短かったり白い状態の棘の部分が柔らかいため、主にそこを攻撃して攻略するのだが、この棘は破壊されても数秒ですぐに再生し、黒く変色して肉質の硬度が上がるという化物体質であるうえ、変色した棘の硬度は斬れ味ゲージ白でも弾かれるという狂ったような硬さ。 ゾラ・マグダラオス どうあがいても絶望, ※ここから先はゲーム本編の内容になります、未プレイの方はご注意ください。

スキルブースト+・操作時間延長+の覚醒スキルを持つ上、闇には貴重な追加攻撃もある。 モンハンワールドアイスボーン(MHWIB)の悉くを滅ぼす(殲ぼす)ネルギガンテの攻略情報や倒し方を掲載。弱点属性や対策装備におすすめのスキルをまとめています。攻撃の回避方法も解説しているので、悉くネギに勝てない、強いという場合にどうぞ。, 導きの地のことネギは、氷雪地帯Lv7では全ての個体が歴戦になる。他の地帯はレベル7でも通常個体が出る確率の方が高いため、確実に会うなら氷雪地帯を上げよう。, ことネギは、唐突な攻撃や激しく暴れまわる時間が存在する。回避率を上げるために、回避性能や回避距離があると便利。安全性を重視するなら、回避スキルを優先的に発動するのがおすすめ。, ことネギの攻撃には、吹き飛ばし効果があるものが多い。吹き飛ばしは不動でもダメージリアクションを無効にできないので、過信は禁物だ。, 棘飛ばしは、広範囲かつ裂傷つきの厄介な攻撃。当たってしまった時のために、裂傷耐性かアステラジャーキーで対策しよう。暴れることネギの前で自動回復を待つのは危険なので非推奨。, 金剛棘は、柔らかい上に破壊しても再生しない。金剛棘を破壊した部位は、黒棘がなければさらに柔らかくなるため、ダメージを稼ぎやすい。また、金剛棘は尻尾には生えてこない点もポイントだ。, 白棘は時間経過で硬い黒棘に変化する。一度生えると肉質が硬化して厄介なので、白棘のうちに集中攻撃して破壊しよう。白棘を破壊するとダウンするため、攻撃チャンスも生み出せる。, 金剛棘は、通常の棘の隙間から生えている。そのため、黒棘と一緒に生えると弾かれて破壊が困難。金剛棘を攻撃するためにも、白棘のうちに破壊することが重要。, ネルギガンテの象徴であった破棘滅尽旋・天を、ことネギは使わない。通常個体のように全リセットのタイミングが無いため、絶えず攻撃して白棘の段階で破壊することが重要だ。, ことネギは体力が減るごとに、咆哮して飛び上がり棘を発射する大技を使う。大技の後は腕/頭/翼のどこかに金剛棘が生え、凶悪な棘飛ばしが発生するため、伸びた部位を確認して警戒しよう。ちなみに、大技を使っても破壊した金剛棘が再生することはない。, 金剛棘を破壊すると、その部位の棘飛ばしは威力と範囲が激減する。ことネギの驚異度は棘飛ばしによるところが大きいため、優先的に破壊しよう。全て壊さなくても、1つ壊せばその部位が安全地帯となる。, ことネギの大技は、飛翔する前に上げた前脚から棘が出る。確認したら逆側の腕へ逃げれば回避可能。両腕が上がった場合は頭から発射するため、両腕が安全地帯だ。, 両腕が上がった場合は頭部から棘が出るが、ことネギは空中でハンターに軸合わせを行う。そのため、咆哮で硬直したあとにカメラで動きを追うと良い。軸合わせした瞬間の両腕側に前転すれば回避できる。, 厄介な攻撃の1つにジャンプ突進があり、こちらも事前に上げた腕の側に判定が発生する。ハンターがエリアに入ると同時に繰り出すこともあるが、落ち着いて逆の腕側に避難すれば簡単に避けられる。, 発生前に両腕が地面についていた場合、さほど前進せずに身体で薙ぎ払ってくる。この場合はどちらの腕側が安全というわけではなく、頭側に距離を取れば回避可能だ。, 悉くを滅ぼすネルギガンテは、背後のハンターを振り向きながら殴ってくる。発生が早く回避困難なので、背後に立たないように立ち回ろう。, この攻撃は、「背後にハンターがいる」ことが発生条件。各攻撃の後に、自身でハンターに背後を取らせた場合でも派生する。そのため、ことネギの攻撃を回避しても背後を取ってしまったらすぐに腕側に移動しよう。, ことネギが多用するフックは、ダメージこそ少ないが転身を貫く。両腕共に当たると馬鹿にならないダメージなので、転身を着ていても油断禁物。また、歴戦個体はフック後に小ジャンプに派生することがある。, ことネギはフック中に攻撃を受けると、怯みながら前脚でカウンターする場合がある。フックは危険な小ジャンプにも派生するため、慣れないうちはフック中は攻撃せずに回避かガードに徹するのもおすすめ。, 歴戦ことネギには、歴戦王ネギが使っていた小ジャンプ攻撃が追加されている。攻撃自体は唐突に行われるが、フックの後に派生する特徴がある。フックを見たら下がり、ジャンプに合わせて後ろに前転すれば安全に回避可能だ。, 悉くを滅ぼすネルギガンテとはストーリーで1度戦うことになるが、その後はしばらく出現しない。次に戦えるのはMR100の上限を解放するためのクエスト「MR6 愛しの君とこの世のはたて」。このクエストはMR99にすることで出現する。, コトネギの調査クエストは、龍結晶の地で危険度2の痕跡を採取することで入手可能。ただし、MR100の上限解放クエスト「愛しの君とこの世のはたて」をクリアしている必要がある。, 大型アプデ大2弾で悉くを滅ぼすネルギガンテの歴戦個体が登場。導きの地の各地帯レベル7で低確率で出現する。ただし氷雪地帯だけはレベル7で歴戦個体が確定する。, ©CAPCOM CO.,LTD. 上位中間装備フル強化+食事+硬化薬使用+体力MAXのハンターですら直撃すれば一撃で死ぬほどの絶大な威力を誇る。 老体相手とはいえ、様々な生態を持つモンハンのモンスター達の中でも災害と同等とされ、最強格たる古龍種を容赦なく捕食対象とするその力と性質は、突出して危険なものと言わざるを得ない。 【最新情報をまとめてお届け】▶最新アップデート情報▶ミラボレアス攻略・最新情報まとめ▶アルバトリオンの攻略・弱点▶マムタロトの弱点と攻略, MHW(モンハンワールド)アイスボーンに登場する悉くを滅ぼすネルギガンテの弱点属性・肉質・素材・攻略まとめです。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」とはストーリーの終盤で一度戦えますが、モンスター固有の素材をもらうことはできません。, 固有素材を入手できる任務クエストM★6「愛しの君とこの世のはたて」はマスターランク(MR)を99まで上げることで出現します。, M★6「愛しの君とこの世のはたて」をクリアした後は、導きの地のLv5以上と、調査クエストにも出現するようになります。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」は咆哮後上空へジャンプし、真下に腕をめり込ませる大技を使います。予備動作は通常種の「ネルギガンテ」が行っていた「破棘滅尽旋・天 」とほぼ同じです。耳栓Lv5があれば安全に回避できます。, この攻撃は後ろへの追尾は甘い為、咆哮後に「悉くを滅ぼすネルギガンテ」の股下から後ろ方向に抜ければ当たらずに済みます。ただ、咆哮時にすぐ近くにいた場合に限るので注意が必要です。, 歴戦個体の「悉くを滅ぼすネルギガンテ」は、「歴戦王ネルギガンテ」が使ってきた予備モーションなしの高速飛びかかりを使ってきます。飛び上がってから叩きつけまでの時間がかなり短いので、避けられない場合は回避性能を付けるのがおすすめです。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」が棘を飛ばす方向は、右手は右方向・左手は左方向と、振り上げた腕に対応しています。両手を上げた場合は正面に飛んでくるのでよく見極めて回避しましょう。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」は右腕に「金剛棘」という特殊個体でしか発現しないトゲがあります。このトゲは「不倶戴天」によって一度生えた後は生成されません。一回壊してしまえば棘の飛ぶ量が減り、肉質も軟化するため弱体化させることが可能です。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」は「頭叩きつけ」や「前足なぎ払い」など、前方に対しての攻撃が多いです。また、頭部の角が硬く、「心眼」がないと弾かれて隙を晒してしまう可能性もあるため、近接武器は前足を側面から重点的に狙っていきましょう。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」は通常の白と黒の刺以外に、長く大きな銀色をした金剛刺が生えてきます。金剛刺での刺攻撃は裂傷状態かつ吹っ飛び効果がある為、金剛刺が生えてきた際はクラッチ武器攻撃で傷を付けて素早く破壊しましょう。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」の棘攻撃を受けると、体力が徐々に削られる「裂傷状態」になるため、必ず「アステラジャーキー」を飲んで解除しましょう。しゃがみ姿勢を維持することでも解除できますが、戦闘中に大きな隙を晒してしまいます。, 「悉くを滅ぼすネルギガンテ」の攻撃パターンには、ハンターの起き上がりを狙う「起き攻め」があります。ガード不可能な武器だと、必ず手痛いダメージを受けてしまうため、ダウン時は一旦スティックから手を離し、「ネルギガンテ」の様子をみて、安全になったら起き上がりましょう。, 最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!.

古龍渡りにおける古龍は全て死期を悟った老齢の古龍。 ハンターの後ろを付いてくる小さいネルギガンテの威圧感は半端ではない。, ネルギガンテ素材の武器は鉱石派生から分岐する形で二段階存在し、一次段階には「ネルガル」を冠し、最終派生は「亡滅」「破滅」「撃滅」など名前に『滅』が入る破壊的なネーミングになり、見た目に関しても派生前の面影が殆ど存在しないほどの魔改造が施される。 キリンを除きどの古龍にも専用BGMがあるなか、ネルギガンテが同フィールドに現れるとこのBGMが優先されるため、さながら古龍版イビルジョーといったところか。, モンハンコラボ第2弾で登場。コラボ全体のメインモンスターに位置付けられており、コラボダンジョン2のボス。闇・木属性、ドラゴン・悪魔タイプ。 数ある派生の中でも随一の物理火力を誇り、端まで伸び切った青ゲージによる高い切れ味持久力を誇る反面、切れ味ゲージ白が発生できず、会心率は0%、付与されている龍属性値は多くて150と抑えめ。