ちなみにFC伯爵では二年ぶりくらいに「超絶」を引き当てまして、歓喜に沸いております また別記事でご紹介します, ※ちなみに2019-20 season1のミランについては下記の情報をご覧ください, ミランクラシック選手も登場しました!クラシック選手が有しているユニークスキルもご紹介します, こちらにはロッキングスキルをもっていないが紹介したい選手を独断と偏見で選出し、ご紹介します, !?!?!?!?れ!?れ!た!?れ!!つ?れ?事故ってね????ふぉおおおおおおお pic.twitter.com/QLUzuuIWRu, 2019-20 season2 GCSミラン選手のロッキングスキル情報をまとめました, また、できる限り正確な情報を載せるように努めておりますが、一部不明瞭な情報も推測で載せております 間違いを発見しましたら管理人まで知らせてくださると大変有難いです, ステダウン無効、ステもりもりでかつノーユニスキ扱いのため、コンダクト系に採用できます, コスト60のクラシック/コスト50のイブラさんを当てる方は果たして出てくるのでしょうか・・・。. [ システム ] 10. コスト42 テオ エルナンデス選手が持っていることが確認されてい … ハカン チャルハノール. 追加フォーメーション 新ミランフォメ 4-5-1-b2(l) まずはクラシック選手以外のミラン選手が有している新ミランフォメです. 79. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV. 21 歳. 56. 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 ミランのフォーメーション. 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち, 1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。, 将棋・渡辺明名人(棋王・王将)に聞く、将棋の進化の最前線とサッカーの進歩との類似性_後編, 「ウイイレ」最新作『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』 [今月のプレゼント(Issue081)]. The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. ウイイレアプリ2020における「ミラン」のフォーメーションと選手について掲載しています。「ミラン」のチームのスカッドや監督、戦術を確認する際にぜひご覧ください。 あとの2回はミランによるもので、いずれもスコアは4-0だ。 最初の4-0は1988-89で、相手はルーマニアのステアウア・ブカレスト。 エース、ゲオルゲ・ハジを擁する強豪チームの1つだったが、ミランに完膚なきまでに叩きのめされている。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち, 1962年9月27日、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、会社員を経て、学研『ストライカー』の編集部勤務。95~98年にフランスのパリに住み、欧州サッカーを取材。02年にフリーランスとなる。『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』(小社刊)が発売中。, 将棋・渡辺明名人(棋王・王将)に聞く、将棋の進化の最前線とサッカーの進歩との類似性_後編, 「ウイイレ」最新作『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』 [今月のプレゼント(Issue081)]. 過去から現在に至るまで、サッカーの歴史を作り上げてきたレジェンドたち。観る者の想像を凌駕するプレーで記憶に刻まれる名手の凄みを、日々アップデートされる現代戦術の観点からあらためて読み解く。, 第5回は、「サッカーを変えた」と言っても過言ではないゾーンプレスにより一世を風靡したアリーゴ・サッキ時代と、彼の退任後も堅守を武器に数々の栄光を手にした1990年代のミランから。“グランデ・ミラン”を彩ったフランコ・バレージ、パオロ・マルティーニ、ズボニミール・ボバン、ダニエレ・マッサーロの4選手に着目する。, UEFAチャンピオンズリーグ(チャンピオンズカップ時代を含む)のファイナルで4点差がついた試合は4つしかない。最初は1959-60のレアル・マドリー対アイントラハト・フランクフルトでスコアは7-3だった。第1回大会から5連覇した伝説のレアルである。次が1973-74、バイエルンがアトレティコ・マドリーを再試合の末に下した決勝が4-0だった。あとの2回はミランによるもので、いずれもスコアは4-0だ。, 最初の4-0は1988-89で、相手はルーマニアのステアウア・ブカレスト。エース、ゲオルゲ・ハジを擁する強豪チームの1つだったが、ミランに完膚なきまでに叩きのめされている。そして、数々の名勝負を生んだこの大会の中でも特異な一戦だった。, ステアウアは当時の「普通のサッカー」をしていた。ところが、ミランは「普通でないサッカー」だった。名門ステアウアはまったくどうしていいかわらないうちに、点差だけが広がっていったワンサイドゲームである。あそこまで一方的な展開になるファイナルは珍しい。, ミランの「普通でないサッカー」は1987-88にアリーゴ・サッキ監督が就任してから始まっている。従来のイタリアの常識を根底から覆し、ゾーンディフェンスの[4-4-2]とコンパクトな陣形、息もつかせぬプレッシャーと極端なハイライン、奪った瞬間に繰り出される攻撃で、対戦相手を次々にノックアウト。わずか2敗でスクデットを獲得した。, ミランのサッカーは普通ではなかった。現在は、むしろ普通のサッカーになっているが、それはミランがあったからなのだ。当時のミランと対戦した相手は、「あれがサッカーなら、我われがプレーしてきたのは何なのだ?」と嘆息していた。FWからDFまでが30m以内に詰まっていて、その中で強烈なプレッシャーをかけてくる。相手に何もさせず、蹂躙し粉砕した。それまでにもダイナミックなチームはあったが、ミランはその上を行くアグレッシブさであり、度を超えた侵略性さえ感じさせるまったく新しいサッカーを披露していた。1988-89のファイナルは、そのハイライトだった。, 衝撃的なミランの秘密を探ろうと、「ミラノ詣で」が行われている。各国の指導者がミランの練習場ミラネッロに押しかけた。ヨーロッパだけでなく、遠く日本から見に行った人もいた。そのせいもあってミランの戦術は徐々に一般化していくのだが、しばらくミランの優位性は揺るがず、1993-94のファイナルではヨハン・クライフ監督率いるバルセロナを4-0で大破してヨーロッパチャンピオンになっている。ただ、衝撃の大きさから言えばステアウアに対する4-0の方が上だろう。サッカーがもはやそれまでのサッカーではなくなったと思わせる、ある種異様なゲームだった。, というのも、ミランと対戦した南米王者ナシオナル・メデリン(アトレティコ・ナシオナル)もミランと同種のサッカーを行っていたからだ。南米の新興勢力だったコロンビアのクラブがミランと同時期にあの戦術を採用していたのは不思議だが、フランスシコ・マツラナ監督が率い、奇才のGKレネ・イギータを擁するメデリンのスタイルは、サッキ監督に「ミラーゲーム」と言わしめている。ハーフウェイラインを挟んで20mのエリアに22人がひしめき合っていた。, 互いのボールハンティングをかわすために技術の粋が尽くされたが、パスは3本と繋がらない。あまりに速く、めまぐるしく、スリリングだが、それまでのサッカーがサッカーだとしたら、まるで別のスポーツのようだった。, パスは繋がらないだけでなく、繋ぐ必要もなかった。フラットラインが極度に高いため、1発で抜け出すための裏の取り合いだったからだ。メデリンは時おりプレッシングをくぐり抜けて裏へ人とボールを送り込む。しかし、そのたびに猟犬のようにボールを追うDFに遮られた。フランコ・バレージだ。ミランのバンディエラであり、世界最高のCBだった。, 当時28歳。ベテランの領域に入ろうとしていたバレージは、サッキ監督の「プレッシング」に不可欠の選手だったが、その新しい戦術の導入期はサッキに言わせると「劣等生だった」という。マンツーマンディフェンスのリベロだったバレージにとって、完全ゾーンで精密なラインコントロールを要求される新戦術は違和感があったようだ。しかし、サッキ流をマスターすると、バレージはなくてはならない存在になっている。, ラインコントロールの中心だっただけでなく、ラインを破られた時に異能を発揮した。バレージの特殊能力は、ストライカーの得点嗅覚の守備バージョンと言っていい。危険をいち早く察知し、誰よりも早く現場へ急行して未然に防ぐ。その勘の鋭さとアクションの速さは、コンマ数秒の遅れが命取りになるハイリスクの守備戦術にとって重要な保険になっていた。当初はその勘の鋭さが新戦術を呑み込む際の障害になっていたのだが、サッキの戦術が成立したのはバレージのおかげと言っていい。, 1993-94のUCLファイナルを前に、バルセロナのヨハン・クライフ監督はこう話していた。, ドリームチームを率いるクライフは自信満々だった。7年にわたってヨーロッパのトップに立ち続けたミランの戦術は、すでに多くのチームに模倣され「普通」に近づいていた。一方、バルセロナは卓越したパスワークでミランとは違う意味で普通の領域を超えていた。フィールドを広く使い、四角に固めるプレッシングの上から円をかぶせて無力化することに成功していたのだ。バルサにはミランの模倣者たちを分解する力があった。, 下馬評もバルサだった。クライフの自信とは別に、ミランの重鎮バレージの欠場が決まっていたからだ。ルート・フリット、フランク・ライカールトは移籍してしまい、マルコ・ファン・バステンも負傷中、黄金期の看板だったダッチ・トリオもいない。サッキからファビオ・カペッロ監督に引き継がれてから、セリエAの4連覇などサッキ時代より好成績を残していたが、当初の衝撃が薄れたせいかピークは越えたと思われていた。, ところが、結果は予想もしない4-0、ミランの完勝だった。バレージの代わりにCBを務めたのはパオロ・マルディーニ。いつもの左サイドから1つ中央へポジションを移したマルディーニは、バレージ欠場をまったく感じさせなかった。バレージ引退後のセンターポジションで新境地を拓き、長くミランの象徴としてプレーすることになる。, 父親のチェーザレもミランとイタリア代表でプレーし、ユース時代は「チェーザレの息子」と呼ばれたが、10代でトップチームにデビューするとすぐにチェーザレの方が「パオロの父」となっている。長身でスピード抜群、両足を使えて攻撃力も素晴らしく、紳士的な振る舞い、精神力の強さなど、非の打ちどころのない逸材である。, バルサとの決勝では、中盤でパスワークを破壊し続けたマルセル・デサイーの活躍が光った。攻撃ではデヤン・サビチェビッチが「ジェニオ」(天才)と呼ばれた閃きを見せている。ただ、中盤でのハードワークとクリエイティブなプレーを両立させたズボニミール・ボバンも忘れがたい。, この時期のミランは、初期よりも少し「普通」になっていた。他との比較だけでなく、サッキ時代ほど極端なハイラインではなくなっている。カペッロ監督はリスクを軽減し、先進性と引き替えに安定感を手にしていた。そのため異常なほどのコンパクトさもなくなり、必然的にMFがカバーしなければならないエリアは広くなった。サッキ時代のアグレッシブさとは別のハードワークが要求されている。プレス一辺倒ではなく、時には引いてスペースを埋めなど柔軟なプレーが求められた。, しかし、ただハードワークするだけでなく、ここという時には「違い」を作らなければならない。ハードワークだけなら、ミランを模倣したチームと同じになってしまう。チームの一員として、歯車の1つとしての仕事をこなしつつ、余人では代えられない個性を発揮すること。ミランのMFに求められる水準は高く、それに応えたのがディミトリオ・アルベルティーニ、ロベルト・ドナドーニであり、クロアチアから来たボバンだった。もともと天才肌のプレーメーカーだったが、ミランではハードワーカーでもあった。, 1993-94のファイナルのヒーローは、2ゴールのダニエレ・マッサーロだろう。独特の勝負強さを持つ「決勝の男」だ。MFでもプレーしていたが、カペッロ監督によってFWに固定されて開花した。, フリットやファン・バステン、あるいはサビチェビッチのような天才ではないが、パワーとスピードを兼ね備え、運動量と献身性のある計算の立つFWだ。ミランでは長く9シーズンにわたってプレーし、重要な試合で多くの得点を挙げている。何一つ特別ではないが、すべてを持っていた。ドリブル、ヘディング、ボレー、ポストワーク、前線からの守備と何でもできて、華麗なシュートから泥臭いゴールまで、どんな形でも点を取れる。平凡さが非凡というタイプだった。, サッキが始めたミランの革命的なスタイルは、カペッロ時代に「普通」に近づいた。それは現代サッカーの基本型にもなっている。しかし、普通に近づきつつも、ミランはやはり普通ではなく、戦術は平凡化したかもしれないがプレーしている選手たちの非凡さで他の追随を許さなかった。, 類稀な守備能力とキャプテンシーでチームを束ね、今や絶滅危惧種となった「ワン・クラブ・マン」としてクラブに骨を埋めたバレージとパオロ・マルディーニ、中盤で汗をかきながらも持ち前の創造性で攻撃に違いを生んだボバン、卓越した身体能力を武器に攻守のあらゆる局面でチームに貢献してみせたマッサーロ。ミランの黄金期を支えた4選手が、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)に登場!, https://www.footballista.jp/wp-content/uploads/2017/05/e13ac7a9669b806433505d03688d255c.mp4, 商品名 :プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールドジャンル:スポーツ育成シミュレーションゲーム配信機種:iOS / Android価 格 :基本無料(一部アイテム課金あり)メーカー:セガゲームス, さらに詳しい情報を知りたい方は公式HPへアクセス!http://sakatsuku-rtw.sega.com/, ©SEGA  All Rights Reserved By JFA©2018 adidas Japan K.K. クラブユース、高校・大学サッカーからJリーグ、アジア・欧州チャンピオンズリーグ、アジア杯、euro、ワールドカップまで網羅した出場記録データベース。各大会の試合結果やランキングを、選手、チーム、監督、審判などの切り口からまとめています フランク ... ミランのメンバー 背番号 ポジション …

至高のチームをwccfで再現!私のベストイレブン 15周年の節目を迎えたwccf。醍醐味である国やクラブ、時代を超えた自分だけの"ドリームチーム"作りはもちろんのこと、自分が好きな国やクラブの選手を集めて最高のチームを作る" 縛り"も楽しみ方の一つとして定着している。 あとの2回はミランによるもので、いずれもスコアは4-0だ。 最初の4-0は1988-89で、相手はルーマニアのステアウア・ブカレスト。 エース、ゲオルゲ・ハジを擁する強豪チームの1つだったが、ミランに完膚なきまでに叩きのめされている。

178 cm. adidas, the 3-Bars logo and the 3-Stripes mark are trademarks of the adidas Group. 追加フォーメーション 新ミランフォメ 4-5-1-b2(l) まずはクラシック選手以外のミラン選手が有している新ミランフォメです.

サーレマーカース. コスト42 テオ エルナンデス選手が持っていることが確認されています 右 利き.

こんばんは、FC伯爵です前回、GCSユーベが登場しましたが、早くもユーベvol2とミランが登場しました!合わせてワサコレのトップ画像も変わりましたFC伯爵ユーベの面子の顔的にマフィアみたいになっとるw... こんばんは、FC伯爵です突然ですが、問題です!FC伯爵における前回の『超絶』はいつだと思いますか?半年前?三か月前?正解は・・・。2019年4月18日、、、およそ一年前です現在はベンチで眠っています... こんばんは、FC伯爵です2020 NDSイタリアが登場しました2020 NDSオランダ代表でもご紹介しましたが、 2020 最新NDSのユニークスキル所持選手は、全員が銀枠以上×2のスキルを有しているとのこ... こんにちは、FC伯爵です 2020 season2のNDSスペイン代表が登場しました また、同時にスペイン クラシック選手も追加されています! 早速見ていきましょう 2020 season2 NDSスペイン代表 ... こんにちは!FC伯爵です 5月17日に新たなカードとしてブンデスリーガスター(BLS)が登場しました! レアカード一覧から算出すると、252枚のBLSカードが新規追加されたようです! また、新たなユニークスキルも... こんにちは、FC伯爵です ユニークスキル最大のチートといえば、、、そうですよね! デュエルです!※画像はイメージです ということで、今回はデュエルの検証をしていきます ■更新履歴 ※今後も追記をしてい... こんばんは、FC伯爵です 前回、GCSユーベが登場しましたが、早くもユーベvol2とミランが登場しました! 合わせてワサコレのトップ画像も変わりました FC伯爵 ユーベの面子の顔的にマフィアみたいになっとるw ... こんばんは、FC伯爵でPS Club Selection(クラブセレクション)が登場しました 前回のSPSシリーズは「国別代表選手」でしたが今回はチーム単位となります 追加されたチームは下記です ユヴェントスマンチェスタ... こんにちは、FC伯爵です。 さてさて、2018-19「FC バルセロナ Vol.2」,「ナポリ」の2つの名門クラブのGCSが登場しました ということで今回もロッキングスキルについてまとめていきます! その前に今回... 2020 Season2 NDS Multinational 登場!ロッキングスキルまとめ. 180 cm. Photos: Icon Sport via Getty Images, Allsport/Getty Images, Getty Images, 高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 26 歳. 15周年の節目を迎えたWCCF。醍醐味である国やクラブ、時代を超えた自分だけの“ドリームチーム”作りはもちろんのこと、自分が好きな国やクラブの選手を集めて最高のチームを作る“○○縛り”も楽しみ方の一つとして定着している。その長い歴史の間に積み重ねられてきた百花繚乱のカードを使って、一家言あるフットボリスタ執筆陣が選ぶ最高の○○チームを、ここに再現する。, もし世代を超えた最強チームが編成できるなら、現在調子に乗っているメガクラブなど物の数ではないのに――ゾーンプレスでサッカーシーンを塗り替え、その後も豪華戦力で一世を風靡し続けた“グランデ・ミラン”の姿を知るミラニスタなら、一度はそう考えたことがあるのではないか。ならばここはWCCFを通してスターたちを“召喚”し、復興の手がかりをつかむのに苦労している現在のチームに代わって粉砕してもらおう。果たして、国内7連覇中のユベントスを黙らせ、レアル・マドリーをひねり潰し、バルセロナやマンチェスター・シティの華麗なパスサッカーを封じるに足るチームとなり得るのか。, GKには、ブッフォンに破られるまでセリエAの連続無失点記録を保持していたセバスティアーノ・ロッシを……と思ったが、WCCFでの登場はペルージャ時代のみ。そこで、現チームからジャンルイジ・ドンナルンマを招集することにした。, 待て待て、サポーターとたびたび揉め、最近は調子も落としていると言われるヤツを選ぶのか? やはり神尾は何もわかっていない、と言われそうだが、これでいいのだ。実力に議論の余地はない。下部組織上がりで19歳にしてアズーリの正GKに収まるミランのGKはいただろうか? それに、堅守はGKのみならずDFラインも含めた守備のユニットとして築くもの。前方に固い守備陣がいれば、“ジージョ”の経験不足が足枷になることはない。, そのDFラインは、80年代後半から90年代前半にかけて活躍した黄金のメンバーが中心となる。優れた統率力でハイラインを可能にするフランコ・バレージ、CBとしても機能する史上最高の左SBの一人パオロ・マルディーニは当然の選出。右SBはカフーと迷ったが、戦術を知りマンツーマンも堅いマウロ・タソッティのバランスを優先することにした。その輝かしいメンバーに割って入るのは、イタリアサッカー界でも歴代最強のCBと目されるアレッサンドロ・ネスタ。組織としても機能するのみならず、対人にも強い。高く張られた4バックによるラインDFでセリエAと欧州サッカーを席巻したミランは、現在も下部組織は4バックの下で鍛えられることが原則となっている。クラブのカルチャーの大元となった先人たちに、ぜひとも現在のスター選手たちを封じてもらいたいものである。, というわけで、戦術はアリーゴ・サッキ時代のゾーンプレスが主体。プレスを繰り出す関係上、布陣は中盤がフラットに並ぶ[4-4-2]だ。, メディアーノ(セントラルMF)2人はアンドレア・ピルロとフランク・ライカールトで決定。[4-3-2-1]のレジスタとして活躍した印象の強いピルロの隣に、身体能力が高く攻撃センスも兼備する近代型ボランチの走りとなったライカールトを置くことで守備上のウィークポイントを相殺。, タレントの多かった攻撃的MFの一角にはカカを選択。卓越したスピードでボールを運び、チャンスメイクと得点の両方を担うエースの抜擢に異論を唱える者はいないだろう。右サイドには、オランダトリオをどうしてもそろえたかったという理由でルート・フリットを置いた。彼が本領を発揮したのはFWとしてであり、右サイドMFとしてのプレイ経験はあっても機能しなかったのだが、それでも3トップにはしない。なぜなら、ミランだから。ベルルスコーニ元会長が「エリア内にストライカー2人を置く2トップが至高」と言っていたのだからそうなのだ。3トップの方がピッチを占有しやすく、サイド攻撃も組み立てやすいなど様々な利点があるが、そんなことは関係ない。2トップが絶対正義なのだ。どのみち前線はマルコ・ファン・バステンにアンドリー・シェフチェンコと、2人だけで相手DFを粉砕してくれそうなコンビである。, 紹介し切れなかった他のレジェンド選手を組み合わせれば、戦術の幅はさらに広がる。あなただけのグランデ・ミランを築き、現代サッカーに挑戦だ。, そんなWCCFでは本日12月11日(火)から、来春に稼働開始を控える新作『WCCF FOOTISTA 2019』(以下FOOTISTA)のロケーションテストがスタート!, 加えて、今回のロケテストでの成績上位者が出場できる大会『WCCF FOOTISTA 2019 Ambassador Cup』の開催が発表された。出場者および優勝者には『FOOTISTA』で使用できる称号が送られ、さらに優勝者は『FOOTISTA』のオフィシャルアンバサダーとして、ゲームのプロモーション活動などに関わることができる。, クラブ セガ 新宿西口(東京都新宿区西新宿1-12-5)セガ秋葉原3号館(東京都千代田区外神田1-11-11外神田1丁目ビルディング)セガ神楽坂(東京都新宿区神楽坂2-11第2カグラヒルズ1F), ロケテストに関する詳しい情報や『WCCF FOOTISTA 2019 Ambassador Cup』の詳細はFOOTISTA公式サイトでご確認ください!, 商品名 WORLD CLUB Champion Football 2017-2018 Ver.3.0ジャンル スポーツカードゲーム公式サイト http://www.wccf.jp/, ■WCCFで再現!私のベストイレブン・#1 頂点を極めた歴代ラ・ロハ以上!華麗なる”最光”スペイン代表・#2 取られた以上に取ればいい。破壊力なら宇宙一のセレソン・#3 「ポゼッション下手」よさらば。PK戦も心配無用のイングランド・#4 「10番が多いほど美しい」。「個」>「組織」がアルゼンチン・#5 W杯優勝98年組と現代表+α 華麗な“おたわむれ”レ・ブルー・#6 とにかく「1対1で勝つ」。懐かしの“ゲルマン”なドイツ代表・#7 ポゼッション100%も夢じゃない。ドリームチーム+ペップ・バルサ・#8 名門の黄金世代が詰まった“ゴールデン・ユベントス”・#9 妄想爆発!ボスイズムあふれるロマン派アーセナルイレブン・#10 バイエルン史そのもの。殿堂入り名手が集結し、無骨な盟主再び, 高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。