「後妻業の女」を観たいという母の声に耳もかさず、「オーバー・フェンス」 “あの女の子が好きじゃない”って わたしだって蒼井優、そんなに好きじゃない でも、でもオダジョー(オダギリジョー)が出てるから! 聡(蒼井優)が超エキセントリック 鳥の求愛ダンス…道端で突然って、引� (苦笑)その後、喫煙所らしき場所に移動して、男たちがボソボソと話し始めましたので w職業訓練校なんだな と得心が行ったのですけれども・・・  (・・*)ゞそこで登場人物の人となりや関係性などが、それとなく明らかに・・・! ?木工所? あるいは大工として働くのが最終目的? 本当かな?  という・・・(笑)来し方も、年齢も様々な男たちの、遠慮気味な? “和み方” が興味深い感じでした。w個性豊かなキャスティングの妙・・・初めの内は満島真之介が出てるとは気付きませんでした!?

チャー

| 日本とアイルランドの【結び】〜映画「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」 », 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作による函館三部作最終章。公式サイトはこちら。佐藤の小説と、今までの映画化の経緯については下記に詳しく書いた。, 因みに原作小説が「三部作」になっているわけではない。佐藤は生まれ育った函館と東京を行き来する人生を送り、その作品の大半が東京または函館が舞台となっている(僕は彼が高校生の時に書いた「市街戦のジャズメン」から文庫本に収録されていない遺作「虹」まで全小説を読破した)。佐藤は一時期文学で身を立てるのを諦め、帰郷して職業訓練学校に入った。その経験が「オーバー・フェンス」に生かされている。しかし「きみの鳥はうたえる」が第86回芥川賞候補になったため、また上京する。「オーバー・フェンス」で5回目の芥川賞候補となり、落選した5年後に首吊り自殺した。, 映画三部作で面白いのはプロデューサーと撮影監督は三作全て共通しているが、監督は全て別人が起用されていること。今回は「リンダ リンダ リンダ」「天然コケッコー」「マイ・バック・ページ」「苦役列車」「もらとりあむタマ子」の山下敦弘。山下監督はのほほんと、しかし「どっこい生きている」人間を描くのが得意なので、この素材はすごく合っていた。, とりわけ素晴らしかったのが高田亮(「そこのみにて光輝く」)の脚色である。中編「オーバー・フェンス」を読んだ時、僕は「こんなに薄い内容を、どうやって映画にするんだろう?」と訝しんだ(芥川賞選考委員による酷評はこちら)。高田が選択した方法はヒロイン・聡(さとし)のキャラクターを膨らませ、佐藤の書いた別の小説「黄金の服」の登場人物像を混ぜ合わせることであった。キッチン流し台の水道水で裸身をゴシゴシ擦るエピソードがそれに当たる。あと完全にオリジナルの設定で聡が「鳥になりたい」と鳥の求愛行動を模して踊るのが印象的だった。蒼井優はバレエをしていたのでこういうのが上手いんだよね(岩井俊二監督「花とアリス」クライマックスのバレエ・シーンを想い出した)。彼女の「ぶっ壊れている」感じが良かったし、オダギリジョーも好演。, 曇天の空に鳥が飛んでいるオープニング・ショットがとっても素敵で(閉塞感!)、函館山の寂れた公園の場面は物悲しく、佐藤泰志の世界(=灰色)に相応しいと想った。, 2016年9月27日 (火) Cinema Paradiso | 固定リンク | 0 この記事へのトラックバック一覧です: 小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」: » 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流 [大江戸時夫の東京温度] Labyrinth 鳥の動きを真似たような不思議な踊りを披露していた。白岩は、代島から彼女(聡 さとし(蒼井優))を紹介されるのだが代島は小声で 誰とでも寝る女だから 的なことを囁く。白岩は、危げに揺れる聡に “急速に強く” 惹かれて行った。さて・・・?初めて二人が結ばれる夜の経緯は、緊張感があり一番の見どころとなっておりますが・・・ ^^;(詳らかにしたい気持ちはあれど、色々考慮して?記しませぬ w)白岩は、聡が昼間に働く小さい遊園地で、彼女の別の一面を見たり致します・・・。訓練校に於いては、穏やかな一角の人物として通っている?白岩でしたが自身では、“本当はアブナイ人間なんだ” と口にする、やや蔭りのある人物・・・?・・・そんな二人に明るい展望は?他の方のレビューを拝見いたしますと原作とはだいぶ違う性格設定?筋書きも然り? のようで・・・映画独自の世界観を持った作品に仕上がっている ・・・ようでしたね。私的には、蒼井優の “揺れる” 演技に魅了されて、その恐るべき実力を再確認!? | オシムの新著「急いてはいけない」 », 映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目ということで、当然『海炭市叙景』『そこのみにて光り輝く』と比べたくなってしまいます。両作に比べるとけっこうライトで、しかもラストにほんわか感を湛えております。山下敦弘監督の資質が影響しているのでしょうか。, 『そこのみにて~』の綾野剛、池脇千鶴に負けず劣らず、本作のオダギリジョー、蒼井優は素晴らしい好演を見せています。ひりひりするような痛みと、何とも言えぬ味わいを発散させています。特に蒼井優はここのところ山田洋次作品で、原節子のような「いい子ちゃんキャラ」だっただけに、この強烈メンヘラ・キャラにはびっくりです。即病院行きをお勧めしたいほどの躁鬱ぶりなのです。鬼のような表情もコワイですし。, 松田翔太や満島真之助の地味さもいい感じなのですが、地味で抑制の効いた優香がここではかなり良い感じです。『人生の約束』といい本作といい、彼女、女優として開花して来ました。, 『そこのみにて~』同様、’70年代日本映画の匂いがします(かなりATG的な)。映画の時代背景は明示されませんが、まだ携帯電話の無くて、みんなが煙草を吸っている時代のようです。, 職業訓練校がらみの描写が良いアクセントになっております(北村有起哉の家での「お魚の絵見る?」のエピソードは最高!)。そのおかげで作品全体が重苦しくならないで済んでいます。 その流れからのこのラストっていうのは、根拠のない希望の光が差すようで、これはこれで良いではありませんか。, 投稿者 大江戸時夫 時刻 23時44分 映画・テレビ | 固定リンク |

(2016-11-30 02:23), 近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する, あなたは既にnice!を行っています。一定件数以上前のnice!は表示されませんのでご了承ください。, 『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標でした。, (C)2010 SMILE-LAB Co., Ltd. All Rights Reserved. 映画『オーバー・フェンス』を観てきました . そして練れた?女優魂とでも言うのでしょうか?^^;ともかく、そんなところに尋常でなく揺さぶられ、胸を打たれました。久々に観た、素敵な日本映画だと思います。が~ (・・*)ゞ観始めた当初は、なんだかなぁ? てな低テンションの自分なのでしたっ(爆)何故かと言うとっいかにも、廃校となった校舎を再利用した? かのような風情の “作業場” 高い塀? 地味な作業服 etc etc が・・・ココは刑務所か? と、一瞬思い込まされたようで? 少々引き気味に・・・!? 監督:山下敦弘. Overfence(viewing film) 冒頭、北国の鈍色をした曇天を飛ぶ [続きを読む], » オーバー・フェンス〜希望なんて羽毛のように軽い [佐藤秀の徒然幻視録] Labyrinth « 感動ポルノとして消費される障害者と「聲の形」 | トップページ (汗), 白岩(オダギリジョー)は故あって?妻子と別れ、東京から故郷の函館に舞い戻り・・・職業訓練校に通いながら、失業保険で暮らしている。アパートの部屋の隅には、まだ段ボールが積まれ、何とも殺風景なものだが・・・時々様子見に?訪ねてくる義理の弟もおり、全くの孤独と言うワケでもなかった?それでも、コンビニ弁当とビール2本で済ます夕餉時の後ろ姿には何とも言えぬ侘びしさがっ!?そんなある日の事・・・往来で、人目も憚らず悪目立ちする?若い女を目にすることに・・・!?その後、訓練校の仲間の代島(松田翔太)に誘われて寄ったキャバクラになんと、その若い女がホステスとして働いていたのだった。店での彼女は上機嫌で!? matusima745さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog  佐藤泰志原作の『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章。 ①原作が、佐藤泰志の小説。②監督が、山下敦弘。③撮影(カメラマン)が、近藤龍人。そして、④出演者に、蒼井優がいる。私が、映画『 by 映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目ということで、当然『海炭市叙景』『そこのみにて光り輝く』と比べたくなってしまいます。両作に比べるとけっこうライトで、しかもラストにほんわか感を湛えております。 本当に・・・ 臨場感と言いますか ^^; ドキドキしながら観てしまいましたが ^^;爽やかな幕切れに何だかホッとしました w  監督は『どんてん生活』『リンダ リンダ リンダ』などの山下敦弘。

映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と [続きを読む], 【いつか見た大林映画】第9回〜未発表短編「海外特派員 ある映像作家の場合」と、ボードレールの詩「人と海と」, 【考察】映画「TENET テネット」を観る前/後に知っておくべき幾つかの事項と、その哲学(自由意志 vs. 決定論)、さらにブロック宇宙論!, 岡本喜八(監督)「激動の昭和史 沖縄決戦」と、佐木隆三(著)「証言記録 沖縄住民虐殺」. 「オーバー・フェンス」の聡(小説では「さとし」)も、男みたいな名の痛々しいほど烈しい女性。 宇江佐さんが「雷桜」の蒼井さんを観て書いた感想は、そのまま「オーバー・フェンス」を観たわたしの感想でもあります。 「オーバー・フェンス」(2016) 劇場鑑賞映画(2016) #映画レビュー 山下敦弘 監督作品、 オダギリジョー さん、 蒼井優 さん出演ということで楽しみにしていましたが当地ではやっと公開され、後続の「 ぼくのおじさん 」を先に観てしまうという、ずいぶんと遅れてしまいました。 Tweet. « 「92歳のパリジェンヌ」:高齢者は一人で観ましょう |

by 函館が舞台、さまざまな事情を抱えた男たちが通う職業訓練校。 主人公の白岩(オダギリジョー)は、家庭を顧みない夫として.

ブログを報告する, 主人公やヒロインの悩みや苦しみの背景が明確には語られることなく描かれ、観る人が自分の経験や環境に重ねて観ることになりますが、多くの共通点があり共感できると思います。, 暗い重い作品のようで、駄目男たちへの目線がやさしくユーモアがあり、ラストでは明るいさが見えてくる救いのある結末になっています。, はっきり聞こえませんが、「もともとなにやってたの」「居酒屋かな」「白岩さん女いるんですか」「いないかな」という会話、白岩の「いない、いない」というのがはっきり聞こえます。, ・白石は訓練所で真面目に訓練を受け、自転車で帰りにコンビニでから揚げ弁当と缶ビール2本を買ってでてきたところで、車から降り「ダチョウだって愛情表現する」と男と言い合いながら鳥の求愛ダンスをしてる女性, フロアーで聡が赤い衣装で鳥の求愛ダンスをしていて、こちらの席に顔をだし「あんたたち知り合い。名前で苦労しているけど親のことは悪くいわないで。私はバカ」と言い席につく。, このような会話のなかで聡が白岩にボデイータッチするなど彼を気に入ってることがわかります。ここでの蒼井さんは本当に魅力的です。, 白岩は店を出て代島には「俺は最低の男だから」と一緒に仕事をすることを断り、聡に車で送られアパートに帰る。この際聡は「子供はいるの?」と問い「いる」と答えると「嘘ついているように思える」と言う。白岩が代島との関係を聞くと「友達の友達。客はやれると思ってる, 白岩はアパートに帰り引っ越し荷物の中から義父からの手紙「妻との離婚を促し、子供の親権を妻にするというもの」を読み焼き捨てる。, ・訓練所の昼休み。代島は昨夜の聡との関係を聞いてくる。「何もない」と答えると「すぐやれるのに」と言う。白岩はその夜自転車で聡の勤め先に行くが看板をみて帰る。, ・訓練所で代島が「聡が会いたがっている。飲みに行こう」と誘うので「君の元カノ?」と聞くと「違う」という。帰りに、「彼女が公園にいるから会ったら」というので公園に行くと小さな遊園地で, 「代ちゃんから言われて来たの」と言うので「自分が会いたいから来た」というと彼女は喜んで、小さな動物園に連れて行き, すると白い羽が落ちてきてあっという間に一面白い羽で真っ白になる。彼女の心象がこのような映像で映し出されます。彼女は有頂天という感じです。彼の自転車の後ろに乗って白い羽を撒きながら彼女の家に帰る。, 目が覚め、聡は白岩の指輪を気にして本当のことを教えてほしいと言うが、彼から自分のことを言えと言われ「代島とは一度寝た」と答える。彼が言い渋るので「明日になったら私を無視するんでしょう」と感情を高ぶらせる。彼は「子供が生まれ、仕事で遅くなり、帰ってきたら妻が子供の顔に枕で抑えていた」と話すと彼女は「ひどいね」と言い「お前になにが分かる」と切れる。, 彼は、自覚のないエゴが残っておりそれを見透かされたことで、激しく自己嫌悪感を覚える。このシーンはふたりの感情が激しくぶつかり、彼女の純粋さに触れ、彼の鬱設した精神状態が解きほぐされていく糸口になります。, 「そんなことはどうでもいい」と飲んでいると女の子が「やはりいやだ」と言い出す。白岩は「お前らももうすぐ楽しいことはなくなり、ただ働いて死ぬだけだよ。お前らの人生」と押さえていた気持ちを吐きだす。, 白岩と原は飲み直して朝起きると、なんとそこは原のアパート。おくさんと子供がいて、気のいいおくさんが朝飯を作ってくれる。ちょっとしたことで原の背中に大きな入れ墨があることに気付くが、家族が言いたいことをいいながら楽しげに過ごしている風景をみる。彼の心に家庭の温かさが入ってくる。, ・訓練教官の青山は、ここの訓練校上がりで就職経験はないにもかかわらず世間を知ったらしく訓練生に大口をたたき若いものを見下すところがあり、ときに訓練生との間に緊張が走ることがある。, 皆でラーメンを食べて帰るとアパート前に聡が待っている。聡は「ごめんなさい」と謝り「今日遊びに来てほしい」と言う。「俺は前の奥さんに会うことにした」と伝える。, ・キャバクラで飲んでいると代島がやってきて「あの女と本気で付き合っているんですか。あの女ヤリマンですよ。こんな女に惚れるようならこの商売には向いてない」と言う。, 「俺にはもう失う物がない」と言って赤い衣装で鳥の求愛ダンスをしてる聡と一緒に踊り出し「, 船を下りて「捨てられないから」と指輪を返される。「写真送るね。小春のことを忘れないように」。白岩はここで嗚咽する。, ・白岩は坂を登り遊園地にやってきて聡に会う。聡に妻と別れたことを告げるが「私はずれているから」と受け入れない。「お前をみんなに見せたい。ホームラン打つから, ・訓練校では実習課題の木造家屋の骨組がほぼ出来上がっている。教官の青山が例の事件で森が退学することになったと言い「人生いいことばかりではない、これを乗り越えなければやっていけない」と話すと、, 「俺は普通に働いて、結婚して、子供を作って、そういう人間だと思っていたがぜんぜん違っていた。前の奥さんに会って、, ・ソツトボール大会に、勝間田は孫を、原は家族全員を連れてくる。聡がまだ来ないなかで試合が始まる。白岩は聡のことが気になり試合に集中できない。バッターボックスで聡がやってきたことを認めた白岩がフルスイング、ボールは高く舞う。ヘンスを超えたか・・・, http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/619153/, 劇場版 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(2020)極限状態で知った愛の物語!, 「星を追う子ども」(2011)これまでの作品とは異質ですが、これ以降の作品に繋がる“作品. 奇声を発しながら!? 『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志の小説『黄金の服』に収められている短編作品、およびその映画化作品 。 『文學界』1985年5月号に初掲載。 1981年発表の『撃つ夏』、1983年発表の『黄金の服』を合わせて1冊の短篇集『黄金の服』として1991年に書籍化されている。

------------------------------------------------------------------------------------------ずいぶん前に、しかも2、3日しか滞在してないのに、妙に懐かしい函館です。w・・・の割には、鑑賞からだいぶ時間が経過してのUPでございますが・・・ ポリポリ (・・*)ゞ私が好きな函館の風景は、外人墓地なのですが、路面電車も好きです♪その路面電車がタイミングを見計らったように?良い感じで通り過ぎて行きましたね。毎度のことでナンですが ^^; 佐藤泰志の原作を全く知りませんので三部作のラストが、思いの外 明るく?穏やかに? 優しい方向に・・・ って、本当に吃驚でした!嬉しい誤算 とでも言うのかな?^^; ムフフ (前作が濃厚で?際どかっただけに、余計に?w), 今回は、オダギリジョーの抑制の効いた、さりげない演技の魅力・・・蒼井優の、瑞々しさと奔放さ!?  本作(注1)の冒頭では、カモメが空を飛ぶ映像が少しあって、タイトルが流れます。  『オーバー・フェンス』をテアトル新宿で見ました。 出演:オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島真之介、優香、ほか . by 原作 佐藤泰志 『オーバー・フェンス』(小学館『黄金の服』所収) 監督 山下敦弘 2016-11-28 00:11 nice!

(2016-11-29 00:57), いやぁ〜蒼井優、いい感じで揺れてましたね、すでに名優の懐の深さ^^個人的に、非常に気持ちの良い作品でした。 公式サイト。函館市出身の自殺した佐藤泰志原作の「海炭市叙景」、「そこのみにて光輝く」に続く函館三部作。山下敦弘監督、オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島 ... [続きを読む], 「ジオラマガール・パノラマガール」:いろいろと残念   #ジオラマボーイパノラマガール #瀬田なつき #東京の風景, 「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」:家族と日本   #日本沈没 #日本沈没2020 #湯浅政明, 「キーパー ある兵士の奇跡」:サッカー描写がダメ   #キーパー #キーパーある兵士の奇跡 #辛酸なめ子, 「パピチャ 未来へのランウェイ」:主人公の性格に…引きます   #パピチャ未来へのランウェイ #パピチャ #フェミニズム, 自由学園 明日館からの地味な観光   #自由学園明日館 #フランクロイドライト #中村彝アトリエ記念館 #佐伯祐三アトリエ記念館 #林芙美子記念館, 「バルタザールどこへ行く」:救いのなさに唖然   #バルタザールどこへ行く #ロベールブレッソン, 「82年生まれ、キム・ジヨン」:ジェンダーギャップ社会への啓蒙   #82年生まれキムジヨン #映画キムジヨン #ジェンダーギャップ, CKBのニューアルバム『NOW』   #クレイジーケンバンド #CKB #NOW #愛があるなら年の差なんて, 「そして、バトンは渡された」小説と、独断キャスティング   #そしてバトンは渡された #瀬尾まいこ #森七菜 #綾野剛, ぶどうスイーツの秋   #とろける濃厚生チョコラムレーズン #レーズン #ガトーフェスタハラダ #グーテデレーヌ #パッケージに隠れネコ, ビミョーなドリンク×3   #グアテマラブレンド #天然水贅沢スパークリング白ぶどう赤ぶどう #ラッキーガラナ, 「映像研には手を出すな!」:独特の世界を広い層に向けて   #映像研には手を出すな #乃木坂映画 #英勉 #齋藤飛鳥, 「TENET テネット」:大スクリーンで観よ!   #TENET #テネット #クリストファーノーラン #IMAX #グランドシネマサンシャイン, 「バンクシー展 天才か反逆者か」@横浜アソビル   #バンクシー #バンクシー展 #アソビル #天才か反逆者か.

^^;またラストシーンに 納得! の満足感だったのですけれど・・・ ^^;“Over the fence” は、いろんな意味合いを含んでいるのだな と思った事でした。, オーバーフェンスオダギリジョーさんと蒼井優さんお二人のナチュラルな演技が好きです トップページ

 出演陣にはオダギリジョーや蒼井優以外にも個性的な面々が。舞台となる職業訓練校の仲間には松田翔太や満島真之介など。一番年上の勝間田を演じた鈴木常吉がいい味を出している。

(28) コメント(4) トラックバック(0)

『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志の小説『黄金の服』に収められている短編作品、およびその映画化作品[1]。, 『文學界』1985年5月号に初掲載。1981年発表の『撃つ夏』、1983年発表の『黄金の服』を合わせて1冊の短篇集『黄金の服』として1991年に書籍化されている。, 大工を目指していた健一は育児になやむ妻を実家に預け離婚届を提出したのを機に故郷函館に戻る。職業安定所からの紹介により職業訓練校に通うことになり、訓練校の同級生の代島の紹介で花屋の娘に生まれた22歳の女さとしと出会い、距離を縮めて行くが頻繁に訪ねて来る妹と義弟にさとしのことをどう説明すべきか悩み、別れた妻と子どものことも忘れきれないでいる。健一はそんな悩みの日々などと平行し訓練校の科目対抗ソフトボール大会で4番打者になることを希望したが3番打者を任される。試合では、健一が外野のフェンスの先に見た、自分自身の越えなければならないものの象徴「幻のフェンス」に向かい、力を込めてバットを振り抜くのであった。, 同名タイトルの映画が、2015年クランクイン。2016年9月17日公開[2]。同様に映画化された佐藤の作品『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く「函館3部作」の最終章と位置付けられている[1]。, 山下敦弘監督で佐藤泰志「オーバー・フェンス」映画化!「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く函館3部作最終章, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オーバー・フェンス&oldid=77416713. この記事へのトラックバック一覧です: 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流: » オーバー・フェンス [映画的・絵画的・音楽的]  そして、函館職業訓練校の...... [続きを読む], » 小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」 [エンターテイメント日誌 ] by

Tweet.

近年再評価が進む不遇の作家・佐藤泰志の小説を、大阪芸術大学出身の気鋭監督で映画化する「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く“函館三部作”最終章。人生に挫折し、将来の展望のないままに孤独で無気力な日々を送る主人公が、キャバクラで働くヒロインや職業訓練校の仲間たちと織りなす不器用な交流を通して少しずつ変わっていく姿を描き出す。主演はオダギリジョー、共演に蒼井優、松田翔太。監督は「苦役列車」「...... [続きを読む], » 『オーバー・フェンス』 その瞬間のみ光輝く [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]

(2016-11-28 10:41), チャー さん (^_^)ノチャー さんも、ご覧になったのですね!? (1)『FOUJITA』(2015年)で好演したオダギリジョーの主演作ということで映画館に行ってきました。 つむじかぜ 人と距離を置き人生を諦めかけた彼が、風変わりなホステス・聡と出会い、急速に惹かれていく ... 2016「オーバー・フェンス ... 44. oricon 1,992,376 views. 評価:A 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作による函館三部 [続きを読む], » オーバー・フェンス ★★★★ [パピとママ映画のblog]  離婚して地元に戻ることになった白岩(オダギリジョー)...... [続きを読む], » オーバー・フェンス [象のロケット]

名前は聡(さとし)。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていく。遠い幻のように一瞬で過ぎ去ろうとする函館の夏、フェンスの先に彼らが見つけるのは愛か、希望か――。 インパクトの強い、今も惹かれる昔の男に結婚してから再会し、不倫してしまう。仕事も何もかもその男が段取りしてしまうパワー系の男が不倫相手。家では同居、姑、舅、自分の子供とペラペラな夫。夫は頼りないというか童貞で主人公と結婚した何も知らない坊ちゃんだったのだ。 【タイトル】 「オーバー・フェンス」(2016年)日本 【ジャンル】 人間ドラマ (原作IN) 【あらすじ】 妻子と別れ東京から故郷である函館に帰って来た白岩は職業訓練学校に通いながら無気力な毎日を過 … (2016-11-30 00:26), つむじかぜ さん (^_^)ノ蒼井優の背骨に、シャーリーズ・セロンの凄味と同じようなものを感じたりなんかして・・・ ^^;本当に魅惑の演技に感服です~ ^^; 本当に良い作品でしたね♪ 映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と [続きを読む] 受信: 2016年10月19日 (水) 23時44分 « 感動ポルノとして消費される障害者と「聲の形」 | トップページ | 日本とアイルランドの【結び】〜映画「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」 » 東京の建設会社に勤めていた白岩義男は、離婚して故郷・函館へ帰ってきた。 誘われても実家には顔を出さず、職業訓練校で建築技術を学びながら失業保険で暮らしている。 ある日、風変わりな若い女・聡(さとし)と出会う。 彼女は、訓練校仲間の代島と出かけたキャバクラのホステスだった…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む], » 『オーバーフェンス』 鈍色の空の下 [Days of Books, Films] 妻子と別れて函�