この結果、負債合計は、87,577百万円となり、前連結会計年度末に比べ17,890百万円増加いたしました。, (純資産)  当第2四半期連結会計期間末における流動資産は108,346百万円となり、前連結会計年度末に比べ18,688百万円増加いたしました。これは主に受取手形及び売掛金が2,922百万円減少しましたが、現金及び預金が19,101百万円増加したことによるものであります。固定資産は54,805百万円となり、前連結会計年度末に比べ238百万円減少いたしました。これは主に建物及び構築物(純額)が693百万円増加しましたが、有形固定資産のその他(純額)が1,054百万円減少したことによるものであります。 当第2四半期連結累計期間における事業環境は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言解除後も経済活動に自粛・停滞ムードが漂い続けるものでありました。, このような環境のなか、当社グループにおきましては、店舗営業時間の短縮対応、従業員のマスク着用、アルコール消毒等を関係機関からの指針に従って実施し、お客様・従業員の安全に十分に配慮しながら商品・サービスの提供を行い、「豊かで楽しい日常の暮らしを提供する」ことを目指し、様々な取り組みを続けております。, 営業概況といたしましては、レンタルの巣ごもり需要は6月以降急速に縮小し当第2四半期では前期実績を下回る売上推移となり、物品販売については粗利率の低い新品ゲーム機本体を中心とした新品商材が売上高のみをけん引するという状態でありました。また、セカンドストリートを中心とするリユース系リユース商材についても外出自粛の影響を受け、来店客数・買取持ち込み数の減少等の影響が継続したこともあり、特に主力のリユース衣料の不調が続きました。これらの結果、売上高は158,578百万円と前年同期を上回りましたが、キャッシュレス決済の増加に伴う販売手数料と来店誘引のための広告宣伝費・販売促進費等販売費の増加、店舗出店に伴う人件費増加、新規フォーマット店舗開発関係費用等販売管理費の増加等を賄いきれず、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益のいずれも前期実績を下回る結果となりました。, 新型コロナウイルスの影響の鎮静化にはまだ相当程度の期間を要するものと想定しておりますが、ゲオショップの店舗網の閉店を含めた再構築と並行して、鎮静化後の経済回復を見据えてセカンドストリートを中心とした出店は継続して行ってまいります。リユース市場の深耕を継続し、また実店舗以外でも市場の成長が続きますインターネットを介した販売・サービスの提供について、オンラインサイト・アプリによる情報提供、買取り手法や集客施策等、お客様のニーズに対応する様々な販売・買取の機会を増やすことで、当社グループのサービスをより簡便にご利用頂ける環境整備を進めております。, これらの結果、当第2四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高158,578百万円(前年同期比14.9%増)、営業利益3,623百万円(前年同期比20.9%減)、経常利益は3,897百万円(前年同期比20.6%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,229百万円(前年同期比54.4%減)となりました。, なお、当第2四半期連結累計期間における当社グループの店舗数の状況は以下のとおりとなりました。  この結果、自己資本比率は46.1%(前連結会計年度末は51.6%)となりました。, (キャッシュ・フローの状況)

 当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ18,072百万円増加し、53,739百万円となりました。  当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。, 営業活動によるキャッシュ・フロー

2020/11/09 Switch本体 リングフィットセットの抽選販売について; 2020/11/06 『Nintendo Switch』本体各種、店頭販売の再開について; 2020/11/02 発売日以降のPlayStation5本体 抽選販売について; 2020/11/11 ゲオ那覇新都心店における新型コロナウイルス感染発生と対応について ( )内は、前連結会計年度末との増減数であります。, (資産) メディア系店舗は家庭用ゲームの買取販売、DVDレンタル等を行う店舗(屋号:ゲオ、ゲオモバイル、ゲオスピード)をカウントしています。, リユース系店舗は衣料品や家電製品等の買取販売を行う店舗(屋号:セカンドストリート、スーパーセカンドストリート、セカンドアウトドア、ジャンブルストア等)をカウントしています。, 前連結会計年度はその他にカウントしておりましたOKURA TOKYOとオフプライス・ストア(屋号:Luck・Rack CLEARANCE MARKET)を単独表示に変更しております。.

ALL RIGHTS RESERVED.  当第2四半期連結会計期間末における流動負債は43,561百万円となり、前連結会計年度末に比べ9,328百万円増加いたしました。これは主に短期借入金が6,000百万円、未払法人税等が779百万円、1年内返済予定の長期借入金が612百万円増加したことによるものであります。固定負債は44,015百万円となり、前連結会計年度末に比べ8,562百万円増加いたしました。これは主に長期借入金が8,700百万円増加したことによるものであります。  これは、短期借入金の純増額が6,000百万円、長期借入れによる収入が11,000百万円ありましたが、長期借入金の返済による支出が1,687百万円、配当金の支払額が720百万円ありましたことが主な要因であります。, 連結業績予想につきましては、2020年5月11日に公表いたしました通期業績予想からの変更はありません。, 株式会社ゲオホールディングスの株価情報をご覧いただけます(Yahoo!ファイナンスへ), ゲオグループのニュースレター「GEO GROUP NEWS」のPDFファイルがダウンロードできます.  営業活動の結果、増加した資金は7,291百万円(前年同四半期は3,209百万円の増加)となりました。  投資活動の結果、減少した資金は3,720百万円(前年同四半期は6,658百万円の減少)となりました。  この結果、総資産は、163,152百万円となり、前連結会計年度末に比べ18,449百万円増加いたしました。, (負債) 新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休業および営業時間変更のお知らせ(9/2 更新) 2020.04.08 お知らせ 平素より、当社が運営する店舗をご利用いただきありがとうございます。

 これは、有形固定資産の取得による支出が2,688百万円ありましたことが主な要因であります。, 財務活動によるキャッシュ・フロー 当連結会計年度における国内経済は緩やかな景気回復基調で推移したものの、2019年10月には消費税率引上げが実施され、また当第4四半期には新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出自粛要請が出され、個人消費におきましては依然として先行き不透明な状況が続きました。 このような環境のもと、当社グループにおきましては、「豊かで楽しい日常の暮らしを提供する」を企業理念とし、環境の変化に合わせた取り組みを試行しながら、実店舗での販売網及びシェアの拡大とEC併売等シームレス … お知らせ お知らせ. コロナで閉店する店は爆サイ.com北陸版の野々市市雑談掲示板で今人気の話題です。「ゲオ金沢御経塚店7月31日で閉店(…」などなど、コロナで閉店する店に関して盛り上がっています。利用はもちろん無料なので今すぐチェックをして書き込みをしよう! 1ページ目  当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は75,575百万円となり、前連結会計年度末に比べ558百万円増加いたしました。これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益1,229百万円及び剰余金の配当720百万円によるものであります。 COPYRIGHT © GEO HOLDINGS CORPORATION.  これは、税金等調整前四半期純利益が3,701百万円、減価償却費が2,541百万円、レンタル用資産減価償却費が2,456百万円、売上債権の減少額が2,302百万円ありましたが、たな卸資産の増加額が1,452百万円、レンタル用資産取得による支出が1,745百万円、法人税等の支払額が1,212百万円ありましたことが主な要因であります。, 投資活動によるキャッシュ・フロー 【閉店】ファミリーマート九州大学病院店 2020-11-09 イタリアン・パスタ・ピザ, 九州・沖縄, 福岡, 開店情報, 飲食店 【開店】めんたいBASE マークイズ福岡ももち店

 財務活動の結果、増加した資金は14,521百万円(前年同四半期は1,436百万円の減少)となりました。