戦略クラウド推進 堅牢で高性能な施設内で管理されている仮想環境を使用していただけます。お客様からのご意向に沿って、メモリ・ディスクの容量などを選択していただくことができます。, 物理サーバとクラウドの利点を両立SmartConnect Cloud Platform(HaaS), 物理サーバーを1台から月額で利用可能なクラウド型物理サーバーサービスです。 お客さま専用の物理サーバーを自由にカスタマイズして利用可能です。, ご要望に併せて自由にカスタマイズできるマネージド標準装備の専用クラウドサーバーです。OS、ミドルウエア、アプリケーションレイヤーまで弊社エンジニアが運用いたします。, ◆プロジェクト全体だとTCOが見合わない、拡張性や可用性の要件が気になるという方に:Oracle Cloud Infrastructure の利点◆ 皆様がクラウドの活用を本格化していく中で、これから多くの既存システムをクラウドへと移行させることになるでしょう。その移行アプローチは大きく2つ、主要な移行シナリオは5つあります。もちろん、大切なシステムの移行を失敗させるわけにはいきません。どのアプローチ/シナリオを選ぶ場合でも、IBMは多様なソリューションと高いプロジェクト遂行力で皆様のクラウド・ジャーニーを確実にサポートします。, 志賀 徹

各種インターンシップやイベントもこちらからご確認ください。, DXを加速させるためにIT基盤をオンプレミスから柔軟性の高いクラウドに移行する企業が増加している。しかし、クラウド移行にはブラックボックス化したレガシーシステムの再構成など多くの障壁があり、思うように進まないケースも多い。そこで本ホワイトペーパーでは、無理のないクラウド移行を実現するための5つのステップとその際に必要となる最適なITインフラを解説する。, 市場ニーズが劇的に変化し、またIT技術の急速な発展も進む今日、企業はビジネスモデルの抜本的な改革が迫られている。それに伴うIT施策の一環として、ITインフラリソースを柔軟に拡張・縮小でき迅速なシステム構築を可能にするクラウド環境へ完全移行を検討する企業が増えている。, だが、実際にはオンプレミスに構築されたレガシーシステムからまだ脱却できていない企業も多い。過剰なカスタマイズによる複雑化、事業部ごとにサイロ化されてブラックボックス化したシステムでは運用・維持コストに膨大なIT予算を費やすこととなり、戦略的なITへの投資、さらにはデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の妨げとなっている。, この問題は深刻さを増している。経済産業省が発表した「DXレポート」では「2025年の崖」として指摘されるように、もし企業がこうしたレガシーシステムの課題を2025年までに解決できない場合、デジタル技術を用いた新興企業との競争や激しい市場の変化に追随できず衰退していくと警鐘を鳴らしている。, では実際にオンプレミスからクラウドへの移行の中ではどのような課題が生じるのだろうか。, 1つは、例えばL2接続ができずに、IPアドレスの変更などの手間が生じるというケースがある。IPアドレスが変わるとクライアントPCのネットワーク設定の変更、アプリケーションやシステムの改修などさまざまな変更を行わなければならない。, また、移行に合わせてシステムをクラウド向けに改修しなければならないケースは多いが、担当者が離職したために詳細設定がブラックボックス化し、再構築が難しい場合も珍しくない。, さらに、仮にIT基盤を完全にクラウドに移行できても、常にシステム構成やリソース配分が変化するクラウドに最適なパフォーマンスを発揮できるアプリケーションの設計の変更も必要だ。サーバ監視や負荷分散など運用体制もクラウドに最適なものに変更しなければならない。, ホワイトペーパー「レガシーなインフラをDXのためのインフラへ クラウド移行成功のための『5つのステップ』」をダウンロード, レガシーなインフラをDXのためのインフラへ クラウド移行成功のための「5つのステップ」, 高精度な文書翻訳をセキュアに利用 (Zinrai Translation Service), コンタクトセンターのナレッジ検索を効率化(Contact Center Knowledge Assistant), 中長期環境ビジョン『FUJITSU Climate and Energy Vision』. 部長/コンサルティングITスペシャリスト, クラウドを中心とするソリューション策定のチームを率いる。さまざまな業界向けにプライベート・クラウドとパブリック・クラウドを活用したシステムの提供を経験した後、2012年よりソリューション策定と提案活動に従事。先進技術を活用したソリューションでお客様のビジネス変革を支援している。, デジタル変革(DX)の先導役を託され、IoTやAIといった先進ITのビジネス活用を模索しているIT部門の皆様にとって、多くの手間と人手、コストのかかるITインフラの運用管理は大きな負担となっているかもしれません。その負担を少しでも減らすべく、オンプレミスからクラウドへのシステム移行を検討しているご担当者は少なくないでしょう。, また、これまでビジネスを支えてきたシステムを先進技術でさらに発展させるべく、クラウドへの移行を検討する組織も多いはずです。, その際、気をつけていただきたいことが1つあります。それは、組織全体としての標準やロードマップがないまま、事業部門やプロジェクトで個別/無計画にクラウドを導入することです。それにより、かつてPCサーバー全盛の時代に部門/プロジェクト単位でサーバーが乱立したのと同じ状況になる恐れがあるからです。これを防ぐには、システムのクラウド移行にどのようなアプローチ/シナリオがあるのかを知ったうえで、自社に最適なロードマップを検討する必要があります。, オンプレミスのITインフラのクラウドへの移行には、大きく「リフト」と「シフト」という2つのアプローチがあります。このうち、リフトは既存アプリケーションを改修なしでそのままクラウドにマイグレーションするアプローチ、シフトはクラウドネイティブの技術などを使いアプリケーションをモダナイゼーションするアプローチです。, また、この2つを軸にしてさらに細かく見ていくと、5つの移行シナリオに分類できます。IBMは、それぞれのシナリオに対応した各種のソリューションを提供し、スムーズなクラウド移行をご支援しています。以降では、5つの移行シナリオと、それらを実現するソリューションをご紹介します。, まず移行以前のシナリオに「引退」があります。クラウド移行の検討に際しては、既存システム環境の棚卸しを行い、どのようなサーバーやアプリケーションがあるのかを調査します。それらの中には、クラウド移行を機に廃棄すべきと判断されるものがあるでしょう。そのアプリケーションは非投資対象として移行対象外となります。, 移行シナリオの1つ目は「延命」です。アプリケーションの改修は行わないが、事情があってまだ使い続けるためにクラウドに移行させるアプリケーションが該当します。いわゆる“塩漬け”にするわけです。, 多くの場合、延命対象のアプリケーションはVMwareによる仮想化環境で稼働していることでしょう。IBMはオンプレミスのVMware環境をそのままパブリック・クラウドへ移行できるサービスとして「IBM Cloud for VMware Solutions」を提供しています。同サービスは全世界で多数のお客様に利用されている実績のあるVMware向けクラウド・サービスであり、安心してご利用いただけます。, また、クラウド移行を支援するさまざまなツールから成る「IBMクラウド・マイグレーション・ファクトリー」を利用することで、既存システムの棚卸しなど煩雑で手間のかかる作業を効率化し、移行期間を大きく短縮することができます。, 2つ目の移行シナリオ「老朽化更新(アプリ変更なし)」とは、サーバーの保守切れや老朽化による更改を機に、アプリケーションの改修なしでクラウドに移行するというものです。この場合もIBM Cloud for VMware Solutionsが有効なほか、IBM Cloud仮想サーバー(VSI)などが利用できます。, 一方、3つ目の移行シナリオ「老朽化更新(アプリ変更あり)」は、インフラの更改を機に、アプリケーションを改修するというものです。ただし、この改修はクラウド上でDevOpsなどの手法を用いてアプリケーションを継続的に改善していくための仕組みを追加するなど最小限に止め、アーキテクチャーの刷新などは行いません。, 以上の移行シナリオ1〜3は、いずれもモダナイゼーションを行わずにリフトだけをすることから「シンプルリフト」と呼ばれます。, 続くシナリオ4、5は、リフトに加えてアプリケーションのモダナイゼーション(シフト)まで行うことから「リフト&シフト」と呼ばれます。, シナリオ4の「コンテナライズ」とは、既存のアプリケーションを改修なしでコンテナにパッケージングし、DevOpsなど継続的インテグレーションの仕組みを組み合わせてクラウド上で運用するというものです。アプリケーションをコンテナのレベルで仮想化することにより、リソース使用効率を大きく抑えて集約率を高めることができます。Kubernetesなどのコンテナ技術の普及に伴い、最近はこのシナリオを選択するケースが増えています。, IBMは、コンテナライズを支援するさまざまなソリューションを提供しています。その中核を成すのが、業界標準のコンテナ管理技術「OpenShift」です。IBM Cloudでは、OpenShiftのマネージド・サービス「RedHat OpenShift on IBM Cloud」を提供しているほか、OpenShiftとオープンソース・ソフトウェアをベースにしたアプリケーション開発環境「IBM Cloud Pak for Applications」、マルチクラウド環境の管理ツール「IBM Cloud Pak for Multicloud Management」を使うことで、アプリケーションの開発/実行環境をクラウド上に迅速に構築することができます。, 5つ目のシナリオ「リファクタリング」とは、アーキテクチャーを刷新してマイクロサービス化などを行ったアプリケーションをコンテナにパッケージングし、DevOpsなど継続的インテグレーションの仕組みを組み込んでクラウド上で運用するというものです。このシナリオで移行することにより、アプリケーションをクラウドネイティブに作り替え、クラウド活用のメリットを最大化することができます。上で紹介したIBM Cloud Paksは、クラウドネイティブなアプリケーションの開発/実行に必要な機能を全て備えています。, なお、1〜3のシナリオでいったんクラウドに移行したアプリケーションを、後からコンテナライズまたはリファクタリングするケースも考えられます。これはシンプルリフトによってサーバー保守切れなどの急場をしのぎ、余裕ができてからモダナイゼーションするというアプローチです。, これら5つのシナリオによってパブリック・クラウドへの移行を進めることで、IT部門の皆様はインフラ運用管理の負担を大きく減らし、クラウドならではのメリットを得ることができます。, 例えば、ある国内のお客様は、オンプレミスにVMwareで構築した数百台規模の仮想サーバーから成る基幹システム群を、非機能要件を変更することなくIBM Cloud for VMware Solutionsにそのまま移行されました。IBMクラウド・マイグレーション・ファクトリーを活用し、業務への影響を最小限に抑えた速やかな移行を実現。移行後の環境では、IBM Cloud上のAIなど最新技術を活用した高度なデータ活用が可能となりました。, こうした大規模な移行プロジェクトを、世界有数のシステム・インテグレーターとしてお客様のシステム構築/運用を長年にわたりご支援する中で蓄積した知見とノウハウ、プロジェクト/リスク管理能力、そしてグローバルで確立した各種方法論を駆使してご支援できることもIBMの大きな特徴です。大切なシステムをクラウドの上でビジネスと共にさらに発展させていくために、ぜひ私たちをクラウド・ジャーニーのパートナーにお選びください。, CIO向け記事「インフラもクラウドへ! そのパートナーとして選ぶべきは、オンプレミスとクラウドを熟知した“クラウド・サービス・インテグレーター」, Cloud Advisory Services IBMクラウド クラウド・ジャーニー 特集「ニューノーマルに本格期を迎えるクラウド。 選ぶべきはハイブリッド・マルチクラウド」, エッジコンピューティングが従来の企業コンピューティングと大きく異なる点の1つは、さまざまな場所で稼働する多種多様かつ膨大なエッジデバイスやエッジゲートウェイサーバーなどに対するアプリケーションやデータ分析用AIモデルの配 ...続きを読む, 新型コロナ問題の先行きが不透明な現在、事業継続施策の一環として、感染症や自然災害などのリスクに対応し、自宅などからリモートでオフィス業務を行えるテレワーク・ソリューションを本格的に導入しようという機運が各業界で高まってい ...続きを読む, 「どうせVMware Horizonを使うのなら、どこのベンダーのクラウドも同じ」とはいかないのがテレワーク・ソリューション選定の落とし穴です。具体的にどのようなポイントに注意すべきか? また、IBMが提供する最新の「V ...続きを読む, エッジコンピューティングの最大の課題は「多種多様かつ膨大なエッジデバイス上で稼働するアプリケーション管理」。効率的な管理基盤をどう実現する?, どこからでも業務を継続できるDesktop as a Serviceをポスト新型コロナ時代の標準デスクトップに, 多くの企業に最適なテレワーク・ソリューションは? IBM Cloudに専有のVDIサービス「VMware Horizon Enterprise on IBM Cloud」が登場, 特集「ニューノーマルに本格期を迎えるクラウド。 選ぶべきはハイブリッド・マルチクラウド」, インフラのクラウド移行、成功を支えるのは“オンプレミスとクラウドを熟知したインテグレーター”, Red Hat OpenShift on IBM Cloud の新しい柔軟な価格体系について, AI画像認識開発をまるっと一式セットでお得に! テクニカルソリューションデザイン

収録内容. ①安定・高速 年内限定「AIT 年末キャンペーン」, 【リレー連載】わたしの推しノード –ストリームを変幻自在に整頓活用する超人「スーパーノード」の神業パラメータ処理. 総括部長, インフラ領域のクラウド・ビジネス推進におけるコンサルティングとソリューション策定を担当。さまざまな業界に対してクラウドを活用したシステムの提供を経験しており、それに基づく先進的なソリューションの策定や提案の実績も豊富。お客様のDXを推進するための効果的なクラウド活用に焦点を当てた講演なども行っている。, 田中 良典 ③幅広い用途 データをクラウド上に保存・共有でき、グループワークなどに欠かせないクラウドストレージ(オンラインストレージ)。無料で使え便利ですが、どれも同じだと思っていませんか? 今回は代表的な「Dropbox」「OneDrive」「Google Drive」など5つのサービスを徹底比較してみました。 「desknet's NEO」をベースとした「J-MOTTO」のクラウド・ASP型グループウェアサービスです。332万ユーザー以上の導入実績を誇り、「誰でも直感的に使えるわかりやすさ」を重視した使いやすいサービスを追求しています。 クラウド版とパッケージ版の大きな違いは、お客様でサーバーマシンを用意いただく必要があるかどうかです。 運用管理やコスト面での違いもご確認ください。 クラウド版 パッケージ版 導入方法 サーバーマシンを用意する必要がないサービス。 インター グループウェアとは、ネットワークを利用し企業内や組織間でスケジュールやタスクなどの共有、コミュニケーションを支援するシステムの総称です。そのシェアトップとは?上位サービスを中心に、導入検討に役立つ価格・機能比較をおすすめサービスとともに紹介します。 クラウドサーバーへ移行することで、システムの利便性が向上します。ただし十分な準備をせずにクラウドへ移行しても、メリットを得られないばかりか、損をするおそれもあります。この記事では、クラウドサーバーへ移行するメリットや手順、注意点を解説します。 日本アイ・ビー・エム

④基幹系・情報系に最適, 弊社AWS専任スタッフが貴社サービスに最適なインフラ構成をシミュレーションし提案・提供。, 法人向けクラウドサーバーの資料請求ランキングで製品を比較! 今週のランキング第1位は?. 皆様がクラウドの活用を本格化していく中で、これから多くの既存システムをクラウドへと移行させることになるでしょう。その移行アプローチは大きく2つ、主要な移行シナリオは5つあります。もちろん、大切なシステムの移行を失敗させるわけにはいきません。 IBMオープン・クラウド・センター ホワイトペーパー「レガシーなインフラをdxのためのインフラへ クラウド移行成功のための『5つのステップ』」をダウンロード. ②コストパフォーマンス クラウドへの移行が進むグループウェアですが、導入に失敗しないためにはより多くのサービスを比較し、検討することが重要です。今回は、グループウェアの基礎知識をはじめ、10種類のグループウェアの価格や機能などを紹介します。 日本アイ・ビー・エム Copyright (C) 2020 IT Trend All Rights Reserved. IBMオープン・クラウド・センター

コロナ禍により様々なものが変わろうとしています。人の働き方やビジネスプロセス、ビジネスモデル、そして多様なステークホルダーにどのような共通価値を提供するか。, 今、ニューノーマルの時代に向けて、想像力を働かせ、ビジネス全体を“Reimagine(再構想)”することが重要です。 業種業界を問わず、この危機を乗り切ることができるよう、富士通はソリューションを提供していきます。, 富士通は強みであるAIやIoT、5G、セキュリティなどのテクノロジーと、強固な顧客基盤に支えられた業種業務ノウハウを活かして、お客様、社会が求める価値を実現するデジタルトランスフォーメーション(DX)を追求していきます。, 「働く」ということだけでなく、「仕事」と「生活」をトータルにシフトし、Well-beingを実現します。, 富士通が描く5G WORLD。ニューラルな5Gネットワークの創る4つのREALで、富士通は社会を変えていきます。, ICTインフラ全体の最適化で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるインフラを実現, オンプレミスからパブリッククラウドまで、お客様のビジネス価値最大化に向けた最適なICT環境をワンストップで提供します。, 世界に広がる富士通グループ約300社での対策と運用で得たノウハウで、情報を「守る」だけでなく「利活用」する環境を実現。お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速します。, データ活用によりお客様とのデジタル接点を高度化。システム化に向けたコンサルティングからデータ分析、基幹システム連携、運用保守まで一気通貫で支援します。, 様々な業種・業態のお客様との取り組みのなかで得たノウハウに基づき、お客様のデジタルトランスフォーメーションをご支援します。, 昨今の人々の働き方や考え方、価値感の急激な変化に対応し、持続的な社会の実現を目指します。生活者の視点から社会に求められることを汲み取り、今まで接点がなかったモノ・コトをつなげ、生活者へ新たな価値を提供し、「Society5.0」の世界を実現します。, 最新テクノロジーとデリバリーモデルにより、ハイブリッドIT環境の全体最適化を実現するソリューション群。, お客様のビジネスに最適な、ハイブリッドIT環境の構築や運用サービスの提供により、ITシステムにおける運用負荷軽減、TCO削減、納期短縮を実現します。, 当社独自の高い技術力や幅広い業種ナレッジ、経験豊富なAI専門人材を強みに、お客様のビジネスに合わせたAI活用をご提案します。, FUJITSU Quantum-inspired Computing Digital Annealer(デジタルアニーラ), 社会の様々な分野で存在する組合せ最適化問題を瞬時に解く新しいアーキテクチャのコンピュータです。, 競技のレベルアップから新しい観戦スタイルまで、3つのソリューション「スポーツのセンシング / AI」「スポーツデジタルマーケティング」「スタジアム / アリーナソリューション」で、スポーツ業界の発展に貢献します。, 富士通のビジネスやテクノロジー、社員インタビューなどをご紹介しています。 クラウドサーバーへ移行することで、システムの利便性が向上します。ただし十分な準備をせずにクラウドへ移行しても、メリットを得られないばかりか、かえって損をするおそれもあります。, この記事では、クラウドサーバーへ移行するメリットや手順、注意点を解説します。ぜひ、適切なクラウド移行を実現する参考にしてください。, クラウドサーバーはオンプレミスと異なり、通信機器を社内に設置する必要がないため、導入費用がほとんどかかりません。ランニングコストはかかりますが、月額料金として分かりやすい形で現れるため、管理しやすいでしょう。, 逆にオンプレミスであれば、多くの通信機器の設置や管理をしなければなりません。導入時に多額の費用が発生するのに加え、空調や設置スペース、人件費も必要です。どのくらいの費用がかかるのか、見通しを立てるのも大変でしょう。, ストレージの容量はいずれ拡張が必要になります。導入時には充分でも、企業に蓄積されるデータは日々増加していきます。やがて容量が足りなくなるときが来るため、その際に柔軟に拡張できることが大切です。, クラウドサーバーであれば、契約内容の変更だけでストレージの拡張が可能です。オンプレミスのように、物理的に追加する必要はありません。, また、一時的にストレージ容量を増やせるのもクラウドサーバーのメリットです。たとえば、自社サイトでキャンペーンを実施し、急激なアクセス増加が見込まれる期間のみ増量できます。不要になったらストレージの容量を元に戻せばよいだけです。, クラウドサーバーは、インターネット環境と端末さえあればアクセスできます。したがって、社外から社内のシステムを利用することも可能です。これにより、テレワークやノマドワークが実現します。, オンプレミスで利用可能なシステムが、クラウドサーバーでも同じように動作するとは限りません。中には、クラウドサーバーでは使えないものもあります。使えたとしても、何らかのトラブルが起きるおそれもあります。, データ変換などの作業が必要だと後から発覚すると、業務に大きな支障をきたすでしょう。移行する前から、現行のシステム要件を洗い出し検証したうえで、導入を行わなければなりません。, クラウドとオンプレミスでの連携を可能にする製品もあるため、それらの利用も視野に入れて検討しましょう。, クラウドを利用するということは、社外にデータを預けるということです。オンプレミスとは異なり、セキュリティ環境をすべて自社で管理できません。, したがって、クラウドサーバーに移行する際にはベンダーの信頼性を確認することが大切です。適切なセキュリティ対策を行っているベンダーを選定するために、以下のような項目をチェックしましょう。, オンプレミスからクラウドサーバーへ移行する際、ネットワーク構成やディスクの変更が必要なことがあります。そのため、想定していたより多くの時間や費用がかかることがあります。, したがって、移行にどのくらいの期間や費用が必要になるのか、きちんと確認しておきましょう。海外のサーバ仮想化ソフトのベンダーから、移行が円滑にできるツールが提供されていることもあるため可能ならば検討してください。, クラウドはオープンな環境であるため、利便性は高くなります。しかし、社内のすべてのシステムがオープンである必要はありません。プライベートに管理すべきものも多いでしょう。, そこで注目されているのが、ハイブリッドクラウドと呼ばれる利用形態です。これはクラウドとオンプレミスを併用し、全体として最適な状態を目指す方法です。最近では、クラウドとオンプレミス間のシステム連携をサポートするサービスも増えています。, IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。「クラウドサーバーへ移行するメリットとは?その手順と注意点も解説」というテーマについて解説しています。クラウドサーバーの製品導入を検討をしている企業様は、ぜひ参考にしてください。.