- 池上彰のニュースそうだったのか!! - キス濱ラーニング - Kiss My Fake - キス濱テレビ - Kis-My-Ft2 presents オフィスラーニングバラエティ OLくらぶ - あの遊びをバージョンアップ!

- 4.道しるべ, 1.Kis-My-1st - 2.Goodいくぜ!

神センス☆塩センス! - 中居正広のこうして私はやっちゃいました! - 3.Kis-My-Journey - 4.KIS-MY-WORLD - 5.I SCREAM - 6.MUSIC COLOSSEUM - 7.Yummy!! HER! 『中居正広の身になる図書館』(なかいまさひろのみになるとしょかん)は、テレビ朝日 系列にて2011年 10月4日から2019年 3月11日まで放送されていた中居正広の冠番組、クイズ バラエティ番組であ … 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜 - 「母恋ひの記」〜谷崎潤一郎『少将滋幹の母』より〜 - チャンス!〜彼女が成功した理由〜 - サマヨイザクラ - こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 蛇のひと - 花燃ゆ, 東京事変『恋は幻 FOR MUSICIAN』 - ケツメイシ『出会いのかけら』 - GOING UNDER GROUND『いっしょに帰ろう』, 隣人13号 - アマレット - まほらの☆ - ARAHAN/アラハン - ドラえもん のび太の恐竜2006(アニメ) - 嫌われ松子の一生 - 7月24日通りのクリスマス - どろろ - バブルへGO!! - ウレロ☆未開拓少女 - 正解のない問題, 東京ラブ・シネマ - Stand Up!! - 音楽の日 - ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう - FNS27時間テレビ「さんま・中居の今夜も眠れない」 - World Baseballエンタテイメント たまッチ! - 笑っていいとも!増刊号 - OH!エルくらぶ - 生さんま みんなでイイ気持ち! - 濱キス - キスマイ超BUSAIKU!?

!キスマイクマモトオオイタ - 平成舞祭組男. - 笑いの金メダル - エンタの神様 - さとこいめぐさん - 爆笑オンエアバトル - 大人のコンソメ - リチャードホール - 平成教育2005予備校 - 本能のハイキック! - 中居正広の身になる図書館 - 超問クイズ! - 使える!アイデアハウス - 地球号食堂〜エコめし宣言 - 劇団ひとりの新番組を考える会議 - 熱血!平成教育学院 - 雑学王 - 5MEN旅 - ウレロ☆未確認少女 - ウレロ☆未完成少女 - ウレロ☆未体験少女 - マニュアル劇団 - How to モンキーベイビー! - うもれびと - 火曜曲! - なかい君の学スイッチ - 中居正広の身になる図書館 - ナカイの窓 - 中居くん決めて! 今村支配人、本当に体調不良という理由で良いのですか? 20 47の素敵な (禿) (オッペケ Srbb-PG2G) 2018/03/24(土) 22:59:51.21 ID:8TdVKjgVr まあ乗っ取りと同じで嘘だろうなw - フェイク・オフ〜完全なる相関図〜 - リンカーン - 笑っていいとも! もしもツアーズ - 中居正広の身になる図書館 - 東海地方のコト なるべくちゃんと調べます! - 3.SHE! !/Shake It Up - 5.アイノビート - 6.My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl - 7.キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile) - 8.キミとのキセキ - 9.SNOW DOMEの約束/Luv Sick - 10.光のシグナル - 11.Another Future - 12.Thank youじゃん! - UTAGE!

その後の視聴率は、枠移動後2回目(2時間SP・19:00 - 20:54)に6.8%、枠移動後3回目(19:54 - 20:54、6分前拡大)に5.7%をそれぞれ記録し(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)、視聴率面で深夜時代の視聴率を下回る苦戦が続いている[12][13]。『中居正広のミになる図書館』としては枠移動後6回目である2017年7月3日の3時間SP(19:00 - 21:48)に遡って最終回となり、同年9月11日から『中居正広の身になる図書館』に再改題のうえ、リニューアル(改題後初回は2時間SP〈19:00 - 20:54〉)。, 出演者の1人[注 13]が、自分の好物やCMキャラクターを務めている商品などを、正しく利き分ける。, 挑戦者に1品ずつ提示され、それが予め指定した挑戦者の好物(白)か番組の用意したダミーの品物(黒)かを答える。, ある芸能人の血縁関係者(兄弟姉妹、親子)や自宅のVTRを見て、ゲストはその芸能人は誰かを3人の候補の中から当てる。, 毎回、ある共通の職業に就いている10名が登場。彼らに対して白(YES)か黒(NO)で答える噂(質問)をぶつけ、代表者となったゲストは館長や他のゲストと相談して、何人が白と答えるかを予想する。成功すれば賞金10万円獲得。, 初回は、代表者が番組が用意した噂の中から、白と答えた人数が番組が指定した条件ナンバーの範囲内に入る噂を選ぶ。条件ナンバーは、1問目や2問目は○○人以上や以下など条件の範囲は広いが、3問目は○○人丁度と範囲が狭まる。なお事前にスタッフが質問している為、全問条件に当てはまらないというケースは起こらない。, 噂の数は、1問目は6個の中から、2問目以降は既に選んだ噂以外(2問目は5個、3問目は4個)から選択していく。ただし途中で失敗した場合は、新しい噂が補充されて6個に戻る。, 2回目以降は、白と答える人数をZero(0人)・Low(1~4人)・High(5~9人)・ALL(10人)の四択から予想する。, 2回目は、チャレンジ2回のうちどちらかで3問全て正解できれば賞金。3回目は、10問中6問以上正解できれば賞金。, 解答者として集められた数人の芸能人が、出題された問題(質問)に沿って、自分自身のゴシップを早押しクイズ形式で告白する。, 告白したゴシップは、中居館長やアドバイザーによって正解・不正解で判定され、正解なら賞金を獲得できる。, 解答は、中居館長・ゲスト・アドバイザーで議論を行い、全員の多数決で決定する。まずは第一印象で各々解答を選び討論、間にそれぞれの途中までの調理過程やアピールポイントを映したVTRを見て、それを踏まえて最終結論で解答をまとめる。, 兄弟企画として、「多数決カロリー」(オーダー数ではなくカロリーの高低を比較)、「多数決オファー」(2人の芸能人のうち、すっぴん公開など番組からの無茶なオファーを引き受けた方を当てる)もある。, 10代~80代から10名ずつ計80名の一般人に対して、2人の有名人の知名度調査を実施。名字もしくはニックネームを言って貰えれば1票として、どちらの有名人がより多く票を得る(知名度が高い)かを、中居館長・ゲスト・アドバイザー全員の多数決で予想する。この派生形として、「どちらの女性タレントの方が美人か」など違うテーマで調査をすることもある。, 漫画に登場するすごい人物やすごい技を実際にできるかどうか検証する。3人のプロが挑戦し、その中で1人でも成功すれば「実在する」(白)、全員失敗なら「実在しない」(黒)となる。このコーナーはクイズではなく、結果予想も行わない。その後、1人に対して成功するかどうか予想するコーナーになった。, ゲストがお題となる文章を書いて[注 14]、その文字を書道家であり、ペン習字のプロでもある中塚翠涛が点数を付け[注 15]。その点数で美文字・ふつう・汚文字の3段階で判定して順位付けする。基本的には事前にボールペンで書いたものを採点して順位付けるが、決勝戦との2段階方式で行う回[注 16]や、タブレットで書いている経過を見せるなどの試みが行われる回もある。, 発表方法は2種類あり、順位を明かさずにランダムに発表する方式、順位を明かして発表する方式があり、前者は美文字と汚文字のどちらかというドキドキ感があるが、後者は順位が分かっているため、順位で汚文字だとわかっていると、挑戦前の自信ありコメントが赤っ恥となる。, この企画が始まってからの番組エンディングのスタッフクレジットは、スタッフ本人が書いた自分の名前が出される(会社名は除く)。この企画が大きな反響を呼び、2013年新語・流行語大賞にノミネートされた。, 江川達也がキャプテンでプロの漫画家の「漫画家軍団」と、レイザーラモンHGがキャプテンで絵がうまい芸能人の「芸能人軍団」が、1対1の対戦形式で、制限時間3時間で同じ像のデッサンする。プロの美術大学教授ら3人が10点満点で採点。漫画家軍団対芸能人軍団の団体戦で、勝利数を競う。, 2013年5月14日から放送。元・現アナウンサーが1対1の対戦形式で、読みづらい言葉が入ったニュース原稿を噛むことなく読み上げ、専門家3人が10点満点で採点。トーナメント方式で優勝者を決める。, 1回戦はニュース原稿の内容のチェックタイムが5秒設けられ、その間に原稿を確認してから原稿を読み上げる。先攻が挑戦する間は、後攻は大音量のヘッドホンを着けて音を遮られる。同点の場合は別の原稿でチェックタイム3秒に短縮して延長戦。延長戦でも決着がつかなかった場合は、3人の多数決で勝者を決定。, 決勝は、「フラッシュ滑舌」で対戦。噛みやすい単語が次々と提示されるので、噛む事なく読み上げる。10個中より多くの単語を読み上げられた方が優勝。, 2013年7月16日から放送。英語に自信のある芸能人が、事前に、ある場面に対し自分なりの英語のフレーズを言い、単語や文法の正しさを東進ハイスクールの安河内哲也が採点する。, 『お願い!ランキング』でパイロット版を行った後、2013年8月20日放送分から放送。お題のシチュエーションに対して、適切なビジネスメールを作成して提出。それがビジネスマナーとして相応しいか否かをマナー講師の平林都が採点する。, 2013年8月20日から放送。事前に提示された課題でパントマイムを披露し、専門家3人が10点満点で採点。, まず6人の出場者がA・Bブロックに分かれて予選を行い、両ブロックの最上位者で決勝戦を戦い、No.1を決める。, 2013年8月27日から放送。J-POPやアニメソングなど他のジャンルの実力派女性歌手が1対1の対戦形式で演歌の課題曲を歌い、3人の審査員が判定。トーナメント方式で優勝者を決める。, 2013年9月17日から放送。カラオケの人気曲の歌詞を、歌のスピードに合わせてパソコンで入力できるか競う。この企画はNo.1を決める形式ではなく、2つのステージをクリアして「美タイピング」の称号を目指す形式で実施。予選ステージで成功すると賞金10万円、難易度が上がった決勝ステージで成功すると賞金30万円と「美タイピング」の称号を獲得。, 2013年10月29日から放送。芸能人2名の対戦形式。古銭やプロ野球カードなど、あるジャンルのマニアグッズが10個登場し、2人がそれぞれ1個ずつ選ぶ。鑑定額が高い方が勝ち。残った品物で2回戦、3回戦を行い(前に勝った方が先に品物を選べる)、先に2勝した方が最終的な勝者となる。, 美鑑定大辞典から派生した企画で、物ではなく10名の人物が登場し、「つき合った女性の人数」のようなテーマで、2チームがより数の大きい人を当てる。, 2013年11月26日から放送。カメラが趣味の芸能人5名が2つのテーマで写真を撮り、プロが採点する。合計点の最も高い人が優勝。, 2014年1月7日から放送。通常のドッキリ企画は、だまされる側の反応を見るが、今回はドッキリを仕掛ける側がいかにうまく演技するかを判定する。, 2014年1月28日から放送。買い物好きの芸能人であるプレゼンターが、自分の買った3つのブランド品についてのうんちくを語るが、うち1つはスタッフが用意した初見のもので、解答者はどれが実際に買っていないものであるか当てる。, 2014年1月28日から放送。大人が1週間本気で頑張ったら資格がとれるかを検証する。この企画に挑戦する人物は舞祭組のメンバーから選ばれる。, 2014年2月4日から放送。共通の境遇をもつ芸能人6人が、日常の中で感じる、他の人も共感できると思われることをプレゼンする。シチュエーションと感情がお題として表示され、それについての話をパソコンで入力する。共感できるかどうかを自分以外の芸能人5人が1人15ポイント、同じ境遇の観客25人が1人1ポイントで採点し、点数を競う。, 2014年春の特番で行われた企画を当番組内でレギュラー化したもの。さまざまな分野の芸能人やスポーツ選手が、関係の深い人と2人1組で出演し、自分の職業に関する秘密を発表する。これを記者や芸能リポーターが判定し、合計点により「ヒマネタ」「スクープ」「大スクープ」「号外」となる。レギュラーで当企画が放送されなくなってからは特番として放送されているが、ゴールデン枠移動後に再びレギュラーに戻す予定となっていたが、ゴールデン昇格当初は本番組の企画としてではなく、特番での放送を続けていたが、後になってレギュラー企画として戻され、再末期にはそのまま最終回まで毎回放送される企画となった(ただし、その期間の毎回、スペシャル版での放送となっていた)。, 2014年8月5日から放送。本当の音痴でも知られる中居に、知らない分野を克服してもらうために、ロケでのミッションを通じて知識を身につけさせていく。, 2014年11月25日から放送。さまざまなジャンルの専門家が、聞いたらがっかりするような「知らなきゃよかった」という話をプレゼンする。当初は雑学に関するものばかりだったが、芸能人のエピソードに関する内容が増えるようになり、2015年春以降は心理学者の竹内龍人による目の錯覚の画像がレギュラー化されるようになった。2015年夏からはそれに代わり、2択のテストを繰り返して「凡人度」などを調べる企画になった。2015年秋からはこれらの特定の企画はなくなり、当日出演している芸能人が正しいと考えている健康法・知識・雑学などを披露した後、清水アナウンサーのフリによって、別室にいる専門家が真偽を説明し、文字通り「知らなきゃよかった」とがっかりさせる企画のみとなっており、ゴールデンの特番などでも同様の企画が行われる。2016年からは本来の企画が次第に縮小され、失敗した有名人や問題のある不動産などをVTRで取り上げる企画が恒例化した。2016年夏からは、出演者自らの問題を「弱音川柳」として発表するようになり、VTR企画ではさまざまな物の歴史を掘り下げる「進化系大図鑑」が始まった。これらは「知らなきゃ良かった」終了後も継続されているほか、「知らなきゃ良かった」と事実上同じ内容の企画も随時放送されている。「ジェネレーションチャンプ」レギュラー化して以降は、企画終了している。, 2016年11月1日から放送。中居をはじめとする40代の出演者が、体の不満など40代のあるあるを「弱音川柳」同様のお題として発表する。これらに対し「知らなきゃよかった」と同様の専門家による指摘がある。, 「居酒屋40題」の中の企画として2016年から放送。2017年からこの企画のみで放送されるようになった。レギュラーでは、2つのチームに分かれて、相手チームの解答者を指名し、指名された解答者が答える。中居は体調不良なので、ひとりが司会を務めた。, 2017年1月放送の特番から始まった企画。20代〜オーバー60代(60代以上)の5チーム対抗戦。出演人数は、深夜レギュラー版では各年代3人ずつで、特番では各年代10人ずつである。ゴールデン(生放送)レギュラー版では、各年代2〜4人ずつである。人数は、各放送毎に異なる。, 都市伝説を図鑑形式で紹介。ただし肝心な部分が空欄となっており、館長・ゲストはその空欄に当てはまる項目は何かを予想する。, ゴールデン進出かつ生放送となったことを機に、テレビ朝日系列フルネット24局のみの放送となった(系列外ネットは深夜時代での遅れ放送分の消化をもってすべて打ち切られている)。, ザ!世界仰天ニュース - 中居正広の金曜日のスマイルたちへ - 中居正広 ON&ON AIR - 新・日本男児と中居 - 中居正広のニュースな会 - 中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん, 中居正広のテレビ50年名番組だョ!