ゲラルトの友人で、ウィッチャーの本拠地ケィア・モルヘンの場所を知る数少ない人物。 ダンディリオン ゲラルトの親友の吟遊詩人。 エムヒル・ヴァル・エムレイス 南方の大国ニルフガード帝国を統治する皇帝。<白炎>の渾名で知られる。 脚注 ウィッチャーの訓練を受けた女性. ソファーカバー 3人掛け 高さ 90cm, テーブルクロス ビニール カット 方法, Biglobeモバイル 速度,

角取ポニー コスプレ,

イド:イン ヴェイ デッド 2 ちゃんねる, 紅白 11回 出場 男性,

オバマス 2ch 勢い,

洋楽 女性グループ 4人, 掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。. アンパンマン いいかげんにしろ 声優, © itohara-suisan All right reserved.

中島みゆき アルバム,

エムヒル・ヴァル・エムレイスは、父であるファーガス・ヴァル・エムレリスに対する反逆を成功させて以降、ニルフガードに君臨していたウサーパーを打倒して処刑し、ニルフガードの皇位と支配権を掌 … エムヒル・ヴァル・エムレイス ニルフガード皇帝。<白炎>の渾名で知られる。 ヴァティエル・ド・リドー ニルフガード帝国の軍諜報部長。 ヨアキム・ド・ヴェット ニルフガード帝国の有力貴族。 アーダル・エプ・デヒー ニルフガード帝国の有力貴族。 高級家具 アウトレット 通販,

『ウィッチャーV 湖の貴婦人』(原題:Pani Jeziora)は、ポーランドのファンタジー作家アンドレイ・サプコフスキによる「ウィッチャー」サーガの長編作品第五弾であり、長編シリーズ最終作である。ポーランドで、1999年に初版が発行された。日本では、早川書房より2019年7月に刊行された。, 宝石のような水と静謐を湛えるエスカロット湖の畔、水浴びをするシリが出会ったのは、ランスロット卿の息子にして若い騎士のガラハドであった。シリを伝説上の妖精<湖の貴婦人>と信じてやまないガラハドは、彼女がここに至るまでの旅の物語に耳を傾ける―――, 時と場所を隔てて―――ブレスト湖に浮かぶイニス・ヴィレト島。夢読み人のコンドワイラマーズ・ティリーが、この孤島に住まう<湖の貴婦人>ことニムエの元を訪れた。魔法使いであるニムエに弟子として選ばれたコンドワイラマーズは、彼女が研究する「ウィッチャー伝説」の空白と謎の解明のため、絵画による夢読みをするよう指示される。ニルフガード皇帝エムヒルと結婚予定であるシリの偽者のその後、カエド・ミルクヴィドでの戦いを経て、越冬のためトゥサンに身を寄せたゲラルト一行、そしてヴィルゲフォルツによって捕らえられ、苦悶に忍ぶイェネファーの姿など、様々な夢を読むコンドワイラマーズ。夢の中では、一般的な歴史書にはほとんど記述のないウィッチャーたちのトゥサンでの日々が詳細に語られることもあった。地下深くのワイン蔵、怪物スコフィンがゲラルトに襲い掛かる―――, ドルイドからシリの情報を得られなかったゲラルトたちは、公爵夫人アンナ・ヘンリエッタの統治するトゥサンにて盛大な歓迎を受けていた。シリ捜索に向けて急く一行の思惑とは裏腹に、歓迎の催しや宴が続き、さらに遍歴の騎士たちやブドウ園の管財人からの依頼は後を絶たない。そんな中、ゲラルトはアナリエッタの親戚であるマダム・フリンギラ・ヴィゴとの距離を縮めていく。しかし、結社の魔法使いであるフリンギラの目的は、ゲラルトを誘惑しトゥサンに留め置くことにこそあったのだ。雪に包まれたトゥサンでの日々は何ヶ月にも及び、ゲラルトの仲間たちも徐々に痺れを切らしていく。そんなある日、ポメロルブドウ園に怪物狩りに出かけたゲラルトは、地下深くに伸びる採掘抗に偶然隠し部屋を発見し、そこに集まったニルフガード軍人らの密談を耳にしてしまう。シリに敗れたステファン・スケレンをはじめ、アーダル・エプ・デヒーやヨアキム・ド・ヴェットなど、皇帝エムヒルに仇なさんとする面々の話題の中心はシリと、そして捕われのイェネファーだった。ヴィルゲフォルツの牙城、その所在地を耳にしたゲラルトは、大急ぎで仲間たちの元に戻り、すぐにトゥサンを発つ決断を下す。そして、フリンギラに別れを告げた上で、イェネファーの居場所をこっそりと教えるのだった。情報を得た女魔法使いの結社は、キーラとサブリナをすぐにライズ・ルーン城へと派遣。しかし、そこには誰の姿もなかった。フリンギラの情報は、間違っていたのだ。, 一方、ツバメの塔を抜けたシリは、<アルダーの民>と呼ばれるエルフたちの暮らす世界にたどり着いていた。ツバメの塔は、シリの元々いた世界と異なる時空に繋がっていたのだ。エルフの賢者(アエン・セヴェルネ)であるアヴァラックは、シリの受け継ぐララ・ドレンの<古き血>を取り戻すべく、シリに対し、アルダーの王オーベロン・ミュルセタクと子を作ることを命じる。そして、それができないのであれば、この世界から出ることは叶わないと告げるのだった。実質的な軟禁状態に憤るシリだったが、オーベロンや<赤き騎士団>のリーダー・エレディンとの交流を通じ、次第にアヴァラックの言葉に従う決意を固めていく。全ては、愛するゲラルトやイェネファーの元に帰りたい、その一心からの決断であった。しかし、オーベロンはシリとの交わりの中で果たせず、ついにはエレディンの与えた活力剤の過剰摂取で命を落としてしまう。そんな中、シリは、かつてコラス砂漠で命を救ったユニコーンと再会。ユニコーンらの助力を得たことで、ついにシリは時空を超える力を開花させる。かくして、追っ手を振り切ったシリは、エルフの世界を後にするのだった。, 北方諸国では、ニルフガードとの戦争が激化の一途を辿り、各地から兵の徴用が進んでいた。エランダーの僧侶ジャレは、国のためにと奮起し、義勇兵として入隊を志願するため、寺院を抜け出す。一方、テメリアの首都ヴィジマ付近では、<かわいい仔猫>ことジュリア・アバテマルコ率いる<自由中隊>が集結し、ニルフガードのメンノ・クーホルン擁する中央部隊との激突を目前に控えていた。ジャレは、犯罪と暴力が横行する戦時下の混乱の中、苦労の末に何とか<ボクホ隊>こと<ぼろくそ歩兵隊>への入隊にこぎつけるのだった。, 一方、ユニコーンの助力で一度はエルフたちから逃げ延びたシリだったが、力のコントロールが上手くいかず、目的地にはなかなかたどり着けずにいた。<赤き騎士団>の追撃、森じいとの死闘を経て、様々な世界を渡るシリ。そんな彼女の前に、ニムエとコンドワイラマーズが姿を見せる。伝説の存在に対し、二人の魔法使いは祈るような思いでシリの行くべき先を示す。二人に見守られながら、シリは時空間の狭間に消えるのだった。, ヴィジマ付近のブレンナでは、ついに北方諸国とニルフガードの合戦が始まっていた。圧倒的な力で兵をねじ伏せるニルフガード。次々に増える負傷兵らの救護には、ラスティのあだ名で呼ばれるハーフリングのミロ・ヴァンダーベックと治癒師のマルティ・セデルグレン、それからイオラ、シャニがあたる。開戦当初一方的に見えた戦局は、レダニアからの援軍の登場を機に急変。ニルフガードは劣勢に追い込まれ、遂にはメンノ・クーホルンの死をもって、ニルフガードが敗走する形で決着したのだった。, ニムエたちに導かれ、シリがたどり着いたのは、自身のいるべき時間と場所―――ヴィルゲフォルツが根城とするスティガ城だった。イェネファー救出のため、果敢にも一人正面突破を図るシリだが、ヴィルゲフォルツの予想外の魔力に打ちのめされ、逆に捕えられてしまう。絶大な力を持つシリの血を手中に収めんとするヴィルゲフォルツは、人工的な手段でシリの受胎を目論むも、突然の闖入者により、計画は中座する。ゲラルト、ミルヴァ、カヒル、レジス、そしてアングレームの五人の登場で、スティガ城は一気に混乱の坩堝に陥った。激しい戦闘の中、ミルヴァが敵の矢に射抜かれ絶命し、一方でゲラルト、レジスの活躍によりイェネファーとシリは自由の身になる。しかし、シリには殺し屋ボンハートが迫り、ゲラルトとイェネファーの前にはヴィルゲフォルツが立ちはだかった。血で血を洗う戦闘は熾烈を極め、カヒル、アングレーム、そしてレジスまでもが命を落とす。しかし、土壇場でのシリの奮戦によりボンハートもまた死亡。ヴィルゲフォルツはゲラルトの剣に散った。かくして、ついにゲラルトとイェネファー、そしてシリは再会を果たすことになった。久々の再会を喜び合う3人だったが、そんな幸せも束の間、ステファン・スケレンの私兵が迫る。立ち塞がる者全てを切り捨て、ただひたすらに前進するゲラルトとシリ。並び立つ二人のウィッチャーの前に最後に現れたのは、皇帝エムヒル、もとい船の難破で死んだと思われていたシリの父・ダニーだった。シリは、エムヒルの実子であり、シントラのパヴェッタとの婚姻から、全て仕組まれていたことだったのだ。エムヒルの手でスケレンの私兵は制圧されたものの、ニルフガード正規軍に取り囲まれたゲラルトはついに剣を捨て、シリはエムヒルの元に下った。そして、エムヒルはゲラルトとイェネファーに自害を迫り、2人は浴室に消えていった。しかし、意外なことに、シリを残して、全てのエルフガード兵は撤退。3人は、晴れて自由の身になったのだった。, 北方諸国とニルフガードの戦争が終わりを告げ、シントラでは和平条約が結ばれた。各国の王たち、そして女魔法使いたちは、思い思いの新しい秩序を形作るために政治の舞台の表裏で暗躍。戦後処理の名の元に、ある者の罪は断罪され、ある者は闇へと葬られた。ステファン・スケレンの一味だった追跡屋ボリース・ムンは、遥か東方の地ゼリカニアやハークランドへと続くエルスケルデグ峠にて、巨漢の巡礼者シギ・リューベンと傷だらけのエルフのアイセングリムに出会う。彼らは、各々戦争により大きく傷つき、多くを失いながらも、新たな道を共に歩いていく決心を固めるのだった。, ゲラルト、イェネファー、シリの3人は新しい旅を始めていた。一行は、シリに導かれ、ジェラシーで死んだ「ネズミ」たちを弔い、忌まわしきフーヴェナゲルの闘技場を焼き払った後、ダン・デレやペレプラト湿原を訪れ、過去の出来事に思いを馳せた。トゥサンでは、処刑間近のダンディリオンに出くわす場面もあった。アナリエッタに浮気がバレたダンディリオンは、斬首刑を言い渡されるも、刑執行の直前にシントラ和平条約による恩赦を受け放免。ゲラルトたちの旅に再び加わった。しかし、シリには、別の運命が待っていた。シリは、イェネファーと共に女魔術師たちの待つモンテカルヴォに向かい、そこでコヴィリのタンクレッド・シッセンの愛人になることを強要される。しかし、大いなる決断を前にしたシリは、リヴィアで待つと約束したゲラルトとの再会を熱望。ここでシリを逃すか、それとも手中で飼いならすか。女魔術師たちは世界の命運を左右する決断に二分されるも、フィリパの最終投票で結論は出た。フィリパは、シリの思いに呼応して「希望」に賭けた。即ち、彼女をゲラルトの元に向かうことを許したのだった。, リヴィアに到着したゲラルトとダンディリオンは、ドワーフたちの集まる酒場でヤーペン・ジグリンとゾルタン・シヴェイの2人に再会。過去の事を語り合いながら、4人は大いに飲んだ。しかし、そんな折、突如事件は起きる。些細な暴力事件が人間と非人間族の間の積年の思いに火をつけ、小競り合いは暴動になり、暴動は虐殺へと発展していったのだ。ドワーフたちを守るべく、ゲラルトは剣を持ち奮戦。しかし、農民の三叉槍に串刺しにされ、瀕死の重傷を負ってしまう。遅れて駆け付けたイェネファー、シリ、そしてトリスの3人も暴徒の鎮圧に動き、トリスの放った破壊雹が決定打となって事態は収束に向かうものの、ゲラルトの命は風前の灯火であった。今わの際にあるゲラルトを囲み、無力感に暮れる仲間たち。そんな時、シリたちの前にユニコーンのイフアラクラクスが現れる。ユニコーンの放つ不思議な力に包まれ息を吹き返したゲラルトは、傷ついて倒れたイェネファー、そしてシリと共に光に包まれるようにしてエスカロット湖に消えていく。それが、シリの下した決断だった。こうして何かが終わり、そして、何かが始まったのだ。, ―――すべてを語り終えたシリは、ガラハドと共に新たな道を行くことを決め、沈む太陽に向かってまっすぐ走った。2人の前に、すべてがあった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウィッチャーV_湖の貴婦人&oldid=77835846.