!(’09年花組・東京・千秋楽)】宝塚 舞台の宝塚・舞台。【あらすじ】刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパ… !』ではとくに、若手を要所要所で起用していて嬉しい。彼もまた、宝塚歌劇のショー作家として安定期を迎えている。各演出家なりのスタイルが出来上がれば出来上がるほど逆に新たなチャレンジが難しくなっていく場合もあるが、これからも心躍る新作を期待したい。また、花組娘役トップ・桜乃彩音は、2010年に次回大劇場公演『虞美人』のタイトルロールで退団することが発表されている。桜乃はいわゆる七変化するタイプの舞台人とは違って、自分なりの"宝塚の娘役"の理想を貫く、しなやかにブレない娘役だ。身のこなしに無駄がなく、娘役らしい一歩引いたたたずまいを体得している。いつもやわらかく微笑みながら、男役トップスターを慕っている姿が印象的だ。 一方で、2007年『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』で演じた黒蜥蜴に代表される、大人の女性役もとっても似合う人。ショーのアダルトなシーンで見せるツンとした横顔も魅力。サヨナラ公演でも、最後まで新たな一面を見せてくれるだろう。, 宝塚歌劇では、2009年に星組、宙組の新トップコンビが続けて就任し、2010年には霧矢大夢率いる新生月組がお披露目と、代替わりが相次ぐ。今後も各組で厚みのある舞台が見られることを楽しみにしたい。 (2009年11月10日 東京宝塚劇場), 宝塚歌劇 花組公演 スパークリング・ショー『EXCITER!

2009年・花組『exciter! ¥È¥Ã¥×̼Ìò¡¦Íöǵ¤Ï¤Ê¤òÃæ¿´¤Ëºî¤ê½Ð¤¹¡ØEXCITER!!¡Ù¤Ë¤´´üÂÔ²¼¤µ¤¤¡£. 宝塚歌劇では、2009年に星組、宙組の新トップコンビが続けて就任し、2010年には霧矢大夢率いる新生月組がお披露目と、代替わりが相次ぐ。今後も各組で厚みのある舞台が見られることを楽しみにしたい。 (2009年11月10日 東京宝塚劇場) !(エキサイター)」 作・演出/藤井大介 スペインのフラメンコが元になっているらしき、前半のダンスがいきなり良かったです。

【宝塚大劇場】 花組 『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』 『exciter! 今回はベルばらとの方(彩音ちゃんがいるほう)の千秋楽! ちょこちょことサブリナの方と違うところがありますね。 うむうむʅ( ౪ ) ʃ. 2019-07-12 10:13 #24840 返信. !』. !」, http://kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/09/flower_tokyo_gaidenverbara/index.html, 今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台.

¨-」「EXCITER! 宝塚歌劇団・公演案内 シアター・ドラマシティ公演; 宝塚歌劇団・公演案内 日本青年館公演; 雪組. !』(エキサイター)は宝塚歌劇団の舞台作品。作・演出は藤井大介[1][2][3][4][5][6], 刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパイスでバラ色に輝く。“音の革命”“美の革命”“男の革命”…。愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。[7], 美しい白い翼に飾られた大階段。その中央に世にも美しい夢王子がたたずんでいる。目覚めた夢王子は、「不思議な夢を見た…」と歌う。, 大階段は銀色に変わり、夢王子は真紅のEXCITERとなる。掛け声により、強烈なラテンタンゴのリズム。エキサイトガイたちが現れ、EXCITERと共に究極に男っぽく踊る。ボルテージが上がる中、エキサイトドールたちが加わり、激しくアダルトな夢の舞踏会となる。, エキサイトガイSが歌う。エキサイトドールSが現れ、EXCITERとのムーディーなデュエットに発展する。, 真夜中の太陽が昇る。激しくセクシーな主題歌に乗せて、EXCITERを中心に、全員が新しい自分に出会える喜びを歌いながらパレードしていく。, 天才デザイナーが「美しいドレスこそこの世に興奮と刺激をもたらす」と歌い、アシスタントと共にデザイン画を描き始める。エスコートダンディがそれぞれ一人ずつラブリーモデルをエスコートして、銀橋を歌いながら通っていく。, まったくイケてない、極平凡な独身サラリーマンMr.YU(真飛聖)が寝言を言いながら、今日も美しい女たちの夢を見ている。そこへ突然の目覚まし音。Mr.YUはいつものように慌てて支度を整え、会社に向かう。マリン社長(悠真倫)が息子のMr.SO(壮一帆)と共にロールスロイスで通っていく。Mr.YUが地下鉄に乗り込むと、そこには憧れのマドンナ、チェリー(桜乃彩音)の姿が…。, フィットネス用品のヒットを生み出す会社「MARINE’S FITNESS CO.LTD」。緊張感漂う朝礼の最中、Mr.YUが遅刻してくる。秘書にこっぴどく叱られた上、仕事でもヘマばかり。唯一の癒しであるチェリーにも全く相手にされない。一方エリートのMr.SOは、女性を一瞬にして美しく変身させる「チェンジBOX」を生み出す。社員は皆祝杯をあげに街へ繰り出していくが、Mr.YUは山のような残業を言いつけられてしまう。するとMr.YUの前に3人の清掃婦が現れ、彼を無理矢理「チェンジBOX」に押し込める…。, 究極のイケメンに変身したMr.YUがドリームガール(桜一花/天宮菜生/芽吹幸奈)たちに連れられて街へ繰り出していく。, まったくイケてない、極平凡な独身サラリーマンMr.YU(真飛聖)が寝言を言いながら、結婚してしまったチェリーの夢を見ている。そこへ突然の目覚まし音。今日は、フィットネス用品のヒットを生み出す会社「MARINE’S FITNESS CO.LTD」の年に一度の社員旅行。Mr.YUはいつものように慌てて支度を整え、飛行機に乗り遅れぬようにと空港へ急ぐ…。, 一行はハワイに到着する。ハワイの女の子たちが歓迎のフラダンスを踊り、その中心でランラン(蘭乃はな)が歌う。ランランはマリン社長(悠真倫)の息子Mr.SO(壮一帆)にレイをかけ、互いに一気に恋に落ちる。Mr.YUもまたランランにレイをかけられて一目惚れ。ホテルの主人ハッチー社長(夏美よう)に歓迎されたマリン社長一行は、早速Mr.SOの発明した女性を一瞬にして美しく変身させる「チェンジBOX」を披露する。ランランはじめ女の子たちは歓声を上げてMr.SOに飛びつき…。やがて一行はホテルの高級クラブへ出向いていくが、Mr.YUは仕事を言いつけられてしまう。するとMr.YUの前に3人の掃除婦が現れ、「チェンジBOX」にMr.YUを無理矢理押し込める…。, 究極のイケメンに変身したMr.YUがドリームガール(桜一花/天宮菜生/芽吹幸奈)たちに連れられてクラブへ乗り込んでいく。, ブラジルのリオ。カーニバルの初日を翌日に控え、ダンシングクィーンのマドンナセンニャ(仙名彩世)が、男たちに囲まれて踊っている。マドンナセンニャの傍には、「マリンズ Jr. カンパニー」の若き社長、Mr.REI(柚香光)の姿が…これは、RIO-BOY(明日海りお)の妄想の世界。現実のRIO-BOYは、ビン底メガネをかけたしがない掃除夫。マドンナセンニャを一目だけでも見たいと憧れている。, 夢見心地のRIO-BOYは、掃除夫長のアキーラ(瀬戸かずや)にリオのカーニバルに行きたいなら働け!と叱られてしまう。サラリーマンやOLたちが次々と出社してくるが、RIO-BOYは失敗ばかり。そこへ、マドンナセンニャと歌姫クィーンハリーナB(羽立光来)が登場。マドンナセンニャに見とれたRIO-BOYは、Mr.REIの顔にモップをかけてしまう…。, 舞台はビルの最上階。「マリンズ Jr. カンパニー」の朝礼の時間。RIO-BOYはずっと掃除をしている。そこへ、マドンナセンニャがクィーンハリーナBを連れてやってくる。マドンナセンニャは、Mr.REIの兄、Mr.SOが開発した魔法の箱、「チェンジBOX」でクィーンハリーナBを更に綺麗にして欲しいと頼む。クィーンハリーナB(羽立光来)がチェンジBOXに飛び込むと、超セクシーなクィーンハリーナA(五峰亜季)に変身、激しいラテンのリズムで踊る。Mr.REIは大興奮でマドンナセンニャに迫る。それを何とか阻止しようと必死になるRIO-BOYだったが…。, 究極のイケメンに変身したRIO-BOY、ドリームガール(菜那くらら/桜咲彩花/新菜かほ)たちに連れられてクラブへと乗り込んでいく。, ブラジルのリオ。プリティ・ハンニャ(華優希)が、公園のベンチに腰掛け、愛しい恋人を待っている。やがて現れたのは、「マリンズ Jr. カンパニー」の若き社長、Mr.REI(柚香光)。束の間のデートを楽しむ二人の前に、サンバのリズムで陽気に歌い踊る一団が現れる。そう、明日はブラジルで年に一度のカーニバル!テレビ中継のリハーサルが行われる中、Mr.REIは一団の中心にいた歌姫クィーンハリーナ(羽立光来)に声を掛けられる。去年「マリンズ Jr. カンパニー」が誇る「チェンジBOX」で見事な変身を遂げた彼女は、テレビに少しでも綺麗に写るため、今年も「チェンジBOX」を使わせて欲しいとMr.REIに頼む。Mr.REIはプリティ・ハンニャに良いところを見せようと、皆を「マリンズ Jr. カンパニー」に案内する。, 誰もが美しくなれる魔法の箱「チェンジBOX」。だが、どういうわけか突如誤作動が起き、クィーンハリーナはボロボロの姿に…。怒ったクィーンハリーナはMr.REIを「チェンジBOX」に押し込めてしまう。そこへ呼ばれたのは、天才修理工ビューティ・マイティー(水美舞斗)。彼は宣言通り、あっという間に「チェンジBOX」を直してみせるのだった。すると中から、まるで別人のようなMr.REIが出てくる…。ボロボロになった彼をもう誰も社長だとは認めない。Mr.REIは掃除夫に降格してしまう。一方、新社長に任命されたビューティ・マイティーは、早速「チェンジBOX」を使いクィーンハリーナをクィーン・ヒットン(舞空瞳)に見事変身させるのだった。一同は大盛り上がり、テンション高く踊り狂うが、やがて…。, 生まれ変わったMr.REIは、ドリームガール(華雅りりか/真鳳つぐみ/乙羽映見)たちに連れられてクラブへと乗り込んでいく。, 超都会的なクラブ。華やかなめくるめく一夜が始まる。愛をモチーフにした、クラブミックスメドレー。, EXCITERが華々しく登場。女たちは次々とEXCITERの色気に落ちていく。やがてセクシードールSもEXCITERの矢に射抜かれる。, キューバのハバナ。銀色の海。激しい太鼓のリズム。ハバナクィーンが浮かび上がり、ハバナの男たちに囲まれて踊る。, やがて夜。ハバナキングの恋人、ハバナクィーンにハバナダンディが横恋慕していさかいとなる。そこへ、命の意味を求めて旅を続ける放浪の旅人が現れる。いさかいを止めようとする旅人。ハバナキングがナイフを取り出し…。, 曲は急にアップテンポとなり、EXCITERとなった旅人が力強く歌う。眠りから覚めた人々は再び激しく踊りだす。明日の、そして未来のEXCITEをつかむために。, パッショネイトガイSが大勢のパッショネイトガイを引き連れて、セクシーに激しく踊る。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=EXCITER!

宝塚歌劇では、2009年に星組、宙組の新トップコンビが続けて就任し、2010年には霧矢大夢率いる新生月組がお披露目と、代替わりが相次ぐ。今後も各組で厚みのある舞台が見られることを楽しみにしたい。 (2009年11月10日 東京宝塚劇場) !』では、オフショットでのぞかせる愛らしい大人の女性の横顔とはひと味違う、真飛の男役としてのキュートさと陽の魅力が弾けた。オープニング、真紅の衣装でライトを浴びる真飛の姿に、情熱的な赤が似合う人だ...と思っていたら、うって変わっておとぼけ"Mr.YU"が寝言を言いながら登場して、客席から笑いがこぼれる。 公演プログラムによれば、「まったくイケてない、極平凡な独身サラリーマン」のMr.YUの、憧れのマドンナ・チェリー(桜乃彩音)やエリート社員Mr.SO(壮一帆)とのやりとりを交えたコミカルな半日がミュージカル仕立てで繰り広げられる。最後は「チェンジBOX」なるものでMr.YUが「究極のイケメン」に変身して、街へ繰り出していく。ショーを手掛けた座付き演出家・藤井大介は、08~09年の月組『Apasionado!!』、09年の星組『ア ビヤント』に続き、このところ見どころたっぷりのショーで観客の期待に応えている。, 『EXCITER! まず彩音!!!

!』 9月4日から10月5日まで宝塚大劇場で公演。 10月23日から11月22日まで東京宝塚劇場で公演。 形式名は「スパークリング・ショー」、24場。 併演作品は『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編-』。 (c)宝塚歌劇団 当ホームページに掲載している情報については、当社の許可なく、これを複製・改変することを固く禁止します。 また、阪急電鉄並びに宝塚歌劇団、宝塚クリエイティブアーツの出版物ほか写真等著作物についても 無断転載、複写等を禁じます。 宝塚歌劇団、花組「exciter!」は初演、再演。どちらが好きですか~! 今回の質問は去年、花組で再演された「exciter!」近年、稀に見る素晴らしいショー作品です。初演、再演と少しバージョンが代わり … 宝塚歌劇花組「exciter! !&oldid=77953673. Copyright © Rakuten, Inc. All Rights Reserved. 宝塚の夢の中にも戦争があり、その戦争をダンスという美しい形で示しているんですね。 スパークリング・ショー「exciter! 星組 梅田芸術劇場メインホール公演『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』千秋楽 LIVE配信, Rakuten TVでは楽天IDの登録以外にRakuten TVへのサービス登録が必要です。ご利用ついては以下の通りです。.

宝塚歌劇を代表する演目の一つである『ベルサイユのばら』。 宝塚歌劇95周年を記念して、数あるバージョンの中から最新作の“アンドレ編”を、真飛聖を中心とした花組のために新たな場面も加えながら、更にブラッシュアップしてご覧頂きます。 んーーーどうなんで …

2009年に同組で上演し好評を博した作品の再演。 ... 愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“exciter”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。

私の大好きなエキサイターでございますw.

『EXCITER! Based on the Paramount Pictures Corporation motion picture, SABRINA. !』 公演期間:2009年9月4日(金)~10月5日(月) 宝塚花組の代表作『エキサイター』のライブ音源を購入しました!歌詞も、衣装も、曲調もとにかくアツいこの一曲!『ライブ音源購入しましたシリーズ』として、歴代のエキサイターを振り返るとともに、柚香光、明日海りお、真飛聖の歌声について掘り下げ、その魅力をお届けします! !(2009)」をみて 春野寿美礼さんが辞めて、瀬奈じゅんさんが月組に組替えしたあとの花組メンバーですね。 おとといのBSでも言われたように、実咲凛音ちゃんの研1抜擢は早くて … 高峰妙子・・初代瀧川末子・・奈良美也子・・汐見洋子・・神代錦・・打吹美砂・・越路吹雪・・淀かほる・・星空ひかる・・麻鳥千穂 ・・甲にしき - 安奈淳、松あきら&瀬戸内美八 - 榛名由梨&安奈淳 - 安奈淳 - 松あきら - 松あきら&順みつき - 順みつき - 高汐巴 - 大浦みずき - 安寿ミラ - 真矢みき - 愛華みれ - 匠ひびき - 春野寿美礼 - 真飛聖 - 蘭寿とむ - 明日海りお - 柚香光(現役), 秋田露子・・初代春日花子・・初代大江美智子・・久美京子・・打吹美砂・・日下輝子・・宮城野由美子・・鳳八千代・・夏亜矢子・・美和久百合・・竹生沙由里・・上原まり(固定でない) - 上原まり&北原千琴 - 美雪花代 - 若葉ひろみ - 秋篠美帆 - ひびき美都 - 森奈みはる - 純名里沙 - 千ほさち - 大鳥れい - ふづき美世 - 桜乃彩音 - 蘭乃はな - 花乃まりあ - 仙名彩世 - 華優希(現役), 高砂松子 - 初代瀧川末子 - 奈良美也子 - 三浦時子 - 汐見洋子 - 神代錦 - 打吹美砂 - 大路三千緒 - 藤波洸子 - 打吹美砂 - 畷克美 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 恵さかえ - 但馬久美 - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 星原美沙緒 - 磯野千尋 - 夏美よう - 高翔みず希(現役), 秩父晴世 - 打吹美砂 - 楓茂美 - 玉野ひかり - 日下輝子 - 櫻野美也子 - 玉野ひか留 - 美山しぐれ - 桃山千歳 - 桂木ゆたか - 睦千賀&桂木ゆたか - 御幸沙智子&歌川波瑠美 - 歌川波瑠美 - 藤園さとみ - 銀あけみ - 宝純子 - 北小路みほ - 未沙のえる - 磯野千尋 - 一原けい - 梨花ますみ - 高翔みず希 - 悠真倫 - 紫峰七海 - 花野じゅりあ - 芽吹幸奈 - 冴月瑠那(現役), 天津乙女・・門田芦子・・小夜福子・・佐保美代子・・久慈あさみ・・南悠子・・故里明美・・藤里美保・・内重のぼる・・古城都 - 大滝子&榛名由梨 - 大滝子 - 榛名由梨 - 大地真央 - 剣幸 - 涼風真世 - 天海祐希 - 久世星佳 - 真琴つばさ - 紫吹淳 - 彩輝直 - 瀬奈じゅん - 霧矢大夢 - 龍真咲 - 珠城りょう(現役), 住江岸子・・笹原いな子・・初代有明月子・・雲野かよ子・・勿来なほ子・・轟夕起子・・浦島歌女・・淡島千景・・固定スター不在(筑紫まり、加茂さくらら)・・八汐路まり - 初風諄 - 小松美保 - 五條愛川 - 黒木瞳 - こだま愛 - 麻乃佳世 - 風花舞 - 檀れい - 映美くらら - 固定スター不在 - 彩乃かなみ - 固定スター不在 - 蒼乃夕妃 - 愛希れいか - 美園さくら(現役), 初瀬音羽子 - 天津乙女 - 門田芦子 - 小夜福子 - 佐保美代子 - 室町良子 - 美吉左久子 - 畷克美 - 故里明美 - 沖ゆき子 - 美山しぐれ - 水代玉藻 - 麻月鞠緒 - 朝みち子 - 汝鳥伶 - 邦なつき - 汝鳥伶 - 立ともみ - 夏河ゆら - 出雲綾 - 越乃リュウ - 飛鳥裕 - 憧花ゆりの - 光月るう(現役), 山部志賀子 - 野花千代 - 天城月江 - 沖ゆき子 - 葦城まこと - 朝倉道子 - 畷克美 - 清川はやみ - 睦千賀 - 恵さかえ - 恵さかえ&岬ありさ - 小柳日鶴 - 葉山三千子 - 榛名由梨 - 有明淳 - 汝鳥伶 - 京三紗 - 葵美哉 - 梨花ますみ - 夏河ゆら - 光樹すばる - 嘉月絵理 - 越乃リュウ - 花瀬みずか - 憧花ゆりの -綾月せり - 光月るう - 夏月都(現役), 高峰妙子・・雪野富士子・・初音麗子・・春日野八千代・・明石照子・・真帆志ぶき・・郷ちぐさ&汀夏子 - 汀夏子 - 麻実れい - 平みち - 杜けあき - 一路真輝 - 高嶺ふぶき - 轟悠 - 絵麻緒ゆう - 朝海ひかる - 水夏希 - 音月桂 - 壮一帆 - 早霧せいな - 望海風斗(現役), 御垣悦子・・初代紅千鶴・・櫻町公子・・深緑夏代・・乙羽信子・・固定スター不在(東郷晴子ら)・・新珠三千代・・浜木綿子・・加茂さくら・・大原ますみ・・摩耶明美&高宮沙千 - 高宮沙千 - 東千晃 - 遥くらら - 固定スター不在 - 神奈美帆 - 鮎ゆうき - 紫とも - 花總まり - 月影瞳 - 紺野まひる - 舞風りら - 白羽ゆり - 愛原実花 - 固定スター不在 - 舞羽美海 - 愛加あゆ - 咲妃みゆ - 真彩希帆(現役), 2代目若菜君子 - 桂よし子 - 秋月さえ子 - 初音麗子 - 春日野八千代 - 天城月江 - 東郷晴子 - 登代春枝 - 美吉左久子 - 大路三千緒 - 睦千賀 - 曽我桂子 - 銀あけみ - 真咲佳子 - 京三紗 - 箙かおる - 飛鳥裕 - 梨花ますみ - 奏乃はると(現役), 千村克子 - 梢音羽 - 清川はやみ - 壬生櫻子 - 緋櫻陽子 - 水原節子 - 淡路通子 - 三鷹恵子 - 三鷹恵子&木花咲耶 - 曽我桂子&葉山三千子 - 曽我桂子 - 岸香織 - 尚すみれ - 真咲佳子 - 沙羅けい - 北斗ひかる - 飛鳥裕 - 灯奈美 - 未来優希 - 麻樹ゆめみ - 奏乃はると - 千風カレン(現役), 春日野八千代・・葦原邦子・・南悠子・・寿美花代・・那智わたる・・上月晃・・鳳蘭&安奈淳 - 鳳蘭 - 瀬戸内美八 - 峰さを理 - 日向薫 - 紫苑ゆう - 麻路さき - 稔幸 - 香寿たつき - 湖月わたる - 安蘭けい - 柚希礼音 - 北翔海莉 - 紅ゆずる - 礼真琴(現役), 梓真弓・・浅茅しのぶ・・宮城野由美子・・初風諄・・大原ますみ - 固定スター不在(衣通月子、奈緒ひろき、初風諄ら) - 遥くらら - 東千晃 - 姿晴香 - 南風まい - 南風まい&湖条れいか - 南風まい - 毬藻えり - 白城あやか - 月影瞳 - 星奈優里 - 渚あき - 檀れい - 白羽ゆり - 遠野あすか - 夢咲ねね - 妃海風 - 綺咲愛里 - 舞空瞳(現役), 門田芦子 - 汐見洋子 -(星組廃止中)- 神代錦 - 水原節子 - 御山櫻 - 天城月江 - 美吉左久子 - 淡路通子 - 葉山三千子 - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種(現役), (星組廃止中) - 美吉左久子 - 汐風享子 - 瑠璃豊美 - 由美あづさ - 汐風享子 - 畷克美 - 鳴海潮 - 瑠璃豊美 - 木花咲耶&水代玉藻 - 木花咲耶 - 麻月鞠緒 - 但馬久美 - 新城まゆみ - 萬あきら - 一樹千尋 - 夏美よう - 英真なおき - 万里柚美 - 美稀千種 - 白妙なつ(現役), 姿月あさと - 和央ようか - 貴城けい - 大和悠河 - 大空祐飛 - 凰稀かなめ - 朝夏まなと - 真風涼帆(現役), 花總まり - 紫城るい - 陽月華 - 野々すみ花 - 実咲凜音 - 固定スター不在 - 星風まどか(現役), 1期生 - 2期生 - 3期生 - 4期生 - 5期生 - 6期生 - 7期生 - 8期生 - 9期生 - 10期生, 11期生 - 12期生 - 13期生 - 14期生 - 15期生 - 16期生 - 17期生 - 18期生 - 19期生 - 20期生, 21期生 - 22期生 - 23期生 - 24期生 - 25期生 - 26期生 - 27期生 - 28期生 - 29期生 - 30期生, 31期生 - 32期生 - 33期生 - 34期生 - 35期生 - 36期生 - 37期生 - 38期生 - 39期生 - 40期生, 41期生 - 42期生 - 43期生 - 44期生 - 45期生 - 46期生 - 47期生 - 48期生 - 49期生 - 50期生, 51期生 - 52期生 - 53期生 - 54期生 - 55期生 - 56期生 - 57期生 - 58期生 - 59期生 - 60期生, 61期生 - 62期生 - 63期生 - 64期生 - 65期生 - 66期生 - 67期生 - 68期生 - 69期生 - 70期生, 71期生 - 72期生 - 73期生 - 74期生 - 75期生 - 76期生 - 77期生 - 78期生 - 79期生 - 80期生, 81期生 - 82期生 - 83期生 - 84期生 - 85期生 - 86期生 - 87期生 - 88期生 - 89期生 - 90期生, 91期生 - 92期生 - 93期生 - 94期生 - 95期生 - 96期生 - 97期生 - 98期生 - 99期生 - 100期生, 101期生 - 102期生 - 103期生 - 104期生 - 105期生 - 106期生, 1914年 - 1915年 - 1916年 - 1917年 - 1918年 - 1919年, 1920年 - 1921年 - 1922年 - 1923年 - 1924年 - 1925年 - 1926年 - 1927年 - 1928年 - 1929年, 1930年 - 1931年 - 1932年 - 1933年 - 1934年 - 1935年 - 1936年 - 1937年 - 1938年 - 1939年, 1940年 - 1941年 - 1942年 - 1943年 - 1944年 - 1945年 - 1946年 - 1947年 - 1948年 - 1949年, 1950年 - 1951年 - 1952年 - 1953年 - 1954年 - 1955年 - 1956年 - 1957年 - 1958年 - 1959年, 1960年 - 1961年 - 1962年 - 1963年 - 1964年 - 1965年 - 1966年 - 1967年 - 1968年 - 1969年, 1970年 - 1971年 - 1972年 - 1973年 - 1974年 - 1975年 - 1976年 - 1977年 - 1978年 - 1979年, 1980年 - 1981年 - 1982年 - 1983年 - 1984年 - 1985年 - 1986年 - 1987年 - 1988年 - 1989年, 1990年 - 1991年 - 1992年 - 1993年 - 1994年 - 1995年 - 1996年 - 1997年 - 1998年 - 1999年, 2000年 - 2001年 - 2002年 - 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年, 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年 - 2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年 - 2018年 - 2019年, 関西テレビ宝塚歌劇舞台中継(ザ・タカラヅカ、宝塚テレビロマン・はいからさんが通る、OH!タカラヅカ、タカラヅカ花の指定席), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2009年の宝塚歌劇公演一覧&oldid=59171926, 歴代主演男役・主演娘役・組長・副組長の'・・'は先代次代関係なし、'-'は先代次代関係あり。◎マークは現在宝塚歌劇団に在籍している演出家。, 『太王四神紀 -チュシンの星のもとに-<韓国ドラマ「太王四神記」より>』(小池修一郎 脚本・演出), 『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』(植田景子 作・演出), 『エリザベート -愛と死の輪舞-』(ミヒャエル・クンツェ 脚本・歌詞、小池修一郎] 潤色・演出), 『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』(池田理代子 原作、植田紳爾 脚本・演出), 『逆転裁判2 -蘇る真実、再び・・・-』(株式会社カプコン 原作・監修・制作協力、鈴木圭 脚本・演出), 『逆転裁判 -蘇る真実-』(株式会社カプコン 原作・監修・制作協力、鈴木圭 脚本・演出), 『SAUDADE(サウダージ) -Jにまつわる幾つかの所以-』(稲葉太地 作・演出).