It appears that you have disabled your Javascript. カミナドーム2は、 高さがあってくつろげます。 まあ、 前室はペグ1本でできるわけですから、 これまで通りの設計が正解 なのでしょう。 素材は国産にこだわり 1 430 グラムは最新のモデルの中では比較的 …

(前室張出55cm)間口130×奥行216×高さ107cm フレーム:38cm本体:31×14φcm本体:8×17×27cm オプションスノーフライスノーフライ finetrack「カミナドーム」 倒産して経営権が移る前からアートスポーツ本店にずっと展示されていたテント「カミナドーム2」。快適そうな室内や生地の高クオリティ、それでいて軽量な点に惹かれてずっと気になっていました。 3モデルで比較検討 (前室張出61cm)間口216×奥行127×高さ104cm (前室張出60cm)間口224×奥行132/107(長辺/短辺)×高さ102cm (スーパーライトボイジャー)

ポール:50.8×13.3φcm

これからテントを買われようとする方向けに、絶対に役立つ情報をお伝えします。この記事を見てから買っても遅くはありませんが、見ずに買うと後で後悔する!?かもしれませんよ。こんにちは!サフィンです。もう夏山シーズン真っ只中ですね。皆さんは既にどこ 重量1330g1260㎏(最小重量)1200㎏(最小重量)2534g フロア:70D タフタ(ナイロン) /耐火加工(耐水圧:3000 mm ポリウレタン加工)   var notice = document.getElementById("cptch_time_limit_notice_3");

上の画像で、フライの入口開く側の端、ちょうどジッパーがある部分にサイドにあるようなゴムの輪っかが付いています。店員の話によると、これは積雪期の降雪の際ここにペグを打ち、入り口部分にもテンションをかける為の物だそうです。ほぼ同じ場所にペグ打つポイントがあるのですが何か違うのでしょうか?ゴムの方が伸び縮みするからフライを傷めにくいのかな…。このゴムにペグを打った時は、ジッパーを上部から開けてまたぐようにして中に入るそうです。とても入りにくそう。, 画像のようにフライの入口ジッパー横に1箇所ペグを打つポイントがあります。オニドームのうたい文句に「ペグダウン出来ない場合でも前室が作れる」というのがありますが、ペグダウンしないと入口を開けた時にフニャっと下がってきてしまいます。まぁ、たったこれだけですし、入口を閉じればペグダウンしなくてもちゃんと前室のスペースが確保されますのであまり気にしなくても良いかなと思います。 timeout 価格(税込)¥86,400¥65,880¥57,240¥97,200 前室数1112 VS20PUROMONTE (ドラゴンテイル) }, フレーム:φ8.88mmエアハーキュリー本体:20D OSMO W/S テントを建てる際は入り口を風下に向けるので風を受ける面積が少なく強風に強くなりますが、入り口が狭く入りずらいのがたまにきず。 (前室張出61cm)間口130/110(長辺/短辺)×奥行220×高さ110cm グランドシート:40dnナイロンタフタPUコーティング !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?

150g(ペグ)1500g })(120000);

カミナドーム2 ※テントサイズ画像をクリックすると大きくなります。, [ビッグアグネス]BIGAGNES TEXFC214-フライクリーク2UL-EX(ノーメッシュ), この他にも様々なテントメーカーがありますが、登山で使える主要なテントをまとめてみました。2人用テントなら居住性重視も良いと思うので、個人的にはドマドーム2でテントライフを満喫したり、ソロで軽いけど広いファーストライトを使ってみたりするのがオススメです。. 入口部分:幅112cm間口166(最大240)×奥行157(就寝部115)×高さ98cm間口212×奥行130×高さ105cm  ARAI TENT

グランドシート:40Dナイロンタフタ、ウレタン防水加工 ここまで極端な場所でなくても、お盆やシルバーウィークの北アルプスや南アルプスのぎゅうぎゅうなテン場では短辺入口が最適です。 フライ:20D PUナイロン (ニーモ・イクイップメント) It appears that you have disabled your Javascript. トレックライズ2ARAI TENT BLAZE 2P 価格(税込)$229.95¥63,720 フォレストグリーンオフホワイト(OF) FAG0311ライトニングKUNAIエスパースソロKAMINAハバ. 2人用テントも比較してみた -新作オニドームとカミナドームも- 2016/03/12 2016/06/09 テントと言えば アライテントのエアライズやモンベルのステラリッジが まず思い浮かびますが、実はもっと多くのテン … エアライズ2は130cmでトレックライズ2は150cm(どちらも2~3人用)、カミナドーム2とタニLS2Pは130cmとオニドームより15cm以上の広さで、この4つのテント全てペグダウンしないと前室が作れませんが、ペグダウンすればオニドームより広い前室が作れてしまいます。 設営方式スリーブ式 オプションDXフライ・トレックタープスノーフライ販売予定スノーフライ・内張り 前室数122 display: none !important; ファイントラック カミナドーム2. インナーノーメッシュノーメッシュノーメッシュメッシュ (パイネ) インナーテント:30Dポリエステルリップ(通気撥水加工) 1440g(本体+ポール+張り綱+収納ケース) メッシュ:15Dナイロン・マイクロメッシュ 設営方式スリーブ式スリーブ式インナースリーブ式吊り下げ式

入口に付いているメッシュは色が違う部分で上部1/3程度。, 入口のメッシュを開けるとこのようになります。画像では開けすぎてしまいましたが、フライの入口をジッパーで上部から開けると、入口は閉めたまま換気が出来るようになります。メッシュ部分は他のテントと同じように全体でも良い気がしますが、軽量化のためでしょうか?真夏の快晴の日中だとこの程度のメッシュじゃ全然涼しくならないと思います。, 僕の靴を前室のちょうど中心に置きました。ぼろい靴ですみません…。サイズ26.5cmです。極端に大きいサイズの靴でなければ問題なく置けそうですが、端に行くほど狭まっていくので大きい靴は中央寄りにしか置けなさそうです。 ポール:Easton カーボンION本体:メッシュ

ESPACE DUO 設営サイズ間口220×奥行130×高さ104cm

Copyright©   2018/02/26, 今、大注目のアライテントの新作『オニドーム』が近所の山道具屋に展示されていました。どんなテントかチェックしてきたのでレビューします。 ESPACE MAXIM NANO 2-3人用Black Diamond 今回はそんな様々なテントの中で、ソロならゆったり寝れ、友達や恋人とも使える2人用テントをジャンルごとにスペックで比較してみようと思います。 カラーニューグリーングリーンオレンジイエロー 張り綱:テクノーラ(アラミド)フライシート:20Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工) Please reload CAPTCHA. 100g(ペグ)1590g オプションスノーフライ・DXフライ・カヤライズスノーフライスノーフライ ドマドーム2ARAI TENT

グランドシート:30Dポリエステルタフタ(ポリウレタン防水加工)

  フライ:15D PUナイロン フロア:20D PUナイロン本体:30Dナイロンリップストップ1200mm PU フロア:30DナイロンリップストップT 4000mm エーテルタイプPU/SIL FR ポール:DACフェザーライトNSLフライ:40D リップストップナイロン(耐水圧1,500mm)デュラシールド・ポリウレタン&シリコーン・コーティング メーカー国日本日本日本日本 本体:68Dポリエステル、Dye-Free White メーカー国アメリカ日本日本アメリカ 素材本体:20D ノーシーアムメッシュ(No-See-Um)(ナイロン) ペグ:29.9×11.99φcm52×13cm 素材フライ:7D ナイロンリップストップ(耐水圧1,200mm)ポリウレタンコーティング 重量1230g(最小重量)約1690g(インナーテント+フライシート+ポール)約1600g   2016/06/09, テントと言えばアライテントのエアライズやモンベルのステラリッジがまず思い浮かびますが、実はもっと多くのテントがあります。 フロア:20D PUナイロンフライシート:30Dポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工) (シエラデザイン)

if ( notice ) メーカー国日本日本アメリカ

(前室張出85cm)

収納サイズ本体:32×φ16cm(49×φ16) DRAGONTAIL Time limit is exhausted.

吊り下げ式吊り下げ式 .hide-if-no-js { 発売日がよく分からなかったアライテントのオニドームがついに販売開始したようです。 ポール:YUNAN社 ウルトラライト・アルミ合金中空ポール(7001-T6)直径8.64mmフライ:20Dリップストップナイロン(耐水圧1,200mmデュラシールド・ポリウレタン&シリコーン・コーティング) フロア:15D ナイロンリップストップ(耐水圧1,200mm)ポリウレタンコーティング 1550g(本体+フレーム+フライシート) フレーム:38cm本体:31×ø14cm  =  ポール:DAC製アルミ合金中空ポール・フェザーライトNSL(7001-T6)(2~3人用:直径9.0mm)キャノピー=ナノシールド 前室数2211 ); 2020 All Rights Reserved. (カーボンリフレックス)NEMO 2020 All Rights Reserved. 価格(税込)¥59,400¥63,720¥71,280¥95,040 設営サイズ間口210×奥行150×高さ110cm



フロア:40D リップストップナイロン(耐水圧10,000mm)デュラシールド・ポリウレタン・コーティング ここにペグを打っても打たなくても、雨が降れば構造的に前室全体びちゃびちゃに濡れてしまいます。雨の日は濡れてはいけないものを置いておけなさそう。エアライズ・トレックライズ・ドマドームは前室に雨でも濡れない部分が出来るので安心です。, 中から見た入口。入口の開け方はトレックライズのように、下までジッパーが付いていて横で止まっているタイプ。ドマドームは下で止まっているタイプですね。全体を写した画像を見ると分かりますが、フライの入口が若干右側に寄っているのでこのタイプなのでしょう。 (ファーストライト) ポール:43cm本体:33×ø17cm インナーメッシュハーフメッシュドア

フロア=30Dシルナイロン

(エムエスアール) (エスパースデュオ)MSR

ポール:DAC-7001S 素材本体:28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)

 ARAI TENT 約150g(付属品)1870g 100g(ペグ)1720g (プロモンテ) 前室数1111

フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)本体:30デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ(通気撥水加工、難燃加工) 素材本体:30D66ナイロンリップストップ超撥水加工 (モンベル) Please select your language to translate, or close to show in Japanese. タイム(THYM)オレンジ (ファイントラック) フロア:30Dリップストップナイロン(耐水圧3,000mmデュラシールド・ポリウレタン・コーティング)フロア:70Dナイロン、3000mm

今、大注目のアライテントの新作『オニドーム』が近所の山道具屋に展示されていました ... カミナドームと違い販売日が詳しく明記されていなかったアライテントのオニドームが、 ... 目次1 finetrack1.1 こだわり満載!finetrackの新テント『カ ... finetrack(ファイントラック)より3月1日(火)14時より発売になる自立 ... ずっと欲しいと思っていたダンロップの6人用山岳大型テントの『V-6』をついに購入 ... 休日は登山やクライミングをしに山へ行き、仕事後の夕方にクライミングジムでトレーニ ... クライミングや登山で使用するヘルメットは様々なクライミングギアメーカーから多数の ... クライミングで必須のギアの『ヘルメット』ですが、様々な構造・形・機能がありどれを ... タイトルの通りオススメのザックを紹介していきます♪ 自分で使って良かった物、友達 ... 山と溪谷 2017年7月号 「北アルプス岩稜ルートをめざせ!槍ヶ岳・穂高岳・剱岳・後立山」「山岳ガイドに学ぶ実践的ロープワーク術」「イラストでわかりやすい 山のロープワーク術」「北アルプス岩稜マップ&ガイド」, ワンダーフォーゲル 2017年8月号 「テントで歩こう!

フレーム:38cm本体:約31×約φ14cm

収納サイズ本体:30×15φcm 3/29に確認をしたらついにAmazonでも販売を開始いたしました!しかも、Amazonでもポイントが10%付くようです。こちらもかなりお得ですね。Amazon派の方はぜひAmazonをご利用ください。 function() { ポールバッグ:約φ5×約41cm未掲載 1,280g(インナー、フライ、ポール)+150g(ガイライン、収納袋、ペグ8本) 収納サイズ本体:36×18φcm フロア:20D PeUナイロンシリコンコーティング・ULリップストップナイロンKerlon1000 フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)インナー&フライ:ナイロン100%(PUコーティング) Copyright (C)2005-2018 Yamareco Inc. All Rights Reserved.

2020 All Rights Reserved. 2人で使用する場合は、1人が160cm以下の方が良さそうです。, 天井部はこんな感じ。トレックライズやドマドームと一緒です。ループにランタンや、細引きを通して小物や衣類等をかけられて便利。, 角部分の内側はこのようになっています。小物を置いておけば無駄なくスペースが使えます。, 少しぶれていますね…すみません。ベンチレーターはドマドームとは違いトレックライズのように筒状です。この方が中にいながら空を見て天気が分かるからいいんですよね。ドマドームだと前室まで出ないといけなくて面倒で…。, オニドームは今までにない新たなテントで「2本のポールで軽量なのにペグダウン無しで前室も作れる」と前評判通り素晴らしいテントでした! フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング 収納サイズ43×13cm未掲載本体:41×13.5cm

本体:20Dリップストップナイロン フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング 1410g(本体+フレーム+フライシート)

オフィスからクライミングジムへ直行!そんな時に最適なザック『Seon Transporter』. シート:40dnナイロンタフタPUコーティング 画像のたぬきは『ぽこたぬき』こちらもよろしくお願いします。. (アライテント) 200g(ペグ+張り綱+スタッフバグ)1780g(最小重量)

 MSR しかし、前室は小さく小物や靴しか置けず、雨が降ったら靴は就寝部にしまわなければいけない、就寝部も小さくオニドーム2は2人での使用は厳しい、と使用の難しさが感じられました…。 if ( notice ) ドマドームにしろカヤドームにしろ、アライテントのネーミングセンスは絶妙です。分かりやすいネーミングは小林製薬に通じるものがある...。, ただ、ファイントラックと比べてしまうと、アライテントは宣伝があまり上手くないなぁと思います(Webサイトが昭和風だったりして)。ファイントラックはすごく宣伝や広報がうまい!期待や興味をそそる宣伝の仕方をするんです。アライテントも広報を上手くやったらもっと売れるんじゃなかろうか、、、, こちらも国産メーカープロモンテのテントです。吊り下げ式テントを最初に発表したのは1971年のダンロップが最初だったそうですが、その技術と伝統を受け継いで作られた軽量テントがプロモンテのVLシリーズです。2人用で1450gと軽量で、吊り下げ式だから設営しやすいです。また、一般的なテントの素材はナイロンが多いのですが、プロモンテのVLシリーズはポリエステルを使用しています。ポリエステルは「水を含みにくく」「すぐ乾き」「劣化に強い」からだそうです(だが、それなら、なぜ他のテントメーカーではあまり採用されないのだろう...。重量の問題でしょうか?), 今回の比較の中で唯一の外国勢です。ニーモは2002年にアメリカで設立された新しいアウトドアメーカーです。, 「日本の山岳用テントの新たなスタンダードとなることを目指し、 NEMOチームが開発したダブルウォールテント」として、ニーモ タニシリーズが開発されました。, とのことです。素材は全てにおいて軽量素材を使っており、実はカミナドーム2より軽いです。でも生地は厚いのですよね。ポールとかの強度が違うのかな?, ファイントラック、高い!!というのが第一印象です。国産で輸入関税がかかっていないはずなのになんという強気の値段設定なのか...これは誰もが思うところでしょうが、それだけ自信があるのでしょう。価格で躊躇する人多数ですよね。, ファイントラックのカミナドームは「軽量テント(2人用で1280g)」とは言っても、もっと厚い生地(15デニール)を使用しているニーモ タニLS 2P(1230g)より重いのです。せっかくファイントラックのテントなんだからグランドシート・ペグを含めて1Kg前後を目指して欲しかったなー、と勝手な期待。カミナドームは4シーズン対応をうたっているのでその分どこかが補強されているのでしょうか。プロモンテVL25は今回の比較中で一番重い(1450g)のですが、「素材がポリエステルで水を含みにくい=縦走中に重量が増えにくい」ということらしいです。なるほど(?), ぽこがすきなのはニーモ タニLS 2Pですが、オニドームを除けば正直どれもそんなには変わらない気がしています。, ファスナーはストレートの方が壊れにくいです。プロモンテVLシリーズの商品ページには以下の記載があります。, ●テント入り口のファスナーが直線の理由

インナーテント:20Dポリエステルリップ(通気撥水加工) VLシリーズは、ファスナーの負担にならないようにファスナー本来の形である直線ファスナーを使用しています。また、ファスナーを閉めれば必ず、同じ場所でスライダーがありますので、アクシデントで緊急の脱出の必要があるとき(例え夜間でヘッドライトがなくても)に、容易にスライダーを見つけ入り口を開けて脱出することができます。, 長辺出入りテントなので出入りは普通にしやすいです。サイズ感じは一般的なテントといった感じで特に可もなく不可もなく、、、(つまらない感想ですみません。でも、本当にそんな感じなんです。)テントの内部にはループがたくさんついていて、ランタンをつりさげたり、細引きを付けたり、ロフトを設置したりといろいろとカスタマイズの余地がありそう!と思っていたのですが、実はこのループ、冬季の内貼り用のループらしいです。, オニドームは2人用でテントの奥側と手前側(土間側)で長辺の長さに差があります。身長160cmのぽこが手前側に寝てみたところ、長さはまぁ大丈夫だったのですがシュラフに入ったら頭や足が結露した壁面に触れてしまう感じでしたので、寝るなら奥側に寝て手前側に荷物を置くしかないなと感じました。もし、2人で2人用のオニドームを使用するなら150cmぐらいの人じゃないと手前側には寝れない気がする...。あと2人で寝ると荷物を置く場所がキツイです。ドマドームなら土間におけるのですが、オニドームの土間はザックを2つ置けるようなスペースはないように思います。よって、オニドーム2は1人で使うのが正解かなぁと感じました。または、大人1人と小学生までの子供1人とか。, プロモンテVL25は使用している友人が2人いるので、感想を聞いたところ2人が2人とも「フライシートとポールを結ぶ紐を結ぶのが面倒」という答えが返ってきました。全然接点がない2人なのに回答が同じて(笑)びっくりしましたが、ネット上で検索すると同様の箇所に不満を持っている人がいるみたいで改造方法などを載せている方もいました。みんな同じ悩みなのか。, ニーモ タニLS 2Pですが、調べてみるとどうやら「プロモンテのVLシリーズを研究してニーモを作り上げた」説がありました。なので上に出てきた、プロモンテVL25のよくある不満点「フライシートとポールを結ぶ紐を結ぶのが面倒」な箇所がマジックテープを使用することによって解消されているんです。