if (ignoreCase){ [CDATA[

keywords[0].setAttribute("content", document.selection.createRange().text); ), ( バイエ…

if (target.length > 0){

), ( ・投与初期に胃腸系の副作用が多い

), ( return -1; 22

今回は新薬「キャブピリン配合錠」についてです。

var textRange = document.selection.createRange();

飲み方(食前・食後とは?) アマリール(グリメピリド)は食前または食後に服用する薬です。 食前とは「食事の30分前」、食後とは「食事の30分後」をいいます。 コップ1杯のお水やぬるま湯で服用するようにしましょう。

linkTitle.parentElement().setAttribute("target", target); } else { リキスミア(リキシセナチド) 1日1回、朝食前 2. ビクトーザとは? ビクトーザの名前の由来は特にないそうです。一般名はリラグルチドです。. 先日患者さんから質問のあった、この内容。

ビクトーザ、トルリシティ、ビデュリオンは長時間作用、バイエッタ、リキスミアは短時間作用型に分類される。 用法・用量 ・ビクトーザ:1日1回 朝or夕 0.3㎎~0.9㎎ ・バイエッタ:1日2回 朝夕食前 1回 …

糖尿病治療薬, ビクトーザ皮下注(一般名:リラグルチド)は2010年から発売されている糖尿病の治療薬になります。糖尿病の治療薬の中でも「GLP1アナログ製剤」という種類に属します。, ビクトーザはインスリンの分泌量を増やすことで血糖値を下げるお薬になります。しかし古い糖尿病治療薬と異なり、インスリンを過剰に分泌させない工夫がされており、これにより低血糖のリスクがほとんどない安全性に優れるお薬になります。, 糖尿病治療薬にもたくさんの種類のお薬があります。これらの中でビクトーザはどのような位置付けになるのでしょうか。, ビクトーザの効果や特徴、どのような方に向いているお薬なのかについてみていきましょう。, ビクトーザはGLP1(インクレチン)というホルモンの量を増やすことで、安全に血糖を下げるお薬です。飲み薬ではなく自分で毎日皮下に注射するお薬になります。, インクレチンはインスリンを分泌させるホルモンです。インスリンは血糖を下げるはたらきがあるため、インスリンを増やすインクレチンは血糖を下げるはたらきがあるという事になります。, インクレチンの優れている点は、血糖値に応じてインスリンを分泌させる力が変わるという点です。, 血糖が高い時はインスリンをしっかり分泌させて血糖値をしっかりと下げます。反対に血糖値が低い時はインスリンをあまり分泌させないため血糖値はそれ以上下がりません。インクレチンは血糖値を感知しながらインスリン量を調整してくれるホルモンなのです。, そしてこのインクレチンの1つがGLP1(ヒトグルカゴン様ペプチド1)です。GLP1は血糖値が高いとそれを感知して小腸下部から分泌されます。, ビクトーザは人工的に作られたGLP1になります。これを投与する事により、血糖が高い時に効率的に血糖値を低下させ、血糖値が低い時にはそれ以上血糖値を下げないという安全な糖尿病治療が可能になります。, ちなみにGLP1はDPP4という酵素によって分解されてしまうため、普通にGLP1を投与してもすぐに効果がなくなってしまい、あまり効果が得られません。この問題点に対して、ビクトーザはGLP1に脂肪酸を加える事でDPP4による分解を受けにくくし、長時間作用するように改良されています。, ビクトーザはGLP1を直接体内に入れるため、強力に血糖値を改善させます。その効果は(個人差もありますが)飲み薬よりも高く、飲み薬で最も効果が強いと言われるSU剤よりも強力です。, 副作用としては、特に開始初期に胃腸系の副作用(便秘、下痢、悪心、胃部不快感など)が目立ちますが、お薬の投与を続けていくうちに自然と改善していく事も多く、重篤になる事は稀です。, また注射剤であるため、どうしても投与時に多少の痛みを伴うというデメリット、薬価が高い(1本約10,000円)というデメリットがあります。, ・GLP1アナログ製剤に属するお薬である

textRange.text = newString; 薬局薬剤師のブログ。薬局業務を円滑に進めるために必要な情報及び薬の疑問を解決した記録です。今後のため、少しでも参考になればと。目標は臨床薬局薬剤師。, var hiduke = "2017/02/05"

好きなApple製品などの情報発信、

iFlags = 4;

var element = document.elementFromPoint(event.x, event.y); findRange.moveEnd("textedit", 1);

var textRange = document.body.createTextRange(); function createLink(url, target){ 今回は糖尿病治療薬であるGLP1作動薬です。みなさんの薬局ではどのGLP1作動薬が処方されますか??, ビクトーザやバイエッタ、ビデュリオンにトルリシティ。どのGLP1作動薬も皮下注製剤なのですが、他薬剤との差別化を行なっていてそれぞれ特徴がありますよね。, それぞれ使い方の指導も必要ではあるのですが、今やインスリン製剤同様糖尿病治療の中心になりつつあるこのGLP1作動薬。薬剤師としてはしっかりおさえておきたい医薬品です。, 今回はこのGLP1作動薬の解説から、GLP1作動薬をもちいた治療方法のBPT療法、さらにDPP4阻害薬との違いなんかをまとめていくよ!, 全て問題と解答、その内容の詳細という構成になっていて、糖尿病の概要や薬効といった基礎的な部分から、検査値や低血糖の対応の仕方、服薬指導のポイントなど幅広く学べて重宝してます。, 2014年の発売で、SGLT2阻害薬あたりの新しめのものには対応できてないところだけ少し残念ですが、、、。糖尿病治療全般を理解するのにはとてもオススメ!!, GLP-1はインクレチンの1種で、下部小腸および大腸を中心に存在する L 細胞から分泌されるインクレチンホルモンの1つです。, 「Glucagon-Like Peptide-1 」の頭文字から来てます。これはグルカゴン様ペプチド1という意味で、下部腸管内分泌L細胞でプログルカゴンをプロセシングすることにより生成されることから名付けられています。, 食事による刺激によって小腸からGLP-1が分泌されるとβ細胞にあるGLP-1受容体に結合してcAMPを上昇させ、インスリン分泌を増加させる働きをします。, この働きは血液中のブドウ糖量に依存しているので、血中ブドウ糖濃度(血糖値)が80mg/dL以下では作用が弱まり、低血糖が起こりにくいと言われています。, GLP-1は分泌された後に、血液中にあるDPP-4という酵素によって速やかに分解・不活性化されてしまいます。, GLP-1をアシル化することで、DPP4からの分解を受けにくくしたものがGLP-1受容体作動薬です。基本的には、消化器症状の発現を抑えるために低用量からの開始が多いです。, 糖尿病治療は、食事療法と運動療法をベースに、下記ステップで治療を行なっていきます。, ①内服薬による治療↓②経口血糖降下薬+基礎インスリンを組み合わせた「BOT」療法↓③強化インスリン療法といったステップで治療を行っていました。, BPT(Basal-supported Prandial GLP- 1RA Therapy)とは、GLP-1受容体作動薬と基礎分泌を補う持続型インスリン製剤を1日1回同じタイミングで注射する併用療法です。位置づけ的には、②と③の間に入ってきますね。, ③強化インスリン療法では基礎インスリン1回と速効型インスリンを毎食直前に1回ずつの1日計4回注射を行うことになります。結構体の負担にもなるし、外食や旅行好きな方なんかでは注射の回数をすごく嫌がる患者さんも多かったりします。, なのでその治療の前に、1日1回ずつの注射で実績の出てきているBPT療法が世界的にも推奨されているというわけですね。, BOTによって空腹時血糖値は下がっても食後血糖値がなかなか下がらない場合、BOTからBPTにステップアップすることで、空腹時血糖値と食後血糖値の両方の改善が期待できます。また、GLP-1受容体作動薬特有の体重減少作用も期待できます。, 比較的まだ新しい療法で、BOTで血糖コントロール不良の患者さんんが、強化インスリン療法の前段階として用いることが多いみたいです。, 強化インスリン療法での頻回投与が負担で、血糖コントロール不良になっている患者さんも、BPT療法に切り替えることで良好な血糖コントロールが得られることがあるようです。, DPP-4阻害薬は、GLP-1やGIPといったインクレチンホルモンを分解するDPP-4(dipeptidyl peptidase-IV)の働きを妨げることでインクレチンホルモンが分解されるのを防いで血中濃度を高めます。, この主となる作用は、GLP-1濃度の上昇によるインスリン分泌促進作用とグルカゴン分泌抑制作用によるものと考えられています。, 1日1~2回の投与で、そして食事の影響がないので食前・食後のどちらの投与でもよいことや、血糖コントロールの改善に伴う体重増加のリスクが低いこと、低血糖リスクが低いことなどが利点として挙げられています。, 確実な血糖降下作用と、低血糖リスクが低いことから第一選択薬として選ぶ医師も多い様です。実際、糖尿病治療薬の売上高ではこのDPP4阻害薬が上位を占めています。, 今回の内容は「GLP-1作動薬の経口薬」というわけですが、DPP-4阻害薬って結果的にGLP-1を増やしてくれるわけだから、ここの2つって差別化できるのかな?, 今まではGLP-1作動薬が注射製剤しかなかったから大きな差別化できていたのですが。, いくつかのDPP-4阻害薬での試験で、DPP4阻害薬では心血管イベント抑制効果がないという結果になりつつあるなか、GLP-1作動薬の経口薬ではしっかり心血管イベント抑制効果が認められているんだとか!, DPP4阻害薬と比較して、血糖降下作用が約10倍前後!あるんだとか!!すごいよね。, これはGLP-1作動薬の特徴ですよね。経口薬になってもしっかりこの作用も残ってるってこと。, てことは消化器症状の副作用も、あるってことだよね。作用と副作用は表裏一体ですからね。, 関連する内容として、GLP1作動薬ビクトーザのダイアル変更によるイザコザについてはこちら, DPP4阻害薬やSGLT2阻害薬同様、いろんなメーカーさんからいろんな医薬品が発売されるんですかねー。, このSGLT2阻害薬の号は結構差別化が難しいSGLT2阻害薬をそれぞれ細かく解説してくれてます。, DPP4阻害薬とSGLT2阻害薬は同類薬内での特徴や得意不得意を理解しておくことが重要になるので、ぜひオススメの1冊です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 関東在住の薬剤師しぐです(・ω・)ノ

}

薬剤師のしぐです。先日自分の薬局で起こったGLP -1作動薬「ビクトーザ皮下注」によるちょっとしたイザコザをご... 薬剤師のしぐです先日書いた「BPTとゾルトファイ配合注の特徴」 → とゾルトファイ配合注ではBPTについても... こんばんはーーーしぐです。 ・インクレチンに作用するため低血糖が生じにくい 3 今回は、高血圧治療の新薬エサキセレン〈ミネブロ錠〉について! ), (

16

if (ignoreCase){

薬剤師のしぐです。今回は糖尿病治療薬であるglp1作動薬です。みなさんの薬局ではどのglp1作動薬が処方されますか??ビクトーザやバイエッタ、ビデュリオンにトルリシティ。どのglp1作動薬も皮下注製剤なのですが、他薬剤との差別化を行なってい

・中等度労作:立ち仕事が多い:30~35kcal ), ( while (textRange.findText(oldString, 1, iFlags)){

findRange.moveStart("character", startPos); サノフィさんから発売になるソリクア配合注ソロスターは、基礎インスリン製剤(持効型溶解インスリン)のインスリングラルギン〈ランタス注〉とglp-1受容体作動薬のリキシセナチド〈リキスミア皮下注〉が配合された配合剤。 ビクトーザの作用を簡単に説明すると、『血糖値が高い時にインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる』となります。, 説明文だけみるとジャヌビア、エクアなどのDPP-4阻害薬と一緒ですね。それではもう少し詳しくみていきましょう。, 私達が摂った食事(糖質)はそのまま身体に吸収されるわけではありません。アミラーゼなどの消化酵素によりブドウ糖まで分解され、小腸から吸収されます。その後にブドウ糖は血液中に移動するわけです。, いわゆる血糖値は血液中のブドウ糖の量を指します。ブドウ糖は筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ばれてエネルギーとして使用されます。また残ったブドウ糖はグリコーゲンや脂肪として蓄えられます。, 「ブドウ糖を筋肉や肝臓などの全身の臓器に運ぶ」これを行っているのがインスリンです。, ブドウ糖が各臓器に運ばれても、臓器を構成する細胞の入り口が閉じているとブドウ糖は中に入る事ができません。, こうして初めてブドウ糖は細胞内に入り、エネルギーとして利用できるようになります。また血液中のブドウ糖が減ることで血糖値が下がります。, 健康な人はこれらが自然に行われているため、血糖値がきちんと管理されているわけですね。, ではインスリンの働きが悪く、入り口のドアを少ししか開けることができない場合どうでしょうか?, こちらも同じようにドアが十分に開かないため、細胞内に入るブドウ糖がいつもより少なくなってしまいます。, これらが原因で、いつもは細胞内に入っていたブドウ糖が血液中に残ってしまい、血糖値が高くなってしまいます。, インスリンの働きが悪い状態をインスリン抵抗性といいます。インスリンの量が少ない状態をインスリン分泌不全といいます。改善する方法は2つです。, それではの作用機序の前に、今回のメインであるインクレチンについてお話ししていきましょう。.