mixiユーザー (まあ、CBが積極的に攻撃参加するようなイメージにはなりますかね), まず、自チームが攻撃時の最後尾にいるリベロには相手のマンマークが基本的につきません。, そして、そのリベロが攻撃参加するのために前線へ上がっていったなら、ほぼほぼフリーの状態でボールに触れることができます。, となったら、自分達の攻撃はかなりスムーズに展開できるようになります。 mixiユーザー

07月15日 18:32, [23] 46 ... ミランのメンバー 背番号 ポジション 2020-2021 1.

ただ、サッキが監督をやめても、ミランの時代はまだまだ続くのだった・・・ ・リアリスト、カペッロ サッキの後任となったのは、ファビオ・カペッロだった。 彼はサッキの戦術を踏襲しつつも、サッキほど先鋭的なスタイルを好まなかった。 1987年にサッキ監督が就任した初年度に、いきなりセリエAを17勝2敗11分で優勝を成し遂げてしまいます。 前年にグーリットとファン・バステンを補強していたミランは、1988年にはライカールトも獲得し、ここにACミランのオランダ・トリオが結集することになるのでした。 ベルルスコーニ・ミランの31年(前編)「無名のサッキとカペッロ、オランダトリオで世界を席巻」 2017/04/18 06:00.

そして翌年からUEFAチャンピオンズカップを2連覇。特に1988-89シーズンには準決勝でレアル・マドリードに2試合合計6-1と大勝、決勝でもステアウア・ブカレストに4-0で完勝し、サッキは名将としての地位を不動のものにした。, 1991年、ミランでの成績不振を理由にチームを去ったサッキに、それ以上のやりがいのあるポジションが用意されていた。イタリア代表監督である。 mixiユーザー しかし、サッキには、戦術を浸透させるための時間があり、acミランにはそれに応えられるフランコ・バレージ、パオロ・マルディーニに加え、オランダ人トリオフランク・ライカールト、マルコ・ファンバステン、ルート・フリットといった有能な選手が在籍していた。 10月07日 13:39, [35]

mixiユーザー

mixiユーザー 07月15日 00:48, [17] (それと同時にこれは相手にとってかなりの脅威となりますね), 足元の技術に優れた選手が”あえて”リベロというポジションをとることにより、ゲームメイクというビルドアップを「スムーズにしよう」というアイディアから生まれた戦い方です。, フォーメーション的にはリベロを置いているということでカテナチオとものすごく似ることになりますが、やっているサッカーや考え方はまったく違ってきます。, むしろそれぞれが対局に位置しているものであり、攻撃するリベロがいるというのはチームのスタンスとしてはかなり攻撃的になりますし、後にオランダで有名になった「トータルフットボール」と相通ずるところがあります。, サッカーの歴史的にベッケンバウアーのような攻撃参加するリベロが出現するようになってから、実はサイドバックも当たり前のように攻撃参加するようになります。, その代わりにサイドバックが攻撃参加すると自陣まで戻ってくるのに時間がかかりますし、その間に生まれたスペースっていうのは代わりの選手が埋める必要が出てきます。, この時代から”全員で連動してサッカーをする”という考え方が、世の中に出現するようになります。, そして、その中でとても有名で現代サッカーに最も影響を与えたと言われているのが、クライフがいたオランダ代表のサッカースタイルなんです。, 1974年のワールドカップで準優勝したオランダがとった戦術が「トータルフットボール」と言われ、後のバルササッカーに多大なる影響を与えます。, フォーメーションっていう”配置(ポジション)”に関係なく、ピッチ内を選手たちが縦横無尽に駆け巡り、「全員攻撃・全員守備」で戦うスタイルです。, そしてその戦い方の特徴としては、攻撃の時の細かいパスワークと守備時の速いプレッシングです。, 実はW杯で結果を残したオランダ代表には突出してポテンシャルの高い選手、、、っていうのはほとんどいませんでした。, オランダの中心選手はもちろんクライフでして彼の能力は相当高かったんですが、それ以外の選手というのはそこまですごい選手ではなかったんです。, そういった中でもオランダがワールドカップで結果を残すことができたのは「チームプレーとしてのパスワーク・プレッシング」がかなりの威力を発揮したからに他なりません。, 今でこそ、プレッシングという言葉が当たり前のように使われるようになっていますが、この言葉をメジャーにするきっかけを作ったのはオランダ代表だったわけです。, トータルフットボールの特徴であったのがパスワークとプレッシングなんですが「パスワークは重視せず、プレッシングのみに特化したチーム」というのが、同じ時期に出てくることになります。, もともと(ゴールを守るための)守備の考え方であった”プレッシング”というものを進化させて、 積極的にボールを奪いに行く攻撃的なチームを作った のがサッキであり、ACミランというチームでした。, サッキ就任後のACミランはセリエAを制覇、そいてその翌年・翌々年のチャンピオンズカップを制覇しています。, 一方、現役引退後のクライフはアヤックスを経て、リーガのバルセロナを率いるようになります。, サッキがプレッシングに特化したチーム作りをしたのに対し、クライフはパスワークに特化したチーム作りを目指しました。, つまり、一般的にいう”ポゼッションサッカー”の登場がここであり「ボールを保持している間は相手に攻撃されることはない」というのが、この戦い方の強みになります。, クライフ率いるバルサは90/91シーズンにリーグ優勝し、そこから4シーズン連続でリーグ優勝するわけなんですが、その功績を称えてこの当時のバルセロナは「ドリームチーム」と呼ばれるようになります。, まあ、ロマーリオ、後にバルサの監督になるグアルディオラ、ロナルド・クーマン、ラウドルップなどの選手がいましたね。, サッキのハイプレス、クライフのパスワーク、ほぼ同時期に登場した”2つの対極にあるスタイル”が登場したことで現代サッカーというものが始まっていくことになります。, 特にACミランのハイプレスはその後にいろんなチームが模倣したり、改良したりしていきます。, 今の日本代表の戦い方だってその考え方を参考にしていますし、チリ代表やクロップが率いているリバプールとか、ユベントスなんかも元をたどれば同じです。, 一方でパスワークを模倣したり、改良したりするチームはあまり表れることはなかったですね。 mixiユーザー



(実はゾーンディフェンスという考え方もこの時に初めて活用されたという話もあります), それは4-2-4というシステムで、当時としてはかなり斬新なフォーメーションとなっています。, ちなみにその時のブラジル代表の前線の4枚はガリンシャ、ババ、ペレ、ザガロで、かなり強力なアタックラインになっていましたね。 07月16日 23:17, [28] 基本的にサッカーの戦術だったり、フォーメーションっていうのはうまくいってる他のチームを「パクったり」、逆に自分達の戦い方が他のチームに「パクられたり」っていうことの繰り返しです。 そのため、サッカーの戦術というものはその時代ごとでトレンドが存在します。 そのトレンドを知ることがサッカーの歴史を知る一番の近道となります。 サッカーの戦術やシステム(フォーメーション)はその当時にうまくいったチ… *興味がある方は↓の画像リンクからアマゾンで購入可能です。, ⇒Jリーグや欧州サッカーを観るならDAZN! mixiユーザー mixiユーザー 07月15日 00:28, [16]

mixiユーザー mixiユーザー Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved.

07月14日 23:25, [12] mixiユーザー

acミラン 2020-2021【選手一覧・フォーメーション・スタメン】 roisun 2019年11月12日 / 2020年10月25日 イブラヒモビッチ加入前の勝ち点は21、加入後は45と、数字が示す通りチームは180°生まれ変 … mixiユーザー (当たり前なんですがケガ人はよく出たそうです), 球際の激しさはサッカーを楽しむ一つの要素であるわけなんですが、やっぱり選手の寿命はかなり短くなってしまいます。, 若い才能を潰すことにもなりかねない、、、という判断があったのかどうかはわかりませんが、歴史を重ねるにつれて選手を保護しようとする動きがどんどん進んでいきます。 mixiユーザー この記事ではサッカーの歴史やその過程で起こってきたフォーメーションの変化、または戦い方(戦術)の進化について解説していきます。. (そもそも真似するのが難しいですからね), こっちは後にその監督となったグアルディオラ率いるバルセロナがその進化形となり、完成形となるサッカースタイルを実現することになっていきます。, クライフの思想を現実のものとし、そのうえで数々の功績を残してきたのがジョゼップ・グアルディオラ監督という人です。, ⇒グアルディオラ監督の戦い方

08月18日 11:33, [33]

(ルールとしてはこれから徐々に規制がかかるようになっています), まあ、プレミアリーグの特徴として「強いフィジカル、速いスピード、そしてポゼッションにこだわるチームが少ない(ロングボールが多い)」っていうのは、こういった背景が根強く残っているから、、、なんですが、そのプレミアリーグでも選手保護の声はどんどん大きくなってきてますね。, サッカー協会が誕生したころにはオフサイドのルールは存在しませんでしたが、1920年代に「オフサイド」のルールが適用されるようになります。, オフサイドルール誕生の経緯は不明なんですが、その変化に併せてフォーメーションの方にも変化がでるようになりました。, ディフェンダーの数は従来の2バック⇒3バック、そしてフォワードは5人まで減ることになります。  ペップバルサのティキタカ、そしてメッシのゼロトップ, 今回の記事はこちらの書籍を参考にしています。 サッキは、就任1年目のシーズンでスクデット獲得に成功した。 過去の試合データをご覧になりたい方はフォーメーション一覧から検索することができます。, 人気のフォーメーションは何なのか!?トレンドからわかる人気のシステムをランキング形式で発表, サッカー戦術の基本を解説~4つのタイプでまとめるとサッカー観戦がわかりやすくなる~, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 海外・Jリーグ問わず有名チームの試合データ(スタッツ)やフォーメーションをまとめています。

mixiユーザー

mixiユーザー

 DAZNに興味がある方はこちらの記事がおススメです。, ⇒有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。 mixiユーザー