。普通にやっていれば競争寿命がカツカツだと思いますが、2004年産駒に史実馬はいないので6歳も走ってOKです。, 3歳~4歳の頭くらいまではウイングアローが目の上のたん瘤のような存在ですが、4歳の半ば頃からは地方ダートGⅠを中心にけん引していくことが可能です。, ULTIMATEでもBCクラシックが勝てるレベルにまでなるので、銀札で購入できるという意味では非常におすすめのダートホースとなっています。, 史実では2003年6月がラストラン。オートにしていると5歳一杯で引退してしまうので注意してください(もちろん2004年、そして2005年の収録馬はいません)。.

シスターソノ は日本の競走馬・繁殖牝馬。 公営競馬有数の名牝ロジータの初仔にあたり 、現役時代は大成しなかったが、繁殖牝馬になってからgi馬を出した。

このページでは『ウイニングポスト9』の2008年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... ウイニングポスト9では人脈ゲーと言っても過言ではないくらい、人と人との絆や出会いを重要視しています。 絆と言えば聞こえはいいかもしれませんが、結局は「ちょっとした理不尽で自由度を削ったシステム」です。 ... このページでは『ウイニングポスト9』の2015年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... このページでは『ウイニングポスト9』の1995年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページではウイニングポスト9のスタート時の攻略情報、初期にもらえる1988年産駒2頭(シャコーグレイド/レオダーバン)と1989年産駒のデータについて掲載しています。 Contents1 牧場の位 ... Copyright© 光る原人 , 2020 All Rights Reserved. このページでは『ウイニングポスト9』の1998年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... このページでは『ウイニングポスト9』の2007年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページでは『ウイニングポスト9』の2006年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... このページでは『ウイニングポスト9』の2017年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... このページでは『ウイニングポスト9』の2005年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... Copyright© 光る原人 , 2020 All Rights Reserved.

シスターソノ[1]は日本の競走馬・繁殖牝馬。公営競馬有数の名牝ロジータの初仔にあたり[2][3]、現役時代は大成しなかったが、繁殖牝馬になってからGI馬を出した。, デビュー前から公営5冠馬ロジータの初仔として期待されており、「ラブちゃん」として地方競馬全国協会の広報誌『ハロン』の表紙裏で成長記録が連載されていた[2]。, 1993年8月8日に函館競馬場芝1200メートルの新馬戦でデビューし、のちのフラワーカップ勝ち馬オンワードノーブルを2馬身2分の1差下して1着[3][4]。1分10秒7の時計は好時計と評価された[3]。2戦目、京都競馬場のもちの木賞ではのちにNHK杯を勝ったナムラコクオーや重賞を2勝したメルシーステージらと対戦したが、ナムラコクオーに2馬身差をつけて2連勝とした[4][5][6]。3戦目の阪神3歳牝馬ステークスでも1番人気に支持されたが、背景にもちの木賞での牡馬撃破への評価が示唆された[4]。レースではイレ込みもあってこれまでの好位からの競馬が出来ずに先頭に立つ展開を強いられ、最後は余力もなくなりヒシアマゾンの11着に終わる[4][5]。年明け初戦にオープン特別のエルフィンステークスで2着となるも橈骨の不安のため放牧に出され、牝馬クラシックには出走せず休養する[7]。一時はローズステークスで復帰とも伝えられたが[7]、11月に戦列に復帰して緒戦は2着としたものの、以降は勝利することなく引退した[8]。, 引退後は高瀬牧場で繁殖牝馬となり、2番仔レギュラーメンバーが2000年のダービーグランプリ、2001年の川崎記念とJBCクラシックも制してGI3勝馬となり、種牡馬にもなった[10][11]。また、5番仔ブライアンズソノの産駒ブラゾンドゥリスが2017年の黒船賞を制し[12]、孫世代からも重賞勝ち馬を出した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シスターソノ&oldid=78754902. ウイニングポスト9の1991年産史実馬「リヴァーガール」に関する攻略情報。リヴァーガールのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。

【ウイニングポスト9】2008年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2007年産駒)データ一覧, 【ウイニングポスト9】2006年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2005年産駒)データ一覧. 『ウイニングポスト9 2020』の攻略データベースです。配合理論、年度別おすすめ繁殖牝馬、年度別注目馬、年度代表馬一覧、重賞一覧などまとめています。 【ウイニングポスト9】1996年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1995年産駒)データ一覧, 【ウイニングポスト9】1997年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1996年産駒)データ一覧. このページでは『ウイニングポスト9』の1997年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 素質は悪くないのですが「成長遅め+史実通りなら3歳一杯で引退」という時限爆弾に加え、適正距離が2000m~2600mで日本の芝に合わないということで、かなり扱いにくい牝馬という印象を受けました。, 素質そのものが高いので、多少無茶をしてもしっかり勝ってくれます。欧州3冠は距離もあっていますし、同期のサキーにも負けないのでぜひおすすめです。, 消失を気にするのであれば競走馬としての寿命が気になるところですが、ちゃちゃっと欧州3冠が獲りたいという場合はいいかも。, 史実では2000年10月がラストラン。3歳一杯で引退しないとルーヴァン、シャワンダが消失してしまうので注意してください。, イギリス2000ギニーを勝ったアメリカ産のGⅠ馬。不幸もあってGⅠは1つしか勝っていませんが、この時の勝ち方が圧倒的で、後にGⅠを6勝するジャイアンツコーズウェイをぶっちぎっての勝ちだったため、本作では高い評価をされています。, 上記データでは、3歳の時に欧州牡馬マイル3冠を狙いましたが、最後の最後にシンダーに負けてました(スキップしてたので内容は不明)。, 史実では2000年7月がラストランですが、これはレース中の故障によって引退を余儀なくされたというものなので、IFの世界を堪能するのにはおすすめの1頭です。オートにしていると3歳一杯で引退してしまうので注意してください(2002年の収録産駒はいません)。, GⅠ2勝(そのうちの1つが凱旋門賞)で、ドバイワールドCでも3着という好成績を収めています。, 上記データでは3歳時に皐月賞→日本ダービーと進んでから欧州3冠に挑戦しましたが、残念ながらキングジョージと凱旋門賞がモンジューに次ぐ2着でした。あとはAMC→宝塚(キングジョージ)→凱旋門→秋古馬3冠(ジャパンカップ⇔マイルCS)という感じのローテで回しましたが、問題なく勝ってきてくれたようです。, 頑張れば欧州3冠もできないことはないと思います。あとは他の馬に比べて5歳までチャンスがあるので、2年連続でAMC完全制覇を狙えば金札も2枚回収できますし、贅沢プレイにも最適な1頭と言えるでしょう。, 史実では2002年8月がラストラン。5歳一杯で引退しないとサキーズシークレット、プレヴィスが消失してしまうので注意してください。, 素質の高さは申し分なく、走らせれば勝ってくるというイメージです。ほとんどをオートスキップにして、闘志だけなるべく高い水準を保つようにしてプレイしましたが、それでも全勝でした。, 難点はデビューが遅くて米国3冠には間に合わないということでしょうか。1歳幼駒で購入した段階でドーピングをしまくるか、あるいは集団馬房をMAXで2つ持っていれば間に合うかも(知らないけど)。, 史実では2001年10月がラストラン。4歳一杯で引退しないとウェルアームド、フォークロアが消失してしまうので注意してください。, 2000年のケンタッキーダービー優勝馬。フサイチの冠名で有名な関口房朗氏の馬で、アジア人の所有する馬で初めてケンタッキーダービーを制した馬として有名です。, 上記データでは、まず2歳中に重賞を獲るのが結構きつかったです。牧場施設が整っていないのであれば間に合わない可能性もあるので、あまりおすすめしません(フロリダダービーやケンタッキーダービーに出場できて初めて旨味があるので)。, あとどうせ無理だろうなとは思いながらも米国3冠に挑戦して、最後は3着でした。低難易度だったら行けるんだろうか…。いずれにしても面倒だと思うので、2つ獲って休むなり次に行くことをおすすめします。, 史実では2000年11月がラストラン。3歳一杯で引退しないとローマンルーラー等が消失してしまうので注意してください。上手くやれば金殿堂いけると思います。, この馬に競走馬としての価値は無く、2002年に産まれるインヴァソールによる価値で金札扱いとなっています。, インヴァソールはウルグアイ3冠を無敗で達成した馬で、その後はアメリカに移籍してブリーダーズカップクラシックやドバイワールドカップなど世界最高峰のダートレースを制しています。, この馬自体の素質も悪くはないですが、決して良くもないです。11戦10勝(うちGⅠ2つ)のオーサムフェザーを産むということで金札扱いと思われます。, 【ウイニングポスト9】1999年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1998年産駒)データ一覧.