天皇賞春は10人気で回収率1300%超え。 →1万2950円獲得/回収率259% 実は一緒に公開している // -->, 秋天がドスローだったから、ジャパンカップもドスローになってもけして驚けないか。 (まあ、秋天はクロノジェネシスとフィエールマンのためにドスローにしたんだとは思うが), サートゥルナーリアはルメール先生から池添だから 鞍上劣化とは言わんがフラッシュほどの劇的な効果があるかどうか, エリザベス女王杯前に サートゥルナーリア(英:Saturnalia 、香: 農神節慶 )は、日本の競走馬。.

最後は神戸新聞杯みたいに1F10.2の超絶切れ味を持ってるし.

// -->, アクセル全開でなくても、加速は抜群だった。ルメール騎手の手綱がかすかに動いた程度で、サートゥルナーリアは四肢を目いっぱいに伸ばし、 自らギアチェンジした。前方外で併せ馬をしていたトーセンカンビーナを並ぶ間もなく抜き去り、ラスト1ハロンは驚異の11秒2。アスファルトを走るスポーツカーのようにブレない走りだった。, ルメール騎手 気持ち良かったです。体が大きくなったと思う。ずっとリラックスしていて、ペースアップして反応がすごく良かった。フットワークも速かったし、状態は問題ない。, カーレーサーとも親交がある名手は、自動車にたとえて「ベンツのAMG。大きなベンツ」と表現した。 かつてアーモンドアイをフェラーリ、レイデオロをポルシェと評したことがある。 自身も愛車にしており「牡馬なので(フェラーリより)重い感じ。ストロングカー」と説明した。, https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=202006180000106&year=2020&month=6&day=18, 引用元: ・ルメール「サートゥルナーリアはベンツのAMG。アーモンドアイはフェラーリ。レイデオロはポルシェ」, エリザベス女王杯前に ◎ワイド実績(無料) 何故か残り400mまで仕掛ける馬がいなければワンチャン

var blogroll_channel_id = 307422; 中長でいいと思うダノンキングリーとかスワーヴリチャードは無駄にマイルに転向するのに, スタミナはないけど、マイルの早い流れに向いてるとも思えない。ドスローの中距離で一瞬の脚を使う。エイシンフラッシュぽいな。, エイシンフラッシュをから安定感が少し失われてハマった時の爆発力が少しプラスされた感じ, 引用元:宝塚記念4着で駄馬扱いされるサートゥルナーリア可哀想【http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/keiba/1605015934/】. 【ワイド的中一覧】 宝塚記念4着で駄馬扱いされるサートゥルナーリア可哀想 コントレイル矢作芳人調教師「競馬は強い馬同士の対決こそ盛り上がる」 【悲報】ブラストワンピースさん、誰にも期待されてない gcse.async = true;

ワイド3-8的中/3.7倍×3500円

ワイド情報もかなり激アツなんです! まあでも府中でサートゥルナーリアが来られるほどドスローになって欲しくないという意識もあるのだろうな。 秋天がドスローだったから、ジャパンカップもドスローになってもけして驚けな … 宝塚記念4着で駄馬扱いされるサートゥルナーリア可哀想 コントレイル矢作芳人調教師「競馬は強い馬同士の対決こそ盛り上がる」 【悲報】ブラストワンピースさん、誰にも期待されてない (function() { 実は一緒に公開している うあー、マイラー化してたー! となる . 天皇賞春は10人気で回収率1300%超え。 1: 名無しマン 2020/06/18(木) 16:38:04.11 ベンツの走り!? g1・2勝馬サートゥルナーリア(牡4、角居)が17日、宝塚記念(g1、芝2200メートル、28日=阪神)の1週前 春G1は8戦6勝 JCが13秒台のラップを刻むような超絶スローペースになって 01 5 06 サートゥルナーリア 牡4/502(-2)/ 2.01.6 --- c.ルメール 58.0 角居 勝彦 02 6 08 サトノソルタス 牡5/498(+2)/ 2.01.9 2馬身 藤岡康太 56.0 堀 宣行 見ておくべき頼りになる無料情報! ────────────────

var gcse = document.createElement('script'); 主な勝ち鞍は2018年のホープフルステークス(GI)、2019年の皐月賞(GI)、神戸新聞杯(GII)、2020年の金鯱賞(GII)。 馬名の意味は「公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り」(母名からの連想) 春のG1連勝街道の無料情報。 【ワイド的中一覧】

s.parentNode.insertBefore(gcse, s); var s = document.getElementsByTagName('script')[0];

3連複・ワイド好調の無料情報はコチラ, , ワールドプレミア「菊花賞1着、有馬3着からの参戦なんですけど...これで主役になれないってホントですか?(´・ω・`)」, まあでも府中でサートゥルナーリアが来られるほどドスローになって欲しくないという意識もあるのだろうな。, アナウンス「4歳世代が牙をむく!日本のホースマンたちよ、見てくれ!これが俺たちの華麗なる逆襲だ!, いい足が一瞬しか使えないのに府中で通用するわけないんだよなぁ…グローリーヴェイズの方がまだチャンスあるわ, 椎名/グウェル/りりむの案件配信『ガヤうるさすぎて草』『台本ガン無視』【にじさんじ】, 【競馬・エリザベス女王杯】16着ノームコア横山典「ハナに行くのは、この馬の武器だと思っていた。, ‹無・個撮›黒髪ロングでスレンダー巨乳のセクシーBJお姉さんがバ●ブをフ●ラしながら腰振る過激ライブチャットwww, 日本戦を控えるメキシコが後半のゴールラッシュで逃げ切り韓国に逆転勝利!メキシコ3-2韓国, ダレノガレ明美 “ガサ入れ”報道に困惑 2度目の毛髪検査「いつ裁判起きてもいいように」, [競馬] ラッキーライラックがエリ女勝とうものならもう2度と追いつけないレベルの最低のGI4勝馬になるね. 今週はエリザベス女王杯&デイリー杯2歳S3連複と他ワイドを無料公開なので、ここは目を光らせておくべきです! var blogroll_channel_id = 307422; 今週は3月15日に開催された金鯱賞(G2)を勝ったサートゥルナーリアを取り上げます。, 5枠6番サートゥルナーリアは、五分のスタートを切ると道中は5番手の位置で折り合いをつける。, 楽な手応えのまま残り200mで先頭へ立つと、ノーステッキで楽々ゴール板を駆け抜けた。, 重賞はホープルフルステークス(G1)、皐月賞(G1)、神戸新聞杯(G2)に続き4勝目となった。, サートゥルナーリアの父ロードカナロアは現役時代、国内外で19戦13勝(2着5回3着1回と馬券圏外は一度もなし)。, 主な勝ち鞍は香港スプリント(2回)、スプリンターズステークス(2回)、高松宮記念、安田記念とG1を6勝。, 自身はスプリント~マイルで活躍したが、産駒は名牝アーモンドアイ(牝馬3冠ジャパンカップ、ドバイターフ)やステルヴィオ(マイルチャンピオンシップ)、そして本馬(ホープフルステークス、皐月賞)と種牡馬としての距離の守備範囲は広い。, 繁殖として、エピファネイア(菊花賞、ジャパンカップ)、リオンディーズ(朝日杯フューチュリティ)、そして本馬(ホープフルステークス、皐月賞)とG1馬3頭を輩出。, 血統背景は、父スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)×母父Sadler’s Wells(ノーザンダンサー系)の組み合わせ。, 父ロードカナロアは非サンデー系なので母方にサンデーを持つ肌馬との交配が強みであり、成功の近道。, 本レースは過去5年で馬券圏内にディープインパクトが5回、キングカメハメハが同4回、ハーツクライが同3回入着しており、戦前のnetkeibaでのコラムで取り上げました。, 結果は1着ロードカナロア(キングカメハメハ系)、2着ディープインパクト、3着キングカメハメハと3着以内を王道種牡馬で独占、春の大舞台へ改めて存在感を見せつけました。, ディープインパクトやキングカメハメハと言った種牡馬の活躍が増えてくると、いよいよ王道シーズンの幕開けだなぁと実感します。, サートゥルナーリアは戦前の「左回り不安説」等、周囲の雑音を力でねじ伏せて見せました。, 4歳の始動戦としてはこれ以上ない内容で前途は明るく、この春いくつG1を獲るのだろうと期待が膨らみます。, 『第20回 ローレル賞(SII)【地方交流】(東京2歳優駿牝馬TR) 予想』斉藤イサオ. var cx = 'partner-pub-5546216651537332:9094064035'; })(); © 2020 ケイバペディア All rights reserved. ワイド3-8的中/3.7倍×3500円 2019年牡馬クラシック戦線の主役であるサートゥルナーリア。その高いポテンシャルは3冠馬級とも評され断然の人気に押されるでしょうが、様々な不安材料も抱えている馬です。クラシック戦を前にサートゥルナーリアの弱点を洗い出してみましょう。 春G1は8戦6勝 見ておくべき頼りになる無料情報!

→(春G1集計表(無料)) ... サートゥルナーリア20万 クロノジェネシス10万 ラッキーライラック10万 買っとけば手堅く10万稼げるな . サートゥルナーリアいっそのこと距離短縮せんやろか 151 風吹けば名無し 2020/10/09(金) 00:56:46.26 ID:wgtH6ans0 凱旋門の時に「なんでお前らすぐ柴田大をトレードの弾にしようとするの? ◎ワイド実績(無料) →(春G1集計表(無料)) サートゥルナーリアの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 var blogroll_channel_id = 307306;

サートゥルナーリア(英:Saturnalia[1]、香:農神節慶)は、日本の競走馬。, 主な勝ち鞍は2018年のホープフルステークス(GI)、2019年の皐月賞(GI)、神戸新聞杯(GII)、2020年の金鯱賞(GII)。馬名の意味は「公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り」(母名からの連想)[5]。, 2016年3月21日、北海道安平町のノーザンファームで誕生。一口馬主法人「キャロットクラブ」より総額1億4,000万円(1口35万円×400口)で募集された[5]。育成はノーザンファーム早来の伊藤隆行厩舎にて行われた。伊藤厩舎長は育成時代のエピファネイア、リオンディーズにも騎乗した経験があり、当時のサートゥルナーリアについて「初めて跨がった頃から、兄と共通する前向きさと手応えの良さがありました。ロードカナロアの産駒らしい体型こそしていましたが、折り合いの不安も無かったですし、距離はこなせるとも思っていました」と振り返っている[6]。, 母のシーザリオ、半兄のエピファネイア、リオンディーズと同じく栗東・角居勝彦厩舎に入厩。秋の京都開催でデビューしたGI馬の兄2頭と比べて仕上がりは早く、2018年6月10日の新馬戦(阪神芝1600m)でデビューする。デビュー1週前の追い切りではたまたま併せ馬が重なった他厩舎のGI馬ペルシアンナイトを追走して併入する抜群の動きを見せた。レースではリオンディーズの主戦でもあったミルコ・デムーロが騎乗し、単勝1.1倍の圧倒的人気を集めた。好スタートから好位の内を追走し、最後の直線では窮屈になる場面もあったが、進路が生まれると一瞬で抜け出し、ゴール前はデムーロが手綱を抑えるほどの楽勝でデビュー勝ちを収めた[7]。, 2戦目には札幌2歳ステークスが予定されていたが、左前脚の球節に疲れが見られたため回避となった[8]。夏場は休養にあてられ、10月27日の萩ステークスで復帰。最後の直線では持ったままの状態で内から抜け出し、最後まで追われることなく2着ジャミールフエルテに1馬身3/4差をつける大楽勝でデビュー2連勝を飾った[9]。, 年内最終戦として、12月28日のGIホープフルステークスに参戦。栗東坂路で行われた最終追い切りでは軽く促された程度でラスト1F11秒9を計測し[10]、当日は単勝1.8倍の支持を集めた。レースでは好スタートから2番手を追走し、4コーナーから直線にかけて内に包まれる場面もあったが、僅かに生まれた隙間を突いて一瞬で抜け出し、ゴールまで一度も鞭を入れられることなく2着アドマイヤジャスタに1馬身半差をつけて優勝。騎乗したミルコ・デムーロは勝利騎手インタビューで「今年一番強い2歳馬です」と絶賛した[11]。, 2歳時の全3戦に騎乗したデムーロは年明けすぐのインタビューでサートゥルナーリアについて「彼は歴史を変える一頭だと思う。今年も本当に楽しみな馬だよ」と語っていたが[12]、デムーロには朝日杯フューチュリティステークスを含め4戦4勝のアドマイヤマーズもお手馬として抱えており、どちらに騎乗することになるか注目された。結果、1月10日になって春のクラシック戦線はクリストフ・ルメールに乗り替わることが発表され[13]、同月23日にはホープフルステークスで長距離輸送、中山競馬場の2000mを経験していることから、トライアルを使わず皐月賞に直行することが決まった[14]。, 2019年初戦となった皐月賞では、単勝オッズ1.7倍の1番人気に推された[15]。道中6から7番手の外で待機し直線で一気に抜け出すと、2着のヴェロックス、最内から伸びてきたダノンキングリーとの叩き合いを制しアタマ差での1位入線を果たす[15]。最後の直線でヴェロックスとが競り合った際、直線の半ば付近で内側に斜行してヴェロックスの進路を狭めた[16]として審議が行われたものの、最終的に着順通りに確定し[17]牡馬クラシック初戦を勝利した。鞍上のクリストフ・ルメールは皐月賞初制覇と同時に、JRA史上9人目のクラシック完全制覇を達成した[18][注 2]。無敗で皐月賞を制したのは2005年のディープインパクト以来14年ぶりとなった。, 5月26日、クラシック第2戦の東京優駿(日本ダービー)では、皐月賞に続いて鞍上を務める予定だったルメールが同月5日のNHKマイルカップにてグランアレグリアに騎乗して出走した際、最後の直線で外側に斜行しダノンチェイサーの進路を塞いだとして翌週開催からダービーまでの16日間の騎乗停止処分を受けて当日の本馬への騎乗が不可能となっていたため[20][注 3]、代役として4月から短期免許制度を交付して来日していたダミアン・レーン騎手を迎えてのテン乗りでの出走となった[22]。戦前の共同記者会見でレーンは「VTRで過去のレースを確認しまして、非常に良い馬なので、とても乗るのを楽しみにしています。多分いくつもレース中はオプションがあると思いますが、素晴らしい終いの脚を見ていて1番強い馬だなと思いました」と自信を覗かせ[23]、当日も単勝1.6倍で1番人気に支持されたものの[22]、スタートで出遅れて[注 4]道中を11番手でレースを進め、大外に持ち出した直線では上がり最速34秒1の末脚を繰り出して前を行くロジャーバローズ、ダノンキングリーの二頭を追い上げたものの捉えられず、さらには一度かわしたヴェロックスにも内から差し返されて4着に敗れ、デビュー5戦目にして初黒星を喫した[22]。レース後、鞍上のレーンは「ゲートに着いてから時間がたって、馬のテンションが上がってきてしまった。ゲートでガタガタして、いつもより後ろからになってしまった。道中の手応えの感じは良かったが、早めに仕掛けて勝負にいったぶん、最後は苦しくなってしまった」と振り返り[22]、また10月にフランス・パリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に本馬の挑戦を表明していたキャロットファームの秋田博章社長は「まだ3歳のこの時期の段階だし、(敗因が)馬の発走(出遅れ)のところなのか距離なのか分からないので」とコメントし、既に登録を済ませていた凱旋門賞への挑戦を断念する方向性を示した[22]。(詳細は第86回東京優駿(日本ダービー)を参照), 6月24日にキャロットクラブを通じて秋の初戦は神戸新聞杯に出走することが発表された[25]。9月22日の神戸新聞杯では鞍上がルメールに戻り、単勝オッズ1.4倍の1番人気に支持される[26]。道中2番手でレースを進め、直線入り口で先頭に立つと、後続に3馬身差をつけて優勝し、菊花賞への優先出走権を獲得した[27]。ゴール前では、騎手が後方を振り返ってセーフティリードを確認すると、それ以上は力走しなくてもよいだけの余裕があった[28]。ゴールまでのラスト600メートルの走破タイムは、勝ったサートゥルナーリアと3着のワールドプレミアが32秒3を記録した[29]。この記録は阪神競馬場を2006年に改装して以後の勝ち馬の記録としては最も速いものだった[30][注 5]。『競馬ブック』の牟田雅直は、この時計がでた要因として、スピードの出やすい馬場であったこと、前半のペースが遅かったことの影響を指摘しつつ、この好タイムは2400メートルの距離に不安がないことを示したものとした[28]。, レース後、馬主側は優先出走権を得ている菊花賞へ出走する意思がないことを明言し、天皇賞(秋)に出走することになった[30][31]。, 迎えた天皇賞(秋)はルメールが前年の年度代表馬・アーモンドアイに騎乗するため、5年振りに来日していたクリストフ・スミヨンを鞍上に迎えた[32]。初対戦となるアーモンドアイをはじめ、ダノンプレミアム、ワグネリアンなどの古馬の有力馬が集まり、出走16頭の内GI優勝馬は10頭という超豪華メンバーとなった[33]。本馬はその中でアーモンドアイに次ぐ2番人気に推された[34]。しかし、ゲートに入る前から落ち着きがなく、レースでは好位につけたが、直線で伸び脚を欠き、6着に敗れた[35]。レース後に鞍上のスミヨンは「ずっと力みっぱなし。直線は、ゴールの100メートル手前で外に膨れ、アップアップの状態だった」と敗因を語った[35]。(詳細は第160回天皇賞を参照), 次走にはファン投票で第4位となる8万3491票[36]を集めた有馬記念を選択。前走に引き続きスミヨンとのコンビを継続しての出走となり[37]、GI馬11頭が揃ったメンバー[38]の中でアーモンドアイ、宝塚記念とコックスプレートを連勝しここがラストランとなる牝馬リスグラシューに次ぐ3番人気に推された。レース前から既にテンションが上がり消耗していた前走の結果を踏まえて輪乗りに参加せずゲートインを迎える[39]と、レースでは好スタートからアーモンドアイをマークする形で中団後方を追走。最終コーナーで外から進出を開始し、直線半ばで内のアーモンドアイとフィエールマンを交わして一旦は先頭に立ったが、外から突き抜けたリスグラシューに差を開けられ、同馬から5馬身差の2着で入線[40]。鞍上のスミヨンは「勝った馬が強過ぎました[注 6]。リスグラシューが引退するなら、(今後は)日本でこの馬が一番強いのではないでしょうか」とコメント[42]、角居調教師は「落ち着いていましたし、ジョッキーも“前回とは違った”と言ってくれました。力は出し切ったと思います」と述べた[43]。(詳細は第64回有馬記念を参照), JRA賞最優秀3歳牡馬の選定ではNHKマイルカップと香港マイルを制したアドマイヤマーズも有力候補に挙がっており、前年のJRA賞最優秀2歳牡馬選出に続く同馬との一騎打ち[44]の様相となったが、17票差で本馬の受賞が決定した[45][46]。, 1月13日、キャロットファームの秋田博章社長からサートゥルナーリアの香港遠征プランがあることが明かされ[47]、遠征を行う場合は4月26日のクイーンエリザベス2世カップ、国内のレースの場合は大阪杯を目標とし[47]、28日にはルメールを鞍上に3月15日の金鯱賞から始動することが発表された[48]。当日は前年のチャレンジCなど5連勝中のロードマイウェイなどが出走する中[49]、単勝1.3倍の1番人気の支持を受けた[50]。58kgの斤量や左回りを不安視する声もあったものの[51][52][53]、レースでは直線で先頭に立つと後続を突き放し、2着サトノソルタスに2馬身差をつけて勝利。人気に応えて重賞4勝目を挙げた[54]。金鯱賞後は滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出され、大阪杯は回避、香港遠征は行わずに6月28日の宝塚記念に出走することが発表された[55]。, 迎えた宝塚記念ではファン投票3位の票数を集めた[56]。大阪杯の1,2着馬ラッキーライラック、クロノジェネシスをはじめ、史上最多のGI馬8頭が集結する豪華メンバーが揃った中[57][58]、それらを抑えて1番人気に推された。しかし、レース前の降雨で馬場状態が悪化。稍重で行われたレース本番では、道中10番手を追走したが、直線ではキャリアで最も遅い上がり3F37秒6と本来の末脚が見られず、勝ったクロノジェネシスから2秒1差と水をあけられる4着に敗れた[59][60]。レース後、鞍上のルメールは敗因に距離と馬場を挙げ、「ベストは2000メートルでしょう。良馬場なら、もっといい競馬ができたと思います」とコメント。管理する角居調教師も「(父の)ロードカナロアが出てきたのか、(距離も)長く感じました」と語った[59]。, 第34回タイムフライヤー / 第35回サートゥルナーリア / 第36回コントレイル, 第2回 ウアルドマイン / 第3回 セントライト / 第4回 アルバイト / 第5回 ダイヱレク / 第6回 クリヤマト / 第7回 トキツカゼ / 第8回 ヒデヒカリ / 第9回 トサミドリ, 第10回 クモノハナ / 第11回 トキノミノル / 第12回 クリノハナ / 第13回 ボストニアン / 第14回 ダイナナホウシユウ / 第15回 ケゴン / 第16回 ヘキラク / 第17回 カズヨシ / 第18回 タイセイホープ / 第19回 ウイルデイール, 第20回 コダマ / 第21回 シンツバメ / 第22回 ヤマノオー / 第23回 メイズイ / 第24回 シンザン / 第25回 チトセオー / 第26回 ニホンピローエース / 第27回 リュウズキ / 第28回 マーチス / 第29回 ワイルドモア, 第30回 タニノムーティエ / 第31回 ヒカルイマイ / 第32回 ランドプリンス / 第33回 ハイセイコー / 第34回 キタノカチドキ / 第35回 カブラヤオー / 第36回 トウショウボーイ / 第37回 ハードバージ / 第38回 ファンタスト / 第39回 ビンゴガルー, 第40回 ハワイアンイメージ / 第41回 カツトップエース / 第42回 アズマハンター / 第43回 ミスターシービー / 第44回 シンボリルドルフ / 第45回 ミホシンザン / 第46回 ダイナコスモス / 第47回 サクラスターオー / 第48回 ヤエノムテキ / 第49回 ドクタースパート, 第50回 ハクタイセイ / 第51回 トウカイテイオー / 第52回 ミホノブルボン / 第53回 ナリタタイシン / 第54回 ナリタブライアン / 第55回 ジェニュイン / 第56回 イシノサンデー / 第57回 サニーブライアン / 第58回 セイウンスカイ / 第59回 テイエムオペラオー, 第60回 エアシャカール / 第61回 アグネスタキオン / 第62回 ノーリーズン / 第63回 ネオユニヴァース / 第64回 ダイワメジャー / 第65回 ディープインパクト / 第66回 メイショウサムソン / 第67回 ヴィクトリー / 第68回 キャプテントゥーレ / 第69回 アンライバルド, 第70回 ヴィクトワールピサ / 第71回 オルフェーヴル / 第72回 ゴールドシップ / 第73回 ロゴタイプ / 第74回 イスラボニータ / 第75回 ドゥラメンテ / 第76回 ディーマジェスティ / 第77回 アルアイン / 第78回 エポカドーロ / 第79回 サートゥルナーリア, 優勝したリスグラシューには、国内GI歴代最高値となる130ポンドのレーティング(牝馬のアローワンス4ポンドが引かれた126が発表値)が与えられている, 【新春インタビュー】M.デムーロ騎手、2019年の決意「サートゥルナーリアは歴史を変える一頭」, 【JRA】ルメール騎手が16日間の騎乗停止 ダービーのサートゥルナーリアなど乗り替わりに, 【JRA】サートゥルナーリア鞍上レーン「1番強い馬だなと思いました」/日本ダービー共同会見, 【神戸新聞杯】サートゥルナーリア、秋初戦を完勝!次は天皇賞かジャパンcで古馬撃破だ, 【神戸新聞杯】3馬身差Vサートゥルナーリア天皇賞かJCへ キャロット秋田社長「菊花賞はありません」, 【天皇賞・秋(G1)予想】G1馬10頭参戦!秋の天皇賞を制するのは? | 競馬まとめニュース, 天皇賞(秋)(G1) オッズ | 2019年10月27日 東京11R レース情報(JRA), 【有馬記念】GI馬が11頭ずらり! 超豪華メンバーによる最終決戦/JRAレースの見どころ | 競馬ニュース, 【有馬記念】リスグラシュー5馬身差完勝! GI・3連勝で花道飾る!/JRAレース結果 | 競馬ニュース, 【有馬記念】サートゥルナーリア出し切った2着 スミヨン「勝った馬が強過ぎた」 | 競馬ニュース, 最優秀2歳牡馬にアドマイヤマーズ選出 サートゥルナーリアとの一騎打ち制す | 競馬ニュース, 【2019年度JRA賞】最優秀3歳牡馬はサートゥルナーリア 皐月賞&神戸新聞杯V、有馬記念2着 : スポーツ報知, 【金鯱賞】有馬記念2着のサートゥルナーリアが始動/JRAレースの見どころ | 競馬ニュース - netkeiba.com, 金鯱賞(G2) オッズ | 2020年3月15日 中京11R レース情報(JRA), JRA金鯱賞(G2)サートゥルナーリア圧勝! C.ルメール課題の“左回り”に「全然問題なかった」春のG1戦線へ視界良好, https://mainichi.jp/articles/20200626/ddm/035/050/090000c, 【勝負の分かれ目 宝塚記念】道悪では負けなしのクロノジェネシスが底力でGI2勝目 | 競馬ニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サートゥルナーリア_(競走馬)&oldid=80427255, 祖母キロフプリミエールは、ラトガーズBCH(米GIII)を制している。キロフプリミエールの半姉Be Discreetの曾孫に.