https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/, \DLキャンペーンを実施中!/ ドルマイシン(ひどいやけどへの使用は避けましょう。) 等 ; 水ぶくれは破かないで! 水疱がある場合は基本的にそのままにしておくことが推奨されます。 薬は塗りません。水ぶくれがやぶけないよう、ガーゼで覆うくらいの処置でもよいですが、むやみに触ると破けるので注意が必要です。 破いてしまうと創傷部より感染の危険性があると言われています。 水ぶ� 肺炎や膀胱炎、ニキビなど細菌が原因となっている疾患に対して使われるのが、抗生物質です。 【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインで美容院やヘアサロンで何度も使える 受診した際に、「フロモックス」や「クラリス」、「クラビット」などの抗生物質を服用したことがある方もいるかと思います。 病気になった時に、受診せずにドラッグストアで抗生物質が買えるとしたらとても便利ですよね。 Copyright (C) 2017 medicoco【薬剤師が教える正しい薬の知識と使い方】 All Rights Reserved. クロマイ-N軟膏 など . そこで今回は、ドラッグストアで抗生物質が買えるのかどうかについて、理由と共に解説します! ドルマイシン軟膏. やけどにおすすめの市販薬を薬剤師が解説します。

上記薬剤は医師の判断により、成分が異なることもありますが、主作用としては同じようなものが処方されると考えられます。, そのため、病院の開業時間外でドラッグストアなどしか開いていない場合は、薬剤師・登録販売者に相談することも可能だと考えます。, 近いものではないですが、紫雲膏やキップパイロールHiなども、抗菌作用・抗炎症作用でやけどの改善につながるため、おすすめです。 テラマイシン軟膏a. フルコートf. 例えば、『ドルマイシン軟膏』、『テラマイシン軟膏a ... たまたま化膿したできものが悪化した場合やクロマイ軟膏の成分がしみた場合、クロマイ軟膏の副作用の可能性などが考えられます。場合によってはゲンタシン軟膏を塗っても全く効果がありませんので、使う前にできものの状態を医師に診てもらうことをお勧めします。 Sponsored Link メタ情報. プレミアム優待券ゴールドパスポートをプレゼント!, 公開日:2020-03-26 | 更新日:2020-09-15, ※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。, https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/. ベトネベートN軟膏AS. くすりと健康の情報局(第一三共) 正しい処置ってどうやるの? 真菌を包む細胞膜にダメージを与えて、真菌を死滅させる作用がある。 添加物. ※この情報は、2018年7月時点のものです。, 人間の体には侵入してきた微生物を排除する免疫システムが備わっていますが、免疫力が低下していたり、免疫ができておらず対応できない場合などでは、微生物に負けてしまい病気になってしまいます。, 抗生物質とは、「抗菌薬」や「抗生剤」とも呼ばれ、細菌を死滅させたり、細菌の増殖を阻害する薬です。, 作用の仕方は、細菌には持っていて、ヒトの細胞には持っていない細胞小器官やタンパク質の働きを阻害することで、ヒトの細胞には影響を与えずに細菌にのみ効果を発揮します。, ウィルスには効果がないため、インフルエンザやヘルペスなどのウィルス性の感染症には効果がありません。, 昔は傷口には殺菌・消毒薬を使うのが一般的でしたが、殺菌・消毒薬を使うと傷口の治りが遅く、傷跡が残りやすくなることが分かったため、現在では推奨されていません。, 残念ながら抗生物質の内服薬はドラッグストアで市販されていませんが、抗生物質を含む外用薬ならいくつか市販されています。, 抗生物質は全ての細菌に有効ではなく、それぞれの抗生物質に対して有効な細菌と無効な細菌があり、有効な抗生物質を選択しなければなりません。, 咳の症状だけでも、ただの風邪や肺炎、結核、マイコプラズマ感染症、クラミジア感染症、百日咳などさまざまな原因となる疾患があり、それぞれ最適な抗生物質は異なります。また、そもそも抗生物質が不要な疾患もあります。, 医師は、咳以外の症状や、症状が出た経緯、検査結果などから病態を判断し、処方する薬を選択しています。, 抗生物質が医薬品として誕生するまでは、結核、コレラ、天然痘などの感染症で亡くなってしまう人が世界的に多かったのですが、抗生物質の誕生により感染症は不治の病ではなくなりました。抗生物質によりたくさんの人の命が救われたのです。, しかし、抗生物質の乱用や不適切な使用は、人類に対する細菌感染症の危機を再燃させてしまう可能性があります。, 実際に、どの抗生物質も効かない「スーパー耐性菌」がインドやアメリカで誕生し、それに感染したことにより亡くなってしまった人もいます。, 幅広い菌に対して有効で副作用が起こりにくい「マクロライド系抗生物質」という種類の抗生物質(商品名:クラリス、ジスロマック、エリスロシン など)は、その使いやすさから乱用されてきた経緯があります。, その結果、現在ではマクロライド系抗生物質が効きにくい「マクロライド耐性菌」が問題になっています。, 特にマイコプラズマや肺炎球菌では、80%以上がマクロライド系抗生物質に耐性を持っていると考えられています。, 医師が必要と判断して処方している現状でも、耐性菌が問題になっているため、市販薬として販売されるとさらに耐性菌の増加は加速すると考えられます。そのため、抗生物質の内服薬が市販されることは今後もないでしょう。, 耐性菌が国際的に問題視されるようになり、医療界全体で不適切な病態に対して抗生物質を無闇に使用するべきではないという流れになっています。, 抗生物質を処方された場合には、処方された日数分をしっかりと飲みきることが大切です。, 症状が良くなっても体の中ではまだ細菌が悪さを行なっている場合があり、そこで抗生物質の服用をやめてしまうと、細菌が抗生物質に対して耐性を獲得する可能性があります。飲み忘れにも十分に注意してください。, ドラッグストアでは抗生物質の内服薬が市販されていない理由について、ご理解いただけたでしょうか?, 抗生物質の乱用による薬剤耐性菌が問題になっていますが、市販薬で購入できる外用薬でも同様です。使用方法を間違えると薬剤耐性菌を生み出す可能性があります。, 長期的(2週間以上)の使用は控え、症状が良くならない場合は受診するようにしましょう。, Copyright © 2020 株式会社くすりの窓口 All Rights Reserved., くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。, 内科・循環器科・整形外科・糖尿病内科・小児科・皮膚科など幅広い処方を経験できる薬局にて日々勉強中。自己学習や現場で得た専門的な知識を分かり易く、丁寧に解説したいと思います。. 「やけどして水ぶくれができた…」 お薬の違いについて 軟膏を買いにストアに行きました。 ドルマイコーチ ドルマイシン テラマイシン フルコート クロマイp クロマイn たくさんありましたが、違いを分かりやすく教 えてください。 補足. 水ぶくれになるくらいのやけどの場合は病院で診てもらうのが安心です。, 感染予防のためにうがい薬を使用しても大丈夫です。 痛みがある場合は、口内炎の薬も利用しても良いでしょう。, 日焼けは紫外線により、皮膚が炎症を起こしている状態となります。 剤型・形状. 類似品は製薬会社各社より販売されています。 炎症が強ければ、先の章でご紹介した抗炎症薬、感染の可能性があれば抗菌剤などを塗布して、皮膚を保護することが大事です。, 前述したヘパリン類似物質で、組織の修復を目的として処方されることも考えられます。 「 クロマイ-N 軟膏 」は、抗 ... ナイスタチン :10 万単位. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 細菌に感染して炎症を起こした時に使用されるゲンタシン軟膏の効果と副作用を詳しく解説します!, またドルマイシン軟膏・リンデロンVC軟膏との違いや使用をオススメ出来ない人についても解説していきます。, ゲンタシンは、アミノグリコシド系剤と呼ばれる種類の感染症治療薬(いわゆる抗生物質)です。, 1963年にアメリカで発見された薬で、グラム陽性球菌およびグラム陰性桿菌という細菌のタイプに対する効果が高いという特徴があります。, 現在では、敗血症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、中耳炎に対して注射剤が用いられています。, さらに表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、びらん・潰瘍の二次感染といった皮膚の感染症の治療に軟膏剤またはクリーム剤使われています。, 軟膏剤にもクリーム剤にもステロイドは含んでいませんので、「非ステロイド」と強調されることもあります。, ゲンタシンの有効成分である「ゲンタマイシン硫酸塩」は、ブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌、セラチア属に対して殺菌効果を示します(耐性が出ていない場合)。, ゲンタシン軟膏0.1%およびゲンタシンクリーム0.1%には以下の効能・効果があります。, ゲンタシンは、表在性皮膚感染症(皮膚の表面の感染症)の原因となる細菌に効果を示します。, 日本国内の臨床試験では、表在性皮膚感染症に対して、82.8%の有効性が得られています。, 伝染性の表在性皮膚感染症に対しては、ゲンタシン軟膏もしくはゲンタシンクリームを1日1回~数回患部に塗布することで、短期間で効果が期待できます。, 慢性膿皮症は、皮膚への細菌感染が原因で起こる病気で、ニキビと似たような炎症性の膿を含むできものが繰り返しできます。, 感染を抑制することにより治療を促進することが知られており、臨床試験では、64.9%の有効性が認められています。, 皮膚にびらんや潰瘍ができると、その部分の防御力が弱くなりますので、皮膚の感染症(二次感染)を起こしやすくなります。, ゲンタシンは、びらん・潰瘍の二次感染の原因となる細菌に対して効果を示し、その有効性は57.9%となっています。, ゲンタシン注10、ゲンタシン注40、ゲンタシン注60には以下の効能・効果があります。, 日本国内の臨床試験では、その有効性が緑膿菌およびブドウ球菌属が原因の敗血症に対しては72.7%、また緑膿菌、ブドウ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属による肺炎に対しては79.4%でした。, 外傷や熱傷(火傷)、そして手術後は傷がありますので、通常時よりも感染症にかかりやすくなります。, 二次感染の原因となる細菌・微生物に対しても、ゲンタマイシンが殺菌的効果を示します。, 日本における臨床試験の結果では、ゲンタシン注の使用により67.7%の有効率が得られています。, 膀胱炎、腎盂腎炎といった尿路感染症の原因細菌に対してもゲンタシンは殺菌効果を示します。, 緑膿菌、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、セラチア属、ブドウ球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属による膀胱炎には70.4%、そして腎盂腎炎には76.3%の有効性が得られています。, また腹膜炎や中耳炎にも効果を示し、腹膜炎に対する有効率は、82.2%で、中耳炎に対する有効性は65.1%です。, 通常の皮膚疾患に対してゲンタシン軟膏またはゲンタシンクリームを塗布した時には、ほとんど体内に吸収されませんので、副作用が出るとしても発疹等の皮膚症状となります。, 「腎障害、難聴」については、「(長期・広範囲・大量使用)耳鳴り・めまい・難聴・腎障害の発症の可能性とその対処法」をご覧ください。, 軟膏またはクリームを塗った部分に発疹、かゆみ、腫れ、水ぶくれなどの過敏症やアレルギー反応があらわれることがあります(0.1%未満)。, ゲンタシン軟膏・ゲンタシンクリーム(外用剤)を投与した熱傷の患者4名に重症の難聴が出たことが報告されています。, 投与量は不明ですが、そのうちの2名は外用剤の使用だけで第8脳神経障害の副作用が出たとのことです。, そのため、外用剤でも長期間、広範囲、大量使用した際、もしくは熱傷に用いた際には、注射剤と同様に腎障害や難聴という重大な副作用がでる可能性があるとされています。, 医師の指示通りに適切に使用すればこのような症状になることはないと考えられますので、ゲンタシン軟膏もしくはゲンタシンクリームを長期連用、もしくは大量に使用することは避けてください。, このため、ゲンタシン投与後は医療従事者が、状態の観察を十分に行うこととなっています。, もし、チアノーゼ、呼吸困難、血圧降下などの症状があらわれた場合には、すぐに適切な処置を行うことになっています。, 病院で治療している間に発現する副作用になりますので、これらの処置については医師の判断で行われます。, そのため副作用が発生しても、速やかにそして適切に対応してもらえるので安心できると思います。, 患部を石けんなどや水で洗って、完全に乾燥させてから、薬剤を塗布または貼付することが推奨されています。, 軟膏およびクリームの場合には、年齢および妊娠の有無、授乳の有無によって使用制限はありません。, 症状がなくなっても、感染症を完治させるために治療期間中(医師に指示された期間)は使用を続けてください。, 症状が改善してくると、使用することを忘れがちになりますので、しっかりと治すために忘れないようにしましょう。, ゲンタシンの有効成分である「ゲンタマイシン」は、急速な殺菌効果を示し、数時間で細菌の数を減少させることが分かっています。, そのため、軟膏、クリーム、注射の使用後は数時間程度で細菌に対する効果が出ると考えられます。, これは症状や細菌の種類、数の影響を受けますので、ゲンタシンを使い始めた翌日から改善効果を感じる方もいますし、数日かかる方もいるということになります。, 有効成分であるゲンタマイシンの血中濃度半減期(濃度が半分になるまでの時間)は、投与経路により異なりますが、2~4時間となっています。, 効果の持続時間は6~8時間程度だと考えられますので、投与間隔は8時間毎(1日3回)となっています。, ゲンタシンの有効成分である『ゲンタマイシン』は、多くの細菌に対して殺菌効果を持っています。, そのような細菌が感染して疾患を引き起こしている場合には、ゲンタシンを使用しても効かないということになります。, 表在性皮膚感染症について見てみると、国内の臨床試験での有効率が82.8%ですので、皮膚に感染する細菌の中にも、ゲンタマイシンが効かない種類がある程度存在することがわかります。, ブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌、セラチア属, そのため、ヘルペス感染(帯状疱疹)やはしか、手足口病などのウイルスが原因の皮膚症状には全く効果を示しません。, ですので、細菌が原因の皮膚感染症だと思って使っても、ウイルスが原因の場合には「ゲンタシンが効かない」となってしまいます。, さらに皮膚のかぶれを引き起こすカンジダ性皮膚炎などの真菌が原因の感染症にも効果はありません。, 医師でなければ、表在性皮膚感染症と勘違いすることもありえますので、そういう場合に使ってもゲンタシンは効きません。, ですので、数日間ゲンタシン軟膏・クリームを使用しても症状が改善しない場合には、薬を変更する必要があります。, このようなケースは、ほとんどの場合、患者さんが自分の判断でゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリームを使用する場合に起こりますので、そのようなことはお控えください。ですので、以前にもらった軟膏やクリームが残っていて、「似たような症状だからこれで効くだろう」と自己判断でゲンタシンを使うのは避けるようにしてください。, この耐性というのは、ゲンタマイシンなどの抗生物質が効きにくくなった状態のことです。, 抗生物質は細菌や微生物を殺す薬ですので、「適切な量」を「適切な期間」用いることで十分な効果を発揮します。, ただ、例えば全滅する前の中途半端な段階で抗生物質を止めてしまうと、生き残っている細菌が薬に慣れてしまい、薬が効きにくくなります。, これを「耐性」を獲得したといい、薬が効きにくくなった細菌のことを「耐性菌」と呼びます。, ゲンタマイシンに耐性を持った細菌に対しては効果が弱くなるか全く期待できなくなります。, ですので、数日間ゲンタシンを使用してもほとんど症状が改善しない場合には、薬を変更する必要があります。, ゲンタシン軟膏やクリームを使っている場合には、医師に症状が改善しないことを伝えて、薬を変更してもらいましょう。注射の場合には医師が適切に対応します。, 耐性菌ができるのは、細菌が全滅する前の中途半端な段階で使うことを止めてしまった場合が多いとされています。細菌が減ると感染症の症状が和らいで治ったと感じると思いますが、細菌が全滅するまでゲンタシンを使い続ける必要があります。症状が治まったからといって、途中で抗生物質を止めてしまうことは、「耐性」ができる大きな原因であることをご理解ください。ですので、ゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリームを使う場合には、使うように指示された期間をしっかりと守ってください。症状が改善してくると、使うのを忘れてしまいやすくなりますが、耐性菌を出さないようにしっかりと使い続けましょう。, ゲンタシンは、ゲンタシンや他のアミノグリコシド系抗生物質およびバシトラシンに対して過敏症を起こしたことがある方は使ってはいけないこと(禁忌)になっています。, もし過去に抗生物質を使ってアレルギーなどの過敏症を起こしたことがある方は、予め医師・薬剤師に相談してください。, どの薬が該当するか分からない場合には、薬を使ってアレルギーを起こしたことがあることだけでもお伝えください。, ゲンタシン軟膏およびクリームは、通常の使用では薬の成分が皮膚だけにとどまり、ほとんど体内に吸収されないというデータがあります。, 乳児・小児に対して、ゲンタシン軟膏もしくはクリームが処方された場合でも、心配せずにお使いいただけます。, ゲンタシン軟膏およびクリームの有効成分である「ゲンタマイシン」は、抗生物質ですので細菌に対して有効です。, 細菌による皮膚感染症に効果を示しますが、一方、ウイルスや真菌(カビの仲間)には効果を示しません。, また、ステロイドを含んでいませんので、血管や毛穴のつまりが原因の炎症に対しては効果が期待できません。, ・白ニキビ(閉鎖面皰)、黒ニキビ(開放面皰)といったニキビの初期の状態は、細菌感染の前の段階ですので、ゲンタシンの効果が期待できません。, ・口唇ヘルペスや帯状疱疹などのヘルペスウイルスが原因の皮膚症状には、ゲンタシンの効果が期待できません。, ・性器カンジダ症などのカンジダ感染は、「カンジダ菌」という真菌が原因の感染症です。, 細菌と似た名前ですが、カンジダ菌にはゲンタマイシンは効果を示しませんので、ゲンタシンの効果が期待できません。, ・いぼ痔が細菌の感染症と思っている方もいるかもしれませんが、いぼ痔は肛門周辺の血管や組織の物理的なトラブルが原因で起きています。, 患者さんまたは血の繋がった家族で、過去にアミノグリコシド系抗生物質によって難聴を起こしたことがある場合などは、難聴のリスクが高くなるおそれがありますので、原則として使わないこととなっています。, 使うかどうかは医師が判断しますので、ご家族に難聴の方がいる場合には、その旨を医療従事者にお伝えください。, この二つの軟膏の大きな違いは、「分類」の違い、つまり医療用医薬品と一般用医薬品ということでしょう。, ゲンタシン軟膏は医師の処方が必要ですので、医師の判断そして指示で使うことになります。, 一方、ドルマイシン軟膏はドラッグストアやインターネットで購入できますので、気軽に抗生物質の軟膏を使いたい方にお勧めとなります。, 一つ一つを比べると、ゲンタマイシン硫酸塩が幅広い細菌に効果を示しますが、ドルマイシン軟膏に二種類含まれていることにより、効果を示す細菌の種類(抗菌スペクトル)がゲンタシン軟膏と近いものになっています。, 効能・効果については、記載の詳しさが異なりますが、対象疾患としては同じような内容と考えて構いません。, なお、皮膚の感染症、ニキビなどに使われる抗生物質を含む「処方薬」は、ゲンタマイシン軟膏の他にもいくつかあります。, アクアチムクリーム、フシジンレオ軟膏、アクロマイシン軟膏、バラマイシン軟膏などです。, これらは殺菌効果を示す細菌の種類が異なりますので、細菌の種類や耐性菌の有無などを考えて使い分けされています。, 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染, この二つの軟膏の大きな違いは、リンデロンVG軟膏にステロイドである「ベタメタゾン吉草酸エステル」が含まれていることです。, ゲンタシン軟膏に、「ベタメタゾン吉草酸エステル」を追加したものがリンデロンVG軟膏と考えて構いません。, ステロイドが含まれているので、免疫系が関わっている幅広い疾患に対して効果を示します。, 進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎、乾癬、掌蹠膿疱症などはステロイドが治療効果を示すことがある疾患です。, ただ、ステロイドが含まれる分、使い方を間違えると症状を悪化させることもありますし、副作用も出やすくなりますので、注意が必要です。, 医師の指示および処方がある場合には、他の軟膏やクリームと同時に使うこともできます。, ただ、注射薬は病院で使う薬ですので、併用しても大丈夫かについては医師もしくは薬剤師が事前に確認します。, ゲンタシン軟膏およびゲンタシンクリームと同成分の外用薬は、日本では市販薬として販売されていませんので、残念ながら同じものは市販で手に入りません。, 海外の商品を個人輸入という形で取り寄せることは可能ですが、全く同じ商品でない可能性もありますので、利用する場合はご注意ください。, ただ、ゲンタシンと同様に、「抗生物質を含む」、「ステロイドを含まない」外用剤は数種類販売されていますので、お急ぎの場合はそちらを考えてみてはどうでしょうか?, また、ゲンタシン注は、病院にて筋肉内注射もしくは点滴で静脈内投与する薬ですので、処方せん医薬品(医師の処方が必要)のみとなっています。, ゲンタシン(軟膏、クリーム、注)のさらに詳しい情報は、医療従事者が使用する「添付文書」というものに記載されています。, 添付文書は、どの薬でも「医薬品医療機器総合機構」のHP (https://www.pmda.go.jp/index.html) から検索することができます。, 9か月の子供に授乳中ですが、乳首に水ぶくれが出来てしまったので自宅にあるゲンタシンを使おうと思っているのですが、授乳は中止した方が良いでしょうか?, 軟膏やクリーム自体がお子さんの口に入ると危険ですので、お子さんの口に触れる部分への使用はお控えください。, 例えば、両方の乳首に塗らないといけないのであれば、授乳は中止した方が良いでしょう。ただ、片方の乳首だけに塗って反対で授乳できるような場合には、授乳を続けても構いません。ゲンタシン軟膏・クリームを水ぶくれに使っても、成分は体内にほとんど吸収されませんので。, 清潔な環境下で圧出(面ぽう圧出)が行われた場合には、跡は速やかになくなりますので、細菌に感染する可能性はわずかであると考えられます。, そのため、ゲンタシン軟膏を塗ってもほとんど意味がありません。ただ、不潔な環境下や不十分なやり方をしてしまった場合には、細菌感染も考えられますので、細菌の二次感染の予防という目的でゲンタシン軟膏を使うのは良いでしょう。, ただし、医師の指示の元使わないと耐性菌の出現などのリスクがありますし、そもそもニキビの跡が残る可能性もありますので、そうなった場合には早めに皮膚科を受診することが大切です。, コンジローマと診断されました。患部にゲンタシンを塗り始めてから生理が来てしまいました。このまま塗り続けた方が良いでしょうか?, 残念ながら、ゲンタシンは、ウイルスには効果がありませんので、使っても意味がありません。, 尖圭コンジローマは、症状に応じて、外科治療やベセルナクリームを使った治療が行われます。, 猫に噛まれた傷を自宅にあったゲンタシン軟膏を塗って対応しました。傷自体は良くなったのですが、しこりみたいなものが出来ています。これは診察をしてもらった方が良いのでしょうか?, しこりみたいなものは、傷の修復に伴って細胞が増殖したものですので、大きすぎず痛みがなければ正常反応の一つです。, 半年から1年程度かかって消えていくとの説もあります。ですので、大きすぎない場合、痛みがない場合、外見が気にならない場合には診察を受けなくても大丈夫だと考えられます。, アンテナへリックスの部位にピアスを空けた部分にゲンタシン軟膏を塗っているがどのぐらいの期間塗った方が良いでしょうか?, ピアスを空けた部分を清潔に保っていれば、感染する可能性はわずかですので、数日間でも十分でしょう。, 耐性菌の出現を避けるために長期間の使用は避ける方が良いですし。その後は、周辺部位が炎症を起こして、感染を起こしたことが明らかな場合だけに使うのが良いでしょう。, もし血が出るくらいまで掻きむしった場合には、感染予防として使うと効果があるでしょう。, 帯状疱疹が再発してしまいました。別の病気で現在ステロイド内服薬を約10年服用しています。外用薬としてゲンタシン軟膏と亜鉛華軟膏を塗っているのですが、やはり病院に受診した方が良いでしょうか?, ステロイドを内服されている場合は悪化しやすいと考えられますので、再発した場合にはすぐに皮膚科を受診することをお勧めします。早めに治療を開始した方が、治療効果が高いためです。, 火傷跡の乾燥部分、水ぶくれが破れた部分をきれいに治したいと考えています。自宅にワセリン、ゲンタシン軟膏、リンデロン軟膏、パンパス軟膏がありますが、どれを塗ればよいでしょうか?, 水ぶくれが破れた部分の治療は、軟膏を塗るよりも密封材料を貼って自身の治癒力を最大限に発揮させる方法が最近注目されています。, 『湿潤治療』と呼ばれるもので、早くきれいに傷が治るといわれていますので、こちらの方法がお勧めです。「キズパワーパット」、「プラスモイスト」などの市販の商品が、この場合の密封材料として適しているようです。ただ、火傷の深さによっては、どのようにしても跡が残ってしまいますので、その点はご理解ください。, 細菌感染が原因の場合はゲンタシン軟膏ですが、細菌やウイルス、真菌が関係していない炎症・赤みの場合はバルデスクリームが効果を示します。逆のものを使うと症状が悪化することもありますので、区別が付きにくい場合には皮膚科の医師に相談することをお勧めします。, 大陰唇にヘルペスが出来たのでゲンタシン軟膏を使用し治りかけなのですが、痛みがずっと残っていて引かないのですが、対処法はありますか?, ゲンタシン軟膏はヘルペスの原因となるウイルスには効果がありませんので、使用して治りかけというと次の二つのパターンが考えられます。, ヘルペスが免疫力によって治ったパターン、そしてヘルペスではなく細菌感染が原因の症状であった場合です。症状や状態によって対応・使用する薬が変わってきますので、早めに皮膚科もしくは産婦人科を受診することをお勧めします。, サージカルテープを貼ったあとのかぶれとかゆみにはどの外用薬が効きますか?自宅にあったのは、ムヒ、オロナイン、フルコート軟膏、オイラックスクリーム、ゲンタシン軟膏です。, サージカルテープを貼った部分のかぶれとかゆみは、細菌が関係ない皮膚の炎症のことが大半です。, そのため、多くの場合は、フルコート軟膏がかぶれとかゆみに対してもっとも効果を示すと考えられます。また、かゆみを特に抑えたい場合には、オイラックスクリームもお勧めです。, 細菌が関係ありませんので、ゲンタシン軟膏は基本的に効果がありません。ただ、炎症が酷くなって出血を伴うような場合には、感染予防効果が期待できます。, ですので、授乳中でもゲンタシン軟膏を使用できます。ただし、軟膏やクリーム自体がお子さんの口に入ると危険ですので、お子さんの口に触れる部分への使用はお控えください。, そのため、ゲンタシン軟膏・クリームを、顔に塗っても問題ありません。ただし、顔に塗る場合には、眼に入らないように気を付けてください。, 左脇の化膿したできものにクロマイ軟膏を塗ったらひどく痛んで腕の上げ下げすら苦痛に感じます。ゲンタシンを塗ったら痛みが取れますか?, 痛みの原因やできものの状態によって対応が変わってきますので、ゲンタシンの外用が効果を示すかは一概には言えません。, たまたま化膿したできものが悪化した場合やクロマイ軟膏の成分がしみた場合、クロマイ軟膏の副作用の可能性などが考えられます。場合によってはゲンタシン軟膏を塗っても全く効果がありませんので、使う前にできものの状態を医師に診てもらうことをお勧めします。.