チューブの中にひもを入れて、ドライヤーで収縮させるとほぼ靴紐の終端処理に近い出来上がりになります 色は全部で11色あるみたいですが、実際に見かけるのは黒:Bと透明:Cがほとんどです。 12サイズ:1mm、1.5mm、2mm、2.5mm、3mm、3.5mm、4mm、5mm、6mm、7mm、10mm、13mm。 コツが必要なこともあります。

3.どうしても除去できない少量の半田で切り離せない場合には、半田ゴテでその部分を いえ。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。  (5) そのままでは切断面が凹凸になっていて汚いので、穴列がなくなって滑らかになるまで、切断面を紙やすりで研磨する。

しかしこのテープ、年月が経つとべたついてズレたりします。 たとえば上のURLの写真のように、部品にごく近い(密接した)熱収縮チューブを ドライヤーであぶってみたのですがどうも・・・。 1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、 半田除去には半田付け以上にコツが必要なので最初のうちは失敗することもあるでしょうが 参考URL:http://www.sei-sfp.co.jp/products/sumitube.html, こんばんわ、 円の面積=円周率×(直径/2)^2 沢山の足がある部品なら、一つの半田ゴテで複数の半田付けの箇所を同時に溶かすなど 商品の個数 650 ステンレス鋼にもいろいろな種類があります。  = 40kg×9.8m/s^2 管理人, 待ちに待った大容量の【清原】レジン!なんと《500g》やっぱりレジン液と言えばこれですね。, 太陽光での硬化はデメリットが多いです・・。UVランプがあればきれいに早く硬化が可能です。, 少しの量を混ぜるだけで着色できるので、コスパはかなり良し!価格的には素人が趣味で作るのには高いかなとは思うのですが、品質も高いので、これくらいの金額は妥当ではないかと思います。, レジンで一番面倒なのは「気泡処理」です。エンボスヒーターで簡単に気泡を消しましょう!. Amazonで見る, 複数のサイズと色-技術者の修理から自宅でのDIY作業に必要なあらゆるサイズが含まれています 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」

沢山の方からご返事をいただき、試しに100円ライターであぶってみたら見事に収縮しました。, 早速のご回答ありがとうございます。 確かに、吸取る量が多い場合には吸取り器が便利かもしれませんし、  (3) 定規が動かないようにしっかり押...続きを読む, ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。 出典:アマゾン, ヒートガンは工具のなかでは比較的地味な存在ですが、一台あると意外とさまざまな場面で便利に使えることに気づきます。かなりの高温になるアイテムなので、くれぐれもヤケドなどには十分注意して活用してください。. 専用のテープなりなんなりないのかと思い

収縮チューブをうまく収縮させる方法についてお願いします。, 「使い方 ドライヤー」に関するQ&A: 使い方を教えて下さい。(ドライヤーに付属), 「tube w」に関するQ&A: You Tubeの動画をW64SHで見たい, 早速のご回答ありがとうございます。

そこでネジやボルト等を全てホームセンター等で売っているステンレスの物に変えようかなと思っているのですが、強度がもし鉄の方があるのであればサビは仕方ないものとして、鉄製のネジ・ボルトの方がいいかなとも思っています。 ハンダ付けや塩ビの溶接など200℃以上の温度を必要とする作業は、ドライヤーで代用するのは難しいでしょう。 なかにはドライヤーの温度でも代用できる作業もありますが、ヒートガンならより短時間で作業を終わらせることができますよ。 ヒートガンの選び方. 詳しい方アドバイスお願いいたします。, 自分のやり方は よく考えたら、このくつひもを切って詰めてそれで使えないのかなぁ、と考え、切った場合、あの先っぽの硬くなっている部分にはセロテープじゃあれなんで、

 (2) アルミやステンレスでできた定規(直線部分があるなら定規でなくてもいい)の直線部分をユニバーサル基板の穴列と平行になるように置く。 吸い取り線でトライしているのですが、吸い取れるのは表面のハンダ でも、なんだかエンボスヒーターって高そうですよね。 セットの種類:ブラック(セットA)100個:Φ1.5mm(30個), Φ2.5mm(30個), Φ4mm(20個), Φ6mm(10個), Φ10mm(6個), Φ13mm(4個) + 20個ボーナス

102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、 コツが必要なこともあります。 そもそもなぜ鉄製のネジ・ボルトが使われているのでしょうか?やっぱり鉄の方が強度が高いからですか?, 鉄とステンレスというようなシンプルな分け方が出来るものではないのですが 余談ですがですが、円の直径と円の断面積の関係は、 >>>一応断面積は40mm^2です。

マキタ人気チェーンソー!電気のM503・エンジンのME230T・充電式MUC254のほか大集合, このアイテムは、異なるサイズの熱収縮チューブが入っているのでさまざまな種類の電線に扱うことが最適です。これだけの数があると全て使いこなすのは難しいかもしれませんが、いざ必要な時に常に最適なサイズがあるのがとても便利です。そして、このキットは、, 発電機おすすめ50選|震災防災 停電対策(ホンダ ヤマハ デンヨー ガスボンベ対応). 収縮チューブを購入したのですが、うまく収縮させることができません。 40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N                                                       以上, http://www.diyforums.org/MAX/k42/RussianPIO-6.jpg ヒートガンは1200Wあり、風の噴出し口も加熱のために太いストロー程度まで絞っています。 皮膚なら火傷するぐらい近づけてください。 現場でヒートガンが無い場合ライターの火の中に入れるぐらい加熱 …

もし本当なら、これをかじられた場所にくっつけてもいいでしょうか?

出典:アマゾン, コストパフォーマンスに優れた電動工具メーカーとして定評のある高儀のヒートガンです。こちらは温度調節機能のないシンプルなモデルですが、温度調節機能のあるものも選べます。, 「以前買ったものがすぐに故障してしまったため、以前から信頼感があって価格的にも良心的と感じていた高儀ブランドを選びました。ケースも付属していて満足です。」 2.それで部品が基盤から完全に切り離される場合には → 取り外して終了 ビニールテープで2~3巻きした後、アセテートクロスのテープを巻きます。  (6) 同じ紙やすりで研磨面端を軽く面取りした後、水道水で基板についた研磨粉を洗い流し、乾いたタオルで水をふき取る。, 私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。      このとき、平坦な面に紙ヤスリを置き、基板を紙ヤスリ面に垂直に立てた状態で研磨するといいです。 >>> http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=82&id=07002, 私はカッターナイフと金属定規と紙ヤスリを使っています。 半径は、直径÷2ですので、 エンボスヒーター, といい加減に処理しておくと、硬化した後に意外と目立ってしまい、「失敗した~」と思うこともしばしばありませんか?, そして、エンボスヒーターの使用感ってどんなだろう・・?と悩みますよね。だって高い物を購入して失敗したら一番嫌です!, 「なくても気泡は潰せるし・・・」と、誰もが購入を悩む商品がエンボスヒーターです。無くてもなんとかなるというのが、余計に悩みます。, 今回は、買う前にエンボスヒーターって本当に必要?って事に注目してみながら代わりになる方法、代用法について書いてみますね。, やっかいな気泡。このレジンに気泡が入る原因は、レジンに空気が混ざることで発生します。, 実は、レジンを温めることにより、レジン液がサラサラになり気泡が入りにくい状態を作り出せます。, サラサラのレジン液の方が扱いやすいなどの利点も多く、レジン液は温めて使うことが理想的なんですよ。, レジン液を温めると気泡内の空気が温められて膨張し、勝手にはじけて消滅します。軽くなった気泡は、浮き上がって表面に到達し、自然消滅します。, UVレジンは液体の温度を適度に上げることで、液体がさらさらになり流し込みなどの作業性がアップします。, 必ずしもエンボスヒーターを使わなければいけないということはありません。エンボスヒーターは、工作用のドライヤーと言えます。, uvレジンで使い易いように開発されたドライヤーであるということは、通常のドライヤーで代用できるという事です。, ドライヤーを使うときは弱風で温めればOKです。ですので、ドライヤーで代用している方も多いようです。, エンボスヒーターとドライヤーの違いは、温度と風の強さです。もともと違う用途で作られたものなので、このような差があります。, ドライヤーは温風と冷風がでます。 熱処理作業に欠かせない工具「ヒートガン」。塗料を乾燥させたり、熱収縮チューブを収縮させたりといろいろな作業をするときに使うアイテムで、最近ではDIY用として購入を検討している方も多いアイテムです。しかし、マキタ・リョービ・白光などたくさんのメーカーから販売され、温度・風量・冷却機能付きなど違いもさまざまなので、どれを購入しようか迷うこともありますよね?, 今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のヒートガン15商品を比較して、最もおすすめのヒートガンを決定したいと思います。, 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ヒートガンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。, DIY用のヒートガンを選ぶうえで、最も大切なのは操作しやすいかどうか。初心者でも簡単に操作できるヒートガンがあれば嬉しいですよね。そこで、DIY専門家の網田真希さんに協力してもらい、実際に全商品使用して比較・検証。持ちやすさや取り回しに着目し、5点満点で評価しました。, 次に行ったのは「熱処理のスピード」の検証です。今回はDIYの用途として多いとされる「塗装の乾燥」での比較。木材に同量の塗料を塗って最大温度に設定したヒートガンで乾燥させ、どのヒートガンが一番速く乾かせられるのかをチェックし5点満点で評価しました。, 最後は、「静音性」の検証です。連続して作業中する場合は、なるべく音が気にならない商品を選びたいもの。そこで騒音計を用い、最大風量の音の大きさを測定しました。騒音の基準は以下の通りです。90〜100dB 非常にうるさい70〜80dB うるさい50〜60dB 普通なお、静音性は評価には加えず、参考情報としてランキングに記載しております。, 今回は、DIYクリエイターの網田真希さんの協力を得て、商品の比較・検証を行いました。, 工業高校卒業から6年間のネイリストを経て、トータルデザイン・インテリアデザイン・DIY・空間デザインスタイリング・写真・テレビ撮影・監修・執筆などフリースタイルにて幅広く活動中。予算100万円で自宅をフルリノベーション、古材・流木などを使った家具作りが話題となり、さまざまなメディアにて取り上げられている。現在ではYouTube【スワロちゃんねる】にてDIY動画を配信している。, ヒートガンは高温の熱風が出る工具。塗料の乾燥や塩ビパイプの加工・ハンダ付け・ステッカー剥がしなどさまざまな場面使用できるため、DIY作業に非常に便利なアイテムです。, 見た目がドライヤーと似ていますが、吐出される熱風の温度が大きく違います。ドライヤーはJIS規格によって吹き出し口から3cmのところの温度が140℃以下とされており、ヒートガンの吐出温度は300~600℃程度と非常に高温です。ハンダ付けや塩ビの溶接など200℃以上の温度を必要とする作業は、ドライヤーで代用するのは難しいでしょう。, なかにはドライヤーの温度でも代用できる作業もありますが、ヒートガンならより短時間で作業を終わらせることができますよ。, ヒートガンは機種によって、最高温度に違いがあります。温度が高ければよいわけでなく、用途や素材に合った温度が出るかどうかが重要です。, 例えば塩ビを曲げるなら60℃~80℃程度の熱が必要で、ハンダ付けのような溶接作業であれば350℃以上の温度が必要となります。ただし、凍結した水道管の解凍や石材への色入れ乾燥などは、もっと高温が必要です。いろいろと幅広い作業を行いたいなら、温度調節機能がついたものを購入しましょう。, 温度を決める際には、どのような用途にするのかが重要。ヒートガンには、「温める」「乾かす」「溶かす」の3つの作業が可能で、温めるだけなら高温は必要ないですし、乾かすのであれば、適度な温度があると乾燥が早いです。, 溶かす作業が必要ならば、かなりの高温が必要になります。何の作業をしたいかによって選んでみてくださいね。, ヒートガンをより近づけるなど、距離を変化させる手もあるものの、風量も調整できるタイプを選べばもっと簡単です。風量の調整機能は、絶対になければならない機能ではありませんが、あれば作業の役に立ちますよ。, 一概に風量が強ければよいというわけではなく、作業にあった風量が出せるのがベストです。乾かす作業においては風量は強いほうがよく、近距離でじっくりと作業したいなら弱い風量で使えると便利。そのため風量の調節があると、作業の幅が広がりますよ。, 機種にもよりますが、DIY用のヒートガンは複数のノズルが付いて販売されていることが多い傾向にあります。ノズルを使い分けることで塗料などを乾燥させたり、塩ビの一部を溶かしたりさまざまなことを簡単に行えますよ。, 例えば、細く長いノズルは、熱風が一点に集中して当てられるので、ハンダ付けや塩ビの曲げ加工に向いています。一方で、広く扇形になったノズルは、広範囲に熱風を当てられるので、塗料を塗ったあとの乾燥に最適。, その他にもステッカーを剥がす際に便利なスクレーパー型ノズルもあるため、熱風を当てる対象に合ったノズルがセットになっているのかどうかも確認しておきましょう。, 熱量を当てる対象の面積に合わせてノズルが変えられると便利です。集中的に当てるのか、広範囲に当てるのかなどで検討します。塗装を乾かす目的なら、そこまでノズルは影響ありませんので、そのままでよいでしょう。, ヒートガンを使う上で注意したいのは、使用してすぐノズルを触らないことです。ドライヤーよりもはるかに高温の温風が出てくるヒートガンは、金属製のノズルがかなりの高温になっています。そのため使用後は冷却のために、しばらくは放置しておく必要があります。, ただヒートガンのなかには、冷却機能が付いているタイプもあります。冷却機能を使えば、あまり待たなくてもノズルが冷えるので比較的に短時間で片づけることができますよ。また冷風を利用して、高温になっている材料を冷却することもできますよ。, 冷風が出るものは、使い終わった後すぐに収納する場合に便利です。使用後ノズル部分はかなりの高温になっていますので、そのまま置いておくのは火傷の危険があるためおすすめしません。安全面も考慮するのであれば、冷却機能はチェックしておきたいポイントです。, 今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のヒートガン全15商品をすべて集めて、どれが最もおすすめの商品なのかを検証していきます。, なお、今回の検証では、ヒートガン を選ぶうえで非常に重要な「操作性」の評価を重視してランキングを作成しました。, DIY用のヒートガンを選ぶうえで、最も大切なのは操作しやすいかどうか。初心者でも簡単に操作できるヒートガンがあれば嬉しいですよね。, そこで、DIY専門家の網田真希さんに協力してもらい、実際に全商品使用して比較・検証。持ちやすさや取り回しに着目し、5点満点で評価しました。, 全商品使用してみると、どの商品も似ている形状だからか操作しやすい傾向にあり、持ちやすさや取り回しの面では大きな差は出ませんでした。, 大きく差をつけたポイントとしては、痒いところに手が届く機能。温度調節の視認性・スタンド・冷却機能といった、プラスαの機能があるかどうかで使い心地が大きく変わりました。, 特に、DIYをする方にとってはスピーディに作業をこなす場面も多いですよね。そんなときに、作業効率機能があがる機能があればよりスムーズに作業ができますよ!, 全商品使ってみて、そこまで差はありませんでした。乾かないわけでもなく、重いわけではなく、すごく使いにくいわけでもなくどれも平均的です。どれも似ている商品だからこそ、デジタル温度表示や冷却機能といった工夫がされている商品はグッと使いやすさが増す印象でした。, また、有名ブランドの方が素材や構造がしっかりしている傾向にあるため長く使えるような気がします。, 次に行ったのは「熱処理のスピード」の検証です。今回はDIYの用途として多いとされる「塗装の乾燥」での比較。, 木材に同量の塗料を塗って最大温度に設定したヒートガンで乾燥させ、どのヒートガンが一番速く乾かせられるのかをチェックし5点満点で評価しました。, 早く乾く商品は必ずしも温度の高さや風量の強さに比例するわけではありませんでした。大切なのは、熱風が出るまでの立ち上がりが早いかどうか。, いくら風量が強くても、熱風が出るまで時間がかかってしまうと乾きづらいです。一方で風量が強くない商品でもすぐに熱風が出る商品だとスピーディに作業ができますよ。, 検証中、風量が強い商品でもなかなか熱風が出ず、立ち上がりが遅い商品がありました。風量が強く、温度が高いにこしたことはないのですが、すぐに熱風が出る商品だとストレスなく作業ができますよ。, 最後は、「静音性」の検証です。連続して作業中する場合は、なるべく音が気にならない商品を選びたいもの。そこで騒音計を用い、最大風量の音の大きさを測定しました。騒音の基準は以下の通りです。, 検証の結果、1800Wといったワット数が大きくハイパワーな商品ほど音も比例して大きくなる傾向にありました。しかし最もうるさいものでも78.7dBと、耳を塞ぐほどうるさい商品はありませんでした。, ドライヤーを使用する程度の音量のため、使う時間さえ気をつければ室内でも問題なく使用できるでしょう。また検証で比較したものはすべてランキングに記載していますので、音が気になる方は70db以下を目安に選ぶのがおすすめです。, 9段階で温度調整ができ、冷却機能も搭載されたDETLEV PROの「ヒートガン」。高温での熱処理作業をした後も、自動冷却機能のおかげで長時間放置せずにすみます。, ほかの商品と比べて風が強く、スピーディに塗料を乾燥できました。また、操作ボタンも押しやすく、作業中でも切替が簡単に行えます。, 加えて、使用中にどういうモードを設定しているのかがひと目でわかる、LED温度インジケータが裏面についているのが非常に便利。初心者でも迷うことなく使用できますよ。, 付け替えノズルやスクレーパなど付属品も申し分なく、非常に優秀なヒートガンといえます。, 大手ホームセンターであるコメリから販売されている「ヒートガン 温度調節機能付き」は、ビビットな赤いカラーが特徴的な商品。商品名の通り、40~500℃を12段階で切り替えられる温度調節機能がついています。, やや丸みのある持ち手のおかげで握りやすく、取り回しやボタン操作も問題ありません。ただし、上部についている温度数値のステッカーがもろく、剥がれやすいのが惜しい点。, 付属品が豊富で、特にノズルの種類は比較したなかでもっとも多い数がセットになっています。さまざまな用途で使用したい方には嬉しいですね。, パオックの「Power sonic ヒートガンセット」は、風量二段階調節、温度設定ダイアル付きのヒートガンです。比較的温度が上がるスピードが早く、塗料も素早く乾かすことができました。, 持ち手になどは特別な工夫はありませんが、使用時に扱いづらい点も見受けられず問題なく使用できました。また、使用時の温度がひと目でわかるようになっています。, マックスで650℃が出るため、高温の熱風を必要とする作業も可能。特筆して優れている点はないものの、全体的にバランスのよい商品ですよ。, evolution(エボリューション)の「デジタルヒートガン HDG200」は温度表示がデジタルで、ひと目でわかる仕様になっています。低価格なモデルでありながら、機能性は高く非常にコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。, 重みはありませんが、持ち手部分が太く、手の小さい方は持ちにくい印象です。人を選んでしまうヒートガンではありますが、スピーディに作業をしたい方にはおすすめです。, 軽量で安定した持ち心地が特徴的な、RYOBI(リョービ)の「ホットエアガン HAG-1551」。動作音も比較的静かで、長時間での作業にも向いていますよ。, 熱風が出るまでの立ち上がりが早い点では、ストレスなく作業できます。しかし、持ち手の裏にある動作スイッチが邪魔で、使用中に誤作動する可能性もあります。, WEIMALLの「ヒートガン 」は検証した商品のなかでも、風量の強かった商品です。低価格でありながら、パワフルな可動力は高く評価できます。, 一方で、ずっしりとした重さがあるのはマイナスポイント。ソフトグリップで手にフィットするものの、長時間使用するには力が必要です。, 大手工具メーカーから販売されているMakita(マキタ)の「ヒートガン HG6031VK」。温度調節機能や風量調節機能など一通りの機能は揃ったヒートガンです。, しかし、温度調節ダイヤルの使い方が初見だと分かりづらく、スカスカした回し心地なのも使っていて不安になります。風量もマックスの状態でも弱く、やや物足りない印象です。, とはいえ、製品自体がしっかりと作られているので、軽作業で使用する程度なら問題ないでしょう。, 電力消費が1800Wと、検証した商品のなかでもパワフルな承天貿易の「1800w ヒートガン」。しかし、風量は特別強いともいえず評価が伸びませんでした。, 先端部分が軽いため、円を描くように回しながら使用しても疲れることはありません。ドライヤーのように手軽に使用できるため、女性でも扱いやすい商品といえます。, elesoriesの「ヒートガン HG1012」は、無段階調温可能なタイプのヒートガンです。最高温度も650℃と高音の熱風が出せるのが特徴的。, 持ち手に重心があるため、持ったときのバランスがよい印象です。また、風量が強く、目に見えて塗料が乾いていくのを実感できました。パワーはあるのに音も静かな点は高く評価できます。, ハンダゴテメーカーとして有名な白光から販売されている「ヒーティングガン」。他の商品と違い、風量を5段階に調整できる点が魅力です。, ずっしりとした重みはありませんが、先端部分に重心があるため連続で使用すると手首が疲れてきます。また、熱風が出るまでにかかる時間が長く、パワーの面でもやや不安が残りました。, とはいえ送風温度、風量ともに細かく調整できる機能は便利なので、さまざまな用途で使用したい方には向いているでしょう。, 温度・風量ともに二段階切替のシンプルなヒートガン。冷却機能もついておらず、必要最低限の機能性です。, コンパクトなサイズ感で、女性の手でも持ちやすく感じました。ただし、やや風量が弱いのが欠点。スイッチを強にしてもやや物足りない印象でした。, シンプルなデザインで、ちょっとした作業に使用したい方であれば十分活躍してくれますよ。, 高儀から販売されている「EARTH MAN ヒートガン HG-1450A」は今回検証したなかでも比較的軽いモデル。, 熱風温度の上限は500℃と、決して高いわけではありませんが、風量がとても強い印象です。塗料もすぐに乾いたので、パワーに関しては申し分ないでしょう。, 注意点としては、使い始めに白煙が立ち上る点。仕様であるとはいえ、焦げ臭い香りも漂うので気持ちよく使えるわけではありません。, がっしりとした太めの持ち手の「RELIFE ヒートガン」。見た目が大きいものの、実際に持ってみるとそこまで重さは感じられません。, スイッチ部分や温度調節ボタンの作りが甘いのは耐久性の面で気になりますが、普通に使用する分には問題なく使用できました。, 評価を下げたのは、熱処理作業にかかる時間。パワーが足りないのか、熱風が出るまでに時間がかかります。スピーディに作業したい方には向いていないでしょう。, デジタルディスプレイが搭載され、ひと目見るだけで温度設定がわかる商品です。モードスイーチを押すだけで、通用・熱収縮・フィルム・溶接の4つのモードに切り替えられるのは非常に便利です。, しかし、熱風が出るまでに時間がかかり、塗料が乾くまでに時間がかかってしまいました。先端部分に重心があるため、手が疲れてしまうのもマイナスポイントです。, HiKOKI(ハイコーキ)から販売されいてる「ヒートガン RH600T」は丸みの帯びた独特な形状が特徴的。, 重心が悪く、使用していると熱風口がどんどん下に落ちていってしまいます。また、片手で持つにはバランスが悪く、取り回しもよいとはいえません。, 冷却機能があるのは利点ですが、乾くスピードも遅く、使いやすいヒートガンではありません。, なおご参考までに、ヒートガンのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, ヒートガンを購入して使っていくうちに、不満が出てくるのが風量の強さ。風量が一定のタイプだと、用途によっては強すぎたり弱すぎたりします。例えば熱収縮チューブだと、強すぎれば燃える可能性があり、逆に弱すぎるとなかなか収縮しません。.