コンクリートについた汚れがガソリンかどうかを見極める方法は、水を上から垂らし、水が馴染まずに, コンクリートについた錆はコンクリート内部に埋め込まれた鉄パイプや釘が染みこんだ水と反応し錆が発生し表面に出てきたものや、コンクリート表面に擦れて落ちた鉄分が水分を含み錆たもの、錆が落ちてついたもの、コンクリートに接した鉄などが錆びてうつったものなど、色々な発生方法があります。, 表面についたものは除去可能ですが、鉄製のものが内部に埋め込まれて居る場合は一度除去しても、再発生する確率が高いです。.

コンクリートに生えたカビは密集したハッキリした緑色の隆起したものになります。 苔は湿度と水気があれば胞子が芽を出して繁殖します。

コンクリートに付く苔、どうにかして落としたい!でもどうやって掃除すればいいのかわからない…。そこで苔の簡単な落とし方をご紹介します。高圧洗浄機や家庭用カビ取り剤を使うと下地を傷める恐れがあるので注意しましょう! コンクリートの壁や床、そして庭のテラスに黒カビが発生しているのを見つけたら、どうやってそれを除去するかは頭を悩ます問題です。 発生した黒カビを取り除くためには段階を踏んできれいにすることが重要です。黒カビが生えていると非衛生的ですし、美しいテラスの眺めも台無しです。 © Copyright(C)2017ビルメン大使 All rights reserved. 黒ずみがこびりついてしまいます。そうなると業者にコケやカビの除去を、お願いするしかありません。, このような外壁は、わずかなデコボコであっても、水や汚れがたまりやすいために、カビもコケも繁殖しやすいのです。, コケは光合成を行い成長するものなので、まったく日当たりのない場所では、コケではなく、カビが繁殖します。, 普段からマメに掃除したり、少しでも風通しをよくするなどが対策になり、抜本的な改善策はありません。, とくに「ハイター」を使う場合は、皮膚に触れないようにゴム手袋を用意しておくと、良いでしょう。, 直接手に触れないように気をつけてください。目には見えませんが、手の細胞までも溶かしてしまいます。, プロが行えば、最もキレイに洗浄できる方法ですが、慣れていない人が使うと逆に外壁に傷をつける結果になってしまいます。, ただし値段は高圧洗浄の2倍以上かかり、広さにもよりますが10万円程度を相場とみておきましょう。, 築年数が5年程度であったり、前回の塗り替えからさほど経過してなければ、外壁塗装は不要ときっぱり言いましょう。, わざとコケやカビが目立たない色で塗装すると、手が付けられない状態になるまで目立たないため、放置してしまう危険性があります。. ベランダや駐車場、玄関などコンクリート造りの場所に緑色の汚れが出ていませんか?それは「苔(コケ)」の可能性大です。, 年数を経たコンクリートに苔が生えるのは決して珍しいことではありません。苔自体は有害なわけではありませんが、見た目が悪くなるだけではなく、ジメジメと湿気を含むのでコンクリートの劣化に拍車をかけてしまいますよ。, 今回はコンクリートに生えた苔の家の外壁にできた苔の落とし方についてくわしく説明します。, おうちのコンクリートの表面はコーティングされていることが多く、苔などが簡単には生えません。しかし、年数が経過して劣化してくるとコーティングが剥がれて汚れが定着しやすくなり、苔も生えやすくなります。, 特に日当たりが悪く、風通しのよくない環境では、コンクリートでも苔が生えやすくなりますよ。, コンクリートにできた苔自体に害はありませんが、そのまま放置しているとコンクリートの劣化を早める可能性があります。, 苔はコンクリートのコーティングが弱まった部分に発生しやすく、それを放置していると常に濡れた状態になります。濡れたままだとコンクリートも劣化しやすくなってしまいます。また、苔をエサにカビなども繁殖しやすくなり、汚れがひどくなって掃除するのも大変になりますよ。, コンクリートの劣化を防ぎ、景観を損ねないためにも、苔を見つけたら早めに対処しましょう。, 次からは苔を落とす方法を3つ紹介します。すぐにできるこすり洗いの方法、『カビキラー』などの塩素系漂白剤を使う方法、コケ取り専用の洗剤を使う方法で、順番に説明します。, 苔がまだできて間もなければ、お家にある「お風呂用のやわらかいスポンジ」と「お風呂用の洗剤」で落とせます。, 苔だけを落とすつもりでやさしくこすり洗いする。力を入れすぎるとコンクリートの表面を傷つけてしまうので注意。, 力を入れてこするとコンクリートの表面が傷つき、塗装がさらに剥げてしまいます。こうなるとさらに苔が発生しやすくなるので、力加減には注意してくださいね。, コンクリートの苔は、お風呂掃除で使う『カビキラー』などの塩素系漂白剤で落とす方法もあります。, 塩素系漂白剤はコンクリートとおなじアルカリ性の性質を持っているので傷みが少なくすむうえ、苔を退治するのにも効果的。次の手順で進めましょう。, コンクリートにできた苔が広範囲に渡るときには、苔落とし専用の洗剤を使いましょう。苔取り用に作られた洗剤なので、外壁を傷つけずに苔だけをキレイにしてくれますよ。, 『キエール 苔・カビ』は、苔に吹きつけるだけでキレイにしてくれる洗剤です。苔が湿るくらいにたっぷりと吹きかけると徐々に効果を発揮し、早ければ次の日には苔が消えてなくなっていますよ。, 苔にスプレーして放置するだけで苔を除去してくれます。こすらずキレイになりますよ。再発するのを防止する効果もあるので、苔が生えやすい場所に使うことで掃除の手間も省けます。, コンクリートの苔が広範囲に及んでいるときは、ケルヒャーなどの高圧洗浄機で一気に落とす方法もあります。強力な水圧で頑固な苔でもキレイに落とせます。, しかし、高圧洗浄を使うと苔と一緒にコンクリート表面の塗装まではがす恐れもあります。塗装が剥げることでコンクリートが汚れやすくなってしまうので注意が必要です。, 高圧洗浄機を使って苔を落とすときは、コーティングをし直すなどのケアも含めて検討しましょう。, 住んでから時間が経てば、コンクリートが汚れやすくなります。苔が生えてくるのも仕方のないことです。, 苔が生えてきたということはそれだけコンクリートも劣化してきている可能性が高いといえます。, 生えた苔を落とすのはもちろんのこと、コンクリートの状態をチェックしてみるのも大切です。コンクリートの劣化が進んでいるようであれば専門業者に状態チェックやコーティングの見直しなどを依頼してみるのもいいですよ。これを機に、お家自体のメンテナンスを考えてみてくださいね。. あなたのお家の壁も、写真のようなコケやカビで汚れている状態なのではないでしょうか?, 風通しが悪く、日の当たらない場所にはコケやカビが発生しやすく、キレイにとってあげないと、黒ずみがこびりついてしまいます。そうなると業者にコケやカビの除去を、お願いするしかありません。, マンションと違って戸建ては自分でメンテナンスが必要ですから、カビやコケは自分で”ハイター”や”カビキラー”を使って、キレイに除去しなくてはなりません。家の美観を保つだけでなく、外壁の塗装の寿命を延ばすことにも繋がります。, 本日は、コケやカビの落とし方だけではなく、なぜコケがつくのか?そしてどうすれば今後、コケやカビが付きづらい壁になるのか。コケ・カビ対策を、外壁塗装の親方を30年やっている私が解説いたします。, コケは、なぜ家の壁などに生えるのでしょうか?そもそもコケの胞子は、日常の空気中に浮遊しております。壁などにくっついて繁殖するのですが、どんな壁でもコケが生えるわけではありません。コケの繁殖の条件に「水」があります。水分が付着しやすい壁にコケが繁殖しやすいのです。, と思われるかもしれませんが、実はコケの根は通常の植物とは違い、体を固定するためにあるので、根から水分を補給する必要はなく、その根で壁にくっつきます。そしてコケは壁やコンクリート表面のわずかな水分で成長するのです。, カビですが、カビはコケと違って、菌類です。コケは植物のため光合成をしますので、ある程度の日当たりが必要になりますが、カビは光合成をしませんので、日当たりがまったくないところでも繁殖します。, コケやカビが発生するかしないかは、壁の素材の上に載っている塗料に依存します。シリコン塗料やフッ素塗料が塗られていれば、塗膜に防カビ機能があり、コケやカビが付着しづらいです(それでもカビがつくことはありますが)。, しかし、塗り替えに使った塗料が防カビ機能のないウレタン塗料だったりすると「以前はカビが生えなかったのに、生えるようになった」という事もあります。, いずれにせよ、コケやカビが生えやすい条件が整うことで、繁殖するのです。では、コケやカビがつきやすい外壁とはどのような条件なのでしょうか?, コケやカビはわずかな水分があれば、繁殖するのに十分です。ですからこのような外壁は、わずかなデコボコであっても、水や汚れがたまりやすいために、カビもコケも繁殖しやすいのです。, 日当たりが悪いと、乾燥しないために、湿気もたまりやすくカビやコケが生えやすい環境になります。ただコケは光合成を行い成長するものなので、まったく日当たりのない場所では、コケではなく、カビが繁殖します。, コケやカビの生育条件の大きな要素は「乾燥しない」ことです。そのため風通しの悪い場所は、コケやカビが繁殖しやすいのです。もし物を置いてあるために、風通しが悪いのであれば、それらを処分することで、コケやカビの発生をおさえることができます。, 浴室やトイレに隣接する壁は湿気があることが多いです。また、屋根から雨水が地に落ちて乾燥しにくい、隣の家と間隔が狭い場所などは湿気が非常にたまりやすく、コケやカビが大好きな場所になります。こういった場所の壁は、普段からマメに掃除したり、少しでも風通しをよくするなどが対策になり、抜本的な改善策はありません。, 窓のサッシ付近など、結露からの水滴がたれる場所には、コケやカビがつきやすいです。結露は温度差が激しいと発生するので、結露を防ぐために、寝る前に換気を行うことで、外と室内の温度差を少なくし結露を防止することができるため、ひいてはコケやカビの防止を行うことができます。, コケやカビを落とす前に、以下のものを用意しておきましょう。とくに「ハイター」を使う場合は、皮膚に触れないようにゴム手袋を用意しておくと、良いでしょう。軍手では、ハイターを含んだ水を吸収して、肌を傷つけてしまう可能性があります。, またカビやコケを取り除く際に、胞子や菌を吸ってしまうこともあるので、マスクがあると良いでしょう。健康な方であれば、体の免疫力で体内にはいった胞子や菌はやっつけてしまいますが、気持ちのよいものではありませんので、やはりマスクは必要です。, カビキラーやハイターには、次亜塩素酸ナトリウムを主成分としており、次亜塩素酸ナトリウムはプールや水道の殺菌で使われます。ハイターを使うのであれば、バケツのお湯にキャップ一杯分のハイターを入れて、それでゴシゴシカビのついた部分を落とします。ハイターを使うのであれば、直接手に触れないように気をつけてください。目には見えませんが、手の細胞までも溶かしてしまいます。, カビキラーを使うのであれば、コケやカビの部分に噴射し、そのあとに塗れた雑巾でゴシゴシと拭きます。1度で落ちない場合は、落ちるまで繰り返します。これで、ほとんどのコケやカビが除去できるはずです。, 2階など、手がまったく届かない高所のコケやカビの除去はどのようにすればいいのでしょうか?梯子は危険です。毎年死亡事故も発生してますので、そんなリスクをおかすよりも、伸びるロングモップがあります。, ロングモップだと、強くこすれないために、手でゴシゴシするより効果が薄いですが、梯子などの高所の作業は危険です。このように便利なモップを使いましょう。写真は「伸びる2Wayロングモップ」という製品で、Amazonで3990円で販売されています。拭きたい壁の高さを確認して、対応する長さのモップを購入してください。, 高圧洗浄機を使えば、コケやカビを除去することができますが、おススメはできません。機械の出力を調整して行わないと、外壁を傷つけてしまうからです。プロが行えば、最もキレイに洗浄できる方法ですが、慣れていない人が使うと逆に外壁に傷をつける結果になってしまいます。, 外壁を傷つけてしまうと、その部分の塗装が剥げ、水もたまりやすくなり、余計にコケやカビを増やしてしまう結果になります。, 高圧洗浄機を使う場合は必ず業者に依頼しましょう。なぜなら、洗浄する広さによりますが、業者に依頼する場合でも一回の料金が3万円~5万円程度で、高圧洗浄機を買うコストと大差がないからです。, 業者に依頼して、外壁洗浄を行うメリットは、完全にキレイにカビやコケがとれることです。, 自分でやっても、まだカビやコケがこびりついている場合も、業者に依頼することになります。業者はその程度により、「高圧洗浄」と「バイオ洗浄」を提案してきますが、カビやコケで黒ずみがある場合は、「バイオ洗浄」を検討しましょう。根こそぎ汚れを落とすことができるからです。ただし値段は高圧洗浄の2倍以上かかり、広さにもよりますが10万円程度を相場とみておきましょう。, という点に注意しましょう。また外壁塗装が劣化していれば「外壁塗装の営業」も受けることになると思いますが、その点は必要であれば話を聞きましょう。もし、築年数が5年程度であったり、前回の塗り替えからさほど経過してなければ、外壁塗装は不要ときっぱり言いましょう。, 結論から言えば、コケやカビが生えやすい壁は、方角や位置の関係から、抜本的な改善が難しいケースがほとんどです。ですから、コケやカビが生える場合は一カ月に一度はマメに掃除するのが一番です。しかし、実際はなかなか手がまわりませんよね。ですから、下記のことに気を使ってみてください。, デザインとして、その結果、その色を選ぶのは良いのですが、わざとコケやカビが目立たない色で塗装すると、手が付けられない状態になるまで目立たないため、放置してしまう危険性があります。もし黒い外壁などの場合は、コケやカビの程度は、しっかり確認しないといけません。, もし壁になにかものを積み上げていたり、置いていたりすると、風通しがよくありません。処分できるものは捨てて、風通しを良くするように意識してください。, 塗料自体には防カビ機能はありませんが、添加剤をいれることで防カビ機能を持っている塗料です。, 光触媒塗料は紫外線があたると、活性酸素を作り出し、自らカビや藻を自ら落とします。しかし、日光があたる場所でないと力を発揮しない塗料ですから、そもそも日光の当たりづらい場所のコケやカビに対しては、この塗料の力を発揮できないケースが多いでしょう。, コケやカビがあまりにもひどく、前回塗装から(あるいは新築から)10年経過している場合は、防カビ塗装を業者に依頼しましょう。アステックペイントからは防カビ塗装に特化した、塗料も販売されており、検討してみるのも良いでしょう。, ただし、アステックペイントはオーストラリアのメーカーで、日本の塗装業者では、実績があまり多い塗料ではありません。, 防カビで使う塗料は、塗装店によって変わってきますし、金額も依頼する業者によって変わってきます。, なので、まずは大体の金額を知るため、こちらで調べてみるといいですよ!実際に何社か見積もりを実際に取ってみるのもいいと思います。, 最近は、簡単にいろんな業者から見積もりを取れるサービスがありますからね、便利ですし、おすすめです!, 外壁の現場を20年仕切っている。外壁塗装は詐欺が多い業界。詐欺を撲滅したい。匿名で業界の事情を暴露します。名前はペンネームです。. カビが生えないようにするにはどちらかを絶つ必要があります。 対処しやすい湿度、水気を防ぎましょう。 1-3.苔. ※担当者より2営業日以内にお返事差し上げます。, 「ビルメン大使」は大切な建物の価値を高めるための維持管理をサポートします。 そのため、外壁のコケ落としにカビキラーを使うことは塗膜へのダメージが及ぶために、あまり望ましくない選択となるのです。 ハイターとカビキラーは同じもの. 駐車場や外階段の素材がコンクリートだと、だんだん汚れがついて黒くなっきてしまいますよね。高圧洗浄機を使うと、パット見は綺麗になりのですが、気をつけないと端の方や劣化してきている箇所が欠けたりしてしまったり、綺麗すっきり落ちない汚れもあったりします。ここでは、困ったコンクリートの汚れをすっきり落とす方法をご紹介します。, コンクリートについた汚れがガソリンかどうかを見極める方法は、水を上から垂らし、水が馴染まずにはじくようなら, カビが生えるには温度と湿度が必要です。カビが生えないようにするにはどちらかを絶つ必要があります。, コンクリートについた錆はコンクリート内部に埋め込まれた鉄パイプや釘が染みこんだ水と反応し錆が発生し表面に出てきたものや、コンクリート表面に擦れて落ちた鉄分が水分を含み錆たもの、錆が落ちてついたもの、コンクリートに接した鉄などが錆びてうつったものなど、色々な発生方法があります。表面についたものは除去可能ですが、鉄製のものが内部に埋め込まれて居る場合は一度除去しても、再発生する確率が高いです。, コンクリートの上方から下方に向けて流れるように出来た黒いシミは雨水によるものです。壁や階段の立ち上がりなどによく見られます。経年と共にコンクリートが水を浸透しやすくなった為に生じたものです。, 汚れの成分毎に効果を発揮する薬剤が異なります。また汚れの上に汚れが重なっていることもあります。その場合はまず上に被さっている汚れを除去し、次に下の汚れを落として行きます。, 他にも汚れと汚れが合わさって違う成分になっていrこともありますので汚れが単体のものか、合わさったものかをまずは確かめることが汚れを落とす重要何ポイントになります。, 塩素系漂白剤は沢山あるのですが、苔の成分でもあるタンパク質を強力に分解する水酸化ナトリウムが配合されている洗剤はあまりありません。ご紹介する強力カビ取り剤Bー1は殺菌漂白効果のある次亜塩素酸ナトリウムと水酸化ナトリウムが配合されています。, また、強アルカリ性の水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムが一般的な薬剤より濃いめに配合れています。強アルカリ性の洗剤は漂白と油分の分解の効果が アマゾンでも売られていますので、簡単に購入することが出来ます。, ガソリンなどの油汚れ落としには、油職人がお薦めです。コンクリートに染みこんだ油を分解し表面に浮き上がらせてくれます。泡立ちもほぼ無いので、洗剤の拭き取りも楽です。, 自動車、自転車、バイクからのもらい錆や鉄製の物を放置していた跡、コンクリート内部からの錆などにはサビ取り職人が効果的です。錆が付着した部分に洗剤をスプレーし、しばらく放置します。, 薬剤が浸透したら、洗剤が紫色に変色するのですぐに分かります。後は水でしっかり流すだけの、とても簡単な点もお薦めのポイントです。, 多くのメーカーから高圧洗浄機が発売されていますが、余程広い場所を対象とする場合以外は、あまり大きなものを選ばない方が使い勝手がよいかと思います。価格も様々ですが、手頃な価格で使い勝手がよいこちらの商品はお薦めです。, 薬剤で錆を浮かせ取り、残った錆を除去するのに使用します。余程頑固な錆でなければ、ナイロンで十分に取れると思います。, カビや苔の気になる場所に水をかけて湿らせます。強い薬剤を使用するときは、最初に水をかけて、水養生をします。, 水養生をしないと、薬品と反応しすぎて薬品焼けをしたり、素材を傷めてしまいますので薬剤を使用する前に必ず水養生をするように, マフラーなどから落ちるガソリンオイルはコンクリートに染みこむとなかなか落ちない困った汚れの一つです。高圧洗浄機を使用すれば、大きな汚れは大体薄くなるころまでにはきれいにすること可能ですが、キレイすっきりとはいきません、, 油やガソリンそのものの汚れは薬剤で落とす事が出来ますが、油やガソリンオイルが汚れやホコリなどをコーティンしてしまい、いくら薬剤を使用しても汚れが落ちないということがおきます。この場合は油やガソリンを落としてから、中の汚れを落とす2段階の清掃が必要になります。, コンクリートに染みこんでしまった油やガソリンオイルに5分ほど油職人をスプレー又は塗布して放置します。, 頑固な油汚れはブラシで擦らないとなかなかすっきり落ちにくいので、円を描くように擦ってください。, コンクリートについた錆汚れはコンクリートの中からのものと、表面に鉄成分が付着して出来たものとに分かれます。中からのものは一旦は薬剤でキレイになりますが、コンクリート内部に錆のもとがありますので、またしばらくすると出てくる可能性があります。表面についた成分によるものは、薬剤で落とすことが出来ます。, 色が変わったら水で薬剤をしっかり洗い流します。落ちにくい場合はブラシで擦ってください。, 雨水シミの気になる場所に水をさっとかけ湿らせます。強い薬剤を使用するときは、最初に水をかけて、水養生をします。水養生をしないと、薬品と反応しすぎて薬品焼けをしたり、素材を傷めたりしてしまいます。薬剤を使う前に必ず水養生をするようにしてください。, 水で湿らせた場所に薬剤を塗布又はスプレーします。雨水シミだけの除去をしたい時は、キッチンハイターを薄めたものでも代用出来ます。, コンクリート洗浄価格は、高圧機による洗浄1500円/㎡~としている会社が多いようです。最低請負面積を設定している会社もあります。, 弊社では洗浄+シミ抜き+撥水効果のある薬剤塗布で広さにより異なりますが、1800円/㎡でお受けする事が多いです。, どの汚れにも共通する予防方法は、コンクリートを塗布したての新しい時期、キレイに除去したタイミングでコンクリートに撥水効果のある薬剤でコーティングして保護することで、再発を予防することが出来ます。, 撥水剤は環境にもよりますが、駐車場など以外は年に1度程度塗り直すことで綺麗を持続することが出来ます。, 「管理費が高い」「作業の質が低い」「対応や連絡が遅い」とお悩みではございませんか?昭和34年創業の弊社はビル管理のパイオニアならではの「安全と信頼の設備管理」をお届けすることができます。具体的には下記の検査・点検が可能です。, 設備管理業務は設備トラブルが起きないよう維持管理することが大切で、建物を利用する人々の安全を守る重要な業務です。ビル管理業界の草創期に創業し半世紀の間蓄積したノウハウでお客様のお悩みを解決できるよう全力で取り組んでまいります。, あらゆるご依頼を喜んでお手伝いさせていただきます。 今回の話題は、コンクリートの壁に生えるカビやコケです。原因と対策についてお伝えしていきます。それでは、「コンクリート壁にカビやコケが生える原因」と「コンクリートの壁のカビを取る清掃方法と防カビ対策」をご覧ください。 コンクリート壁にカビや

令和リフォームは、高額の出費になる家修理について安心して決めるための支援サイトです。業者選びから適正な見積額の見方、工事に際して知っておくべきことなど、満足いく決定に役立ててください。, というのも一部の外壁を除けば、外壁は湿気に強いとは言えず、常に湿気を維持するようなコケは外壁や家の構造部分にとって、水分の浸透により悪い影響を及ぼすからです。, こちらでは、外壁のコケ落としについてカビキラーを使って良いのかという点を見ていきます。, 外壁がモルタルであってもサイディングであっても、塗料を塗って保護している以上は、塗膜に悪い影響がある薬剤を使うことは望ましくありません。, 塗料仕上げをした外壁に対してアルカリ性の洗剤や、漂白剤を使うことは塗料が変質してしまうからです。, 実は一部の外壁を除けばほとんどの外壁において、塗料を使わないということはなく、使ってないように見えて実はクリア塗装をしている場合がほとんどです。, そのため、外壁のコケ落としにカビキラーを使うことは塗膜へのダメージが及ぶために、あまり望ましくない選択となるのです。, キッチンハイターなどに代表される漂白剤とカビキラーの使い分けを考える場合がありますが、成分を見てみると両者は同じものであることが分かります。, どちらも「次亜塩素酸ソーダ」と呼ばれるものですが、実は液体タイプのキッチンハイターのほうがこの「次亜塩素酸ソーダ」の濃度が10倍ほど違います。, 泡タイプのキッチンハイターもありますが、これはカビキラーと同等の濃度(若干キッチンハイター泡タイプのほうが高いと言われている)ですので、どうしてもコケをとりたいということでしたら、泡タイプのほうが少し安全に使えるかもしれません。(もちろん推奨はしない), そのため、外壁にカビキラーを使えないならばハイターならどうだ!と考えるかもしれませんが、実はどちらも同じなので使わないほうが良い物となります。, 次にどのようにして外壁のコケを落としていけばよいのかということをみていきたいと思います。, コケを掃除する場合には、柔らかいたわしやモップなどで外壁を傷めないように掃除することが望ましいです。, 特に金属製サイディングボードの場合には、コケが生えることはまれですが、これを強く掃除した場合にはへこみや傷ができて錆の原因となってしまいます。, どうしても落ちないコケについては、水和剤の除草剤を利用して、散布後数日たってからたわしやモップでこするようにしましょう。, なお、2階部分など高所の作業は危険が伴いますので、はしごを使って掃除などはしないほうが身のためです。, 高所での家メンテナンスで怪我をするというのは、別に珍しいことではなくよく聞く話です。, 自分で掃除すれば1万円以内で住む場合がほとんどですが、高所での作業が伴う場合には業者に頼んで掃除してもらうのも手です。, 業者に頼む場合には5万円前後の支出となりますが、けがをして仕事などができない場合や、後遺症が残ってしまうことを考えれば安全をとったほうが良いでしょう。, 高所での作業が厳しいということで、それならば高圧洗浄機ならどうかといえば話はそんな簡単ではありません。, テレビCMでも使われていますし業者も掃除していることを考えると、外壁のコケ落としには有効であると考えますが、逆に取れすぎてしまうわけです。, しかも塗装業者の場合にはその後に塗装をするためにきれいにしているので問題はありませんが、ただ掃除するだけであれば塗膜までとってしまうと、壁が無防備な状態でさらされますので、結局外壁塗装をしなければいけない状況になってしまいます。, また、サイディングボードを使った外壁では、そのつなぎ目のコーキング部分を傷めることになってしまい、そこから建物の内部に浸水を許してしまうことになりかねません。, 家庭用の高圧洗浄機であっても、コーキング部分に対して利用すると、このつなぎ目を壊してしまうのです。, 外壁に生えるコケを予防する方法については、日ごろから外壁を簡単に掃除すればよいのですが、そういったことは基本的にしません。, またあまり現実的でもありませんが、金属系サイディングボードなど外壁の素材自体に凹凸が少ないものを選ぶことで、コケが生える要素を取り除くことが大切です。, ただ、実際問題として外壁にコケが生えないように出来る予防方法としては、外壁塗装をして塗料の選択時に防汚機能が付いている塗料を選ぶことが大切です。, 特に日当たりが少ない部分や北側についてはコケが生えやすく、そういったところに防汚機能が付いた塗料を利用することで、外壁に生えるコケを予防することに役立つでしょう。, 最後に外壁のコケにカビキラーを使って掃除するなら、塗膜が劣化してしまうことを覚悟してください。, とはいえ、すでにコケが生えるような状態であれば塗膜も薄くなっていることが多く、家のメンテナンス時期が到来しているケースも少なくありません。, こういったことを考えると、数か月先に外壁塗装をする予定であれば、外観が悪いので落ちにくいコケにはカビキラーを使って落とす、という方法も悪い方法ではないのかもしれません。, その際においても外壁自体の色が変わってしまったことで、クリア塗装をしたときに変色が出てしまうことは覚悟するべきでしょう。, 以上をまとめると、外壁のコケ落としには柔らかいブラシやモップを利用して落とすことが最適で、カビキラーやハイターを利用する場合には、塗料の変質を覚悟したうえで使うということになります。, 外壁や屋根の塗装で気になるのは「しっかり工事されること」ですが、それにあわせて「工事でいくらかかるのか?」というお金の疑問ですよね。, 正直言って、家のメンテナンスに関しては安い価格で済むものではありませんから、工事の質もさながらそれに対応する価格が気になるというわけです。, そして意外に知られていないことですが、「安すぎても高すぎても問題が起こること」を知っていますか?, 「安かろう悪かろう」で費用が安いならば質が低い工事になるというのは仕方ないですが、逆に高い費用を出しても「良い工事になるとは限らない」のです!, 家のメンテナンスについては「適正価格」を知ることが重要であり、それと業者が出した見積もりを比較することで、見積もりが高いか安いかを調べることが可能になります。, 「高い費用がなぜその金額なのか?」ということを知り、工事内容を金額だけで評価しないで業者を選べるようにしてください!!.