勿論、実際はテントの中です。

だいたいのキャンパーは、テントの底冷えや就寝時の地面の硬さに悩まされたことは、一度はあるのではないでしょうか。 地面の冷たさは、テント内の温度を徐々に奪っていきますし、極端にゴツゴツした地面でなくても、硬い地面で寝ることは、思っているよりつらいです。 まずは、底冷えと就寝時の地面の硬さについての考察をしていきたいと思います。

先日、梅雨の中休みで天気のいい日があった... 今年の夏、めちゃめちゃ暑かったですね~。初めての夏キャンプを友達と予定していたのですが、暑さにビビっていた私。以前、ゴーグデンウイークに朽木へキャンプに行ったのですが、準備撤収で汗びっちょびちょになった思い出が有ります。その時は朝晩、涼し... ロゴスのハイパー氷点下クーラー購入しました。使い倒しはこれからとなりますが、まずは箱出しでの紹介です。. ロゴスは1953年創業以来、「Enjoy Outing!」を合言葉に人と屋外を繋ぎたい思... キャンプで朝までゆったりと眠れるDODのワイドキャンピングベッド。ワイドキャピングベッドは、地面から浮いた状態で眠ることが可能で、夏は風通しが良いため涼しいです。また、冬は地面からの冷気を直接受けることもなく、快適に眠れます。【基本情報】使用時サイズ:約190×77×19cm収納時サイズ:約80×20×4cm重量:約4.4kg, 耐久性の高いコールマンのスチール製コット。軽量で丈夫な高密度のスチールを使っており、ベンチや荷物置き場として使える便利なアイテムです。小物を収納できるサイドポケットや、バー付きのフレームで組み立てやすさも抜群です。【基本情報】使用時サイズ:約190×87×40cm収納時サイズ:約14×18×93cm重量:約9kg. ただし、実際にコット有の野宿と、コット無の野宿では、睡眠の質に雲泥の差があるのは身をもって体験しているので、できれば持っていきたい、というところにとどめておきましょう。

Helinox  コットワン・コンバーチブル キャンプをする上で、重要でこだわって欲しいことはたくさんあると思いますが、特に気にして欲しいのがキャンプの寝床対策。寝床対策をしっかりとしないと快適に熟睡できず、寒い季節なら寒くて寝れないということもあります。大まかに分けると、キャンプの寝床はコット寝か キャンプ好きな方なら結構な割合で所有されていると思います。 睡眠の”質”を大きく左右するコット。 睡眠道具というとなんか大げさですが、つまり寝袋関連のギアです。



キャンプでも自宅と同じ寝心地で快眠したい!誰もが望むことですね。快眠を妨げる暑さ寒さや地面の凸凹の対策に必須のアウトドアベッド。コットとエアマットはどちらが正解なのか?解説を読んで納得してください。おすすめのアイテムも多数紹介します。

月見で一杯+だんご 冬のキャンプで暖かく眠るには、外気よりも、地面から伝わる冷えをどう解消するかがポイントになります。テント内の対策、寝袋・マットのポイントなど、おすすめの解消法や寝具について解説します。 2シーズン使い、不満点が出てきました。

ホーム > 【定番から新作まで】キャンプにおすすめ!人気の快眠コットはコレで決まり!, コットは、テント泊での寒い冷気から体を守ってくれるおすすめギアです。また、どこにでも持ち出し可能なので、昼はテントから持ち出して昼寝、夜は中でベッド代わりに。そんなキャンプ道具のおすすめコットをご紹介!, この足の形状を考えたヘリノックス は流石ですね。DAC社製の3本足は組み立てが楽でキシキシ音がほぼしない。寝返りを打って縁に寝ても倒れない。布に張りがあり適度なしなり形状はデザインも美しい.

このランタンもCB缶でマイ... ハリケーンランタン

ケロシン(灯油)ランタンにいつものように着火儀式を行おうと、燃料圧をかける為... 以前、ビーパルのソロ鉄板を買い損ねて以来の大物です。 キャンプ命題の一つ、「就寝時の底冷え対策と地面の硬さ対策にはマットとコットどちらがいいか?」について考察してみました。, 寝ることは、疲労回復にとって欠かせない行為であり、翌日の快適さに強く影響する要素です。, ここでは、キャンプの就寝時の人気アイテム「マット」と「コット」の特徴を分析し、お薦めキャンプ道具の紹介をさせて頂きます。, だいたいのキャンパーは、テントの底冷えや就寝時の地面の硬さに悩まされたことは、一度はあるのではないでしょうか。, 地面の冷たさは、テント内の温度を徐々に奪っていきますし、極端にゴツゴツした地面でなくても、硬い地面で寝ることは、思っているよりつらいです。, 通常、テントを購入する際にテント全体に敷くインナーマットを一緒に購入すると思います。, キャンプ初心者は、このインナーマットだけでキャンプを快適に過ごせると思うかもしれません。しかし、正直、これだけでは不十分です。, 日中での生活については、インナーマットで特に問題はありませんが、夜間や就寝時については、インナーマットでは底冷えを解消できませんし、就寝時の地面の硬さが気になるでしょう。, 日中、太陽光線で暖められた地表は、夜になると熱を放射し、どんどん冷たくなっていきます。また、空気は、温度が高いと膨張し、重さが軽くなります。そのため、暖かい空気は上部へ、冷たい空気は下部へ移動し、地表の温度は、私たちが体感する気温よりも低くなります。状況によっては5℃近く低くなることもあるでしょう。, 上記により、テントの底から地表の冷気によって体温を徐々に奪ばわれていくことが「底冷え」と言われる現象です。底冷えは、地表と体の熱伝導によって発生します。, 底冷えを防止するには、テントの底から私たちの体までの距離を離すこと(素材を厚くすること)、および熱伝導率が低い素材を使うことが必要です。, 寝るという行為は、生きていく中でも必須かつ重要な行為です。少しでも快適な睡眠を取るには寝る環境を少しでも良くしていものです。キャンプでの就寝時には、地面の硬さがとても気になります。, 地面の硬さの対策としは、寝る場所の素材の厚みとクッション性を確保することが必要です。, 「底冷え」と「地面の硬さ」対策としては、テントの底とシュラフの中に厚みがあって熱伝導率が低くて、クッション性が高いマットが必要です。, また、ベッドタイプのコットは、地面との接点がそもそも無いので底冷えも起こらないし、地面の硬さを感じることもないです。, 結局のところ、底冷えと就寝時の地面の硬さへの対応は、マットかコットのどちらを選択するかという事になるでしょう。, マットは、沢山の種類があり、低価格の銀マットから高価なインフレーターマットまで、様々なアイテムが販売されてます。, それぞれ、価格、使用時及び収納時のサイズ、厚み、R値が異なるので、好みのキャンプスタイルに合わせて選択して貰えればいいと思います。, 銀マットは、非常にリーズナブルで買いやすいマットです。耐久性にすぐれていて、穴が開いて使えなくなることもないですし、設営も敷いて畳むだけなのでとても簡単です。, デメリットとしては、収納時のサイズが若干かさ張る事でしょうか。また、クッション性も物足りなく感じます。, 正しい使用法としては、銀色の面を下にして使いますが、寒い時期は、銀色の面を上にして使うこともあります。アルミ加工が体温を反射して熱の放出が少なくて済むようです。, マットにかけられる予算が少ない場合などは、とってもお勧めです。マットのエントリーモデルと言ってもいいのかもしれません。, ウレタンマットは、銀マットと同様の性質を持ちながら、R値とクッション性が比較的高いです。, サーマレストのマットが割とポピュラーで持っている方が多いですが、他メーカーのアイテムも良さそうですね。, 地面との間に空気の膜ができるので底冷えも発生しませんし、地面の硬さも全く気になりません。特に2泊以上のロングステイの場合は、寝心地にもこだわりたいものです。, デメリットとしては、空気を入れたり抜いたりする作業が結構大変です。また、穴が開いてしまったら使い物にならなくなります。, また、柔らかい寝床が体に合わない人は避けておいた方がいいでしょう。僕は柔らかすぎて疲れがとれないタイプです。, ピンキリで様々な種類がありますが、ある程度丈夫な材質のものを買った方がいいかもしれませんね。, それでいて、エアマットと同様に、底冷えや地面の硬さへも問題ないですし、収納もコンパクトです。もちろん、このタイプも穴が開いてしまうと使えません。, 寝心地にはこだわりたい、だけど柔らか過ぎるベッドでは寝られないという人にはおすすめです。, ベッドタイプのコットは、地面との接点がないので底冷えも発生しませんし、地面の硬さも全く気になりません。, エアマットやインフレーターマットのように穴開きのリスクもないです。また、就寝時以外はベンチのような使い方もできます。, デメリットとしては、収納サイズが大きく、組み立てが必要な事です。価格については、マットと比べると結構高いです。, 最近は、軽量で品質の良い、収納サイズを気にしなくても良いコットも数多く販売されてます。, また、性質的にファミリーユースというよりもソロキャンプや少人数でのキャンプ向けのアイテムなので、キャンプスタイルによっては、合わないこともあるでしょう。, マットとコットは、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらが良いという事は一概に言えません。, ただし、「底冷え」と「地面の硬さ」の対策を全くしないと眠れない夜を過ごす事になりかねません。, 選択肢は沢山ありますが、何かしらの準備はしておく必要あるのは、間違いないでしょう。. これでどこでも地面の影響を受けず簡易的なベッドを確保することができるというわけです。 いってみれば携帯式のベッドです。見た目はサッカーの試合中に起き上がれなくなった選手を運ぶタンカーみたいな感じでしょうか。, 価格が気になりますが、ヘリノックスの質の良さと、コットの実用性を鑑みて、必要出費とします・・・, では、実際の組み立てを見ていきましょう。 荷物を最小限にしたバックパッカーやサイクルツーリストには不要かもしれません。, まずは脚を組み立てます。ショックコードで繋がってるので、パイプ同士をつないでいくだけです。, シャフトもおなじく、テントのポールのようにショックコードで繋がってますので、それぞれ嵌めていって、2本のシャフトにします。, 脚は、片側にジョイント機構があるので、まずジョイント機構が無いほうをシャフトに嵌めて、, もう片方のジョイント機構があるほうも、シャフトに嵌めます。