俺の言いたいこと伝わるかなぁ(続きを読む), ロックがうざいと思ってたらさらに上をいくうざいガキ登場だわw 一年生と上級生の模擬試合はさらに熱を帯びていた。超中学級のプレーで先輩たちにプレッシャーをかける流川。上級生として圧倒的なレベルを見せつける赤木。そして試合に出られずイライラする花道。周囲はもちろん、晴子にすら黄色い声で応援される流川に、花道のライバル心はオーバーヒートしていく......。, ある日赤木は、花道の引き抜きを画策していることを柔道部主将の青田から教えられた。赤木同様、柔道での全国制覇を夢見ていた青田は、花道の並外れた身体能力に目をつけていた。木暮は、花道が柔道部になびくのではと不安になり、赤木を連れて柔道場へと向うが......。, 柔道場で主将の青田と対峙していた花道は、晴子の写真をエサに柔道部への勧誘を受けていた。晴子ファンとしては写真を手放すのは惜しいが、それ以上に花道を入部させて全国制覇を実現したい青田。しかし花道は「晴子さんの写真は欲しいが入部するつもりはない」とキッパリ断る。青田はついに実力行使に出るが......。, バスケットの魅力を実感し本格的に打ち込むようになった花道。赤木は、シュートの基本「レイアップシュート」の練習を花道にさせたいと安西に提案するのだった。しかしスラムダンクがすべての花道にとってシュートの基本「レイアップシュート」は「庶民のシュート」にすぎず、まったく興味を示さない......。, 晴子との早朝特訓では、花道も素直にレクチャーを受けていた。早朝練習のつもりでやって来た流川が物陰で様子を伺っていることも知らず、何かコツがあるはずだと模索しはじめる。そして、流川のフォームや晴子が赤木から言われた「リングに置く感覚」をヒントに、ようやくレイアップシュートを成功させたのだった。, 花道がひとり練習していた体育館に現れた男、それは陵南の彦一だった。湘北の様子を探りに来たが、花道のペースにはめられて逆に陵南のキャプテン・魚住とエース・仙道のことをもらしてしまう。 陵南との練習試合を明日に控え、バスケ部は熱の入った練習をしていた。赤木は花道を呼び止め、体育館に残るよう言い渡す。, 気合いを入れて乗り込んだ陵南。赤木と魚住の間で早くも火花が散るなど、対決はすでに始まっていた。そんな中、発表されるスタメン。しかし一年生から選抜されたのは流川だけで、当然のことながら花道の名前はない。花道はだだをこねたが、安西が「キミは秘密兵器だから」となだめたことでようやく納得するのだった。, 試合開始早々得点を許してしまい、少なからず陵南の強さを認識する湘北ベンチ。赤木や流川が手こずるだけあり、相手は選手ひとりひとりのレベルが目に見えて高い。果敢にも流川が仙道に挑むが、軽くかわされて再びシュートを決められてしまう。ゲームは陵南のペースで進み、瞬く間に19対0と湘北を圧倒していった。, 前半を50対42で湘北を圧倒した陵南。しかし実際焦りを感じていたのは、湘北を過小評価していたことに危機感を覚えた陵南ベンチの方だった。だがエキサイトする田岡とは対照的に、仙道は素直に湘北の強さを評価。しかも花道の潜在能力にも注目する。花道の出番がやって来たのはそんな時だった......。, 後半に入り、残り9分で登場した花道。赤木を欠いた湘北ならたやすいと計算する田岡監督だが、花道の思いもよらないプレーに振り回される。赤木との1on1以来、実戦で初めて披露する「ふんふんディフェンス」。流川に出すと思われたパスを木暮に出すという奇妙な行動。そのせいで田岡は二度も裏をかかれてしまう。, 流川の活躍で70対67まで迫る湘北。流川、そして不気味な存在の花道という2人の一年生に焦りを感じた田岡は、花道封じを魚住に命じる。リバウンドが取れず苦戦を強いられる花道。驚異的なジャンプ力だけでリバウンドをもぎとろうとするが、ビギナーであることを見抜かれていたため、ことごとく妨害されてしまう......。.

GIANT KILLING chia

2020(1月-3月)アニメ一覧. Free! -Eternal Summer- chia Free!-Dive to the Future- chia, ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rhyme Anima 7話. 」とたずねる女の子がいた。理想のタイプである赤木晴子に話しかけられ、乗せられるように体育館へ。そして花道は「ダンク」を晴子に教えてもらい......。, 屋上で晴子の意中の人物・流川と鉢合わせした花道は、ライバル心をむきだしにして彼に掴みかかった。しかしその現場を目撃した晴子に「大っ嫌い! 三井たちに怒りを堪えきれない流川。リョータも彩子に手を出した三井の手下に殴りかかる。偶然その様子を目撃した女子生徒が騒ぎ始め教師たちまで外に駆けつけるなど、内も外もピンチのバスケ部。花道がついに動いたこともあり、最悪の状況に陥ることは目に見えていた。だが、そこで思わぬ助っ人が参上した......! 」一世一代の場面で無理しようとする花道だったが、寸前で晴子の応援が届いて......。, 花道はこれまで使っていた体育館シューズの代わりにバスケットシューズを買いに行くことにする。晴子に連れられ、靴屋で初めてバスケットシューズを選ぶ花道。着地時に衝撃を吸収すること、足元がすべらないことに感動しながら、心配顔の店主の目前ではしゃぎ回る。そして......。, 大楠や洋平たちが一触即発の状態で睨みあった男はバスケ部の2年生・宮城リョータだった。彼は3年生の三井寿率いる不良グループとケンカしてずっと入院していたのだ。リョータはやはり退院したばかりの三井に再びからまれるが、それよりも片思いの彩子が花道と付き合っていると勘違いして気が気ではない。, 花道とリョータの勝負はもはや小学生レベルのケンカでしかなくなっていた。そんな二人だが、帰る方向が同じだったことがキッカケで、花道はリョータから彩子への片思いを打ち明けられるのだった。彩子に振り返ってもらえないリョータ。花道も、50人にフラれた過去を持つ男。両者はいつの間にか意気投合する。, 三井が鉄男らを連れて練習中の体育館へと押し寄せてきた。目的は、リョータはもちろん、バスケ部を潰すこと。彼らはインターハイが近いのをいいことに、花道たちを挑発する。ケンカ沙汰になれば、間違いなく出場停止処分となるからだ。やりたい放題の三井たちに対し、課外授業で赤木が不在のバスケ部はなす術がない。. DAYS chia ハイキュー!! 黒子のバスケ at 野球 そのせいでイライラがつのっていた花道は、体育館の外で顔を合わせたバスケ部主将・赤木剛憲と言い争いになり、一触即発の状態に......。, ゴリと花道の対決は、ゴリが10ゴール決める間に花道が1点入れれば勝ち、というルール。シロウトの花道にとっては高すぎるハードルだった。流川や全校生徒の見守る前で次々と得点される。だがギャラリーの中に晴子を見つけた花道は、彼女が自分を応援しに来てくれたのだと勘違いし、途端に元気を取り戻す。, 花道の入部を認めない赤木は、まともに取り合おうとしない。そこで、赤木に気に入られようと、自らがつけたアダ名「ゴリ」にちなんで、バナナをひとケースまるごとと、大量のグラビア写真を送りつける花道。次いで洋平たちを巻き込んで部室を隅々まで掃除するが、赤木はOKを出す気配がなかった......。, 入部を許されて一週間が経過したものの、シロウトの花道はひとりコートの隅でドリブル練習を言い渡されていた。地味な練習を嫌う彼は早くスラムダンクを決めたいのだが、気持ちとは反対になかなか基礎練習から抜け出せない。イライラが頂点に達した花道は、ついに練習を途中で投げ出してしまうのだった。.