Copyright © 2016 車なんでも.com All Rights Reserved. 車種別のキー種類と電池交換方法 キー種類別の電池交換方法 電池交換方法は、キーの種類によって異なります。下記をご参照ください。不明な場合は、お近くの販 売会社にご相談ください。 ⇒車種別のキー種類はこちらをご参照ください。

テール・ブレーキランプ球交換 1ケ所: ¥525~ 電球代別途・他部品脱着あれば別途工賃: ナンバー灯交換 1ケ所: ¥525~ 内張り脱着あれば別途(¥1,050~) 室内灯交換 1ケ所: ¥525~ 他部品脱着あれば別途工賃: ピット用電球交換 1ケ所: ¥630~ 電球・工賃込み すべてのドライバーが安⼼・安全なカーライフを満喫できるように、全国のオートバックス、スーパーオートバックスで⾞検のお申し込みを承ります。どんな⼩さなことでもぜひ⼀度ご相談ください。, ちょっとしたこすりキズから大きなヘコミまで、とことん修理させていただきます。もちろん見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。, オートバックスでは、法定点検からスピーディーな無料点検までさまざまな点検サービスを行っております。お出かけ前に是非ご利用ください。, いつでも無料!タイヤ点検!タイヤの摩耗・傷・ヒビ割れは非常に危険!タイヤの点検だけでも喜んでお受け致しますのでお気軽にどうぞ!, いつでも無料!エンジンオイル量点検!エンジンオイル量の過不足はエンジンの寿命を縮めます!オイルの点検だけでも喜んでお受け致しますのでお気軽にどうぞ!, いつでも無料!「バッテリーチェッカー」という測定器を使用し、バッテリーの充電状態を診断致します。バッテリーの点検だけでも喜んでお受け致しますのでお気軽にどうぞ!, いつでも無料!ワイパー点検!ワイパーの劣化によるフロントガラスの視界不良は非常に危険!ワイパーの点検だけでも喜んでお受け致しますのでお気軽にどうぞ!, いつでも無料!ライト回り点検!ライト関係の点検は一人では非常に難しいですよね・・・。バルブ切れは思わぬ事故を誘発します。ライト回りの点検だけでも喜んでお受け致しますのでお気軽にどうぞ!, クルマにはたくさんの種類のオイルが使⽤されています。どれも重要な役割をしているので⼀定期間での交換が必要です。またエレメント(フィルター)交換やエンジンの内部をキレイにするフラッシングもお任せ下さい。, メンテナンスの必須項目エンジンオイル交換。定期的な交換で、エンジンのコンディションを良好に保ちます。走行5,000kmごと、または6カ月ごと(ターボ車 走行2,500kmごと、または3か月ごと )の交換がおすすめです。(メンテナンス会員は交換工賃無料), オイルフィルターは、オイルの中のゴミや不純物をろ過する役割をします。オイル交換2回に1回または、1年間に1回ごとの交換がおすすめです。(メンテナンス会員は交換工賃無料), エンジンフラッシングとは、専用オイルや洗浄機能付き添加剤などを使用してエンジン内部を洗浄することです。エンジンフラッシングでエンジン内部をクリーンに保ちましょう。, エンジン内部に付着した汚れ(スラッジ・カーボン)を、専⽤の機材を使って徹底的に洗浄・除去します。, 劣化したオイルを使い続けると、オートマチックミッション本体の故障を引き起こす恐れがあります。ATF30,000km、CVTF40,000kmごとの交換がおすすめです。, 定期交換が必要なオイルです。異⾳や作動不良が出る前に、早めの交換をおすすめします。2年または20,000km⾛⾏ごとの交換がおすすめです。, ブレーキフルードは、性質上⽔分を吸収しやすいため、劣化したまま使⽤を続けると、ブレーキ性能が低下し、「ベーパーロック現象」を引き起こし⼤変危険です。2年ごとの交換がおすすめです。, タイヤ交換はもちろん、タイヤローテーションからホイールバランス、パンク修理までオートバックスがしっかり丁寧に作業致します。, タイヤの残り溝は1.6mm以下になると車検に通りません。オートバックスグループでは、より安全なドライブをしていただくために残り溝2mmでの交換をおすすめしています。, 高速走行時等にハンドルがブルブル振動する場合、ホイールバランスが狂っている可能性があります。バランス調整をする際は4本同時をおすすめします。, バルブはゴム製品ですので、タイヤがヒビ割れをするのと同じように劣化します。劣化したバルブは「ヒビ割れ→エア漏れ→バースト」の可能性も出てきます。タイヤ交換の際はゴムバルブの同時交換をおすすめします。, タイヤに窒素ガス注入で乗り心地やロードノイズが改善できます。また窒素ガスは温度による容量変化が少ないため、通常空気よりも空気圧が安定します。, タイヤは装着場所(前や後)によって、摩耗の度合いや減り方が変わってきます。タイヤを長持ちさせるには、こまめなローテーションが決め手です。, 夏タイヤ ⇔ 冬タイヤの履き替えもお任せ下さい。 ホイールバランス調整は別料金となりますが同時実施がおすすめです。, パンク修理もオートバックスグループ各店へお任せ下さい。 なお、パンクの場所(損傷箇所)やタイヤの状態(損傷状態)によりパンク修理が出来ない場合が御座いますのでご了承下さい。, バッテリー交換、エアーエレメント交換、ワイパーブレード交換・・・。 いつも乗るクルマだからこそメンテナンスが重要です。各種整備や修理もご相談下さい。お客様のご要望に応じた商品・ピットメニューをご提案いたします。, 効率的な燃料の燃焼にはキレイな空気が必要不可欠です。汚れたままのエアーエレメント(フィルター)を使用し続けると、出力低下や燃費の悪化を招きます。4年又は30,000kmに1度の交換をおすすめ致します。, 突然のバッテリー上がりが急増中です!普通バッテリー 2年、高性能バッテリー 3年ごとの交換をおすすめします。現代のクルマは不用意にバッテリーを外すと不調をきたす可能性がございますのでご注意ください。, エンジンを冷却し、凍結を防⽌してオーバーヒートやサビの発⽣を防ぎます。2年⼜は40,000km(スーパーLLCは4年又は80,000km)ごとの交換がおすすめ。同時にラジエーターキャップの交換もおすすめします。, プラグの寿命は約20,000km~です(イリジウム・白金除く)。 エンジンのかかりが悪くなってきたと感じたら、点検・交換をおすすめします。, エンジン用とガソリンタンク用の2種類の専用洗浄剤を使用してエンジン内部(燃焼系)を洗浄します。インジェクター、プラグ、エンジン燃焼室、バルブなどに蓄積した不純物を除去することでエンジン性能を回復させます。, ブレード・ゴムの硬化や劣化は、汚れや水滴の拭き残しなどの視界不良やキズのもととなります。1年ごとの交換がおすすめです。1年ごとの交換がおすすめです。, ワイパーはゴムだけの交換も可能です(一部車種を除く)お手軽なメンテナンスのひとつです。6ヶ月ごとの交換がおすすめです。, タイヤと共に回転するディスクローターを、摩擦によって止める重要な役割を果たします。ブレーキフルードが減ってきた。ブレーキを踏むとキーキー音がする。という症状が現れたら要注意。交換の目安は50,000km走行毎または残り厚2mmです。, ブレーキを踏むと振動が起きたり、キーキーと鳴いたりするのは、ブレーキローターの変形・偏摩耗・歪みが原因です。交換によって新車同様のブレ—キングがよみがえります。ブレーキパッドの交換も同時におすすめ致します。, エンジンの回転をタイヤに伝えるドライブシャフトを保護する⼤切な役割を果たします。破れたまま⾛⾏しているとドライブシャフト⾃体の破損を招き、修理費⽤も莫⼤になります。, マニュアル車ならいつかは来るクラッチ交換。オートバックスグループ各店にご相談ください。, エンジンの回転を伝える大切なベルト。切れてしまってからでは手遅れです。長く乗るために点検・交換が必要です。, カーナビゲーションやETC、バックカメラ、 リヤモニター(後部座席⽤TV)などの取り付けは経験豊かなピットスタッフがしっかりお取付けいたします。, オーディオ同様にカーライフを楽しむためにかかせないアイテムとなったナビゲーション。車を買ったらまずコレですね。ポータブルナビゲーションの取付けも致します。 年々、小型車や軽自動車の装備や機能は普通車並みになってきていますが、ホーン(音)は昔から変わらず今でもショボいですもんね(^^;), ただ、エンジンルームも狭い(小さい)ため、取付場所が少なく作業が面倒くさくなることが多いんですよね。, そこで、軽自動車(小型車)の社外品ホーンの交換(取付け)方法の、ちょこっとしたポイントを説明していきます。, おっさんはいつも配線(リレー関係)は、その車両に合わせて作るんですがリレーの在庫が無かったんで、ついでに定番の「ハーネスセット」を購入しました。, 定番メーカー「ミツバ」の「アルファーIIコンパクト HOS-04G」。商品ページはこちら, ド定番の「アルファーⅡ」をそのまま少し小さくした、取付けスペースが少ない小型車や軽自動車用って商品です。, とりあえず、純正ホーンの音がショボクて「普通よりちょっと大きい音」って感じであれば、お手軽価格でベタで信頼がある「ミツバのホーン」ですよね。, 「ミツバ」の中でも色々なホーンがありますが、やっぱり小さい車に取り付ける場合の選ぶポイントとしては「本体の大きさ」が重要になってきます。, その次に「音」「価格」「好み」ですが、お客様の希望が無かったので無難に選んでいくとコレになっちゃいます。, それと、取付場所がもっと狭い(少ない)軽自動車などに取り付ける場合は、さらに小型で安い「ブライドホーン」っていうものあります。, 車種によってどうか調べたりするのが面倒くさいってのもありますが経験上、リレーを取り付けたほうが「ちゃんとした音が鳴る」って思っています。, ホーンを交換する理由として、やっぱり「純正より大きい音にしたい」ってなるので、純正より多く電気の容量(消費電力)が必要になることがほとんどです。, なので、純正のホーンの配線(電気の容量)をそのまま繋げたら、電気の容量不足でちゃんとした(完全な)キレイな音が鳴らないことが多いです。, とくに純正がショボいシングルホーンの場合はリレー不要って商品であっても、ほとんどのモノはキレイに鳴らないと思います。, 純正ホーンが普通に鳴るのに、せっかく社外品のホーンに変えるんだから、そりゃ~ちゃんと完全に鳴るようにしたほうがイイですもんね。, 社外品のホーンの種類や純正ホーンの大きさ・数に関わらず、リレーが必要なのは「フューズが他の電装品と一緒になっている」って場合です。, 年々、軽自動車などはホーンとブレーキーランプやハザードランプなどの電装品と同じ回路(電源・フューズ)になっている車種が多くなってきています。, ホーンを変えると容量不足で音がちゃんと鳴らないどころかフューズが切れる場合があるので、リレーは必要です。, この車種ごとのフューズの確認は、その車両のフューズボックスや車の取説を見れば簡単に分かります。, とくにリレー自体は簡単に壊れるような部品じゃないので、防水さえしっかりしていれば安い物でもOKです。, ただ、リレーの配線を作るのに配線や端子、電装工具などを持っていなければ、「ホーン用のセット物」を買ったほうが簡単で楽で便利ですね。, ほとんどの小型車や軽自動車のホーンの取付け場所は、スペース的にバンパーの奥(ヘッドライトの下付近)に取付することが多いです。, なので、とりあえずバンパーは外さないといけないですがホーン交換で一番面倒くさいのは、やっぱりバンパー外しですね(^^;), もちろん、N-ワゴンもバンパーの中ぐらいしか取り付け場所が見当たらないので、バンパーを外して取付け場所の確認です。, 車種によっては、取付け場所をかなり迷うこともありますが、N-ワゴンはヘッドライトの下にかなり余裕があって取付場所がだいたい決まってます。, 運転席側のヘッドライト下付近にちょうどいい所にボルト(6mm)を付けれる穴があるので1つはココで決まりですね。, ボルト取り付けの穴はなかったですが、車両側のボルトの長さにほんの少し余裕があったので、そこにナットで取り付けます。, この車両は取付場所を悩まず簡単でしたね。いつも、もうちょっと悩んだりステーをかましたりするんですけどね(^^;), ここで本体の取付けのポイントは、多少揺れても他の部分(車両側)に当たらないように取り付けるってところです。, 本体が少しでもどこかに当たっていると、音の響き方がかなり変わってきて本来の音が出ないので要注意です!, ちなみに、車両に取り付けるためのボルトやナットなどは、ホーンには付属していないので車両に合わせて別途用意しないといけないです。, ハーネスセットの中身はこんな感じ。やっぱり付属のタイラップ(結束バンド)の数は少なくて、もうちょっと用意しておいたほうがいいですね。, バッテリーが助手席側(エンジンルーム内の左側)にあるので、バッテリー線(赤)の長さを考えて、左ヘッドライト下から線を引き込んでいきます。, そして、ホーン線(黄色1本)と純正ホーンに繋ぐ線(青色2本)を運転席側まで引っ張っていきます。, ほとんどの軽自動車の純正ホーンはシングルホーンで1端子なので、青色線の1つは純正ホーン端子を外してその線に接続して、もう1つの青色線をボディーアースします。, そして、黄色線(+)をホーンに接続して、付属のアース線(黒)をホーンに繋げボディーアースします。, 黄色線(+)は2本とも長さが一緒なので、左側がかなり余ったので、おっさんは線を切って長さを調整します。, べつに余った線は、まとめておけば問題ないですが、おっさんのただの配線の見た目での自己満足です(^^), 配線(とくに+線)を切って繋げ直す場合は、振動や劣化などで外れないようにハンダなどでしっかり仕上げたほうが間違いないですね。, あとは、ヒューズホルダーはいつでも見れるような所に固定して余った配線をまとめて配線の取付作業は完了です。, 最後にホーンを鳴らしてみて、配線や接続やホーンが車両側の部品に接触していないかを確認してOKであれば、バンパーを元通りに取り付けて作業完了です。, 社外品ホーンの交換をカー用品店などで購入から取付けを全てしてもらうと、そこそこ費用がかかっちゃうと思います。, 車種別の取り付け方法やリレーの仕組みなどが分からなくてもネットで簡単に調べられますし、作業自体は難しいこともないと思います。, ただやっぱり、ホーン交換で一番「コレするの嫌やなぁ」ってところはバンパー外しやと思います。.