今回はウィーン美術史美術館所蔵、ブリューゲルの『バベルの塔』について解説していきます。, ノアの曾孫の代に「全地の表に散らばる」ことを避けるために人々は天まで届く非常に高い塔の建設を目指します。, しかし、人間の分際で天まで届く塔を作ろうとする傲慢さに神が激怒。二度とそんなまねができないよう、人々の言語を乱し、コミュニケーションが取れないようにした上で各地に散らばらせてしまいました。, 旧約聖書には「シナルの地」と記されており、これは古代メソポタミアのバビロニアのこと。現在のイラクに当たります。, あくまで物語上のものなので、実在しません。ただ、ジッグラトという日干し煉瓦によって組み上げられた人口の小山のような聖塔の跡が現在でも残っており、バベルの塔のエピソードのモデルとなったと言われています。, さて、今回紹介するブリューゲルの『バベルの塔』は、2017年に開催された「バベルの塔」展にも展示され…ませんでした笑。ブリューゲルはバベルの塔の絵を3枚描いており、日本に来たのはそのうちの一枚。ウィーン美術史美術館にある方が完成度が高いと言われていますので、是非観に行ってってみてください。, ブリューゲルの代表作と言えば、先にも述べたようにバベルの塔ですが他にも、ことわざをネーデルラントのことわざを絵にした『ネーデルラントのことわざ』(ベルリン美術館所蔵)などがあります。, ブリューゲルの特徴は歴史的事件を画家の生きている時代の土地・風俗で描いている点です。『バベルの塔』でも手前の石切り場にいる人々の服装は当時のネーデルラントのものです。, まず、画面中央にある巨大な塔がバベルの塔です。塔の各階で作業をしている人が見え、建設中であることが分かります。ところどころにある建築機械は、ブリューゲルが生きていた時代に実際に使用されていたものです。, 右側手前には港湾風景が広がっています。これは当時のアントワープ(ベルギーの都市です。フランダースの犬で主人公が目指した教会があります)の港を参考にして描かれたと言われています。, ブリューゲルは大建造物の建築工程を極めて正確に描写しています。彼が生きたアントワープは国際都市だったため、ひっきりなしに大工事があり、そのスケッチがこの絵にも生きていると考えられます。写真のなかった時代によくここまでのリアルさを出せたものだと驚くばかりです。, 皆さんこの絵はどれくらいの大きさだと思いますか。なんと、実際には114×155センチしかない笑。それにも関わらず、圧倒的迫力、なまなましい実在感、複雑な構成、大きなスケール感。頭がおかしくなりそうです。, 今回参考にしたのは中野京子さんの『中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇』です。聖書の知識を持っておくことは西洋絵画のみならず、映画や文学の鑑賞の際には必須です。いきなり聖書を読んで訳が分からなくなりそうな人には最初の一冊としておススメです。, 美術館に行く前には予習として、行った後には復習に後に、特に行く予定はない人は気晴らしにご覧ください笑, 百人一首のNo.86『嘆けとて月やはものを思はする』解説〜意味・品詞分解・句切れ・擬人法, 百人一首No.11『わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと』解説〜意味・品詞分解・句切り. 塔が崩れている感じがリアルで面白いです。. ブリューゲル1世が描いた《バベルの塔》が24年ぶりに来日! 本物は小ぶりな画面に巨大な塔とたくさんの人やものがぎっしりと描かれています。見るたびに発見がある、名画の見どころを解説 …

ご登録頂くと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります。, 〈東京都美術館〉にて開催中の「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝 −ボスを超えて−」。ブリューゲルことピーテル・ブリューゲル1世は1526年か30年ごろに生まれ、1569年に没した画家。その生涯にはわからないことも多いが、アントワープやブリュッセルで活躍した。2人の息子も画家となっている。, バベルの塔がどのような形だったか、旧約聖書には記述はないので画家はそれぞれ想像によって描くことになる。他の画家は四角い高層ビルのような形の塔なども描いているが、ブリューゲルの塔は丸い螺旋形。ローマのコロッセウムをヒントにしたとも言われている。ブリューゲルの絵は大きな注目を集め、後の画家にも影響を与えた。, 「塔の場所によって色が違うのは、産地の異なるレンガを使っているのでしょうか。塔の左側が白くなっているのは運び上げている漆喰がこぼれているのでしょう」と説明するのはこの絵を所蔵しているボイマンス美術館のシャーレル・エックス館長。普段は毎日のようにこの絵を見ているだけあって観察が細かい。, ボレマンスとマンダース、金沢21世紀美術館で初のコラボ|青野尚子の今週末見るべきアート, 熱海 No.1 フレンチ〈ル・プルースト ミウラ〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン, 【東京・桜新町】サザエさんの町を彩る新名所 〈長谷川町子記念館〉。|甲斐みのりの建築半日散歩, ロナン&エルワン・ブルレックと〈アルテック〉〈イッタラ〉|小西亜希子の北欧デザイン通信, 伊勢丹新宿店でトム・サックスの“商品”をお買い物|石田潤の In the mode, 〈エースホテル京都〉で堪能するコミューンデザインの編集力|川合将人のインテリアスナップ. 24年ぶりに来日したブリューゲルの傑作「バベルの塔」その圧倒的なリアリズムと精密さは見るものに感動を与えます。「バベルの塔」(小バベル)を楽しむ鑑賞ポイントと、今回の展示会のもうひとつの重要な鑑賞ポイントヒエロニムス・ボスの作品についてご紹介しています。 どこもとても細かく描かれていて、すごく立体的な作品だと思います。 こんにちは! 今回は、ブリューゲルの《バベルの塔》について解説します! 早速見ていきましょう! バベルの塔 ブリューゲルはバベルの塔を3点描いています。 そのうち、最初の1点は残っていません。 残る2点の大きな違いはそのサイズです。 《バベルの塔》は、1563年に制作されたブリューゲルの代表傑作。謝肉祭や四季の景色など農民の風俗を描いて「農民ブリューゲル」と呼ばれた画家にとっては珍しく聖書の物語を題材としており、旧約聖書「創世記」11章1-9節が主題となり、地上にいる単一言語を話す単一民族・人間に … ブリューゲルの特徴は歴史的事件を画家の生きている時代の土地・風俗で描いている点です。『バベルの塔』でも手前の石切り場にいる人々の服装は当時のネーデルラントのものです。 『バベルの塔』解説 『バベルの塔』 《バベルの塔》は、画家のピーデル・ブリューゲルによって制作された作品。制作年は1563年から1563年で、美術史美術館に所蔵されている。, 《バベルの塔》は、1563年に制作されたブリューゲルの代表傑作。謝肉祭や四季の景色など農民の風俗を描いて「農民ブリューゲル」と呼ばれた画家にとっては珍しく聖書の物語を題材としており、旧約聖書「創世記」11章1-9節が主題となり、地上にいる単一言語を話す単一民族・人間によってバベルの塔が建設される場面が描かれている。, バベルの塔は、旧約聖書「創世記」11章1-9節に記されている伝説の塔である。聖書によれば、ノアの洪水後に驕り高ぶった人間が天まで届くバベルの塔を築きはじめ、そのことに怒った神が人間の言葉を混乱させ、塔の建設を中止させた。, 私たちが現在、異なる言葉を話している原因はこのバベルの塔にあるとされ、また人間の科学技術に対しての過信を戒めているという解釈もある。, ブリューゲルは、古代ローマ帝政期の円形競技場であるコロッセオ(コロシアム)をモデルにして、バベルの塔を描いた。ブリューゲルと同世代の画家ルーカス・ヴァン・ヴァルケンボルクをはじめとして、バベルの塔はしばしば画題として好まれ、多くの画家によって描かれてきた。, 傲慢、迫害、混乱の象徴とされるバベルの塔は、アーチ状の建築でありながら、同時にらせん状にそびえ立つ塔は不安定な形状となっている。塔の基盤となる下層部が未完成である一方で、上層部の建設が始められており、塔の建設が成功しないことを予期している。, またキャンバス左下には、灰色のマントを身に纏ったニムロデ王が描かれている。ニムロデは旧約聖書に登場する王で、バベルの塔の建設を指示したとされ、ノアの方舟に登場するノアの子孫でもある。, なお、ブリューゲル作《バベルの塔》は2点存在する。他作品は、《小バベルの塔》(ボイマンズ・ヴァン・ベーニンゲン美術館)であり、黒色顔料を用いて1563年に制作された。綿密な描写が、特徴的な作品である。, ブリューゲルは《バベルの塔》を描いた後、《小バベルの塔》を描いたと考えられている。現在、本作は美術史美術館(オーストリア・ウィーン)にて展示されている。, こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。, 初めて観ましたがすごいと思いました。