・転倒や骨折に対する不安から、生活不活発や廃用症候群になる危険性があるので注意が必要, 【生活環境の整備について】 ① サービス提供上・日常生活における留意点 ・塩分を控えたバランスの良い食事が摂れるようにする 日常から専門用語を使っているケアマネはいざとなると簡単な言葉にして説明することができない. ①ヘルパーの利用について ・本人の話を傾聴し、共感的な態度で関わるようにする ・三大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)をバランスよく摂取できるようにする必要がある → ケアマネ業務支援ソフト【カイポケ】, 介護保険改正や介護に関する最新ニュースをわかりやすく解説しています。おすすめです♪, ケアマネ歴20年の現役ケアマネジャーです。 ・食生活を改善して、塩分・脂質・コレステロールを取りすぎないようにする 職場だけでなく自宅でも外出先でも、デジタル端末を使って、利用者の情報を見たり入力したりするようになります。, ②署名・押印が不要! 書類の印刷不要! ・病状の進行度合いを家族や医師、ケアチームで共有できるようにしておく, 【生活環境の整備について】 ・再発のサインを知ってもらい、いつもと様子が違うときは早めの受診を促す, 【健康管理について】

更新研修や実務研修講師もやっています♪ ・毎日苦痛なく過ごせるように、医師の指示のもとペインコントロールを行う ・脳梗塞が再発すると、後遺症が重度になる可能性があるので、食生活、運動、服薬管理をしっかりと行う必要がある, 【身体機能について】 ・今後の生活について、医療装置の導入等についてあらかじめ本人や家族の意向を確認しておく, 【食生活について 】

結論 ②現在の身体状況と生活状況の確認。

・転倒時には速やかに医師へ報告できるようにしておく ・定期的に病院受診し、筋肉注射などにより痛みを軽減できるようにする, 【生活環境の整備について】 環境が変わるため精神的に不安定になる可能性あり 以上の点を総合的に勘案すると〇〇が必要と思われる。事業所の選定については、ご本人の住所およびレンタル料金、営業担当者の対応力等を考慮し、利用者及び家族に説明したうえで決定した。, ④ケアプランの修正と最終決定(承認) ・外出の機会や他者との交流機会を確保して運動不足やストレスを解消する必要がある, 【健康管理について】 ・食事量や水分量の減少により、栄養不良、脱水になる可能性があるため、ケアチームでしっかりと見守りしていく, 【介護者の負担軽減について】 ・安全に生活できる住環境を整備して、生活領域を広げるようにする 2.定期的に通院することで、医師の医学的管理を受け病状の安定を目指す。 今後随時更新して追加していきます!, ワンフレーズ(短文)をご希望の方は下記のモニタリング文例300事例を参照して下さい♪, 【新たな課題の発生及びケアプラン見直しの必要性】 ・継続的な薬物療法や病院受診が必要である。薬の効果および副作用などを家族も含めたケアチームで把握し、定期的に医師に報告する。 ・急にろれつが回らなくなる、言葉が出ない、激しい頭痛などの症状が出た場合の対応方法をあらかじめ決めておく, 【外出の機会確保について】

【利用票確認】 2.本日の担当者会議にて居宅サービス計画書にある内容に沿ってサービスを提供していく事になる。 ・発作時にすぐに起き上がれるように、ギャッジアップ機能付きのベッドが必要, 【身体機能について】 ・リハビリテーションを行う場合は、痛みに配慮しながら行う必要がある 生活状況⇒

【身体機能について】 ・入浴することで皮膚の清潔を保ち、血液等の循環を良くしていく ・臀部や仙骨部など褥瘡ができやすい部位の観察 ・周囲からの励ましや声かけなどはなるべく控え、温かく見守っていくようにする ・服薬について用法、用量が守られているか確認する必要がある, 【外出の機会確保について】 困りごと・生活ニーズ⇒ デイサービスの利用についてはしばらく様子観察していき、状態変化などがあった際に、内容について再検討する

4.本人だけでなく、介護者の負担軽減にも十分配慮して、モニタリング時に確認する, 検討内容  モニタリングを実施した記録がない場合は、実際にやっていたとしても未実施となります。しっかりと記録に残しましょう!, ①観察のアンテナを立てる! ・安全に生活できる住環境を整備して、生活領域を広げるようにする

◆ケアプラン内容についての詳細確認事項・役割分担の確認 ・意識がない、ろれつが回らないなど、明らかに日頃と様子が違うときは、速やかに医療機関へ連絡する必要がある, 残された課題

・入浴するかどうかの判断に迷った際の基準をあらかじめ医療機関に確認しておく

②現在の身体状況と生活状況・困りごと・生活ニーズの確認。 ・疼痛緩和のための麻薬を使用する際、効果や副作用などについてケアチームで共有しておく, 【健康状態について】 ・病状の進行についての不安や心配事を傾聴する。必要に応じて医療機関へつなぐことも検討する 結論 ・介護者の負担やストレスを軽減して、在宅生活の継続を支援する, 検討内容 カルシウムやビタミンが摂れる栄養管理 生活状況⇒デイサービスには毎回利用しており、夜も安定して寝ている。定期的にショートステイを利用することで、介護者の負担も軽減出来ている。, ③各サービス事業所の意見⇒ 3.居宅サービス計画書(2表)のサービス内容についてそれぞれの役割分担の確認を行い、2表の内容通りで実施していくことになった。 ・バランスの良い食事が摂れるようにする 4.ヘルパーの利用についてはしばらく様子観察していき、状態変化などがあった際に、内容について再検討する, 検討内容  【新たな課題の発生及びケアプラン見直しの必要性】 サービス担当者会議や退院前カンファレンスはオンライン会議が可能になります。, \カイポケならすべて可能♪/ 開催の目的を簡潔に記載してください。検討した項目にはわかりやすく①②③と番号をつけましょう!, 検討内容 ・血流の悪化を予防するため、定期的に体位変換を行う ・少しでも自立した生活ができるように、リハビリテーションを行い運動機能の向上を図る ・ヘルパーのプランを作りたいけどどんな表現にするか?

ただ、慣例なのか殆どのデイサービスがケアマネジャーに提出しています。, 月末の忙しいときにたくさんいるご利用者様一人ひとり作成しなければならないので、とても大変な作業になってしまいます。そこまでして作成する資料ですから、有効なものにしていきましょう。, ケアマネはなぜ月間報告書がほしいのか考えてみましょう。 ・病状の異変(息切れ・動悸)を早期発見できるようにし、緊急時の対応をあらかじめチームで共有できるようにする (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2.居宅サービス計画書(123表)の内容について、それぞれの役割分担やサービス実施上の留意点などについて全員で再確認した。 ・終末期においては気管切開や人工呼吸器の装着も検討していく サービス実施状況 : 計画通り実施 4.介護者の負担軽減にも十分配慮して、モニタリング時に確認する