©Copyright2020 福井しらべ.All Rights Reserved. また、カブトムシの捕りすぎにも注意が必要です。, カブトムシも乱獲すると、個体数が減り年々、捕れなくなってしまいますので、捕りすぎにも注意が必要です。, しかし、近年は現象傾向にあるのかもしれません。以前は、もっとたくさん見かけた気がします。 ネットなどで場所を書くと、乱獲されたり、荒されたりしてしまうこともあり、取れる場所は教えないことが多いです。, クヌギの木は、秋には丸いドングリをつけるので、秋に見つけておくと分かりやすいです。, クヌギの木があれば、トラップを仕掛けたりなどいろいろな方法がありますので、まずはクヌギの木を探すのが良いです。, バナナトラップ ・バナナを皮ごと2cm位の大きさに切ります。 カブトムシは、クヌギやコナラなど樹液が出る木がある場所でないといないです。, 明るいうちに樹液の出ている木をチェックしておくと、暗い夜でも迷わず行けると思います。 カブトムシの捕まえ方にはいくつかコツあり! カブトムシを野外で昆虫採集して捕まえてみたいという方に向けて、取り方テクニックをお伝えします。採集に適した時期や活動時間帯・場所などの採り方コツを押さえて、昆虫の王・カブトムシを必ず捕まえよう! カブトムシ採集できる都内の公園をリストアップ。Google地図と詳細な案内のまとめ。都立公園は昆虫採集を禁止されていませんが、地域全体や公園個別に禁止されている場所もありますので事前に確認し … 山登りの途中でクヌギ林があったので、のぞいてみたら、クワガタのメスがいました。, カブトムシは、ホームセンターなどで売っていることがあります。 <福井しらべ> 7月20日、家の畑のネットにオスのカブトムシが絡まっていた。 そろそろカブトムシの季節ですね。 今回は、「カブトムシ」に関して書いていきます。 カブトムシのとれる時期 カブトムシは6月~7月下旬にかけて羽化し、徐々に姿を見せ始めます。 カブトムシを取るなら、明け方や夜に行くのがいいです。, ノコギリクワガタです。 「東京にもカブトムシって採れる場所があるの?」と思う方も多いかもしれませんが、実は東京都内であってもカブトムシは生息しています!今回は東京でカブトムシが採れる場所、人気のスポットをご紹介します! 井の頭恩賜公園には、夏になるとカブトムシがたくさん採れることから、多くの子連れファミリーで賑わいを見せます。, 等々力渓谷は、多摩川に向かい流れる川沿いにケヤキやコナラの木が生い茂っていてカブトムシがたくさんいます。, 光が丘公園は、ドングリの木であるクヌギやコナラ、ミズナラの木が生い茂っているため、カブトムシが集まってきます。, 夏になるとカブトムシがクワガタの姿が見られるため、カブトムシ採集の人気スポットとして知られています。, 敷地内に生い茂るクヌギやコナラの木には、毎年たくさんのカブトムシやクワガタの姿を見つけることができます。, 電車の場合:JR中央線「吉祥寺」を下車、徒歩5分・京王井の頭線「井の頭公園」を下車、徒歩1分, 西武新宿線「上井草駅」より長久保行きバス「三宝寺池」下車、石神井公園行きバス「石神井公園」下車, 三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車, JR中央線「武蔵小金井駅」北口バス乗り場2・3番から西武バスに乗り「小金井公園西口バス停」下車, JR中央線「武蔵小金井駅」北口バス乗り場4番から関東バス三鷹駅行に乗り「江戸東京たてもの園前バス停」「小金井公園前バス停」「スポーツセンター入口バス停」下車, JR中央線「東小金井駅」北口バス乗場から CoCoバスに乗り「関野橋バス停」「たてもの園入口バス停」下車. 暑い季節がやってきましたね!水遊びもよいですが、夏しか体験できないカブトムシ採集はいかがですか?実際に自然のなかで活動するカブトムシを目の当たりにすると、... 全国にたくさんある観覧車。特に東京や東京近郊には、遊園地だけでなくショッピングモール、動物園などさまざまな場所に観覧車が設置されています。親子で一緒に乗り... お子さまに「将来の夢を持って欲しい」と願うパパママは多くいます。このことからキッザニアやカンドゥーなど、職業体験系の施設は連日大賑わい。この定番の2施設以... 赤や黄色に色づく紅葉と滝の共演は、見ていて心が洗われるもの。紅葉だけだと退屈してしまう子どもたちも、水しぶきを上げて流れる滝にはテンションが上がります。そ... 実りの秋には、家族のイベントとしてりんご狩りはいかがでしょうか。りんごの産地は青森をはじめ、東北地方のイメージがありますが、関東にもりんご狩りを楽しめるス... 知育と子どもの教育が3分でわかる|Chiik(チーク)マガジン | 英語教育、プログラミング教育、知育おもちゃなど気になる教育・知育情報を紹介します。通信教材やオンラインスクールといったおすすめの教育機関・教材情報も盛り沢山。, Copyright © 知育と子どもの教育が3分でわかる|Chiik(チーク)マガジン. スズメバチなども集まるので注意して下さい。   どーも。ダンク工場長です。本日は5時起きで日野市まで行ってきました。疲れたけど楽しかったです!新宿線〜多摩湖線を経て、多摩川を超えてると日野市の風景が見えてきた。 ここは、相方の第二のホームグラウンドであり、ポイントもしぼりやすい。 カブトムシが見つかるといいですね。. いかがでしたか?  

・丈夫な袋に入れて発酵させます。  (昔は、ラジオ体操の前によくとりに行っていました), 昼間や明るくなると、森の木や土の中に潜んでいます。   樹液採集とは文字通り木々の樹液に群がるクワガタやカブトムシを採集する方法です。歩きながら木の幹を確認し見つけたら捕まえる、最もシンプルな採集方法です。   「東京にもカブトムシって採れる場所があるの?」と思う方も多いかもしれませんが、実は東京都内であってもカブトムシは生息しています!, 子供は夏になるとカブトムシ採りに出掛けたくなるという子も多く、そんな時「どこにカブトムシ採りに出掛ければよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか?, 都会だからカブトムシなんていない…などと決めつけてしまうのではなく、カブトムシが大好きなクヌギやコナラの木が生い茂るスポットであればカブトムシの生息のか可能性が高くなります!, ここ数年前、都立公園における管理方法が変更となり、落ち葉や枯れ葉などをきれいに撤去しすぎず、カブトムシ生息の地にしようということを考えるようになりました。, これによって、カブトムシやクワガタが多く生息し、カブトムシ採りに出掛けた際も簡単に見つけることができるようになったのです。, 東京の人気のスポットでは、思った以上に簡単にカブトムシを見つけることが出来るので、ぜひ参考にカブトムシ採集に出掛けてみて下さい♪, そういえば、いつぞやかに見た夢の中で一人、公園に行ってたんですけど、それが井の頭恩賜公園だということが判明致しました。以前に行った記憶とかないのに、私ってばすごい!← pic.twitter.com/UGwUj08mSQ, 井の頭恩賜公園はとても歴史ある公園で、公園内には小さな動物園もあるため、子供だけではなく大人も楽しむことができます。, また、井の頭恩賜公園には、夏になるとカブトムシがたくさん採れることから、多くの子連れファミリーで賑わいを見せます。, 実際、都立公園においては昆虫採集に関して規制はありませんが、モラルを持ってみんなが楽しめるよう、乱獲することは避けてカブトムシ採りを楽しみましょう。, 駐車場は有料駐車場を利用しましょう。その際。右折入庫はできないため注意してください。, 腹ごしらえが済んだら散策開始。小作緑地公園→グリーントリム公園→根がらみ坂公園→羽加美緑地公園、と移動したようである。 pic.twitter.com/opuPi17jke, 羽曳野市にある小さな公園ですが、ここにはアスレチック遊具などが揃っているだけではなく、高木の陰で涼むこともできます。, そんなグリーントリム公園は、夏になるとたくさんのカブトムシの姿を見ることができます。, https://twitter.com/okuno_ryo/status/1129245298088456192, 等々力渓谷は東京23区内にあるとは思えないくらい、大自然を感じることができる公園です。, 世田谷区に立地し、渋谷からも電車で約20分というアクセスのよい場所にあるため、これほど大都会の中で渓谷を楽しめるのは他にはありません。, そんな等々力渓谷は、多摩川に向かい流れる川沿いにケヤキやコナラの木が生い茂っていてカブトムシがたくさんいます。, 実際は夜行性ですが、昼間でも陽の当らない葉陰にひっそり隠れていることもあるので、ぜひ探してみると楽しいですよ。, 都立東村山中央公園です。白い雨に濡れる木立が美しいですね。今日は長靴必須です。右手奥に西武多摩湖線の青い車体が見えました。 pic.twitter.com/Ur8aAPUl4a, — 浅見みどり 子育て・くらし応援パートナー (@HoneySpecialP) June 11, 2018, 駅近でアクセスが良く、広大な敷地にはカブトムシが好むクヌギやコナラ、ヤナギの木が多く植生しているため、カブトムシ採集のスポットとしても人気です。, 樹液がたっぷりにじみ出ている木を見つけたら、そこにカブトムシがいる可能性が高いですよ!, 石神井公園の殿塚、姫塚テスト後、ブログの石神井城の記事に追加挿入します(多分) pic.twitter.com/hupptmrn78, — absol 359(ポケモン、道路、暗渠、バス) (@absol_359) May 21, 2019, 特に夏になると、くぬぎ広場にあるクヌギの木に多くのカブトムシの姿を見ることができます。, 5月19日午後、京王線調布駅より京王バスにて深大寺バス停へ。まずはバス通りを挟んで深大寺と対面する神代植物公園の水生植物園へ。この時期水生植物の開花かほとんど見当たらぬ状況だったが、その中で早咲きの花菖蒲やカキツバタが水田に鮮やかな花を咲かせ彩る。 pic.twitter.com/AXTuJbQ83e, ここでは夏になると、子供が大好きなカブトムシ採集ができるスポットとしても知られています。, もちろん、バラや菖蒲、桜など、日本の四季折々の花も楽しめる植物公園なので、大人も子供も楽しめますよ。, 今日も光が丘公園は気持ちよかった〜☺️#光が丘公園 pic.twitter.com/vYVZRPoJYS, 広大な敷地に、野球場や陸上競技場、キャンプ場など、様々な施設を保有し、夏休みや週末などは家族で1日楽しめる公園として知られています。, そんな光が丘公園は、ドングリの木であるクヌギやコナラ、ミズナラの木が生い茂っているため、カブトムシが集まってきます。, 東武東上線「成増」(南口)から西武バスにて光が丘駅・練馬高野台駅・南田中車庫ゆき「光が丘公園北」下車, https://twitter.com/243_athha/status/1119399877832843265, 東京都中野区にある江古田の森公園には、保存樹林や里山樹林など、たくさんの木々が植生されています。, そのため、夏になるとカブトムシがクワガタの姿が見られるため、カブトムシ採集の人気スポットとして知られています。, 成城三丁目緑地に来ています。崖線からの湧き水が見られます。(68期部員) pic.twitter.com/D1eP13H1ZB, — 東京大学地文研究会地理部 (@UT_Chiribu) November 17, 2018, 東京都世田谷区にある成城三丁目緑地には、とても自然豊かな緑地で、宅地開発されずに残ったままのため、たくさんの木々があります。, その木には、夏になると多くのカブトムシやクワガタの姿が高確率で見られるため、子供が虫かごを持ってカブトムシ採集する様子がうかがえます。, 東京という大都会の中でも、自然に生きるカブトムシを見つけることができる公園なので、ぜひカブトムシ採集に行ってみると良いですね, お花見、結構いるね。 (@ 東京都立 砧公園 w/ 4 others) http://t.co/ztacE05mha pic.twitter.com/c3pAr1y6qD, 東京都世田谷区にある都立公園の砧公園(きぬた公園)は、広大な敷地面積を持つ公園としても知られています。, その敷地内に生い茂るクヌギやコナラの木には、毎年たくさんのカブトムシやクワガタの姿を見つけることができます。, 23区内なのにかなり広い都立公園。 (@ 林試の森公園 in 目黒区/品川区, 東京都) https://t.co/PDWI5QEDEj pic.twitter.com/KOnTGZQ0LE, — ばくりんこ☆ 龍ノ左大将 (@bakuringco) August 19, 2015, この公園にはケヤキやクスノキ、ポプラの木があるため、夏はカブトムシ採集におすすめの場所です。, 東京都内の高級住宅街の中にある、とても静かで自然を感じられる公園なので、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?, 電車の場合:東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線「武蔵小山」駅から徒歩 10分, 都立井の頭恩賜公園 西園「東京2020ライブサイト in 2018」TOKYO FM『でんぱch.♥』公開収録#dempatfm #古川未鈴 #藤咲彩音 pic.twitter.com/IhSbLElg4z, — ニャゴやん (@nyagonyagoyan) February 11, 2018, 日本の桜名所にも選ばれているほどで、住宅街に残る自然豊かな公園として知られています。, 井の頭公園の西側には御殿山の雑木林があり、そこには夏になるとたくさんのカブトムシやクワガタの姿を見ることができます。, 東京都武蔵野市御殿山1丁目、吉祥寺南町1丁目、三鷹市井の頭3・4・5丁目、下連雀1丁目、牟礼4丁目, 玉川上水緑道ランニング中。新緑がとても気持ちいい!! pic.twitter.com/lM1iyzT8LM, 緑道にはカブトムシが好むクヌギやコナラの高木がたくさん植生されているため、夏はカブトムシの姿がたくさん見られます。, 東京都の都立小金井公園にいます(*'ω'*)いつもこの時期に来る場所。だいぶ紅葉してきたな〜 pic.twitter.com/dlTkdtW3r7, 東京都小金井市と小平市、西東京市、そして武蔵野市の境にある都立小金井公園は広大な敷地面積を持ち、都立公園の中でも最大規模の公園として知られています。, そのため、公園内には体育館や野球場、テニスコート、BBQ場など様々な施設があります。, 自然豊かな環境のため、夏になるとカブトムシやクワガタ採集に訪れる子供もたくさんいますよ。, 東京都立長沼公園高尾山レベルのハイキングを人気のないところで楽しめる僕のオススメハイキングコースである pic.twitter.com/0lhE1olaBr, 東京都八王子市長沼町にある都立公園で、八王子八十八景にも選ばれるほど、自然がたくさん残る公園として知られています。, アップダウンは激しいですが、ここにはカブトムシが好むクヌギの木やコナラの木があるため、カブトムシ採集におすすめですよ。, ベランダのスリッパの裏に何かいたんだが、カブトムシ? pic.twitter.com/beUG5H6PsQ, そのため、どんぐりのなるクヌギの木やコナラの木、ヤナギの木があるところであれば確実にカブトムシを見つけることができます。, また、カブトムシは月夜に交尾相手を探す習性を持つため、月が出ている日は特にカブトムシを見つけやすく簡単に採れるでしょう!, また、雨あがりの月夜でかつ、蒸し暑い日はよりカブトムシの行動が活発になるのでより見つけやすくなります♪, そのため、その間に最も活発に活動しているため、見つけやすく採りやすくなると言えるでしょう。, 東京は大都会だからカブトムシはいない…などと思っている方もいるかもしれませんが、東京にもまだまだ自然豊かな公園がたくさんあります。, そこに植生されている木にカブトムシが生息している可能性が高く、カブトムシ採りにも最適です。, ここでご紹介したカブトムシスポットの中で気になったところをチェックし、ぜひ、夏休みの昆虫採集に活用してみてくださいね。.