ハイセンステレビは4Kチューナー内蔵のテレビです。驚くべきは、圧倒的な価格の安さ。4Kテレビとして、最強のコストパフォーマンスを誇ります。ハイセンスというブランドについての評価と、テレビの画質や実際に使った評価についてまとめました。, ハイセンスのテレビは、価格の安さが圧倒的な液晶テレビです。一番人気がある4Kテレビの43型が5万円台で、高いコストパフォーマンスが評価されています。, 安い4Kテレビには4Kチューナーが内蔵されていないことが多いです。しかしながら、ハイセンスのテレビは4Kチューナーが内蔵されているのに、同スペックのものと比べて相場の半額ほどで購入できます。, なぜそんなに安いのか、不安になりませんか?画質が悪いのではないか、故障しやすいのではないか、安すぎる理由が知りたくなるはずです。この記事では、価格や実際に使ってわかった評価についてまとめました。, 安やの理由や、ハイセンステレビを選ぶことでのデメリットについても紹介しています。ぜひ、参考にしてください。, ハイセンスは中国の電子機器メーカーです。1969年に設立されて、家電製品、通信機器、情報機器を主に製造しています。特に日本国内ではテレビ事業の売り上げが好調です。, テレビはシリーズとして、ハイビジョン液晶テレビ、4Kテレビ、4Kスマートテレビ、4K ULEDテレビ、4K有機ELテレビを取り扱っています。, 設立以来ハイスピードで成長をしていて、現在は世界18か国に販売法人を有するグローバルな企業です。, 薄型テレビの市場では、ソニーやパナソニックを抜く販売台数となりました。2018年のテレビ市場では1位がサムスン、2位がTCL、3位がLG、4位がハイセンスで、世界シェア4位のブランドです。, 2017年に東芝映像ソリューションは株式譲渡により、ハイセンスグループの傘下に入りました。日本のメーカーよりも価格が安く品質の良いテレビを販売できるようになり、日本での売り上げが急増しています。, ハイセンスのテレビが安い理由は中国製であるからです。中国で製造して、日本においてはハイセンスジャパン株式会社が販売しています。, 中国の人件費は安いので、製造コストを低くすることができて価格の安さを実現しています。, ハイセンステレビの特徴は、価格の安さが一番のメリットです。最も安いハイビジョンテレビは1万円台から購入することができます。人気の4Kスマートテレビも5万円台です。, 4Kスマートテレビは外付けのチューナー無しでも、新4K衛星放送に対応しています。地デジ、BS、100°CSの3チューナーを搭載しているので、従来の番組も全て視聴可能です。レグザと共同開発された「レグザエンジンNEO」により、高度な画質を表現します。, 4Kチューナーを内蔵している液晶テレビの価格は、人気のある40から43型でおよそ10万円が相場です。なんと、ハイセンスの43A6800は相場の半額に近い5万円台で買うことができます。, また、50型以上の大型4Kテレビの価格は、20万円を超えるものが多いです。しかし、ハイセンスの50E6800は7万円台です。相場の半額以下という、驚きの安さで買うことができます。, 録画するためには、外付けのHDDを使います。接続は簡単で、ブルーレイレコーダーなどは必要ありません。裏番組をW録画できる機能が標準装備されています。, 外付けハードディスクは大容量でも低価格で購入できるので、テレビの本体価格を合わせても予算を抑えることができます。, ハイセンスの傘下である東芝映像ソリューションとの共同で、最高レベルのテレビ技術「レグザエンジンNEO」を開発しました。, 高性能な画像エンジンで、映像を鮮やかに見やすく自動で調整できます。また、ゲームの操作性を高める「ゲームモード」があるのも特徴的です。, 最新の「レグザエンジンNEO plus」が搭載されたULEDテレビでは、シーンに合わせて「ダイナミック」「スタンダード」「スポーツ」「映画」の映像メニューを選択することも可能です。, 1年保証が多い家電製品の中でも、ハイセンスのテレビは3年保証です。サポートセンターはフリーダイヤルで、365日9時から18時年中無休で対応しています。もちろん日本語対応です。, 電話が繋がりにくい時は、FAXでの問い合わせが推奨されています。故障してしまった場合の修理依頼もこちらのサポートセンターで受け付けをしています。, ハイセンスのテレビを実際に使った感想の中から、ハイセンステレビのデメリットをまとめました。ハイセンスのデメリットとしては、中国製であることが不安な点の一つです。, 数年前まで中国製のテレビは、安かろう悪かろうを体現していた製品が多く、今も悪評が消えていません。しかし、ハイセンスはレグザと共同開発をしています。新製品は評価も高く、過去と比べて品質は明らかに向上しました。, 初期不良に関してはどの製品も一定数の悪い評価がありました。しかし、日本国内のメーカーでも、Amazonでは初期不良について悪い評価が目立ちます。, ハイセンスに限らず、ネットショップで購入することへの不信感が多く言及されています。不良品は返品交換の対応ができるので、万が一故障していた場合は問い合わせが必要です。, HDDとの接続不良を起こすため、長く使用するにつれて録画が失敗してしまう回数が増えることがあります。, 録画のタイミングがずれてしまったり、保存が全くできなくなる場合があるようです。最悪、テレビ自体がフリーズしてしまうこともあるので、初期から頻繁に起こるようであれば修理が必要です。, ハイセンステレビは3年保証がついています。日本国内のメーカーは1年保証が基本なので、長期保証はメリットです。, 故障した時には電話で修理依頼をすることになります。修理に対応するのは、ハイセンス専属の業者ではなく外部に委託している業者です。そのため、対応の質に差が出てしまいます。, ここまでハイセンスの特徴や評価についてまとめました。

引用元:アマゾン山善50V型QRT-50W4Kレビューより, 画質は4kといえども可もなく不可もなくという点は辛口評価という印象も受けますね^^; 子供なのでそんなにいいものはいらないけど、長く使うことを考えると最新のものの方が良いのか迷っているとのことでした。そこで今回は普段から加湿器が手放せない私が、プラズマクラスター新型KC-N50と旧型KC-L50を比較してご紹介します。 私の場合は、寝室のドアを開けたまま寝ると、スリープにしているデスクトップのランプが見えるんですが、これが侮れないぐらいストレスたまります(笑), なので、こまめに電源を落とすようになったのですが、電源ランプのLEDは甘く見ない方が良いですよ。, まず、65インチの大画面のインパクトは大きいです。とにかく存在感あります。今まで使っていた40インチとは全く別世界です。, テレビ画面を見ているというより、まさに目の前にあるバーチャル空間にいるという感じです。