服装としては全体的に黒基調の物が多く(アニメ版では紺基調)、また目元には眼帯を合わせたような特徴的な黒いマスクを着用。腰には武器である剣とメイスを下げている。因みに剣が左でメイスが右。 ワノ国篇ではバジル・ホーキンスとの絡みが多く、彼と比べてやや気が立っているような態度をとっている。同じ北の海出身だからか、ジェルマ66について二人共知っており、とある戦士を前にして「本物! ジョン・ホーキンス(John Hawkins, 1532年 - 1595年11月12日)は、イングランドの海賊、私掠船船長、奴隷商人、海軍提督。1532年イングランドのプリマスで生まれる。アルマダの海戦の指揮官フランシス・ドレークの従兄弟であり、ホーキンスもアルマダの海戦で活躍した。, スペイン語に堪能でスペインの捕虜になった部下を救おうとした際、当時のイギリス女王のエリザベス暗殺計画を察知し、一世一代の大芝居を打った。スペイン国王フェリペ二世の信任があったフェリア公夫人のお気に入りだったスペイン捕虜で特別にイギリスに帰国を許されたジョージ・フィッツウィリアムを利用した。1571年、フェリペ二世の信任をついに勝ち取り、同年9月に暗殺計画の関係者をセシルにより一網打尽にした。その際、スペイン大使も追放になったが、ホーキンスの友情に感謝しながら去って行った。フェリペ二世ですら、騙されたことに気づかなかったという。, ジョン・ホーキンスは、奴隷貿易への投資のため、富裕商人のシンジケートを組織した。1562年、彼は3隻の船でシエラレオネを経由し、カリブ海に向かった。彼らはポルトガルの奴隷船を乗っ取り、カリブ海諸国で301人の奴隷を売買した。スペイン当局に2隻の船は捕らえられたが、彼はサントドミンゴで奴隷を売り、ロンドンの投資家に払う利益を得た。このことが原因で、スペインはすべての英国船に対して、西インド諸島で貿易を行うことを禁じた。1563年、彼が最初にアフリカからカリブ海諸国と南アメリカに奴隷を運んだ。, 2度目の航海は、成功だった。1564年、女王エリザベス1世はホーキンスと提携し、700トンの巨大キャラック船ジーザス・オブ・リューベック号(Jesus of Lübeck)を提供した。ホーキンスは3隻の小型船と共に、1回目よりも長期間でより遠くまでの航海を開始した。ホーキンスは海賊行為を働きながら、バルブラタ(Borburata)に向かった。バルブラタに到着するまでに、彼は400人程の奴隷を捕まえていた。バルプラタの後、リオ・デ・ラ・ハチャ(Rio de la Hacha)に向かった。スペイン当局者は、税をかけてホーキンスが奴隷を売ることを妨害しようとした。ホーキンスは税の支払いを拒み、「町を燃やすぞ」と脅した。奴隷を売却した後、彼は休息のため、フロリダのフランス人植民地に向かった。 1566年9月、イングランドに帰還した。遠征は成功し、彼に投資した人たちは60%の利益を得た。, 1567年にホーキンスは3度目の航海を開始した。彼はポルトガルの奴隷船マドレ・デ・デウス号(Madre de Deus)を捕らえ、多くの奴隷と積荷を得た。彼は大西洋で約400人の奴隷を捕らえた。サン・フアン・デ・ウルア(現在のベラクルス)で、彼は新しい副王を植民地に運んでいる強大なスペイン軍に遭遇した。サン・フアン・デ・ウルアの戦い (1568年)(英語版)が勃発し、2隻のみが破壊から免れた。イングランドへの帰路の航海は惨めなものであり、後のアルマダの海戦までに従兄弟のドレークとともに雪辱を期すことになる。, フランシス・ドレークとともに出た最期の航海は目的を達成できず、プエルトリコ島のサン・ファンにて赤痢のために死亡した。, サンタ・クルスにおいて決闘騒ぎが起こった際、その一人エドワード・ダッドリーを止めようとして小競り合いになった。その際、司令官に逆らった罪として死罪を言い渡した後、銃口を下げて「裁きは終った。君は自由だ」という言葉で無条件で許した。フランシス・ドレークもその光景を見ていた。, An exhibit in the National Archives of the United Kingdom, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョン・ホーキンス&oldid=76526924. 「暴れたきゃあ “新世界”へ!! !」と時代の先を見据えた言葉を語った。 第二幕 ガスパーデ(映画版オリジナルキャラクター。こちらも元海兵の海賊であり、その残虐性から「海軍最大の汚点」と言われる), X・ドレーク(X.DRAKE)とは、少年漫画『ONE PIECE』の登場人物である。. バジル・ホーキンス スクラッチメン・アプー…百獣海賊団に入った最悪の世代 現在は百獣海賊団の幹部「真打ち」の中でも、最強の6人と言われる「飛び六胞」の1人となっている。 「───海軍もまた …変わらざるを得ない………! この時、大将黄猿とうっかり遭遇し「しまった…黄猿と出遭うつもりはなかった」と語った。黄猿から「戦ってみるといいよォ」と交戦を促され悪魔の実の能力でアロサウルスに変身し、パシフィスタの頭部から流血させる程の損傷を負わせたがレーザーで身体を貫かれてしまう。その後黄猿にホーキンス、アプー、ウルージと共に4人まとめて倒されてしまった。 容姿としては顎に「×」型の十字傷があるのが特徴。他にも腹部から胸部にかけての大きな「X」のペイント(刺青?)も良く目立つ。名前も含めて「✕」の印象が強い人物。 X・バレルズ ドンキホーテ・ドフラミンゴ  「滅びろ!ジェルマ66ー!」と言って剣を抜いたりとノリノリになっている。 その後、辛くも海軍部隊の包囲を抜けて諸島を脱出、マリンフォード頂上戦争を見届け、「───海軍もまた…変わらざるを得ない………! 最悪の世代 この私拿捕船の船長として最も有名なのがフランシス=ドレークである。 彼は西インド諸島でスペイン船を襲っていたが、1577~80年には、マゼランに次ぐ 2回目の(イギリス人としては初めて)世界周航 を、途中スペイン船からの略奪をしながら、達成した。 その翌日、ホーキンスと行動し、手入れをした湯屋で偶然覗き行為をしていたおそばマスクと遭遇。しかし、初め湯屋に入るのを拒否していたドレークは、女性客の裸を見た途端に卒倒。何とか起き上がり、おそばマスクの正体をすぐさま見破るが、逃げられてしまう。 第三幕 サントドミンゴ(英語版)・カルタヘナ・デ・インディアス等の要地を一時掌握。セントオーガスティンを襲撃(英語版)した後、1586年7月22日にポーツマスへ帰港した。, 1588年のアルマダの海戦ではイギリス艦隊副司令官に任命されたが、実際に艦隊の指揮を執っていたのはドレークだった。火のついた船を敵艦隊に送り込むという海賊らしい戦法により、スペイン艦隊を壊滅させる。, 1595年のスペイン領アメリカと開戦し壊滅的な被害を受けた後、プエルトリコのサンフアンの戦い(英語版)に敗れた。サン・フェリペ・デル・モロ砦(Fort San Felipe del Morro)からスペイン人砲撃手がドレークの旗艦のキャビンに大砲を打ちこんだが、ドレークは生き延びた。, 1596年、コロンビアのリオアチャを襲撃し金や真珠を強奪。スペイン王国のインディアス艦隊が避難所を探していたパナマのポルトベロの海岸から離れて停泊中に、赤痢により55歳で亡くなった。死ぬ間際には、病床で鎧を着ようとするなど錯乱状態であった(恰好よく死にたかったのだともいわれているが)。生涯子供を持たなかった。, 鉛の棺に入れられて、ポルトベロ付近に水葬されたことから、ダイバーが現在も棺を探している。, ドレークは生まれ故郷のデヴォン州に住む他家の紋章を仮冒していたが、これに代わる紋章としてエリザベス1世が右掲の紋章を新規に与えている[註釈 1][4]。そのデザインは銀色の波状のフェスを挟んで上下に2つの銀色に輝く星が描かれており、ドレークの北極と南極との間を通った世界一周航路を示している。, また、右図には描かれていないがリースの上には地球と船があしらわれており、金色の手綱が雲間から伸びてドレークの乗る船にもたらされているデザインとなっているほか、紋章記述には船の中には赤いドラゴンがいるとされており、これはフランキクス・ドラコことドレーク自身を指すものである[4]。, ドレークに勝手に紋章を使われたデヴォン州の旧家の長が、エリザベス1世に不満を訴えたことが紋章授与のきっかけであったという。この不平に対して女王は「サー・フランシスにはもっと優れた紋章を与えるつもりだ」と切り返した逸話が残る。, The Kraus Collection of Sir Francis Drake, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フランシス・ドレーク&oldid=79808676. 幼い頃は立派な海兵の父に憧れ、自身も海兵になることを夢に持ち、当時は「ドリィ」と呼ばれていた。当時から一味の誰よりも腕っぷしはあったらしいが、何があったのか海賊になった父から暴力を振るわれ、更に奴隷扱いされていたことで常に怯えていた。 この時、保護されたドレークの怯えきった姿が少年と誤認されるほど萎縮していたため、この情報を黒電伝虫で受信したドフラミンゴ達は「ローが海軍に保護された」と勘違いし、それが間接的にローの命を救った。 ドレークもホーキンスも、島は違えどノースの寒いへき地で生まれた。そして、二人は新世界のとある島で、仕事上の付き合いで知り合った。ホーキンスはいまでもあの島での労働を快く思っていない。できれば忘れたい記憶だ。 飛び六胞 うるティ ページワン フーズ・フー ブラックマリア ササキ

海軍 海軍本部 海軍脱退組 ジョン・ホーキンス(John Hawkins, 1532年 - 1595年 11月12日)は、イングランドの海賊、私掠船 船長、奴隷商人、海軍 提督。 1532年イングランドのプリマスで生まれる。 アルマダの海戦の指揮官フランシス・ドレークの従兄弟であり、ホーキンスもアルマダの海戦で活躍した。 "新世界"に突入すると、四皇“カイドウ”のお気に入りのとある冬島を守護していたスコッチの下を訪れ、彼の警告を受けたにも関わらず襲撃を開始した。, 四皇カイドウの傘下としてカイドウの縄張りに姿を現し、諸々の経緯から「ガブル隊長」として武器工場の労働者暴動鎮圧に赴き隊長の祖母を処刑しようとしていたスコッチを呑み込み反乱軍を指揮していたカリブー達を瞬く間に倒し、カリブーを連行していった。, 連行後、カイドウ一味の下に戻り、新聞記事からドフラミンゴの敗北を知る。その際に仲間達にドフラミンゴによって父を殺害された事を明かすが、「……昔の話だ…恨んじゃいない」とのこと。, 第一幕 四皇 カイドウ トの康の正体判明後は、ホーキンス達とトの康の処刑に立ち合った。そして処刑直後に乱入したサン五郎と交戦。しかしドレークはどこか不自然な様子を見せており、ローを捕らえたホーキンスにもその様子を指摘された。 ジョン・ホーキンス. 百獣海賊団 クイーン 13年前、ミニオン島のオペオペの実を巡る闘いでドフラミンゴがトラファルガー・ローの捕縛とコラソンの殺害の為に発動した「鳥カゴ」から運良く逃げ出し(バレルズ海賊団の船員から「この檻」から助けるよう言われていたが)、海軍に保護された。 しかしその後、海軍本部少将にまで出世した彼もまた父と同じく海賊へと身を堕とすのだった。, 小競り合いを起こしたキラーとウルージの戦いに割って制止した。“麦わらのルフィ”が天竜人を殴った「天竜人の一件」に発する海軍部隊来襲時に際し、Dr.ベガパンクの開発したパシフィスタの実力を図るためパシフィスタにメイスとサーベルで攻撃する。 2年前は黒い帽子をかぶっていたが、2年後には被らなくなっており、逆立った前髪が特徴的。, 冷静沈着だが、登場シーンが少ないため海賊になった理由など性格の全貌は不明。しかし、海軍やベガパンクについては独自に調べている節があり、何か思う所がある様子。 !」 シャボンディ諸島で11人の超新星と呼ばれるルーキー海賊の一人として登場。 現在は「最悪の世代」に名を連ねている。 元海軍本部少将という異色の経歴を持った海賊であり、パシフィスタなど、政府・海軍の内情・機密についても知っている。海軍マークを改変したような海賊旗を掲げ、乗船も海軍の軍艦の色を塗り替えたものとなっている。 同年から翌1586年にかけてはスペイン領アメリカへの大規模遠征を指揮し、サンティアゴ島(英語版)・ 元海軍本部少将という異色の経歴を持った海賊であり、パシフィスタなど、政府・海軍の内情・機密についても知っている。海軍のマークを改変したような海賊旗を掲げ、所属船も海軍の軍艦を基調にした赤い船となっている。, 左が第1部(サバイバルの海・超新星編)、右が第2部(最後の海・新世界編)の姿である。 大学院の修士課程のとき、カール・ポランニーの経済人類学に関心をもち、修士論文にまとめたことは、本書の「あとがき」で触れました。博士課程に移ったとき、このテーマをそのまま続けることが難しくなりました。経済学よりも人類学の方に関心が傾きはじめていました。近代の人間社会を相対化したいという強い意識が背景にあり、異文化社会に興味をもちはじめたのだと思います。「先住民社会」や「アフリカ社会」が念頭にありました。 そして、ポランニーの研究のひとつに西アフリカのダホメ … アニメではさらに顕著になっており、彼の一挙一動に興奮していたり、 更に話が進むにつれ、女の裸に弱いという意外な弱点が判明。, サンジのように鼻血を出すような重症ではないが、白目を剝いて倒れてしまった。しかし本人は断固として認めようとしない。「弱くなどない…」, 悪魔の身の能力以外では、メイスと剣の二刀流での戦闘も行う。描写は少ないものの、キラーとウルージの攻撃を受け止めて戦闘を中断させており、かなりの腕前だと予想される。, 33年前、元海軍将校のX・バレルズの息子として北の海で生まれる。嘗ては父の海賊団に所属していた。 フランシス・ドレーク; ... 彼には奴隷貿易で莫大な利益をあげた ジョン・ホーキンス ... 世界史を変えた海賊ベスト3 (75pv) 少々大げさかもしれませんが 「世界史を変えた」 と呼べるほどの大きな功績を挙げた3人を選んでみます。 1年以上前に「真打ち」として百獣海賊団に加入し、お玉や天狗山飛撤が住んでいた編笠村を要だった用心棒の侍5人を倒し壊滅させたことが判明。 狂死郎一家の子分を叩きのめしたサン五郎への見せしめとして、ページワンと共に花の都に招集される。 カイドウに従っているドレーク、ホーキンス、アプー。 そして、抵抗するキッド、キラーの合計8人が関わっています。 その中で、ドレークはカイドウの中でも、飛び六砲の一員でしたが、此処に来ての裏切りで、機密特殊部隊sword隊長と判明して以降の目立ちが来ています。 1532年イングランドのプリマス生まれ。 私掠船の船長だったことは間違いないが、一般的にイメージ出来る「海賊」のように戦って敵船を拿捕するといった記録は少ない。 現在は「最悪の世代」に名を連ねている。 !」, シャボンディ諸島にて11人の超新星と呼ばれる海賊の一人として登場。 年に一度行われる百獣海賊団の宴会「金色神楽」の会場、鬼ヶ島に他の飛び六胞と共に集う。さらにカイドウの名を借りたキングに召集をかけられ、カイドウの息子であるヤマトの捜索を命じられた。, 名前の由来は、イギリスの海賊船長にして海軍提督でもある冒険家『フランシス・ドレーク』。マゼラン亡き後、人類で初めて地球一周を生きたまま成し遂げた人物である。 トラファルガー・ロー…幼少期、ミニオン島ですれ違う。 バジル・ホーキンスのモデルであるジョン・ホーキンスとは戦友。, 上述のシーンより64巻のSBSで描かれた幼少期の超新星で幼い頃のドレークが先行登場している。こちらでもボロボロの海軍帽を被り喜んでいる姿が描かれている。, ONE PIECE  サー・フランシス・ドレーク( Sir Francis Drake 、 1543年頃 - 1596年 1月28日)は、エリザベス朝のイングランドのゲール系 ウェールズ人航海者、海賊(私掠船船長)、海軍 提督。 イングランド人として初めて世界一周を達成 。.

?」と驚きを隠せなかった。

サー・フランシス・ドレーク(Sir Francis Drake、 1543年頃 - 1596年1月28日)は、エリザベス朝のイングランドのゲール系ウェールズ人航海者、海賊(私掠船船長)、海軍提督。イングランド人として初めて世界一周を達成[1]。, ドレークはその功績から、イングランド人には英雄とみなされる一方、海賊行為で苦しめられていたスペイン人からは、悪魔の化身であるドラゴンを指す「ドラコ」の呼び名で知られた(ラテン語名フランキスクス・ドラコ(Franciscus Draco)から)。, フランシス・ドレークは、1543年の2月か3月に南イングランド、デヴォンのタビストック(Tavistock)で、プロテスタントの農民で後に牧師となった父、エドマンド・ドレーク(Edmund Drake)と母、メアリ・ミルウェイ(Mary Mylwaye)の間に、12人息子の長男として生まれた。, 10歳を過ぎたころには近所に住む老船長のもとで航海に従事していた。老船長にその働きぶりが認められ船を譲り受けたがドレークはその船を売りさらなる旅に出た。, いとこであるジョン・ホーキンスの下で奴隷貿易に従事していたが、1568年、自ら船を調達して船長となった。その後もジョン・ホーキンスの船団に参加していたが、ベラクルスのサン・フアン・デ・ウルアにてスペイン海軍の奇襲を受け、船団はほぼ壊滅状態となった。ドレークは命からがら逃げ延びてイギリスに帰還した。この経験は、ドレークに生涯にわたるスペインに対する復讐心を抱かせることになった[2]。, 1569年、メアリ・ニューマン(Mary Newman)と結婚した。メアリは12年後に亡くなった。, 1570年以降、西インド諸島のスペイン船や町を襲う海賊活動を開始。1573年にはパナマからノンブレ・デ・ディオスに金銀を運ぶラバ隊を襲撃して、大量の財宝を手に入れた。, 1577年12月13日、排水量約300tのガレオン船ゴールデン・ハインド号を旗艦とする5隻の艦隊で、プリマス港を出航。, 大西洋からマゼラン海峡を経て太平洋に進出し、チリやペルー沿岸のスペイン植民地や船を襲って、多大な財宝を奪う。 その中にはスペイン王の財宝を満載したカカフエゴ号などが含まれる。カカフエゴ号には銀26t、金80ポンド、貨幣と装飾品13箱など合計20万ポンド相当が積載されていたとされる。, 途中のサン・フリアンにて、遠征出航の功労者で親交の深かったトーマス・ドウティを、6月30日に自ら裁判長として軍事裁判にて反逆罪として処刑した。遺体は丁重に埋葬されたという。, その後、太平洋を横断してモルッカ諸島に、さらにインド洋から喜望峰を回って、イギリスへと帰国し、フェルディナンド・マゼランに続く史上二番目の世界一周を達成した。この途中、1578年にホーン岬とドレーク海峡を発見している。, 1580年9月に、生き残ったゴールデン・ハインド号のみがプリマス港に帰港し、女王エリザベス1世を含む出資者達に4700%とも言われる配当金を支払った[3]。イングランド王室の取り分は30万ポンドを越え、これは当時の歳入(20万ポンド程度)よりも多く、この臨時収入により王室は溜まっていた債務を全て清算できたうえに、国策会社のレヴァント会社に増資することができ、これは後の東インド会社設立の基礎となった。, ドレークはこの功績により、イギリス海軍の中将に任命されると同時に叙勲(サーの称号)を受ける。, 1581年、プリマスの市長に選ばれる。しかし、スペインとの国交悪化から再び海に戻り、スペイン領への攻撃を率いる。, 1585年、エリザベス・シデナム(Elizabeth Sydenham)と再婚した。