Amazon.co.jp: シャーロックホームズ 漫画 ... 完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻 ... 回想のシャーロック・ホームズ 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫) 登場人物 1887年から1927年にかけて、60編(長編4、短編56)が発表された。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazon.co.jpが発送する¥2000以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ), 名探偵シャーロック・ホームズ 1 なぞの赤毛クラブ (10歳までに読みたい名作ミステリー), 回想のシャーロック・ホームズ 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫), 怪盗ルパン伝アバンチュリエ【単話版】 87: 813(7)ルノルマン部長戦闘開始 -前編-② (ルパン帝国再誕計画コミックス), 怪盗ルパン伝アバンチュリエ【単話版】 86: 813(6)ルノルマン部長戦闘開始 -前編-① (ルパン帝国再誕計画コミックス), シャーロック・ホームズ語辞典: ホームズにまつわる言葉をイラストと豆知識でパイプ片手に読み解く, 怪盗ルパン伝アバンチュリエ【単話版】 1: アルセーヌ・ルパンの逮捕(1) (ルパン帝国再誕計画コミックス), 怪盗ルパン伝アバンチュリエ【単話版】 71: 奇巌城(17)エギーユ論-中編- (ルパン帝国再誕計画コミックス), 怪盗ルパン伝アバンチュリエ【単話版】 64: 奇巌城(10)追跡-前編- (ルパン帝国再誕計画コミックス), 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 彼の活躍する一連の作品は大ヒットして、推理小説の分野に一つの頂点を築いた。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 01:20 UTC 版), シャーロック・ホームズシリーズはその内容と知名度から、度々推理アドベンチャーゲームの題材とされた。, ボヘミアの醜聞 - 赤毛組合 - 花婿失踪事件 - ボスコム渓谷の惨劇 - オレンジの種五つ - 唇のねじれた男 - 青い紅玉 - まだらの紐 - 技師の親指 - 独身の貴族 - 緑柱石の宝冠 - ぶな屋敷, 白銀号事件 - ボール箱 - 黄色い顔 - 株式仲買店員 - グロリア・スコット号事件 - マスグレーヴ家の儀式 - ライゲートの大地主 - 背中の曲がった男 - 入院患者 - ギリシャ語通訳 - 海軍条約文書事件 - 最後の事件, 空き家の冒険 - ノーウッドの建築業者 - 踊る人形 - 孤独な自転車乗り - プライオリ学校 - ブラック・ピーター - 犯人は二人 - 六つのナポレオン - 三人の学生 - 金縁の鼻眼鏡 - スリークウォーター失踪 - 僧坊荘園 - 第二の汚点, ボール箱 - ウィスタリア荘 - ブルースパーティントン設計書 - 悪魔の足 - 赤い輪 - フランシス・カーファックス姫の失踪 - 瀕死の探偵 - 最後の挨拶, マザリンの宝石 - ソア橋 - 這う男 - サセックスの吸血鬼 - 三人ガリデブ - 高名な依頼人 - 三破風館 - 白面の兵士 - ライオンのたてがみ - 隠居絵具師 - 覆面の下宿人 - ショスコム荘, シャーロック・ホームズ - ジョン・H・ワトスン - ジェームズ・モリアーティ教授 - モラン大佐 - レストレード警部 - マイクロフト・ホームズ - ベイカー街遊撃隊 - ハドスン夫人 - メアリー・モースタン - グレグスン警部, シャーロック・ホームズシリーズ - ベーカー街221B - シャーロキアン - シャーロック・ホームズシリーズ関連作品 - 語られざる事件 - ザ・シャーロック・ホームズ, シャーロック・ホームズ - 短編小説 - 登場人物 - 本シリーズをベースとしたフィクション作品, シャーロック・ホームズシリーズ関連作品のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、184頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、106-108頁, 曽根晴明「パイプ」『ホームズなんでも事典』平賀三郎編著、青弓社、2010年、145-146頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、118-119頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、315-316頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、41-42頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、90頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、222頁, マシュー・バンソン編著『シャーロック・ホームズ百科事典』日暮雅通監訳、原書房、1997年、111頁, 田中喜芳『シャーロッキアンの優雅な週末 ホームズ学はやめられない』中央公論社、1998年、129-131頁, ミード夫人のミステリ作品は、本名エリザベス・トーマシナ・ミード・スミスもしくは、作中探偵と同一のクリフォード・ハリファックスの男性名での名義。またミード&ハリファックス共同名義(実際はミード夫人が単独で執筆)での作品もある。, All text is available under the terms of the, 『Sherlock Holmes: Secret of the Silver Earring』(, 『Sherlock Holmes: Crimes & Punishments』(2014年). シャーロック・ホームズシリーズ(英: Sherlock Holmes )は、小説家 アーサー・コナン・ドイルの作品で、シャーロック・ホームズと、友人で書き手のジョン・H・ワトスンの織り成す冒険小説の要素を含む推理小説である。.

今なお世界中のファンを魅了し続けている「シャーロック・ホームズ シリーズ」。いざ読もうと思っても色んな出版社から出てるし、どの巻から読んだらいいかわからない・・・。ここでは、数ある出版社の中からおすすめ2社と、読む時の順番についてお伝えします。