ピッチャーも悪い。みんな悪い。ジャイアンツ下手くそ。ジャイアンツ大嫌い。東京に帰る」と日本語でまくし立てた[7]。この言動は物議を醸し、罰金を徴収された[8]。5月29日のオリックス戦で退場処分を受けて、金田正一の8回を抜いて最多退場(9回)となった。8月に右肩痛の治療で帰国[9]。結局この年は101試合の出場で打率.240・27本塁打・70打点と前年より成績を落としてしまい、来日以来初めて規定打席に到達しなかった。不本意な成績で終わったことから11月7日に戦力外通告を受け、この年限りで巨人を退団した。, 2006年は帰国してシンシナティ・レッズとマイナー契約を結ぶ。しかし、招待選手としてオープン戦では12試合で27打数6安打と奮わず、レッズから降格を通達された。3月21日に一時は現役引退を表明して、公式戦は1年間プレーしなかった。同年オフにオリックス・バファローズの球団関係者に電話で「日本で野球をやりたい。手術した右肩の状態も大丈夫だ」と日本球界への復帰を伝え、古巣合併先であるオリックスの入団テストを受けることが決まった。, 2007年の春季キャンプで入団テストを実施することが決定し、受験の為来日。当初は、体型が以前の87kgから100kgにまで増量していて明らかに身体が丸まっており関係者一同不安にさせたが、本人は「少し時間をくれ」と発言。テスト期間中に見事絞り上げ2月26日に合格。3月1日に入団が決定し、背番号は8に決まった[10][11]。入団決定時の記者会見の第一声は、日本語での「タダイマ」だった。オリックスでのローズの応援歌は、曲自体は近鉄時代と同じだったものの、歌詞は「再出発」という意味で変更された。, 4月4日のロッテ戦で、小野晋吾から4号本塁打を放って日本球界では歴代28人目、外国人選手では初となる通算1000打点の記録を達成[12]。5月10日の対ロッテ戦で1354試合目の出場となり、ロベルト・バルボンが持っていた外国人選手の最多出場記録を更新した。5月27日の巨人戦で上原浩治から決勝本塁打を放ち「全球団から本塁打」を達成。6月30日の対日本ハム戦では通算1500本安打を達成[13]。9月2日の対ロッテ戦では通算400本塁打を達成[14]。9月18日の対西武戦では42号本塁打を放ち、山崎武司に1本差を付けたものの左股関節を悪化させ、2004年以来の本塁打王獲得間近だった終盤で無念の帰国となった(本塁打王は43本塁打の山崎が獲得)。長打率.603は両リーグ通じてトップ、出塁率.403、四球数88個、三振数147個はパ・リーグ1位であるなど、記録ずくめのシーズンだった。, 2008年4月12日の楽天戦で、レロン・リー(通算1579本安打)が持つ外国人選手通算最多安打を抜き、通算安打数が1582本になり、外国人通算安打の新記録を達成。5月26日の対横浜戦では通算1500試合出場記録、10月1日のソフトバンク戦では杉内俊哉から40代での40号本塁打を達成し、自身3度目の打点王を獲得[15]。, 2009年4月26日の日本ハム戦で、榊原諒から史上12人目となる通算450本塁打を達成[16]。しかし、5月13日の対西武戦で星野智樹から死球を受け、右手第五中手骨折と診断されて離脱した。8月4日の対楽天戦で復帰し、岩隈久志から先制適時打を含む3安打猛打賞を記録。8月7日の対ロッテ戦で通算300二塁打を達成。しかし、前述の骨折による離脱の影響もあり、日本でプレーした年で最低の成績(84試合出場、91安打・22本塁打、最少となる62打点)で、規定打席数に到達しなかったのも2005年以来、2度目だった(ただし、打率自体は.308と2001年の.327に次ぐ成績)。, シーズン終了後の契約交渉が難航したため、12月2日に球団から発表された次年度契約保留選手名簿から名前が外され、自由契約選手として公示された。しかし、球団側は貴重な戦力として評価しており、今後も残留へ向けて交渉を続けるとしていたがローズ側から連絡が一切なかったため、2010年1月23日に交渉を打ち切り、そのまま退団した。契約交渉が難航した理由として、結果を残しても41歳と高齢で、3億5000万(推定)の高年俸がネックとなり、再契約のために球団が2億5000万を提示したことで、公傷(5月13日に星野智樹から受けた死球)を認めてほしいというローズとの折り合いが付かなかったためである。その後、どこの球団に所属することはなくこの年限りで2度目の現役引退。, 引退後はアメリカに帰国し、テキサス州ヒューストン郊外で父親と二人で暮らしながら、息子のバスケットボールチームのコーチをしていた[17]。, 2015年5月25日に、近鉄時代のチームメイトでもある吉岡雄二が監督を務める日本の独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグの富山GRNサンダーバーズからのオファーを機に現役復帰を決意し、野手コーチ兼任で入団[18]。このシーズンは41試合に出場し、打率.315、本塁打5の成績をあげる[19]。選手としての成績のみならず、その人気からグッズが売れ、富山の観客動員も既存のリーグ6球団[20]の中で唯一前年から増加するなど、営業面にも貢献した[21]。このため、球団側は2016年もチームに残留させる予定であったが[21]、オフにふくらはぎを痛めたことがきっかけで来日が遅れ[19][22]、開幕時点では出場選手登録に含まれていたものの タフィ駿太パワプロ2020で作成した架空選手、タフィ駿太選手です。 数ある野球系誤植ネタの中でも個人的に印象に残る誤植ですね。 能力的には2009年ローズ+駿太の守備走塁にしています。特殊能力はかなり悩みましたがまあ雰囲気で… カール・デリック・ローズ(Karl Derrick Rhodes, 1968年8月21日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手(外野手)、プロ野球コーチ。登録名はタフィ・ローズ(Tuffy Rhodes)。, NPBでの通算本塁打数歴代13位[1]であり、NPBで400本塁打を記録した唯一の外国人選手でもある。シーズン本塁打数歴代2位タイ記録を保持[2]。, 母親がプレーしていたソフトボールに影響されて野球を始めたという。ケン・グリフィー・ジュニアとは幼馴染で、いつも一緒に野球をプレーし、家族ぐるみの付き合いでもあったという。, 1986年のドラフト3巡目でヒューストン・アストロズに入団。俊足の中堅手として、1A時代の1988年には年間65盗塁を記録している。1990年にメジャーリーグ初昇格を果たす。, 1994年の対ニューヨーク・メッツ戦で出場し、ドワイト・グッデンから第1打席より3打席連続本塁打を放ち、名が知れ渡る(開幕戦3本塁打は現在もメジャー記録)。しかし、メジャーに定着することはできなかった。, 1995年途中にカブスからウェーバー公示され、ボストン・レッドソックスへ移籍。移籍後も成績を残せず、シーズン終了後にFAとなった。, メジャー在籍時代、俊足の持ち主でもあるローズには先頭打者としての活躍が首脳陣から期待されていたが、ローズは長距離打者として出場したかったために首脳陣と折り合わず、その夢を実現するために日本に来ることを決意した。, 1995年10月19日、近鉄バファローズが獲得を発表。来日1年目の1996年は、シーズン3本のサヨナラ本塁打など日本野球に適応し、全試合出場、チーム三冠王となる。, 1997年8月にパシフィック・リーグ新記録(当時)となる4試合連続猛打賞や、来日初の3割を記録し、初のベストナイン、全試合に出場した。, 1998年は前年より調子を落とし、前年と同じ22本塁打を打ったものの打率.257だった。, 1999年、シーズン途中からチームが最下位に低迷する中で成績を伸ばし、40本塁打・101打点を記録して、初の本塁打王・打点王のタイトルを獲得[3]。, 2000年もチームは2年連続で最下位となり、自身も前年を下回る成績だったが3年ぶりに全試合に出場した。, 2001年は本塁打を量産し、9月5日の西武戦(西武ドーム)でパ・リーグの外国人で史上初となる50号を放ち(パ・リーグで50本塁打は1986年の落合博満以来15年ぶり、プロ野球の外国人では1985年のランディー・バース以来16年ぶりの快挙となった)、9月8日のダイエー戦(大阪ドーム)で51号と52号の2本塁打を放ち1963年の野村克也、1985年の落合博満の記録に並び、9月9日のダイエー戦(大阪ドーム)でパ・リーグの選手としては史上最多本塁打となる53号を放った。9月12日のロッテ戦(大阪ドーム)でランディー・バースに並ぶ54号を放ってから6試合は本塁打は出なかったが、9月24日の対西武戦(大阪ドーム)で松坂大輔から本塁打を放ち、王貞治以来の当時の日本タイ記録となるシーズン55本塁打を達成してパ・リーグ優勝に貢献、初のMVPにも選出された[4]。日本シリーズでも第2戦で決勝3ラン本塁打を放つなど活躍し、チームは日本一を逃したが打線の不調の中で気を吐き敢闘選手賞を受賞した。なお第4戦でも本塁打を放ったが、日本一を決められた第5戦ではチームは本塁打を打てなかったためローズは近鉄球団の日本シリーズでは最後に本塁打を放った打者となった。2002年には打点王を獲得。2003年は51本塁打を放ち、3度目の本塁打王獲得。また、3年連続ベストナインにも選出された。しかし、オフの契約更改ではローズは複数年契約を希望したものの球団は単年契約を提示し折り合いが付かず交渉は決裂した[5]。同年11月10日、退団が発表された[6]。, 2004年は落合博満に次ぐ史上2人目で、外国人では史上初の両リーグでの本塁打王獲得(リーグを跨いでの2年連続本塁打王も史上初)。なお外国人による4度目の本塁打王獲得は史上初である(2019年シーズン終了時点で史上最多)。この年の巨人はシーズン259本塁打の日本記録を打ち立てた。同年途中にFA権利を取得し、翌年から外国人枠の適用外(郭泰源に続き2人目、野手では初)となる。近鉄時代の左翼手・右翼手とは異なり、中堅手としての守備起用が主となる。2005年正月の報知新聞インタビュー上では「登録を狼主(ろうず)にしたい」「引退後は和室を作り、バットを飾りたい」と答えており、野球人生を巨人で終える考えを持っていた。, 2005年4月26日のヤクルト戦(福岡Yahoo!