まぁ少なくとも「クラスJ」よりは「ファーストクラス」が比較対象として近そう。, JALもANAも、空港での当日アップグレードは、どのチケットからでも可能(空席があれば)。 スリッパまでファースト仕様になってるとは。。。 JALには、国内線にも「ファーストクラス」という座席がある。 それから、搭乗ポイント=400は「特便割引」の時点でつくけど、特便と先得の価格差も考慮するなら、これも単価に含めていいかもしれない。 ・大型可動式のダイニングテーブル

ANAのファーストクラスを利用して、豪華な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。 国内線ご予約は ↓, ANAを賢くお得に使おう!LCC(格安航空券)なみの運用☆メルマガとマイレージクラブ会員登録方法, スターフライヤー マイルも勝手に貯まる、予約も楽々、STAR LINK会員登録方法, 春秋航空が開催するTwitterやInstagramで佐賀の魅力を!LCC 格安航空券. 食事も、あんまり覚えてないけど、ファースト目線で味わってみたいかな、と。, アップグレード可能な運賃のチケットを予約する際にオプションで8000円をプラスして、「ファーストクラス」として予約, 「特便割引21」の割引率は40%~70%(HND/OKA)で、日程により割引率が異なる。, JAL国内線「ファーストクラス」を安く予約する方法と、ANA「プレミアムクラス」との比較を考える。, ANA「プレミアム旅割28」の価格とプレミアムポイントでみる、PP単価の一覧(SFC修行) – やじり鳥, JAL「国内線ファーストクラス」の当日アップグレード。空席待ちの「種別」や「優先順位」や、カウンター開始時間など。 – やじり鳥, ANA「プレミアムクラス」の当日アップグレード。空席待ち優先順位や、カウンター開始時間など。 – やじり鳥, ANAマイレージクラブ会員限定 普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが搭乗2日前から可能に!|ANA, http://www.ana.co.jp/pr/16_0103/15-124.html, http://press.jal.co.jp/ja/release/201604/003738.html, JALがコロナ対応でFLY ON ポイント2倍と期限切れマイル・eJALポイント救済, JAL Global WALLETを5万円利用で2,000FLY ON ポイント還元. ただ、個別の日程を眺めると、基本的にJALの方が高く付くかなぁ。, FOPについては? ・LEDパーソナルライト×2 そもそも、設定路線が4つしかないのか。。。, JALの「ファーストクラス」を、ANAの「プレミアムクラス」と比べて良いものか分かんないが。 anaファーストクラスの座席とは 誰もが一度は乗ってみたいファーストクラス。 しかし、往復航空券代が100万円を超えることもよくあるファーストクラスは、なかなか手が届かないはずです。 では、ファーストクラスでの旅行とは、どんなに快適なものなのでしょうか? JALファースクラス=ファースト

ANAマイレージクラブ会員限定 普通席からプレミアムクラスへのアップグレードが搭乗2日前から可能に!|ANA JALの場合、アップグレード可能な運賃のチケットを予約する際にオプションで8000円をプラスして、「ファーストクラス」として予約する。, 「アップグレード可能な運賃」には、JALの国内線最安系の割引料金である「先得」は含まれない。, この中で安めのチケットは、「特便割引21」(積算率75%)かな。 スポンサーリンクgoogle_ad_client="ca-pub-9783436549850304";google_ad_slot="1704410272";google_ad_width=300;google_ad_height=250; ANAの運航で、ファーストクラスを飛ばしている路線を一覧表でまとめたものが、こちらです。, 全14便。北米もしくはヨーロッパ行きの便となっています。2019年5月からは、A380ホノルル行きのファーストクラスが新たに仲間入りします。一方、2019年4月時点ではアジアやその他オセアニア地区への便はありません。シンガポール行きのファーストクラスが昔はあったんですけどね・・。, そして、一番右には、東京2019年4月1日発固定で、ANAのホームページから購入した場合の片道価格を表示しています。, 一番お安い「東京ーアメリカ西海岸」の路線で、片道約110万円。最も遠距離になり、最もお高いフランクフルト路線の場合、片道だけでなんと約200万円です。, ・・200万円。マジか。車買えますよ、車。陸マイラーでもやってないと、絶対に発券できないですよね。こんな航空券。, 偏西風の影響により、北米路線は往路の方が、ヨーロッパ路線は復路の方が、それぞれ飛行時間が短くなります。飛行時間が最も長いのが、ワシントンD.C.と成田を結ぶ復路のNH001便。総飛行時間はなんと14時間5分です。, 折角なら、1分1秒でも長くファーストクラスに乗っていたい!という方には、最長14時間乗れる便がある!ということになりますね。, エコノミークラスなら、1分1秒でも早く降りたい・・と思う飛行機の機内に、1分でも長く乗りたい・・と思えるのが、ファーストクラスの凄さなんです。, そして、ここでファーストクラスのサービスを楽しむうえで、どうしても触れておかなければならないある重要なポイントがあります。, それが、あなたが選んだファーストクラスが、果たして「昼便」なのか「夜便」なのかということです。例えば、羽田ーフランクフルトを結ぶANAのファーストクラスは2便あります。羽田発NH203便と、NH223便です。, NH203便の場合、羽田を出発する時刻がもう完全に深夜です。そして、フランクフルト到着はヨーロッパの早朝になります。, かなり時間を有効に使える、世界を股に掛けるビジネスマンにとってはおススメ路線になりますが、そのかわりこのフライト、搭乗者にとっては乗ってる間中ずっと夜なんですよ。, もちろんファーストクラスならフルフラットで横になって熟睡できるのですが、結局睡眠最優先路線になってしまうんです。このため、夜便を選んでしまうと、機内サービスも明らかに差が出ます。, 一方、NH223便はというと、真昼間の11:15発で、現地着は現地時間で16:25(日本時間23:25)。飛行機に乗っている間中、ずっと昼間ですので、極論すれば一切寝なくても、ファーストクラスを満喫できます。, 折角のファーストクラスですから、できれば乗っている間中、心ゆくまで楽しみたい、という方には、絶対に昼便がおススメです。, 離陸後の飲み物とともに軽食(アミューズ)をいただいて、後は朝食代わりにお好きな時に食べられるメニュー・・・。これだけです。, なんと、メインがないんです。折角のファーストクラスなのに、これは寂しいですよね・・。, もちろん、ヨーロッパまでの往路を、下手すれば10時間近くぐっすり安眠して渡航することができるので、これはこれでプライスレスなことですが、陸マイラー的に考えると非常に残念な路線だと思うのは、私だけでしょうか。, 一方、NH223便は搭乗時間が昼11時の昼便ですから、まずは昼食として和食・洋食から選べる、お好みのフルコースが提供されます。, 折角マイルを貯めて・・ファーストクラスに乗るんですから、これを味わっておきたいですよね。, 昼食終了後も、日本時間でまだ昼過ぎですから、おつまみを食べつつ一杯飲んでもよいですし、ちょっと昼寝してから夕食を食べるのもありですよね。, これは、実際に食べたファーストクラスの「響21年」と、おつまみの「まつのゆき チーズ粽菜」, このように、昼便、夜便では全くサービス内容が違うので、よりファーストクラスを満喫したい!という方は、時差ボケ上等で、昼便を選ばれることをおすすめしたいと思います。, ファーストクラス特典航空券発券時に注意しておきたい、ANAファーストクラス夜便設定の路線は、全14便のうち上記の4路線になります。, その他の10路線は、一応昼便設定になっているので、昼食もしくは夕食としてフルサービスの食事の提供があります。, ただ、中には現地発便で、時差の関係でとてもではないけどご飯を食べるというより・・寝たい。という時間設定の便もありますので、くれぐれも出発/到着時刻については十分確認のうえ、体調万全で搭乗できる便を選ぶようにしてください!!, ここまで、ANAに設定されているファーストクラス全14路線と、価格設定、飛行時間、昼便/夜便の設定によるサービスの違いについて解説してきました。, ここまでの解説を踏まえ、おススメのファーストクラス路線をトップ3までご紹介したいと思います。, なんと言っても片道価格が驚異の200万円超えというANAのファーストクラス最高値路線ですので、それだけでもう大満足な気分になってしまいます。, さらに、飛行時間が12時間超と長く、しかも出発が昼11時過ぎですし、到着の日本時間23時過ぎまでであれば、普通の日本人であればまずずっと起きていられる時間設定です。, もちろん、途中で2~3時間くらい昼寝すれば、到着後も十分稼働できますので、時差対応もスムーズです。, 片道価格は約150万円とヨーロッパ路線より少しお安めですが、時間設定、飛行時間約13時間ともにまさにフランクフルト路線に匹敵する「絶好の路線」といってもよいでしょう。, しかも行先がJFKですので、観光地としても申し分ありません。難点があるとしたら、若干予約しづらい路線、ということくらいでしょうか。, 出発時間も完全な真昼間便ですし、なんと言ってもロンドン便ですからね。ロンドンにファーストクラスで行く・・・。かなりの高級感ありますよね。, ファーストクラス・・実際に乗ってみると、一体どんなシート&サービスが受けられるんでしょうか。, まずは、シートから少しだけご紹介します。ファーストクラスのシートは、このように、もちろん個室感半端ない空間です。, ちなみに、このコンパートメントは日本のジャムコ社製です。ジャムコ社・・すげえな・・って感じですよね。, ビジネスクラスシートの製造メーカーってどこだか知ってる?知られざる航空機シート業界に迫る, 23インチの大型液晶ワイドスクリーンをはじめ、ファーストクラスのシートはとにかくラグジュアリーな空間です。, もちろん、デジタルノイズキャンセリングヘッドホンも完備。微音のリラックスミュージックとともに装着すれば、ほぼ無音で、ぐっすり眠ることができます。, 搭乗直後にこんなリラックスウェアに着替えるのが、ファーストでは当たり前なんです。誰よりも一番乗りで搭乗できるので、さっさとお手洗いでお着換えするのが、ファーストの基本です。, このリラックスウェアは持ち帰りも可能なので、自宅で愛用している人も多いとのこと。私も多分愛用しますね。, そして、眠くなったら高級ホテルばりの寝具で、当然のフルフラットでぐっすり寝ることができます。, エコノミークラスで北米やヨーロッパに行ったら、狭い機内で一睡もできず苦しい思いをするだけなのに、世の中にはこんな差別的な空間があるんですね。いやはや、本当に驚きですよ。, 食事はもちろん、もう機内食とは思えない、わけのわからない世界の話になってしまっています。, そして、ANAのファーストクラスのドリンクといえば、シャンパンの最高峰、「KRUG」(クリュッグ)ですよね。, ここまでご紹介したANAのファーストクラス特典航空券発券に必要なマイル数(往復)は、以下のとおりです。, ファーストクラス特典航空券発券に必要なマイルは、北米路線でレギュラーシーズン往復15万マイル。欧州路線でレギュラーシーズン往復16万5千マイルです。, 確かに、大量マイルが必要なことは確かですが、陸マイラーなら普通にやってれば半年~1年もあれば、余裕で貯めることができるマイル数です。, 陸マイラーなら、夢のまた夢のANAファーストクラス搭乗が、決して夢じゃないんです!!何しろ、私実際に搭乗してきましたからね。, とにかく、地道に、そして基本に忠実に毎月少しずつマイルを貯めれば、あなたも絶対にファーストクラスに乗れます。, 以下参考記事も参考に、ぜひ、陸マイルを貯めてみてください。そして、この記事も参考に、最もお得かつ楽しめるファーストクラスに搭乗してみてください。, 【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。, 私はポイントサイトを利用して、夫婦で年間50万ANAマイルを貯めています。え・・そんなにマイル貯まるの?と興味が湧いた方は、ぜひこちらも併せてご覧ください。, ANAマイルだけでなく、JALマイルも年間15万マイル貯めることができますよ!JALマイルは特典航空券の発券が簡単なマイルですので、ぜひ貯めてみましょう!. FOP単価は、8.1円。, あと獲得マイルも、ファーストクラスなら490マイルくらい増える。 あくまで、「出発当日に空席があれば」の話だけど。 年間60万マイル貯めている陸マイラー。アラフォーサラリーマン。陸マイラー活動を中心に、実体験を踏まえたお得な情報をお届けします。, 使わないFX口座は「解約」の必要がある?退会方法とおすすめの解約タイミングを徹底解説, エポスカードのポイントサイト案件で過去最高12,500円!年会費無料!海外旅行保険充実カードは今が超得!, アシアナ航空と大韓航空が合併!?倒産・破綻の可能性、今後のフライトやサービスへの影響は?, 【過去最高水準】口座開設+投資で最大10,000円!SBIソーシャルレンディング案件を見逃すな!, 【復活】SBI FX口座開設+取引で驚愕の17,000円もらえる!超低リスクの超得案件を逃すな!!, ANAマイルで国内線特典航空券予約に使うべき裏技!マイルで国内線を最得で予約する方法, 【まずはこのページからご覧ください】当ブログで紹介している年間50万ANAマイルの貯め方とその価値、使い方をまとめています.

面倒なので計算しないけど。, まぁFOP単価だけなら、クラスJの方がよい。 ファーストクラスといえば、とてつもなく高価な空の上のスイートルーム。もちろん格安航空券は出回っていない。ところが、とある手段を使えば、リーズナブルにファーストクラスを利用することができ … クラス J でビジネスクラス級の快適な旅を−JAL国内線, いずれにせよ、JALはANAと違って設定路線が少ない。 ANAプレミアムクラス=ビジネス 必要料金は8000円。 ※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう, お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。

ファーストクラスで世界一周だなんて手の届かぬ高嶺の花かと思いきや、実はちょっとの工夫でリーズナブルに実現することができるんです。アマゾン川、マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナミブ砂漠、南アフリカ、オーストラリア、香港、インドネシア……。トラベルライターのたかせ藍沙さんが体験したとっておきの旅を、ここに公開!, ファーストクラス。とてつもなく高価な空の上のスイートルームだ。いったいどんな人が乗っているのだろうと思っても、ラウンジから優先搭乗し、優先降機で荷物を待つこともない彼らの姿はなかなか見ることができなかったりする。私自身、雲の上の存在のように感じていた。でも「一度は乗ってみたい!」と思っていた。, ところが、ファーストクラスには格安航空券がない。なにか良い手段がないかと調べたところ……、あった! 世界一周航空券だ。これは、「スターアライアンス」や「ワンワールド」、「スカイチーム」といった、航空会社のアライアンスが設定している航空券で、西回りか東回りのどちらかで、太平洋と大西洋を1回ずつ横断し、16区間以内という条件の航空券のこと。, 驚いたのはその運賃。ファーストクラスでのパリ往復は250万円なのに、世界一周航空券は90万円台で買うことができる! 半額以下だ! しかも16区間飛ぶことができるので、単純計算で1フライト62,500円となる。実際にはファーストクラスがないフライトもあるので、16区間すべて使ったとしても半分程度はビジネスクラスになってしまう。, とはいえ、8回のファーストクラスに乗って100万円と考えたら格安だ。さらに、帰国後は貯まったマイレージでもう1回旅行に行けてしまうし、一気にマイルを獲得することで得られる特典は数多い。, 旅行期間は、最短で10日間程度(発行会社によっては12日間)、最長は1年間と決められている。1年以内であれば、途中、別の航空券を利用して一時帰国して、何回かに分けて使うこともできるのだ。ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始に分けて旅を続けることができる。間を空ければ、旅の最初で獲得したマイレージを使った特典航空券で一時帰国することもできるのだ。, ということで、この世界一周航空券を使ってファーストクラスに乗ることにした。運賃は飛行距離、大陸数によって変わる。今回は南米に強い、JALが加盟しているワンワールドを選択した。各アライアンスとも、専用のウェブページで地図上の目的地をクリックしてフライトを選択していくだけで、簡単にルートを組むことができる。16区間を超えたり、ルール外のルートを入力しようとしたりするとエラーとなるので簡単だ。予防接種やビザ、現地手配などの準備をバタバタと済ませ、旅立った。最初の目的地は南米のペルーだ。, 成田空港ではいささか緊張した。初めてのレッドカーペットだったから(笑)。JALファーストクラスのチェックインカウンター前には、赤いじゅうたんが敷かれているのだ。ズラリと並ぶカウンターの前には誰も待っていないので、スイスイと手続きが進む。カウンター前に並ぶイスはル・コルビュジエ。高級感たっぷりだ。チェックインが終わると、手荷物検査も専用のレーンへ。ここでも並ぶことはない。あっという間にファーストクラスラウンジに着いた。, 航空会社のラウンジはアッパークラスを使った旅の楽しみのひとつ。JALのファーストクラスラウンジには、ビジネスコーナー、マッサージルームやマッサージチェア、シャワー、靴磨きサービスまであり、施設もサービスもかなりの充実度。また、人気のJALオリジナルビーフカレーのほか、目の前で寿司職人の方が握ってくれる握り寿司、メゾンカイザーの焼きたてパンなどがずらり。出発ギリギリまで仕事をしていたのでマッサージは逃したけれど、ここでファーストクラス気分が一気に盛り上がったことは言うまでもない。, CREAメールマガジンでは、編集部選りすぐりの読者プレゼントやアンケートの募集、最新号の特集など、お得な情報をお届けします。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, ファーストクラスのチェックインカウンター前には赤いじゅうたん。そして、ル・コルビュジエのイスが置かれている。, チェックインを済ませたら、手荷物検査は小さな入り口から別レーンへ。ここはJAL専用で、ファーストクラスの乗客とマイレージプログラムの上級会員のみが使うことができる。, チェックインカウンターで機内持ち込み手荷物に付けてくれたファーストクラスのタグ。その赤いタグを見て顔がニヤニヤしてしまったらしく、「こちらにもお付けしましょう」と、カメラバッグにも付けてくれた(笑)。, スタイリッシュなデザインながら抑えた色調で落ち着いた雰囲気のラウンジ。マッサージやシャワーは別フロアだ。, ミネストローネスープ、みつせ鶏のレバーペースト、ホエー豚角煮のピンチョス、広島産カキのスモークオイル漬のピンチョス、サラダ、JALオリジナルビーフカレー。機内でも食事が出るのに、ついたくさん食べてしまった(笑)。どれも美味し過ぎて!. ©Copyright2020 糖質制限ダイエットとか陸マイラーとかいろいろやってみた.All Rights Reserved. ラウンジ内のDININGでは前菜とメインディッシュ、デザートをいただけます。メインディッシュには和牛のステーキやお魚料理、エビのソテーなどいろんな種類の料理があり、前菜やデザートはビュッフェ形式となっています。, ANAのファーストクラスをご紹介しました。料金は高めに設定されていますが、それに見合うサービスを受けることができます。