【ポケモン剣盾】ポケモンの新環境に詳しい大先生きてくれ 今の環境ってどんなポケモンを対策したりパーティに入れればいいんだ? 2020/11/09 ポケモンソード・シールド , ポケモンバトル 16 コメント 新年度周辺の生活とは忙しいものですね。 私も里帰りやら何やらで、このブログを更新できませんでした。 ま、誰が待ってるんだよって話ですが 今回は、現在私がORASレートのシングルバトルにおいて使っていた(最終レート1780程度)シロナパーティを紹介していきたいと思います。

みんな大好きシロナのパーティ、剣盾版を作ってみました。マスターまでは上がれます。簡単ながらメモを残しておきます。 ルカリオが先兵、ミカルゲとミロカロスが防御担当、グレイシア打ち合い担当、トゲキッスとガブリアスがエースというような構成になっています。 ロックマンエグゼ6 全国大会ベスト4

今回は、現在私がORASレートのシングルバトルにおいて使っていた(最終レート1780程度)シロナパーティを紹介していきたいと思います。個々のポケモンの調整やその意図に関してはざっくりと書いていきます。, 「ミロカロスどこ行った」みたいな声が聞こえてきそうですが、何度もポケモンの入れ替えを試した結果、一番使いやすかったこのパーティに落ち着きました。, ミカルゲの一般的な調整なんて知らないので、計算ツールをポチポチやりながら考えました。, 具体的にはA特化メガガルーラの地震を親子込みで2耐え、C特化メガゲンガーのシャドボをオボン込みで2耐えする程度の耐久を持ちます。ちなみにHSメガゲンガーであればオボンなしでも2耐え可能です。さらに返しのシャドボ→不意打ちでメガゲンガーは落ちます。, ちなみに陽気ガブリアスの逆鱗もオボン込み2耐えなので、先発に出てきがちなガブガルゲンに対して一方的に弱くならないのが最大のセールスポイント。, 先発、サイクル戦でのクッション、さらには特性による申し訳程度の害悪対策もこなす万能ポケモンでした。, 143-×-85-193-125-135 (めざ炎固体 31-2-31-30-31-30), 【XY】スカーフロズレイドの調整 : 今まで倒したタブンネの数を僕等はまだ知らない, 初めてロズレイドというポケモンを使ったのですが、感想としては「思ってたより強い」でした。, 特にヘドロ爆弾などに一貫ができたときが強く、サイクルで削った後にスカーフで上から抜いていくという試合もかなりの数ありました。, 耐久が低いと思われがちですが、特殊に関して言えばそんなことはなく、水ロトムなど半減前提ならば受け出しも容易だったのが好感触ですね。, 反面やはり物理耐久は紙の一言で、陽気ガブの逆鱗で余裕の確定1、地震ですらも低乱数1とかなり不安があります。ハッサムの鉢巻バレットもギリギリ(84.5%~100%)なので、ハッサム水ロトムみたいな並びをロズレイドだけで見れるわけではないという点がとても歯痒かったです。。。, パーティで数少ない炎技持ちということもあり選出率はかなりのものでしたが、扱いを一度間違えるとあっという間に過労死してしまいます。にもかかわらずパーティ的にフェアリーが重く鋼も呼びやすいため、ロズレイドの選出を強要されるケースが続出。, フェアリーや水ロトムなどのロズレイド本来の役割対象に加え、重すぎるメガフシギバナやハッサムなども任せる試合が多かったです。, 余談ですが、非常に起点にされやすいポケモンなのでそのあたりのケアはロズレイドを使う上で必須ですね。レート1600帯は意気揚々とリザX投げてきます。, まずパーティ的にどうしても特殊に偏ってしまう上、後述する神速の必要性から物理型での採用。ちなみに調整意図は割と有名なもの。最速を確保した上でキノガッサのテクニマッパ耐えまでHに割き、残りをAへ回す調整です。, まず神速についてですが、これはファイアロー意識ですね。パーティ全体でアローへの回答が薄く、かつ時としてパーティの要となりうるロズレイドに対して絶対的な制圧力を持つアローに対するせめてもの枠です。, ちなみにステロ+神速だと無傷のファイアローが絶対落ちないのでどこかでゴツメや反動ダメを稼ぐ必要があります。こらそこ欠陥構築とか言わない, 実戦では役割が薄くなったトリトドンと心中させたり、キッスやミカルゲでなんとかしてました。, また、ロズレイドの項でも述べたようにフェアリーが重いのでアイアンテールを採用せざるを得ませんでした。, さすがにアイアンテールだとB特化ニンフィアであろうとオーバーキルできるので、大抵のフェアリー連中は積まずとも吹き飛びますね。, 選出率としては割と高い方でしょうか。フェアリーが出てきそうなときや単純に刺さってるときは出してました。ロズレイドでは処理に不安があるナットレイを任せることもありましたが、バシャーモとセットでいられると選出段階からあわわあわわでした, 言わずもがなアロー用に連れて行く事も多かったですが、なぜかアローが選出されないことが多かったんですよね。なんででしょう?, 環境に刺さってないと言われますが、ポテンシャルの高さはひしひし感じました。今回はカバルドンのような露骨な起点役がいないのでどこかで積む起点を見つけなければいけないのですが、そこがまた面白くいいポケモンだと思います。あえてアイアンテールの命中には触れません。, このパーティで唯一の全抜きエースだったので、それだけでパーティの勝ち筋を1つ増やしてくれていると考えるようにすると格段に上手く扱えるようになりました。, 与太話にはなってしまいますが、ポチポチ調整して完成したら大手育成論掲示板とほぼ同じ調整になってしまって悔しがってました。, まず元からのB方面耐久に不安があるのでBにぶっぱ、Hもなるべく高くなりつつ美しい191(16n-1)の値まで振り、残りをSに振ると4振り80族+1となるので決定。4振り80族にはメガフシギバナがいますので、一応麻痺なしでエアスラが1発打てうるので意識して損はないと考えました。ちなみに4振りギャラドスと同速です。, ここまでB方面に厚く努力値を割くことで、補正なしA252ゲッコウガの珠ダストシュートを高乱数耐えします。具体的には85.8%~102%であり決して悪い乱数ではなく、むしろ初手の偶発対面であればキッス側のスカーフを警戒してゲッコ側は引く体面でもあります。仮に特殊型であっても補正なしであればゲッコウガの珠冷凍ビームを確定耐えするのでなおさらこちら側としては居座りが安定となります。, 初手で出てきやすい上に様々な型がありうるゲッコウガに対して居座り電磁波を安定行動としてとれるのは他の型のトゲキッスにはない魅力のひとつです。鉢巻はしらん, 他にも記載したいダメ計や有利対面などもあるのですがごちゃごちゃしてしまいますので、またの機会に回したいと思います(, またこのパーティにおけるゴツメのスリップダメージの恩恵は計り知れず、 ルカリオの神速やロズレイドのリフストの圏内に入れる手伝いをしたり、「電磁波+羽休め」というまさにポケモン界の闇を詰め込んだようなクソ上品な戦術を自らこなす上でのダメージソースにしたりとまさに多岐にわたります。, あくまでレート1600代~の話にはなってしまいますが、3タテなども決して珍しくなく場合によっては対戦相手様の心まで折る実質4タテを成し遂げた神ポケでした。, 運用も難しくなく、適宜羽休めで体力を温存できればサイクル戦で非常に頼りになるポケモンでした。シーズン後半は信頼しすぎて雑に物理に投げたりしてましたがそれでもそつなく仕事をこなしてくれたのが印象的です。後述のトリトドンの存在もあり「とりあえず電磁波」が許されるので頭を休める時間も作ってくれたりしたのでそこも評価点ですね。, 選出率はかなり高く4試合中3試合は出してました。このパーティはキッスが勝ち筋でしたね(誇張), 色々不安な点があるこのパーティがレート1800に迫れたのも「トゲキッス+トリトドン」の並びがあったからです。, トゲキッスが苦手な相手にはトリトドンが強く、トリトドンが苦手な相手にはトゲキッスが電磁波から入れるので優位に立てる。, このあまりにも単純明快な2体のシナジーが、このパーティの根幹であり肝でありエンジンであり強みでもあるというわけです。, 調整意図ですが、まずSに下降補正をかけることで固体値31でも実数値53となり最遅ギルガルドよりも遅くなります。これは厳選が楽なのと、もともと地割れは地震だったという理由があります。, 次に役割の関係上特殊を相手に粘る仕事が主になるので生意気で調整。とはいえ物理方面も最低限は欲しく、特化ギルガルドのシャドークローを確定3(特化メガバシャの膝を一発耐える程度といえば分かりやすい)ぐらいの物理耐久を確保し残りをすべてDへ。目安としては臆病CSメガゲンガーのシャドボを~40.1%程度に抑えます。よって不一致特殊技しか有効打がない電気タイプなどに対しては要塞となれますね。, ちなみにガブリアスのA特化鉢巻逆鱗クラスになると高乱数1(95.2%~112.4%)を取られてしまうので物理には案外もろい一面を持ちます。, 地割れと地震の採用意図ですが、もしこのようなトリトドンを育成されるのであればやはりパーティと相談することをおすすめします。, ただこのパーティだとねむカゴスイクンやニンフィアに瞑想されると本格的に詰むのでスイクンニンフィアに唯一勝てる地割れの採用にいたりました。, 選出に関してですが、出すときは基本選出であるトゲキッスと同時に選出する機会が多かったと思います。パーティに1枠はいる電気タイプに対して強いというのはそれだけで心強いかったです。相手全体にキッスが刺さっておりそれに対抗できる枠が水ロトムのみ、みたいなパーティはお客様でした。, とはいえ、このポケモンはどうしても環境から逆風が吹いているポケモンだと何度も分からされました。有利なポケモンには恐ろしいくらいに強いのですが、一方でそれ以外のポケモンにはどうしても数値が足りない場合が多いです。, それでもやはりこのパーティの構成員としてはなくてはならない存在であることには変わりなく、シーズン終盤まで電流と水を浴び続けた健気なポケモンでした。, まあそんな仕事ができるのもガブリアス自身のスペックあってこそであり本人も悪い気はしてないんじゃないかな, パーティ全体が積みの起点になりやすい上に、積まれた攻撃も受けられないのでガブリアスが頑張るしかないという場面が多かったです。, 特に竜舞リザードンXは被選出率9割を超えるレベルで出てくるのでガブ出さないとだめでした。ニトチャ剣舞以外であれば不利体面を作られても後出しでリザを処理できますね。, volt-chargeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

メガルカリオとガブリアスをエースに、グレイシアが積み技のサポート(あくびによる起点作り)、ミロカロスとロズレイドが守り、トゲキッスが特攻隊長を担当しています。, 色々な選出が可能ですが、大きく分けてエースポケモンを起点作りで積み技でサポートするか(グレイシア+メガルカリオなど)、耐久ポケモンで防御面をサポートするか(ガブリアス+ミロカロスなど)という2つの作戦に分かれそうです。, ようき@ドラゴンZ 183-172-115-x-116-169 (0-172-0-x-84-252), 初手からのドラゴンZ、つるぎのまいからのドラゴンZで相手に応じて大ダメージを与えます。メガルカリオをエースにするプランであればステルスロックでのサポートも可能。, パーティ全体的にポリゴン2が辛いため、ダウンロード対策で特防にも努力値を割いています。, おくびょう@こだわりスカーフ 161-x-115-172-135-145 (4-x-0-252-0-252), 相手を問答無用で上から怯ませるスカーフキッス。終盤の〆や、守りの薄いパーティに対しては序盤の削りに。, ひかえめ@とつげきチョッキ テクニシャン 159-x-94-193-126-111 (188-x-68-244-4-4), 耐久力の高めな水タイプを一撃で倒すための火力も求められ、交代出しに耐える耐久力も大切ということでとつげきチョッキを持たせました。物理耐久の目安はようきガブリアスのげきりんを確定で耐えるくらい。特性テクニシャンのおかげでめざめるパワーの威力は90となり、立派なサブウェポンです。, ようき 145-197-108-x-91-180 (0-252-0-x-4-252), このパーティのエース。グレイシアのあくびから繋ぎ、グロウパンチで攻撃を上げて全抜きを狙います。, 通常のパーティでは積み技にはつるぎのまいが使われることが多いのですがこのパーティはサポートがそれほど充実していないため、あくび等でのサポートが上手くできなかった場合でも相手を倒しながらの攻撃アップが可能なグロウパンチを選択しました。先制技はカイオーガにもダメージの通るしんそくを選択しました。, ずぶとい@かえんだま 202-x-144-120-146-102 (252-x-252-0-0-4), このパーティの守りの要。かえんだま+ふしぎなうろこで非常に高い物理耐久を誇ります。特殊型ポケモンには元々高い特殊耐久を活かしたミラーコートで応戦します。, ガブリアスやメガルカリオの引き先として非常に頼もしい存在です。苦手な電気タイプ、草タイプにはロズレイドが強め。, おくびょう@きあいのタスキ 141-x-130-182-115-128 (4-x-0-252-0-252), 主に先発or死に出しで使うサポーター兼アタッカー。こごえるかぜやあくびで後発のエースのサポートをしたり、タスキミラーコートで特殊型ポケモンを返り討ちにすることも。, またグレイシアの凍える風はダメージも大きく、ドラゴンを一撃で倒す技でありながら交代先の素早さダウンにも繋がる優秀な技です。, 最後にこのパーティ使用時に言うと楽しいシロナのセリフを載せて締めとさせていただきます。ここまで読んでくださりありがとうございました。, バトルオブシンオウ シロナパーティ Cynthia's team in Sinnoh Ultra Classic - maikeruポケモン総研, 主な戦績:

他, ↓QRレンタルチームはこちら 3ds.pokemon-gl.com 「・・・・・・…, ↓QRレンタルチームはこちら 3ds.pokemon-gl.com 「ボクはチャン…. ポケモンWCS2015 世界40位 【ポケモン剣盾】最強のパーティ構築はこれだ! シングル・ダブルともに、みんなが使っているパーティのポケモン・性格・持ち物・努力値・技構成などを公開。レンタルチームを探したり、パーティ診断 … |

シロナはダイヤモンド・パール・プラチナでのチャンピオンです。この記事では、ポケモンシリーズに登場するチャンピオンの話題についてまとめています。 ポケモンの歴代チャンピオンで最強なのは? ポケモンの歴代チャンピオンで最強はシロナみたいな風潮いつから生まれたの? みんな大好きシロナのパーティ、剣盾版を作ってみました。マスターまでは上がれます。簡単ながらメモを残しておきます。, ルカリオが先兵、ミカルゲとミロカロスが防御担当、グレイシア打ち合い担当、トゲキッスとガブリアスがエースというような構成になっています。, わんぱく@こうこうのしっぽ 157-112-176-x-129-55 (252-0-252-x-4-0), トリックで相手の素早さを奪い、鬼火で弱体化させる弱体化系ストッパー。特性すりぬけにより、相手のみがわりを無視してトリックやおにびを決めれる点が良い感じ。裏の積みエースに上手くつなげたいところ。, 攻撃技はポルターガイストと悩みましたが、対物理の役割がより強くなるイカサマを採用しました。少しの削りに参加できるふいうちも採用してみました。, ようき@いのちのたま 183-172-115-x-116-169 (0-172-0-x-84-252), 新技スケイルショットはダイジェットを持たないガブリアスにとって貴重な素早さアップ技。連続攻撃技として便利な場面もあります。下がった防御はダイマックス後のダイドラグーンである程度補うことが可能です。サブウェポンは最初対フェアリーが楽になるアイアンヘッドを試していましたが、対テッカグヤを意識しほのおのきばのほうが有用そうです。, ポリゴン2の後出しに対しても強引に打ち合う場合があるため、ダウンロード対策で特防にも努力値を割いています。, おくびょう@するどいつめ 175-x-116-157-136-145 (116-x-4-132-4-252), 最初はこだわりスカーフを試していたもののややパワー不足で、第二のエースとなれるわるだくみダイマックス型のほうが適しているように感じました。ミカルゲの鬼火などから繋ぎたいところ。耐久力もある程度あるほうが良いかと思い、なんとなく175まで伸ばしています。, ようき@きあいのタスキ 146-162-90-x-90-156 (4-252-0-x-0-252), このパーティの先発タイマン要員。先発で出せばとりあえず相手を倒すかそれなりのダメージを蓄積させてくれます。れいとうパンチはサンダーや霊獣ランドロスを意識して採用しています。, 先発でのタイマン勝利後に相手のダイジェットやビーストブーストの起点にならないよう要注意です。, ずぶとい@かえんだま 202-x-144-120-146-101 (252-x-252-0-4-0), このパーティの守りの要。かえんだま+ふしぎなうろこで非常に高い物理耐久を誇ります。, クイックターンは後ろのアタッカーを安全に場に出すために採用したのですがあまり使用機会がありませんでした。特殊と無理やり打ち合うミラーコートや素早さを削って後続に繋ぐこごえるかぜなどでも良かったのかもしれません。, ひかえめ@とつげきチョッキ 172-x-130-200-116-85 (252-x-0-252-4-0), とつげきチョッキを着て特殊ポケモンと打ち合う役割を持たせてみました。小型ブリザポスのようではありますが、そこそこの素早さのおかげで初手のカバルドンやラグラージに仕事をさせないのは偉いです。, 主な戦績: