前後するだけでも、大きく左右されるものであると考えられます。今、通勤人数をわずか 1% 削減できるかどうかということが、まさに、新型コロナウイルスとの戦いに勝利できるか否かが決まるという切実な状況であると言えます。引き続き、できるだけ多くの方々が、「シン・テレワークシステム」または同等の情報処理技術と、通信回線とを組み合わせ、業務の継続と通勤の削減とを両立されれば、少ないダメージで、新型コロナウイルスの終息が実現するものと期待されます。, 新型コロナウイルスの 1 日あたり新規感染者数のグラフを、図 1 (下) に示します。「シン・テレワークシステム」によってこれまでに削減できた合計 2 「新型コロナウイルス国内感染の状況」 のグラフを引用。, 首都圏や全国の新型コロナウイルスの 1 日あたり新規感染者数をみますと、「シン・テレワークシステム」の公開日である 4 月 21 サーバー」が「システムモード」でインストールされている必要があります。, 自宅のクライアント端末のマイクとカメラがリモート越しに有効となり、職場の PC にインストールされているテレビ会議システム (Teams,

日ごろには増加するか減少するか予測ができない状態となっていましたが、「シン・テレワークシステム」の公開日から数日後くらいから、大規模な減少が始まりました。, もちろん、減少の要因にはさまざまなものがあり、その要因はテレワークのみに限定されるものではありません。しかし、東京都におけるオフィスワーカーは、約 より大きい場合に認証に失敗する問題を解決しました。, HTTP プロキシサーバーを経由する場合の User Agent の文字列をユーザーが自由に変更できるようにしました。, グループポリシーで RDP が無効となっている場合でも、RDP を用いたシステムモードでの接続ができるようにしました。, ユーザーのコンピュータのハードディスクが予め攻撃者により別の手段により侵害され、マルウェアのファイルが保存されている場合で、ユーザーが、当該マルウェアと同じディレクトリに本プログラムのインストーラを置いて実行すると、マルウェアも実行されてしまう場合があるセキュリティ問題を解決しました。これはいわゆる

ユーザー数・利用状況グラフ, 入門 - 今すぐ使ってみよう |

万円の国のお金を使わせていただくことによって、数千人を超える通勤の削減の効果が得られており、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に貢献することができていると思います。新型コロナウイルスの感染が拡大し続けることで発生する可能性がある社会的な損失は、かなりの高額であることから、これを防止するために月額 バージョンアップ履歴は、以下のとおりです。何らかの不具合がある場合は、古いバージョンに戻すこともできます。(新しいバージョンを一度アンインストールする必要があります。), © 2020 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) 産業サイバーセキュリティセンター サイバー技術研究室© 2020 東日本電信電話株式会社 (NTT 東日本) 新型コロナウイルス対策プロジェクト 特殊局, 何らかの通信障害等が理由で上記のダウンロードリンクからファイルがダウンロードできない場合、またはダウンロード速度が遅い場合は、, 「パスワード複雑性を満たしていなくても、警告を無視すれば簡単なパスワードを設定できるのは良くないのではないか。」というご意見をいただきましたので、パスワード複雑性を満たしていないパスワードを設定することをできなくしました。(Beta

があった場合は、お使いのコンピュータに不正侵入されたり、ファイルが盗まれたり、改ざんされたりする場合があります。本システムを利用して不正な侵入があった場合にもファイルが盗まれたり改ざんされたりしないように、ファイルの常時の暗号化やオフラインバックアップなどの対策を別途講じてから、本システムを利用してください。機密ファイルは常時暗号化しておき、作業対象のファイルをその都度復号化して編集し、作業が終わったら暗号化状態で保存されるようにしてください。本システムは開発中の無保証版であり、脆弱性が存在する可能性は多大にあります。セキュリティ侵害が発生しても、提供元は一切責任を負いません。. 二要素認証・ワンタイムパスワード (OTP) 機能 |

日以降の新型コロナウイルスの感染者数の減少に、どれだけ貢献できているかは、正確な把握は困難です。しかしながら、「シン・テレワークシステム」による通勤削減の数は、決して少ないものではないと考えられます。前述のとおり、ほんのわずかな接触の機会の増減が、それ以降の感染者数の増減を決めるものであるとしたならば、「シン・テレワークシステム」によってこれまでに削減でき、これからもこの実証実験に参加いただくユーザーや企業の数の増加によって、通勤経路やオフィスでの接触の数がさらに減少することは間違いがないと考えられます。そして、それは新規感染数減少と終息という目標点に向かった十分な進歩につながります。, 現在進行している人類と新型コロナウイルスとの戦いは、従来のものと異なり、ウイルスと ICT 人の通勤や移動の削減ができ、新型コロナウイルスの動きを阻害することができます。これが数万人分となれば、感染拡大方向を感染縮小方向に変えることができます 2020/05/14 成果の中間報告 |

通信装置のハードウェアコスト、電気代、スペース代、インターネット回線費用などの必ずかかるランニングコストの下限値は、未知でした。本実証実験により、今のところ、十分な快適性・実用性を実現しつつ、工夫をすれば、1 Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 2 仮想マルチディスプレイ機能, 行政情報システムでの利用 | なお、前述の「エンタープライズ環境用ポリシー規制サーバー」でポリシーを配布することにより、社内 LAN 枚のみしかない場合でも、自宅のマルチディスプレイ環境から、「シン・テレワークシステム」で職場の PC ユーザー数・利用状況グラフ, 入門 - 今すぐ使ってみよう | ダウンロード | IPA あてに申請をしていただくことにより、当該 IP にログインし、大幅に快適に仕事ができるようになりました。 セッション、多くて 2,000 セッションの 1Gbps の SSL-VPN を処理することができるようにしました。したがって、合計 5 万 ~ 10

をリモート操作する際にマルチディスプレイ化して、快適に操作することができるようになりました。 相互リンク集 |

ICT 技術を用いてひとかたまりになって前進をし、やがて勝利をしようという目的の本実証実験にご参加をいただいている、合計 2 ベースのコンピュータボードのクラスタのみで十分なキャパシティを実現できるように構築をしています。, 図 2 - 図 9 に、「シン・テレワークシステム」の中継システムの写真を掲載します。, 図 2. 「シン・テレワークシステム」ユーザー数の推移 (上) と、同時期の新型コロナウイルス新規感染者数の推移 (下)。 シン・テレワークシステムは、4/21 以降の 3 週間でテレワーク利用人数の 1 万人単位の増加と一定の通勤削減に貢献。 OTP が毎回届きます。これにより、パスワードや証明書認証に先立ち、OTP 円程度の直接的コストが発生していることが分かりました。ユーザー数は増加し続けていますので、やがて 1 ユーザーあたり月額 5 や行政情報システム等でも、「シン・テレワークシステム」が利用可能になることで、さらに新型コロナウイルスの感染者数を削減することができます。「シン・テレワークシステム」においては、今後もユーザーの皆様からのご意見をできるだけ実現し、可能な限り多くの方々の利便性の向上と、出勤数削減による新型コロナウイルスの感染者数減少に貢献したいと考えています。, NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 の現在のユーザー数 (リアルタイム): 中継システムのハードウェアには、当然に調達コストがかかります。そこで、この実証実験の効率を考える上では、この SSL-VPN 台のみです。本企画は、2020 年 4 NTT 東日本の 「シン・テレワークシステム」 サイト, 昨日、2020 年 5 月 13 「シン・テレワークシステム」を支える SSL-VPN 中継システム装置。

アドレス認証、検疫の実施の強制、「ファイル共有機能」の利用の強制無効化、「役員からのメッセージ」等の強制表示等が可能です。端末ごとに異なるポリシーを設定することも可能です。, 一部の企業では、セキュリティポリシーにより、リモートアクセスにおける二要素認証を必須としている場合があります。「シン・テレワークシステム」は、新たに、そのような企業の既存ポリシーに適合するために、ワンタイムパスワード などのセキュリティ・ポリシーが制定されている環境向けや、行政情報システムなどの高いセキュリティ・レベルが必要とされているネットワーク向けで利用できる、多数のセキュリティ機能を実装した新バージョン「Beta 人, 「シン・テレワークシステム」を 2020 年 4 月 21 日に公開してから、本日で、約 3 週間余りが経ちました。この間に、シン・テレワークシステムは、図 万名ですので、仮に、全員が同時に利用しても、まだまだ余裕があります。なお、セッション数が増えてきた場合は、ハードウェアを追加で調達することになりますが、ユーザー数に正比例することから、1 のユニーク台数)。「シン・テレワークシステム」によって、2020 年 4 月 21 日以降、現在まで、1 日あたり 1,000 名 ~ 2,000 桁の PIN コードで保護される「利用者証明用電子証明書」が格納されています 中継システムをセンタ側に設置していますが、その VPN なお、前述の「エンタープライズ環境用ポリシー規制サーバー」でポリシーを配布することにより、社内 LAN 上の全ユーザーに、クライアント端末 MAC 万名を超えるユーザーや企業の皆様に、深く感謝をいたします。, 図 1. アドレスが異なっている場合は、リモート接続ができず、ユーザー認証のフェーズに進みません。これにより、たとえコンピュータ ID・パスワード・OTP 月の緊急事態宣言が出たころに開始されましたので、時間的に、高額な物品調達はできません。ネットワーク機器等は、すべて廃棄されつつあった中古品のようなものを利用しており、コストがかかっていません。今回調達をしたハードウェアは、ARM 5」を公開いたしました。これらのセキュリティ上の新機能は、ユーザーの皆様からの多数のご要望を反映するため、大半を、ゴールデンウィーク等を活用して実現したものです。セキュリティポリシーが制定されている大規模な企業

65 万円」ではありません。「50 台全部合わせて 65 万円」です。基板、ケース、ストレージ、電源、LAN ケーブルも合わせて 50 台分で計 65 使用条件 | マイナンバーカードを用いたユーザー認証機能 |

トップ - 本システムについて・使い方・特徴・お知らせ (IPA) | IPA 本部にて ARM ベースの小型コンピュータボードの組立てを行なう際の写真。

3. 万円くらいの電気代がかかっていることになります。なお、UPS は設置していないことから、蓄電池費用はかかりません。したがって、現在の 2

89,664

による認証で多層防御が可能となり、悪意のある侵入者を、ユーザー認証の一歩手前で門前払いすることができるようになりました。 本来は図 3, 図 5, 図 7 の装置をあわせて 1 個のサーバーラックに搭載可能な分量である。, 図 8. (中継システムの IP 範囲を限定)」機能を実装しました。, 自宅から職場の PC などが破られたとしても、クライアント端末の登録 MAC アドレスが一致しない限り、悪意がある第三者はリモート接続ができなくなります。 カードリーダーをすでにお持ちの場合は、この電子証明書を用いたユーザー認証が可能です。マイナンバーカード内の証明書の秘密鍵は、たとえ所有者本人や発行者であっても抽出することができませんので、これは現段階の技術で利用可能なユーザー認証方法の中でも最も安全なものの 5 円 ~ 14 円のコストで実現できることが分かりました。そして、このわずかなコストだけで、1 組織 LAN における利用規制申請 | ※ 「シン・テレワークシステム」は無償・無保証の実証実験であり、すべての環境や機器で動作するとは限りません。本機能を利用するために、マイナンバーカードや 第一世代設置スペース (試作)。設置サイト #1。秋葉原の店頭で豪族がかき集めたという 光ファイバの 40G 東京都内リングネットワーク装置。 2020/11/03 自治体テレワーク for LGWAN のお知らせ |

シン・テレワークシステムの中継ノード群を、連携協力組織等を経由してインターネットに接続するための

ユーザーあたり 32 円かかっていることになります。今後、ユーザー数が増えて 50,000 8 時間程度の間に通信が行なわれます。そこで、もし、仮に国のお金でインターネット接続回線を購入していると仮定しして計算したとすると、全時間 (24 時間) PC から勤務できるようになり、日本全体の幸福度が増大します。, 二つ目は、本格的かつ大規模なシンクライアント・リモートアクセス型のテレワークシステムを構築する場合において発生するコストの下限値を調べることにあります。, 「シン・テレワークシステム」は、SSL-VPN (ウイルスが登場を予期していなかった人間の得物) のインストーラのダウンロード (約 24MB), NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 のクライアントのみの ZIP ファイルのダウンロード (約 11 MB), 何らかの通信障害等が理由で上記のダウンロードリンクからファイルがダウンロードできない場合、またはダウンロード速度が遅い場合は、, 本システムを利用されるユーザーの方々への個別のサポートやお問い合わせへの対応はしておりません。メールでご質問をいただきましても、原則として、個別の返信はしておりませんのでご了承ください。また、IPA 相互リンク集 | 管理者の皆様による管理上のご要望を最優先して考えています。この度、企業環境において、「シン・テレワークシステム」を社員が自ら導入した場合に、その動作を適切に規制したり、動作状況を一元把握したりしたいというご要望が数多く寄せられました。そこで、新たに「エンタープライズ環境用ポリシー規制サーバー」の仕組みを実装しました。社内 日までと設定しておりますが、本実証実験は、上記のとおり、極めて低コストで継続的に運営できることが分かりました。今後は、実証実験の進捗および新型コロナウイルスに係る危機が継続しているかどうかを踏まえて、実験期間について必要に応じて変更をする場合があります。, 本実証実験で使用している ARM