今回記事にしたのはガスハンドガンの分解・組み立てと言うことで、手持ちのガスハンドガンで愛用している東京マルイから発売されている「ハイキャパ5.1」。
他の便利品や、なくても代用きくものもあるので参考程度に。, 銃の側面にあるスライドストップが外せる所までスライドを引き、スライドストップを右側から押して取り外し、フレームとスライドを分解する。, 次にセーフティレバーを取り外す。 ューターに、そしてサバゲーマーに愛されるツールであり続けるだろう。, 東京マルイ ガスガン ハイキャパ ゴールドマッチ, 東京マルイ ガスガン ハイキャパ 5.1, 東京マルイ ガスガン ハイキャパ 4.3, BWC ガスガン Hi-CAPA 3.8 ウルトラコンパクト, 東京マルイ 電動ガン ハイキャパE, インドア専用蓄光弾 PHOTON BB 0.16g. ベースガンは東京マルイハイキャパ5.1のフレームにmeuのスライドを付けた寄せ集めのハイキャパを使用。サードパーティーのパーツはアルミのアウターバレルだけだ . All Rights Reserved. document.write ("&loc=" + encodeURIComponent(window.location)); document.write ('&snr=1&cb=' + m3_r); } ここではもう一歩先に分解するぞって方に紹介する記事になります。 塗装をメインにカスタムテクニックやアイデアを紹介する本コーナー。今回は東京マルイのガスブローバックガン「ハイキャパ D.O.R」を題材に、スライドのガンブルー塗装にチャレンジする。この前編では塗装の前に必要な分解方法について解説していこう。, 東京マルイのハイキャパシリーズはガスの気化効率が良好な大型のハイキャパシティマガジンを持ち、命中精度の高さも群を抜いている。「D.O.R」はその最新バージョンで、マイクロプロサイトをスタイリッシュに搭載でき、スパータイプのハンマーやメタルトリガーの採用により操作性を向上。内部もスライドレールやピストンローラーをはじめ随所に改良が施され、フリクションロスの低減やフィーリングの向上が図られているのが特徴だ。 ハイキャパ4.3 軽量樹脂プラグ 1,650円. if (document.mmm_fo) document.write ("&mmm_fo=1"); スライド前方にアウターバレルを押し込み取り出す。, スライドからシリンダーとピストンの機構(ブリーチ)を強引に引き抜く。 document.write (document.charset ? 加工の中心になるフライス盤は平面加工に適した工作機器 フライス盤に取り付けるバイス(万力)の中でも傾斜角が変えられるサインバイスも使用 ノギスと高さを計測する「ハイトゲージ」と呼ばれる計測機器は寸法を確認するのに必須の道具だ スライドのレール部に入れる冶具を用いて作業時の強度を持たせる。写真の冶具はアルミ材からの削り出して独自に作製したものだ 模型店やホームセンターでも売られている「プラリペア」はメーカーは問わないが黒色のものが望ましい バーチウッドケーシーのガ … 東京マルイ ハイキャパ 4.3 、デザートウォーリア、フォレッジウォーリア用の樹脂製リコイルプラグです。 スライドの作動レスポンスを向上させるにはスライドアッセンブリーの軽量化が重要です。 使用するツール&マテリアル . @TM51006, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒKƒ“ƒuƒ‹[) HOPレバー、HOPダイヤルを外す。, ※ノーマルのインナーバレル・パッキンからメープルリーフのインナーバレルと同社のオートボットパッキンに換装している。, 以上でハイキャパが分解された状態になります。 3点パーツがあるので、早急に取り外して紛失しないように分けておく。 var m3_r = Math.floor(Math.random()*99999999999); var m3_u = 'http://adf.send.microad.jp/ajs.php'; フレーム内の+ネジ、グリップの六角を外し、グリップとシャーシ部分を分割する。 @TM51005, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒVƒ‹ƒo[) 分解に関しては、マルイの保証が受けられなくなるデメリットもあり、清掃やパーツ変換で初速の変化も起きるので法律に違反しないか等、それらの知識がある中で自己責任で行なってください。, ハイキャパ5.1はガスハンドガン内でも分解しやすい部類と思うので、分解の際にこの記事を見て参考になれば幸いです。, 上記のものがあれば作業がスムーズに行えると思うものをリストしてます。 } } else { if (!document.MAX_used) document.MAX_used = ','; ※シャーシカバー側にノッカーの小さなパーツが組まれているので紛失注意。, グリップ下部のハウジングピンを抜き、ハンマースプリングハウジングを下方へ引き抜く。, ハンマースプリングハウジングの上部から側面から挿してあるピンを外側に押すことでガイドとハンマースプリングを抜き取ることができる。 従来のハイキャパに比べて、角が取れ、柔らかな曲線も見られるようになったスライド。 ダイキャスト製のシャーシや樹脂製のグリップフレームはハイキャパ5.1を踏襲している。 スライド左にはd.o.rの刻印 … コンパクトなハイキャパ3.8。 最初はスライドとシャーシが渋いので、シリコンオイルを拭いてスライドをカシャカシャ動かし、滑らかにする。 慣らし後の作動はとても鋭く、ガツンガツンと4.3を上回る強力なリコイルが味わえる。 ハイキャパシリーズに取り付ける場合はシャーシにネジ加工が必要で、付属の樹脂製スペーサーを必要に応じて組み合わせて使います。 G26AD用アサルトフレームに取り付ける場合は付属の金具をフレームの内側にセットして付属のネジ6本で固定します。 初めての場合とても怖い作業で、ブリーチ付近を軽く左右に開きながら抜く事になる。 B, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒOƒŠ[ƒ“) ここまで分解したら、汚れ箇所やパーツの交換など行うのも簡単ですね。, 次回はハイキャパの組み立てをお送りします。 この際、シリンダースプリングがフリーになり、ブリーチかスライド側にスプリングが残るので回収し紛失しないようにする。, ※こちらも元のYリングタイプの物から、ライラクスの赤色ピストンヘッドに交換している。, アウターバレルとチャンバー部の噛み合い部分を時計回りに捻りながら、噛み合いが外れた所でチャンバーとインナーバレルを引き抜く。, チャンバーの+ネジを2本外し、チャンバーカバーの左側を開く。 塗装をメインにカスタムテクニックやアイデアを紹介する本コーナー。今回は東京マルイのガスブローバックガン「ハイキャパ D.O.R」を題材に、スライドのガンブルー塗装にチャレンジする。この前編では塗装の前に必要な分解方法について解説していこう。 [CDATA[ if (location.protocol=='https:') { 【c-moreタイプ取り付け】東京マルイ ハイキャパ シャーシ穴あけ加工【6穴まで追加料金なし! シューティングマッチの必需品ダットサイトですが C-MOREタイプ等シャーシへの穴あけ加工が必要で敬 … document.write ("&ct0=" + encodeURIComponent(document.MAX_ct0)); document.write ("?zoneid=21310"); '&charset='+document.charset : (document.characterSet ? LayLax(ライラクス)はエアソフトガン(電動ガン・ガスガン・エアーコッキングガン)のカスタムパーツを企画・設計・開発し、サバイバルゲーム・シューティングマッチをはじめとした全世界のエアソフトガンファンの皆様に喜んでいただくため、この世に生まれたメーカーです。 @TM51008, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒŒƒbƒh) @TM51004. Copyright HYPER DOURAKU. 「ゴールドマッチ」対応Ver.!。NINEBALL 東京マルイ ハイキャパ5.1用 カスタムロアフレーム"RR" 5.1(ダブルアール) 4571443162601 ※本来のハイキャパ5.1はアンビセーフティで裏側にもパーツがあるのだが、記事主のものは壊れてしまい片側だけで使用している。 グリップの取り外し. @TM51007, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒS[ƒ‹ƒh) 側面に押し出す小さなピンも紛失しやすいので注意。, ※本来のハンマースプリングは黒色をしているが、ライラクスのハンマースプリングに交換済みで赤色のものになっている。, マガジンキャッチの右側に-のロックがあるので、奥まで押し込み反時計回りに45度回す。 document.write ("-->, 台湾のArmorer Worksからスライドやシャーシを樹脂製にした日本向けレースガンが発売されています。 Razor CatやDragonといった超カッコイイレースガンをモデルアップしていて人気ですね。, しかし、フルメタル&高圧ガス仕様の物を単純に樹脂化しているので、そのまま使っていると耐久性に問題が生じます。, 外部ソース仕様にして低圧作動させていれば、ブローバックエンジンの過剰な出力によるスライドの破損を抑える事ができますが、過剰なのはブローバックエンジンの出力だけではありません。, 高圧ガスでもバルブが開くように強力なハンマースプリングを装備しているので、強過ぎるハンマースプリングの為に空撃ちを繰り返していると樹脂製のスライドやシャーシを叩き割ってしまいます!, そこで、樹脂スライドや樹脂シャーシに優しい、スプリングテンションの弱いハンマースプリングを製作しました。 4気圧程度の低圧で使用していれば、弱いスプリングテンションでも問題なく作動します。 (東京マルイのハイキャパシリーズはWAよりもシリンダー直径が小さいので、ブリーチのガスカットはせずにお使いください), 気密が高くシリンダー内壁との摩擦抵抗が少ない、しなやかなYリングを使っていながら、アルミ削り出しのパーツA, がYリングの溝に入り込んでパーツBと挟み込む構造のおかげで、高圧時にもYリングがめくれません。 更にピストンヘッドを止めるネジにもオーリングを付けて、わずかなガス漏れもシャットアウトする高性能なピストンヘッドです。.  この前編では次回の後編で行なう塗装作業に備え、このハイキャパD.O.Rを完全分解していこう。分解することはカスタマイズの基本となるだけでなく内部構造への理解を深め実射におけるトラブル解決にも役立つので、ぜひ参考にして欲しい。, マガジンを抜いた状態でスライドを少し引いて切欠きの位置を合わせてスライドストップレバーを抜き、スライドを前方に外す, スライドからリコイルスプリング、リコイルスプリングガイド、バレルアッシーを抜き出す, チャンバーカバー右側から六角ネジを外し、アウターバレルからインナーバレル周りを抜く, リアサイトはスライド上部の六角ネジで固定されている(マイクロプロサイト使用時は付属のマウントベースに交換), ピストンはスライドの後端の下面にある六角ネジで固定されている。このネジを外せばスライドを拡げてピストンを抜き出せる, メインスプリングハウジングピンを抜き、メインスプリングハウジングピンとグリップセーフティを外す, シアとトリガーバー、グリップセーフティにテンションを与えているシアスプリングを外す, シャーシ後部のネジを抜いてシャーシカバーを外し、ハンマー、シア、ディスコネクターを外す(内部パーツの紛失に注意), 一通り分解されたハイキャパ D.O.R。この後塗装工程に入るが、細かなパーツも多いので紛失しないように注意しよう, この記事は月刊アームズマガジン2019年9月号 P.108~109より抜粋・再編集したものです。.

if (document.MAX_used != ',') document.write ("&exclude=" + document.MAX_used); この時にセーフティプランジャーやスプリングと言った飛ばすと探すのに苦労もしくはパーツを買う事になる。 @TM51010, ƒhƒŒƒXƒAƒbƒvGƒXƒNƒŠƒ…[(ƒp[ƒvƒ‹)

document.write ("'><\/scr"+"ipt>");
if ((typeof(document.MAX_ct0) != 'undefined') && (document.MAX_ct0.substring(0,4) == 'http')) {

エアガンのレビュー「ハイパー道楽」トップ. 加工の中心になるフライス盤は平面加工に適した工作機器 奥でピンが保持されるとマガジンキャッチを抜く事ができる。, リコイルプラグを指で挟み引きながら、スプリングガイドを外す。 '&charset='+document.characterSet : '')); ※本来のハイキャパ5.1はアンビセーフティで裏側にもパーツがあるのだが、記事主のものは壊れてしまい片側だけで使用している。, フレーム内の+ネジ、グリップの六角を外し、グリップとシャーシ部分を分割する。 パーツを組むカスタムなら初心者から中級者でも比較的簡単に行なえる。しかしそれでは誰かと同じカスタムになってしまう。自分だけのオリジナルや理想のカスタムをしたければ、自分で作るしかない! 誰も教えてくれない機械加工の方法を紹介しよう。, まもなく発売されるであろう東京マルイのV10ウルトラコンパクトの魅力はなんといってもマグナポート部だろう。トイガンとしての性能には何の効果もないが、あのメカニカルな外観には心が惹かれるからか期待値も高い。そこで今回はV10の発売前に兄弟機種のフルサイズモデルV12を製作しマグナポートフィーバーを盛り上げよう。, ベースガンは東京マルイハイキャパ5.1のフレームにMEUのスライドを付けた寄せ集めのハイキャパを使用。サードパーティーのパーツはアルミのアウターバレルだけだ, ノギスと高さを計測する「ハイトゲージ」と呼ばれる計測機器は寸法を確認するのに必須の道具だ, スライドのレール部に入れる冶具を用いて作業時の強度を持たせる。写真の冶具はアルミ材からの削り出して独自に作製したものだ, 模型店やホームセンターでも売られている「プラリペア」はメーカーは問わないが黒色のものが望ましい, バーチウッドケーシーのガンブルー液は種類が豊富で使いやすいのが特徴だ。トイガンのパーツにもっとも使われている亜鉛合金を染めるには“アルミニウムブラック”が適している, スティップリング作業に欠かせないハンダゴテは数本用意しておくのが望ましい。コテ先の形状とワット数が重要で、大きく溶かすには250Wを使用し、80Wの低温とステッピングツールを組み合わせは浅くて細かいステッピングを刻む際に用いる, ハイトゲージを使ってポートを開ける範囲に左右均等の目印の線をケガく。スライドには、加工箇所に目印や余計な傷が入るのを防ぐためにマスキングテープを貼っている, バイスに固定し30°の傾斜を付けて固定。この時にスライド冶具があることでシッカリとバイトに固定され、スライドのよじれや変形を防止する, ケガいた線に沿って穴を開ける。ゆっくりと穴を繋げるように横移動させながら開けていく。樹脂のような脆い素材は負荷を掛けると変形や割れの危険があるので作業はゆっくりと少しずつ行なう, 加工が上手くいけば左右均等にポートが開くはずだ。加工部分のツール痕もリアルに再現できた, アウターバレルの穴の位置はいったん仮組みをして銃ごとバイスに固定して決める。最初は貫通させるドリルより小さい径のドリルを使って痕が付く程度でよい, 今回のセレーションの溝を埋めるのにプラリペアを使用する。標準的な使い方はニードル法なのだが、広範囲を埋める場合は「ふりかけ法」が有効だ, プラリペアが付着しては困る場所にはマスキングをして作業する。まずは薄くパウダーを広げてから混合リキッド液を垂らす。液が少ないと空気が入ってしまうためパウダーがドロドロになる程度が目安だ。プラリペアがスライドより盛り上がるまで同じ作業を繰り返す, 完全硬化したらフライス盤で削り取る。ここである程度の平面を出しておくとこの後の仕上げが簡単になり、角のエッジが立つ, スライド上部のエッジにボーダーラインを切る。スライドが反っている場合があるので高さのバランスを取るように注意。この時は左右の高さより前後のバランスに気をつける, ここでは「エンドミル」と呼ばれる特殊な刃物を、アリ溝を切れるように加工したものを使用する, セーフティーの材質は亜鉛合金で金属の中では柔らかく、切削カスが刃物にこびり付くのでフライスの回転数を高速にするのがコツ, バーチウッドケーシーのガンブルー液を綿棒に適量付けて切削箇所を補修する。すぐに化学変化を起こして黒く染まる, サイドのスティップリングは素早く叩くように入れる。そうすれば浅くてキメ細やかに仕上がる, 正面のスティップリングはゆっくりと溶かしながら切るように入れると手への食いつきが非常によくなる。完成したら握ってみてエッジが立ちすぎているようならヤスリで調整する, 名前の由来にもなっているマグナポートはスライドの開口部とバレルホールのコントラストがマッチしているのが魅力だ, プラリペアはパテと違って時間が経ってもヒケが発生せず、ABSよりはるかに強度があるのでラフに扱っても問題がない。1000番のペーパーを掛けてからサーフェイサーと仕上げのスプレーを吹いた, カスタムガンを突き詰めていくと、どうしても技術の壁にぶつかってしまう。手作業での限界や道具不足などがソレだ。今回のようなプロツールはすべての人が使えるわけではないが、DIYショップにある卓上工作機器があるだけでも今までより確実にレベルアップできるはずだ。また加工には専用の工具も必要だが、一度手に入れればその楽しさと創造性の広がりに満足するはずだ。, この記事は月刊アームズマガジン2019年8月号 P.54~57より抜粋・再編集したものです。. その時にフリーになったグリップセーフティも外す。, シャーシのハンマー側にある+ネジを外し、シャーシカバーを外す。