1977年生まれ。神奈川県横浜市出身。2001年早稲田大学商学部卒業後、自動車ディーラー営業、国産新車誌編集部、自動車整備業界誌編集長などを経て独立。17年よりフリーランスとして自動車専門誌・業界誌の双方で... 「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ, 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。.

メルセデスAMGが日本人のお金持ちに愛される理由とは, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 9月に発売されて以降、売り上げ好調な新型カローラとカローラツーリング。実はこの2台にはマニュアルミッションのグレードが用意されているのをご存じだろうか。, トヨタは、カローラのほかにも、コンパクトSUV「C-HR」にもマニュアル車を用意している。これらのクルマにマニュアル車を用意しても、売り上げに貢献できるとは到底思えないのだが、この動きはトヨタだけではなく、国産メーカー全体でみられる。, なぜメーカーは、売れないマニュアル車をラインアップしているのだろうか。元自動車メーカーの開発エンジニアであった筆者が考察する。, 【画像ギャラリー】スポーツカーじゃないけれど、MT車を設定しているモデルをピックアップ, 近年、日本で新車販売される乗用車の90%以上がオートマチック車だ。至る所で渋滞が発生し、のろのろ運転がしょっちゅうある日本において、好き好んでマニュアル車を新車で買おうとは、なかなか考えにくいのだが、実は世界を見わたすと、オートマチック車の比率が高いのは、日本とアメリカ、オーストラリア、東南アジアなどの一部であり、欧州では、いまだマニュアル車の販売台数のほうが圧倒的に多いのだ。, ヨーロッパのドライバーは、「クルマをコントロール」することを運転の楽しみのひとつにしているという。昨今は、AMTやCVT、DSGといった、マニュアルミッションのフィーリングを残したAT車が登場してきてはいるが、渋滞のほとんどない道を、ある程度スピードを出して移動できる、という欧州の道路事情もあり、さらには、長年植え付けられた「クルマが安くて、燃費もいいMT車のほうが経済的だ」という意識が、いまだMT比率を維持している要因だという。, ちなみに、ベンツやBMW、アウディといった高級車ではAT車がほとんどであり、車格が下がる(価格が安くなる)程にMT比率が90%近くまで上がってくる。そして、ひとたびオートマティック車に乗ると、そのあまりの快適さにMT車には二度と戻れなくなるドライバーが多いそうだ。, 各自動車メーカーが、「我こそ先に!」と自動運転技術を開発しているこのご時世において、その最先端を進んでいるトヨタが、MT車が売れない国内市場にわざわざ設定している理由とは何だろうか。, 1つ目は、「イメージ」のためだ。マーチやフェアレディZなどの「NISMO」ブランドのクルマ、ヴィッツや86の「GRMN」、ホンダシビックタイプRなど、また、マツダのMT車も、この「イメージ」のためにMT車を設定していると考えられる。, 「速さ」を求めればクラッチを踏まない自動変速に行き着くのは、F1やスーパーGTといったレースで明らかではあるのだが、「スポーツカーはマニュアルで乗るべし」という意見はいまだ根強い。自動車メーカーが、我々メディア含むスポーツカーファンへ向けて、その「スポーツカーはマニュアルで乗るべし」という思いに同調していることを表わすメッセージだろう。, もちろん海外市場に向けて販売をしているMT車のため、国内導入するのはさほど難しいことではないのではあるが、「ブランドイメージ」を上げるため、売れなくてもやせ我慢している面が、多少なりともあると考えられる。, 2つ目は、「少ない需要を独占する」ことだ。冒頭で挙げたカローラをはじめ、シビック、アルト、ワゴンR、また、ハイゼットやキャリイといった軽トラなどにMT車が設定されている理由がこれだ。, 高齢のドライバーの方に多いのだが、長年、MT車に乗ってきた人のなかには、なかなかAT車に乗り変えることができない人がいる。実は、筆者の母親も、少し前までMT車しか運転したことがなかった。, ちなみに母は、クルマ好きとかではなく、母のクルマはずっと軽自動車。ただ、「ATは勝手に前に進むので怖かった」らしい。AT車に乗り換えてからは、MT車など見向きもしなくなったが、このように、ATへ乗り換えることができない世代が実は一定数いる。, スポーツモデルではない、いわゆる「普通のクルマ」にMT仕様を残しているのは、こうした方々へ届けるクルマとして用意した、という意味合いもあるだろう。, 3つ目は、「メーカー自身が、MT車が必要だった」という理由だ。ワンメイクレースや競技車のベース車両となる車種、例えばトヨタ 86/スバル BRZやマツダ ロードスター、スズキ スイフトスポーツ、スバル WRX STIなどがそうで、メーカーが、レースに参戦するため、ATよりも作りが比較的簡単で、耐久性も高く、レースのシーンに合わせて自由にミッションレシオを組み替えられるMTを用意する必要があったのだ。, また、4つ目として、「メーカーがMT車を作りたかった」という理由もある。ホンダ S660、ダイハツ コペン、スズキ ハスラー、ジムニーなどがそうで、そうでなければ、これほどにマニアックな車種のMTなんて用意されないであろう。だが実は、我々自動車ファンを最も喜ばせてくれるクルマは、こうした「メーカーが作りたかったMT車」だったりするのだが。, このように、メーカーがあえてMT車を残す理由はいくつか考えられる。AT車のほうが便利であるのは明白だし、筆者も普段使いにはAT車一択だが、「運転を楽しむ」ことを目的とするならば、逆にMT車であることが前提条件だったりする。, なぜ明確な金額を出さない!? 中古車情報で「ASK」が使われる思ったより切実な理由, 日本市場が痩せていく… 車種削減は必然か愚行か!?? オートマチック比率から、なぜmt設定のあるクルマを作るのかなどを解説していく。

Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, オーリスの後継モデルとして2018年6月に発売されたトヨタの新たなCセグメント5ドアハッチバック、カローラスポーツ。同車には発売2ヵ月後、シフトチェンジ時の回転合わせを自動で行う「iMT」を採り入れた新開発の6速MTを搭載したモデルが、1.2Lガソリンターボ車に追加されている。その最上級グレード「G“Z”」に、一般道および高速道路で試乗した。 Please send this car to Canada immediately!

・30プリウスから、何に買い換えようか迷ってる人にはカローラツーリングが一番いい選択肢だな, ・プリウスの購入を考えてましたが、デザイン、安全性能、コスパを考えてツーリングを買う事に決めました。, ・こんばんは!今日急遽ツーリング(ハイブリッド・FFモデル)に試乗できることになり行って来ました。スポーツ所有してますが悔しいかなツーリングの方がまろやかでとてもいい感じがしました。画面はデカすぎですが・・・w, ・Hello and thank you for posting this video. ともに新型 プジョー208 vs ルノー・ルーテシア 今度のフレンチBセグ・ハッチバックはどち... 走行距離は12kmを想定。BMWが電動スクーター「Definition CE 04(コンセプトモデル)」を発表, 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. トヨタ・カローラスポーツ6速MT 試乗|シフトフィールはいつものトヨタ流。だがこのギヤ比とエンジンの味付けは一体!?

トヨタ『カローラ』新型のガソリンエンジンは、1.2リットルの直列4気筒DOHC直噴ターボと、『カローラフィールダー』から譲り受けた1.8リットルの2ZR-FAE型直列4気筒DOHCを設定する。, 直噴ターボエンジンには6速MTだけの設定だから主役は1.8リットルエンジンだ。最高出力は103kW(140ps)/6200rpm、最大トルクは170N・m(17.3kg-m)/3900rpmを発生し、トランスミッションは無段変速機のCVTを組み合わせた。, 先代のセダンは1.5リットルだったから、市街地でも高速道路でも「プラス300cc」のトルクの余裕を感じ取ることができる。このエンジンは瞬発力が鋭く、スタートダッシュも力強い。しかも連続可変バルブリフト機構のバルブマチックだから、中速域でもパンチのある加速を披露した。追い越しでもキレのよさを感じる。スムーズさと伸びのよさ、軽やかさも特筆できる美点にあげてよいだろう。ノーマルモードでも十分な実力派だが、スボーツモードを選べば、さらに活発な走りが可能だ。, ただし、不満もいくつかある。最新モデルなのにアイドリングストップが装備されていないのは納得できないところだ。この割り切りの設計姿勢は、世界のカローラなのに情けないと思う。静粛性の高いハイブリッド車に乗った後だったから、信号待ちなどでストレスが溜まった。また、コンパクトクラスのファミリーカーだが、パワーシートやパドルシフトが装備されれば、さらに魅力を増すはずだ。, ハンドリングも素直だった。新世代プラットフォームのTNGAとなり、ストラットとダブルウイッシュボーンのぜいたくなサスペンションをおごっている。ブレーキも前輪にベンチレーテッドディスクを配した4輪ディスクだ。ステアリングを握ると、狙った通りに操ることができる素直でスッキリとしたハンドリングが好ましい。16インチの55タイヤでも優れた接地フィールを見せている。コーナーでは自然なロール感に加え、コントロールのしやすさが際立っていた。タイヤを上手に履きこなし、リアの接地フィールもいいから軽やかにクルマが向きを変える。とくにセダンはリニアで、直りもいいなど、好印象だ。, 新型カローラは、低速よりも高速走行やコーナリングで印象がいい。荒れた路面を駆け抜けても姿勢の乱れは少ないし、収束も早かった。また、乗り心地がいいことも驚きのひとつだ。ストローク感のあるしなやかな乗り味を売りにし、ダイレクトにショックが伝わってこない。とくに16インチタイヤはハンドリングと乗り心地の妥協点が高く、タイヤからの不快なノイズや振動も気にならなかった。最小回転半径は17インチタイヤを履くハイブリッド車と同じ5.3mだが、取り回しはラクだ。, キャビンは、インパネ周りを中心として質感が大きくアップしている。また、フロアが下がったから、セダンでも着座位置は先代より低くなった。そのためスポーティな味わいが強い。後席も不満のない広さを確保し、座り心地もいい。だが、サイドシルは高さがある。セダンはルーフも傾斜しているので乗り降りのときに頭の位置を気にした。セダンもツーリングも、トランクとラゲッジルームは不満のない広さだ。かさばる荷物も積みやすかった。, ■5つ星評価パッケージング:★★★★インテリア/居住性:★★★★パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★オススメ度:★★★★, 筆者片岡英明│モータージャーナリスト自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員, 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す, 移動型バリアフリートイレ、トヨタ×LIXIL 共同開発…車いすでのイベント参加を支援, 軽自動車から大型4WDまで“似合う”アルミホイール『ガルシアシスコ ブラックムーンエディション』登場.

ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで!  同時に、シフトアップ・ダウン時ともエンジン回転を自動で合わせる「iMT」を採用。ドライブモードセレクトで「SPORT」を選択すると、このiMTが自動的に起動する。なお、クラッチ操作に応じて発進時にエンジン出力を高める発進アシスト機能は、全ドライブモードで作動するようになっている。, 8NR-FTS型1.2L直4直噴ターボエンジン オーリスの後継モデルとして2018年6月に発売されたトヨタの新たなcセグメント5ドアハッチバック、カローラスポーツ。同車には発売2ヵ月後、シフトチェンジ時の回転合わせを自動で行う「imt」を採り入れた新開発の6速mtを搭載したモデルが、1.2lガソリンターボ車に追加されている。  水冷シリンダーヘッド一体型エキゾーストマニホールドとシングルスクロールターボチャージャーの採用に加え、連続可変バルブタイミング機構「VVT-iW」でアトキンソンサイクル化することで、最大熱効率36%を達成している。スペックはCVT車用と変わらず、6速MTと組み合わされるのはこれが国内初となる。. ・30プリウスから、何に買い換えようか迷ってる人にはカローラツーリングが一番いい選択肢だな ・プリウスの購入を考えてましたが、デザイン、安全性能、コスパを考えてツーリングを買う事に決めました。 ・プリウスの立ち位置が分からなくなったという mt車に乗り慣れている方でしたら、新技術の多さに驚くかもしれませんが、これは本当に是非、たくさんの方にご体感いただきたいなと思いました。 当社では現在、2台の「カローラスポーツmt試乗車」をご用意しております。

【新型カローラにも設定】メーカーが売れないのにmtを用意する理由 2019年9月に発売された新型カローラにmtことマニュアルミッション設定のグレードが用意されていることをご存じだろうか? トヨタと日産 販売戦略の功罪, 機能よりモノっぽさで勝負!?

【トヨタ カローラ 新型試乗】余裕と瞬発力の1.8ガソリンnaエンジン…片岡英明 2019年11月14日(木)19時30分. PHOTO●遠藤正賢/トヨタ自動車, そのデザインやパッケージング、シャシー性能に関しては、ハイブリッド車の「G“Z”」についてレポートした下記の記事に詳しいが、前衛的かつ機能的でクオリティの高い内外装、そしてほぼ非の打ち所がない乗り心地やハンドリングには改めて圧倒される。, これらの点においては今回試乗したガソリンターボ車もまったく変わらず。もっと言えば、このクラスの永遠のベンチマーク、フォルクスワーゲン・ゴルフと比較しても遜色ないか、項目によってはむしろ上回ってさえいるだろう。, 国産Cセグハッチ比較試乗…総合力のカローラスポーツ、速さのシビックハッチバック、安さのインプレッサスポーツ, 225/40R18 88WのダンロップSPスポーツMAXX050を装着

オートマチック比率から、なぜmt設定のあるクルマを作るのかなどを解説していく。  となると必然的に、新開発6速MTの感触と、それに組み合わされる8NR-FTS型1.2L直4直噴ターボエンジンとの相性に、注目すべきポイントは絞られる。, カローラスポーツに採用された新開発の6速MT 2020年10月15日の正式発表を経て、11月26日より発売される予定の新型レヴォーグ。先日、プロトタイプ試乗会に参加させていただいたが、大幅に進化した走行性能には、心底驚かされた。アイサイトxという、現時点世界最先端の先進安全装備をも備… 【新型カローラにも設定】メーカーが売れないのにmtを用意する理由 2019年9月に発売された新型カローラにmtことマニュアルミッション設定のグレードが用意されていることをご存じだろうか?

?ジムニー顔エブリイのクオリティが高すぎる!【S2Racing】. ・7速CVTとか言うパワーワード ・今どきの車なのに空ぶかしでレブまで当たるの珍しい ・2ZRエンジンはスーパーチャージャー仕様がロータスエリーゼに搭載され燃費に振ったミラーサイクル仕様はプリウスにまで搭載されているバリ... ・営業が乗っていますね ・僕も今日乗ってきました ・ロードノイズか風切り音は大きかったですか? ・ジョイック千歳ですね! ・インプレッサスポーツ MAZDA3 カローラツーリング で迷い中 ・マツダ3とどっちが良い車なのでしょうか? ・... ・やだ・・・ カローラなのにちょっとカッコいい。。 ・いい感じにまとめてきましたね。 ツーリングは売れそう。 プリウスよりもこちらを選ぶ人が多いんじゃないかな。 ・見た目も価格ももはやカローラじゃない ・海外向けと同じサンルーフが欲しい ... ・カローラスポーツが好き! 本当に最近のトヨタ頑張ってる! 少し前のイメージと違う ・待ってました。昔からセダン大好きなんで、スポーツやツーリングよりも自分にとってはドンピシャのチョイスでうれしいです。 ・最近のトヨタ良くなりましたね ・... ・評判に乗せられてセダンHVW×B白を買ってしまいました。邪魔っぽいと思われていたナビは、目線移動が少なく使ってみると意外に重宝。この使いやすさに嵌ると他のナビは遠慮したくなるほどです。更にこれまでのように大量のCDを持ち込む必要がなくな... ・特徴がないのが特徴のクルマ ・リアのなにが悪いのかわからない人‍♂️ ・デザインは好み別れるけど、普段使うにはベストだよな 大きさもさほど大きくないし、ベストなサイズ ・いい車ですよね ・無難なデザインが良い 普段の実用考えると使いや... スズキ 新型 カプチーノ 登場、2020年5月最新情報!RA06A型直列3気筒DOHCインタークーラターボエンジンを搭載!, スズキもびっくり!  トルク容量280Nmの新開発6速MTはケースやハブの薄肉化により、従来型より重量を7kg軽い40kgに軽量化。またリバース用シャフトを追加するなど全長短縮も図っており、同じく24mm短い372mmとした。, 「iMT」制御の効果イメージ  また8NR-FTSは、カローラスポーツの前身にあたる二代目オーリスの後期型(2015年4月~)でデビュー。その後C-HRにも設定されているダウンサイジングターボユニットだ。  なお、今回のテスト車両は、上記記事のハイブリッド車と同じ、225/40R18 88WのダンロップSPスポーツMAXX050を装着。電子制御ダンパー「リニアソレノイドAVS」は選択されていないものの、赤×黒コンビの本革+ウルトラスエード表皮スポーツシートにシートヒーター、電動ランバーサポート、ナビ、RCTAやBSMなどの予防安全装備など、77万213円分のオプションを追加した、総計315万7013円の仕様となっていた。

セダンとツーリングはmt車の割合なんて全体の1割以下だろうからディーラーが試乗車置くか極めて怪しい。 もう少しmt率が高そうなハッチバックのスポーツでもどうだろうか? 書込番号:22941830 スマートフォンサイトからの書き込み. 0 点

グループ全体のデジタル化・デジタルトランスフォーメーション(DX)の戦略企画と全社牽引役. オーリスの後継モデルとして2018年6月に発売されたトヨタの新たなcセグメント5ドアハッチバック、カローラスポーツ。同車には発売2ヵ月後、シフトチェンジ時の回転合わせを自動で行う「imt」を採り入れた新開発の6速mtを搭載したモデルが、1.2lガソリンターボ車に追加されている。 , ・カロゴンも、高級になったなあ。 昔のカロゴンは、バンを乗用車風に仕立てましたって、感じだった。, ・エンジンの馬力が旧規格のps表示、トルクが新規格のニュートン表示は紛らわしい、新旧の表示を併記して欲しいです。, ・「それではまた別のクルマでお会いしましょう」っていうエンディングはクルマ好き的に盛り上がるので気に入りました。^^, ・わし来年フィールダーからこれにリース変わるからうれC プリウスより新鮮感あるしこっちの方がええわ, ・クラウンなんかに載せてる2Lターボを載せちゃおうよ。欧州の速いCセグにはいれるよ。, ・カローラ、カッコよすぎ! 昔のおじさんイメージは全然ないからスゴい!オシャレな車に仕上がってますね, ・某ジャーナリストさんが「ゴルフを超えた!」と書いていましたね。最近良く聞くセリフですが(笑)。ベンチマークと呼ばれて40年近く。それだけゴルフが凄いと言うことなんでしょう。, ・今の時代にマッチしたちょうどいいカローラ。走りの質感はマツダ3やレヴォーグ辺りのほうが上かもしれませんが、価格をみると結構納得のいく性能かもしれません。セダン、ツーリングは結構売れるかもしれません。ただ欧州よりも全長を短くしたということですが、欧州仕様そのままでは高くなってしまうのでしょうか?同じで、リアシートの快適性をもう少しあげて欲しい気もします。, ・コストパフォーマンスで見れば、ガソリンは素晴らしい模様ですが、やはりハイブリッドWxBが本領といった感じのようですね。 となれば価格的にもmazda3とガチンコ勝負に。廉価、上位グレードと両方で勝負出来るのがトヨタの強みかな。, ・コスト面の影響か分かりませんがカロスポのライトをそのまま採用してもらいたかったですね…中途半端にハロゲンは…, ・かっこいい!でもリアドアがもう少し長かったら完璧だった。使い勝手はこっちの方が良いんだろうけど, ・すごいな、、社有車が今後これになっていくのか。。 ベース性能が上がり過ぎて車メーカーも差別化に大変やな, ・トヨタは新しい技術を熟成させるまでは慎重なので今後はプリウスよりもカローラをハイブリッドの軸として プリウスはEVなりPHVに集約するかも知れませんね。 これではプリウスワゴンをリリースする意味がないし。, ・プリウスの立ち位置は、プラグインメインって事だな。 50初期が奇抜なデザインだったのも、PHVに目を向かせるためではなかったのか?と思ってる。, ・リアシートはフラットに倒せますか?車中泊できるほどの広さがリアシートを倒した際に確保できると荷物積みにも遠出にも良さそうですね。, ・ハイブリッド車もガソリンエンジン車も走りはかなり凄そう‼️ ただ、ディスプレイオーディオは慣れれば大丈夫ですかね?これが唯一気になっているところです。, ・フロントマスク(台形グリル)以外、とてもいいね!早くマイナーチェンジでフロントデザイン変えて下さい。, ・さすがトヨタさん、価格設定がうまい! SUBARU WRX S4に乗っていますが、来年新型レヴォーグは価格設定が難しいでしょうね! 全く違うクラスと言われる方が多いと思いますが、かなり喰われると思いますね!. BƒIƒvƒVƒ‡ƒ“‚Ȃǂɂ‚¢‚Ä‹³‚¦‚Ä‚à‚炦‚Ü‚¹‚ñ‚©, DA‚ÌAndroid AutoAApple CarPlay‘Ήž‚ÌŒB, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)