たしかにたしかに。同世代だなあ。が、河本君はデイヴィッド・リンチを知らず、きょとん。, 逆に河本は「昔から聞かれるけど(相方の)井上も同じで、理想の人はいない。唯一 井上の方が面白いこと言うと悔しいなあって。人のマネは絶対にしたくなかった。流行ってる遊びじゃなくて、二人で考えた遊びの方が面白くて、二人で面白いこと考えてキャッキャ言ってる方が楽しかった。だから、自分の場合は理想が現実」河本君、ちょっとかっこよくて、すごく納得。講演してほしい。草野キッドあたりで。, ファッションを例にとり、「自分たちの時代から若者が個性を大事にするようになった」というオダジョ。昔は白いTシャツにブルージーンズの加瀬大周や吉田栄作をみんながマネしてた、言わば「右向け右」。ちょうど自分たちの頃から個性を考え始め、「今の中高生は人と同じの格好なんか全然していない」。一見共通性がないように見えて、「もっちも同じように、人のマネするのが嫌だったんだね」と共感するオダジョ。, 三つ編みヘアのオサレ番長オダジョの「個性」はまず形からって感じですが、一見ふつうの河本君は中から湧き上がってる物が尋常じゃないので、二人の「個性」はとらえ方が少し違うかも。これはオダジョは自作もあるものの基本的には演者で、河本は自分で創作し続けているから、でしょうか。とはいえ、オダジョはあまり好きではないけれど演者として天才だと思うので、どっちの方がスゴイとかそいういうのはないでござんす。「僕の妹」での自然な演技は寒気がするほど上手かったなあ。, まだゲストの名前は明かされていないのですが、幼馴染ふたりのトークがすごく面白かったので、ゲストが来るのが楽しみなような残念なような? ふたりは夜 手持無沙汰だったのか男ふたりっきりで花火大会してました。, dikokuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

「ちょうど高校生の頃にリンチの『ツインピークス』がすごい人気で、今の『24』くらいの人気だった」 オダジョ「あとやっぱり面白さがあったよね」

Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 書き出しが「 僕はオダギリジョー君の小学校の同級生です。 信じてください 」 オダジョ「え、そうなの?知らなかった」河本「イタいファンからの手紙だと思われて、ジョー君の手元には届かなかった」 …  「同じ空気を吸ったとは思えない」「河本さんの一人歩きだと思っていたけど本当なんだ」と厳しい言葉を浴びせる共演陣。オダギリは「同じ空気を吸いました、吸いました。サッカーとか、(河本は)めちゃめちゃ上手いんですよ、サッカー」とよく一緒に遊んでいたことも告白していた。, 西田敏行「探偵!ナイトスクープ」降板「局長の職を11月22日の放送をもって辞したい」, 釈由美子、育児巡り夫からの不満に猛反論 ネット共感の嵐「他人事の男が多い」「育児は2人でするもの」, 釈由美子、松本人志との“熱愛”否定 給料未払い問題は「とばっちりなんですよね、吉本さんの」, 太田光が「爆笑問題終わると思った」コンビの危機とは…「寝ないで考えた」記者会見のネタ, 謹慎処分解除のレイザーラモンHGら京都国際映画祭イベントに登場「たまたま、僕らが集まって…」, 「カントリー・ガールズ」12・26で活動休止、全メンバーがグループ卒業…山木梨沙は芸能界引退へ, 「カントリー・ガールズ」12・26活動休止 里田まい、メンバーにエール「応援したい」, 「カントリー・ガールズ」活動休止…メンバーコメント全文「グループを卒業し個人の夢へ」, 佐々木蔵之介「LIFE~夢のカタチ~」400回記念イベントで夢語る「みんなが笑顔になってくれたら」, 仲里依紗「泣いてしまった」30歳誕生日に夫・中尾明慶からオリジナル絵本「リイサがいないと…」, 明日海りお サヨナラ公演開幕「宝塚はあこがれ、夢」 次期トップ・柚香光の背中を押すシーンも, オダギリジョー 河本準一との「都市伝説みたい」な関係明かす「同じ空気を吸いました」, 王貞治氏 徹子に語る「野球人生の中で一番うれしい写真」世界新記録達成したその日に…, 【明日10月19日のスカーレット】第18話 ちや子の取材を手伝うため喜美子は下着ショーに行き, 中島亜梨沙「なつぞら」新キャラでスピンオフ出演「なまら嬉しい」音尾琢真の妻役、川床明日香と坂井真紀も, ふぉ~ゆ~「ENTA!」12月再演、ゲスト多彩「壇蜜さんに大人の男にしていただこうかな」, 志らく 中日のドラフトに「石川がいて、根尾がいて…数年後には素晴らしいクリーンアップ」, 加藤浩次 東京五輪マラソン&競歩、札幌開催に「運営側の気持ち分かるけど、ドーハの世界陸上見たら…」, 志らく 小池都知事の“北方領土発言”に「落語家がギャグで言うこと。なんで知事が…」, 志らく 東京五輪マラソン&競歩、札幌開催に「IOCが助け船を出したっていう考え方も…」, ドラフト中継 平均視聴率11・0% 平日夕方に異例高数字 「BIG3」運命の瞬間に熱視線, 米倉涼子主演「ドクターX」第6シリーズ 初回20・3%の好発進!今年民放連ドラ1位, 長嶋一茂 神戸市教諭いじめ問題に「いじめた4人は教師の資質ゼロ。復職できないように…」, 「おっさんずラブ」主題歌はsumika 新進気鋭の4人組抜てき!はるたんもほれた新曲「願い」, 土田晃之、有料レジ袋のサイズ巡る相談に「全部のサイズ金額を一緒にすれば。でも同じ値段だと…」, 中居正広「こんな楽しいことが世の中にあんのかって」人生初体験を満喫 指南役はまさかの杉村太蔵. オダジョ「ベッカムが一番かと思っていたけど」 河本「ウッズがトップやね、多分」ジャンルもスケールも違うけど、とりあえず競争してみる男の子たち。 ?仏が愛した画家・藤田嗣治演じる『FOUJITA』11月に公開, オダギリジョー×蒼井優×松田翔太!山下敦弘監督『オーバー・フェンス』に豪華キャスト集結, http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1688042.html, “「ルパパト」濱正悟、松本穂香の彼氏役!オダギリジョーら出演『酔うと化け物になる父がつらい』”, https://www.cinemacafe.net/article/2019/04/08/61041.html, オダギリジョー&中島歩、中国の名匠ロウ・イエ監督のスパイ映画に参加へ cinemacafe.net, “菅田将暉&有村架純共演『花束みたいな恋をした』に清原果耶、オダギリジョー、押井守監督が出演”, https://movie.walkerplus.com/news/article/1008057/, “池松壮亮、オダギリジョーが共演!オール韓国ロケで挑む『アジアの天使』が来年日本公開”, https://movie.walkerplus.com/news/article/1003827/, https://www.cinemacafe.net/article/2019/07/06/62416.html, https://web.archive.org/web/20150901104246/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150830-OHT1T50212.html, http://mantan-web.jp/2016/03/18/20160318dog00m200012000c.html, オダギリジョー長編初監督がクランクアップ!公開は9月『ある船頭の話』 cinemacafe.net, ニューヨークで開催!北米最大・日本映画祭「JAPAN CUTS 2017」ラインアップ決定!今年のCUT ABOVE賞は、オダギリ ジョーが受賞!, Japanese film wins IFFK’s biggest award ‘Suvarna Chakoram’ for 2019, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オダギリジョー&oldid=80361626, 目下の恋人(ドラマ『愛の手前 恋のとなり』再編集、劇場公開版)(2002年11月30日) - コウジ, ひもかわラプソディ(2014年6月4日、asura) - 岡野貴司 (フィルムフェス限定上映), Present For You(2015年2月7日、PLUS heads inc) -, 宵闇真珠(英題:The White Girl)(2018年12月15日、キノフィルムズ) - 男(阪元), 人間の時間 (原題:Human, Space, Time and Human)(2020年3月20日日本公開、Finecut, Seoul)- イヴの恋人(タカシ), TERRORS 闇夜〜DARKNESS〜(2001年1月フジテレビ映像企画部、DVD作品) - 後藤慎一, いま裸にしたい男たち〜オダギリジョー 27歳 アートするココロ〜(2003年11月12日、, 神様のビリヤード~フィリピン・運命を変えた1本のキュー~(2011年11月11日、NHK) - ナレーション, 映画『世界最古の洞窟壁画3D 忘れられた夢の記憶』(2012年3月3日、スターサンズ、ビターズ・エンド) - ナレーション, ラストデイズ「勝新太郎×オダギリジョー」(2014年5月1日、NHK) - ナビゲーター, 生誕130年記念 藤田嗣治展 -東と西を結ぶ絵画-(2016年4月29日 - 9月22日)- 音声ガイド, 国宝源氏物語絵巻(8Kスーパーハイビジョン制作)(2017年3月12日、NHK) - 語り, NHKスペシャル 「香港 激動の記録~市民と“自由”の行方~」(2020年10月18日、NHK) - 語り, オダギリジョーの大東京旅行舎(2001年8月4日 - 2002年4月27日、トラベラーズTV), オダギリジョー第2の故郷フレズノに帰る(2002年3月17日 - 24日、トラベラーズTV), WINNER'S BOOTH(2002年5月3日 - 2002年、トラベラーズTV), オダギリジョーの韓国絵日記(2002年5月31日 - 6月7日、トラベラーズTV), オダギリジョー思い出のニューヨーク(2003年1月6日 - 20日、トラベラーズTV), ムジカ・ピッコリーノ(特別編 〜アリーナの旅立ち〜)(2017年10月6日 - 10月27日、NHK) - ドクトル・ジョー, ANA「WEST」(メゾン・ド・ヒミコDVD収録オリジナル・ショートムービー「懲戒免職」より), 「ゼチェ・プラジナイズド」‐ 勝手にしやがれアルバム「パンドーラー」(2014年9月10日、, 「JellyfishSyndrome」- 映画「宵闇真珠」(2018年12月15日、キノフィルムズ), 「GET OFF STAND UP」久永直行アルバム「黒猫殺人事件(上)」(2008年10月22日、CITY RECORDS-indiesmusic), 「恋する炭酸水」「古今和歌」「霊峰・快羅須山のララバイ」 - 『オペレッタ狸御殿 オリジナル・サウンドトラック』(2005年5月11日、Toho Music), 「母の教え給いし歌」 - 『メゾン・ド・ヒミコ The Original Soundtrack of “La Maison de Himiko”』(2005年8月24日、.