こち亀で両津が雑誌の編集部に行って 2019年末時点の過去10年間の週刊少年誌(ジャンプ、マガジン、サンデー)の発行部数の推移。 ジャンプは2010年に293.5万部だったのが、2019年には160.2万部となり 45% 減。 …空白の期間が長すぎるだけで。, — ホーリー@8/26魔獣あざらしさん (@hijiri0229) 2018年5月30日, ストーリー漫画で全部知ってて もちろん犯人も分かってるのに超面白いの、冷静に考えてすごくない?何度観ても面白い。やっぱり名探偵コナンは私をドキドキワクワクさせてくれる最高の作品だよ……, 連載が終了して20年以上経つ今も漫画やアニメ、ゲーム等のメディアを展開し、未だ「ジャンプ」の看板として君臨し、新規の読者を獲得し続け、世界的に高い人気を得ています。, あまりの人気から各方面への経済効果が大きすぎ、連載終了も作者の意思のみで決められず、出版社やアニメ制作会社、その他関係企業の上層部レベルの会談が行われ根回しをしてやっと終了できたという逸話まで残しています。, ドラゴンボールはどんな漫画より一番ダントツで大好きだーo(^o^)o面白いしかっこいいし泣けるし、ほんとに好きヤバイ死ぬo(^o^)oだから誰かに色紙描くときほぼドラゴンボールにするo(^o^)o次はセルだで!wセル大好き!ww pic.twitter.com/GMmNeISMhS, 7個集めて神龍を呼び出すとどんな願いでも叶えてくれる秘宝「ドラゴンボール」を探すギャグありエロありの冒険物としてスタートしました。, その頃も少なからず格闘要素は入っていましたが、人気がいまいち伸びず路線変更しました。, トーナメント方式の格闘技大会(天下一武道会)を取り入れてから徐々にバトル漫画へと転向し人気を得るようになっていきます。, そして父がスラダンにハマって毎週ジャンプを読むようになった。 時代が変わっても面白い漫画ってすごいなぁ, 人気漫画に便乗しただけの糞スピンオフ作品嫌いだけどブラックジャックのキリコのスピンオフ面白いからおすすめ, — miageruSoraそして青さ (@MiageruS) 2018年8月17日, 今や老若男女問わずに人気を誇り、アニメや毎年恒例の映画も高く評価されている推理漫画といえば、名探偵コナンをおいて他にはないですよね!, 謎の組織によって幼児化させられた高校生探偵・工藤新一が江戸川コナンと名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく推理漫画です。, 『週刊少年サンデー』にて1994年5号より『名探偵コナン』の連載が開始され、人気作品になっています。, 2014年6号で連載20周年を迎え、2017年37-38合併号で1000話となり、『サンデー』歴代史上最長の連載期間となっている作品なんですよ。, 1996年から放映開始されたテレビアニメも高視聴率を誇り、2016年には20周年を迎えた国民的作品です。, 1997年から毎年4月、劇場版映画が公開されており、2018年現在、最高興収が80億円を超えるなど絶大な人気を誇っています。, 2003年にはコミックスの総発行部数が1億部を突破し、2017年8月時点でコミックスの総発行部数は2億部となっています。, 漫画・アニメともに、世界でも翻訳・刊行・放映されている国もあり、2001年には第46回小学館漫画賞少年部門受賞しています。, 青山剛昌先生誕生日おめでとうございますいつも面白い漫画をありがとうございます‍♀️これからも無理せず頑張ってください!!!#名探偵コナン#青山剛昌先生生誕祭2017 pic.twitter.com/y8QzaOriUS, 高校生探偵・工藤新一は、大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち「日本警察の救世主」とまで言われていました。, 取引の模様を見るのに夢中になっていた新一は、組織のもう1人の仲間によって背後から殴り倒され、口封じのために毒薬を飲まされてしまいます。, だが、組織も知らなかった薬の副作用により神経を除いたすべての組織が退行し、小学1年生の体となってしまうのであった。, 新一は、自分が生きていることを組織に知られたら再び命を狙われ、周囲の人間も巻き添えにしてしまうと隣人の阿笠博士から助言を受けます。, そこで新一は、正体を隠して江戸川コナンと名乗り、蘭の父・毛利小五郎が探偵であり、謎の組織の情報が得られると考え、蘭の家に居候することになるのであった。, 名探偵コナン自体魅力的な漫画だからね! gooランキングが“週刊少年サンデー史上最高だった漫画ランキング”を発表 ... 2位には、コミックの累計発行部数が3000 ... 2020.11.10 20:00. Dr.コトーが休みがちになったヤングサンデーはつぶれた, 単行本で読んだことあるけどいかにも子供向けでつまらんかったよ !ロボコン』(1974年)、『ゲッターロボ』(1974年)などの特撮・SFアニメ作品のコミカライズを大挙掲載し、新規子供層を押えようとするなど、「親と子が安心して読める」誌面の展開を目指した。, しかし、サンデー、マガジンともすでに青年(あるいはそれ以上)向け雑誌に転じていたため、本来の読者層であるはずの少年の多くが『週刊少年ジャンプ』に流れることになり、1973年にはサンデー、マガジンともに発行部数で追い抜かれることになり、再び少年向けに方向転換(ただし、一部の劇画は残った)。, 当時の小学館は路線転換の煽りで離れつつあった少年読者層の再度獲得を目指すべく、まず1974年6月に単行本レーベルの「少年サンデーコミックス」(「漂流教室」などが第一弾として刊行)を立ち上げ、続いてサンデーから特撮・SFアニメ作品の部分を引き継いだ『てれびくん』(1976年)、児童向けの『コロコロコミック』(1977年)、学年誌とサンデーの中間の『マンガくん』(1976年)(1979年に『少年ビッグコミック』に改称)、新人作家育成のための『週刊少年サンデー増刊号』(1978年)など次々と新雑誌を創刊。, この時期は『週刊少年チャンピオン』の大躍進の影響もあり、発行部数が低迷、第4位になっていた。1977年には編集長が交代し、ビッグコミック系誌から持ち込まれ、現在もサンデーを象徴するイメージキャラクターのヘルメットを被ったナマズが初登場。また1976年から5年間1年ごとに誌名ロゴを変更する体制をとった。, 1970年代中期から後期にかけては小山ゆう『がんばれ元気』(1976年)、楳図かずお『まことちゃん』(1976年)、村上もとか『赤いペガサス』(1977年)などがヒットしているが、雁屋哲/池上遼一『男組』(1974年)、さいとう・たかを『サバイバル』(1976年)、林律雄/大島やすいち『おやこ刑事』(1976年)などの劇画のインパクトが強く、硬派でかつ重い雑誌と取られがちだった。1980年前後には、『週刊少年チャンピオン』の部数激減の影響もあり、発行部数が『週刊少年ジャンプ』に次ぐ第2位になった。, 1980年代に入ると、劇画村塾出身の高橋留美子の『うる星やつら』(1978年)と、『少年ビッグコミック』で『みゆき』をヒットさせていたあだち充の『タッチ』(1981年)のヒットでラブコメブーム(学園もの、青春もの)を巻き起こし、部数を大きく伸ばして、1983年には最高発行部数の228万部を記録するなど黄金期を迎えた(ちなみに、この記録は現在でも破られていない)。そのため、当時発行部数で首位に立っていた『週刊少年ジャンプ』編集部は猛追を恐れ、「友情・努力・勝利」を「友情・勝利・愛」に変えようとした程であった(ただし、これはその直後の『北斗の拳』の大ヒットと、これに伴う発行部数の急激な上昇によって回避された)。高橋とあだちはその後もサンデーに連載を続け、一時期[5]を除くと、2018年3・4合併号まで「サンデーに両者あるいは一方の作品が掲載される」状態が続いた。, また、この時期から増刊組が台頭し、島本和彦の『炎の転校生』(1983年)、ゆうきまさみの『究極超人あ〜る』(1985年)などの特撮のパロディが話題になり、いずれもヒットした。なお、本誌から連載の依頼があっても増刊で描くのが好きだからと断るみず谷なおき[6]のような漫画家もいた。, 1985年に誌名ロゴを固定化し、その頃から、RCサクセションを筆頭にBARBEE BOYS、爆風スランプなどのロックバンド、あるいはウィラードやガスタンクなどのパンク・ハードコア系のバンドの盛り上がり(第1次バンドブーム)にインスピレーションを受けた石渡治の『B・B』(1985年)、上條淳士の『To-y』(1985年)などの、音楽的かつ青年誌的な漫画が増えた。, 1985年中盤に新谷かおる『ふたり鷹』が、1986年末に『タッチ』が、1987年初頭に『うる星やつら』が終了したのを皮切りに、それまでのサンデーを支えていた作品の多くが完結し、1980年代前半の勢いが止まる。その後、高橋留美子の『らんま1/2』(1987年)、ゆうきまさみの『機動警察パトレイバー』(1988年)、青山剛昌の『まじっく快斗』(1987年~、不定期連載)・『YAIBA』(1988年)などがヒットするものの、続くヒット作がなかなか出ずに部数が大きく落ち込み、1987年頃にはマガジンに発行部数を追い抜かれた。, 1988年から1991年にかけて連載数を増加させ、他社からのギャグ漫画家などの引き抜きや、石ノ森章太郎、楳図かずおら大御所の再登用、漫画家インタビューコラム「オレのまんが道」の連載、既存の枠にとらわれない増刊『サンデーspecial』の発行、プロ・アマチュアを問わずに連載用の第1話を公募して誌面に掲載、読者の人気が高かったものを連載化する「コミックグランプリ」の実施、たま(1990年14号)やX(1990年35号)といったロックバンドのカラーグラビア掲載などの実験的な試みを数多く行った。この時期は雑誌および編集部に混乱が続いていて、小山ゆうの『少年』(1989年)の不自然な打ち切り、柳沢きみおの『ウエルカム』(1990年)の打ち切り、単行本が最終巻刊行直後に絶版になる(石ノ森『仮面ライダーBlack』、楳図『まことちゃん(平成版)』)など、中堅・ベテラン・大御所を問わず悲惨な目に遭うことになった。, この時期、少年ビッグコミックの対象読者層が創刊当初に予測していた層より上になっていた事を受けて、青年誌『ヤングサンデー』(1987年)としてリニューアル創刊された。, 1988年から1991年にかけての大混乱の中、若手漫画家の手により、それまでのサンデーの色に無かった新しい漫画が増え始め、『帯をギュッとね!』(河合克敏、1989年)、『スプリガン』(原作:たかしげ宙・漫画:皆川亮二、1989年)、『健太やります!』(満田拓也、1989年、増刊号から移籍)、『うしおととら』(藤田和日郎、1990年)、『今日から俺は!!』(西森博之、1990年、増刊号から移籍)、『行け!