https://news.yahoo.co.jp/articles/5d4f75fcb6d5b369642f4e8eb2d49c3374b9741d, 1903年12月17日、ライト兄弟が人類初の動力飛行を行った。その飛行に使用したライトフライヤー号の最大時速は約48km/hだった。その9年後、1912年にはフランスのデュペルデュサン・レーサーが時速209km/hを記録し、1930年代に入ると大きなフロートを持った水上機だったイタリアのマッキMC72が最高時速709km/hを記録した。第二次世界大戦の末期、1945年頃には、各国の主力戦闘機の最高速度は軒並み時速600~700km/hとなり、ドイツのジェット戦闘機Me262の最高速度は時速860km/hを超えた。, 第二次世界大戦後、アメリカ陸軍から独立したアメリカ空軍はNACA(現在のNASA)と共同で速度記録用のロケットエンジン機を開発した。1947年10月14日、チャック・イェーガーがそのロケットエンジン機X-1に搭乗し、人類史上初めて音速を越えることに成功した。現在まで、有人機の最高速度記録を保持しているのは同じくロケットエンジン機のX-15で、1967年10月3日に記録したマッハ6.7だ。高度3万1100mでの記録なので、ほとんど宇宙船とも言える。, 音の伝わる速度は海面上(高度0m)、気温15℃に於いて、時速約1,225km/h(秒速約340m/s)であり、軍用機の性能などを表す場合、一般的にこの値をマッハ1としている。ただし、実際には、音の伝わる速さは気圧(高度)や気温に影響されるため、例えば、高度10,000mで気温が-50℃の場合では、音の速さは時速約1,084km/hとなり、この速度がマッハ1となる。つまり、海面付近では音速を超えるのに時速約1,225km/hを出さないといけないが、高度10,000mでは時速約1,084km/hで音速を超えられるということだ。, 航空機の機体表面を流れる空気は、翼上面などで機体の飛行速度より速く流れている。そして、飛行速度がマッハ0.9あたりに近づくと、それらの部分では空気の流れが音速を越えるようになり、機体各部に衝撃波が発生する(この速度域を遷音速域という)。その結果、空気の流れが乱れ、翼の揚力を失って失速したり、激しい揺れを起こしたりして操縦が困難になる。しかし、もっと速度が増して、飛行速度が完全にマッハ1を越えた超音速域では飛行は安定する。エンジン出力が不足していたり、機体の構造が充分でなかった頃には、この遷音速域を超えるのが難しく、まるで壁があるかのように感じられたため、"音の壁"と呼ばれていた。, 現在では薄くて丈夫な翼構造の開発や超音速飛行に適した翼の設計、そして何よりも高性能で強力なエンジンの開発によって、"音の壁"はたやすくのり越えられるようになっている。, 航空機が飛行するとき、機体の周りには音と同じ速さで空気の波紋が広がる。航空機の速度が増すにつれ、機体より前方の波が圧縮されて密度が高まる。そして、飛行速度が音速と同じになると空気の波紋は航空機より先に逃げられなくなって大きな抵抗となる。機体全体の飛行速度が音速を越えると、機体の先端部分と後方部分(主翼の後縁付近)の2か所で衝撃波が発生する。, 衝撃波というのは空気の中を伝播する圧力波で、伝播するうちに減衰して音波(音)となる。つまり、空高く飛行する航空機が音速を越えると、通過した地上では機体の先端部分と後方部分で発生した衝撃波が前後2回の爆発音として聞こえるということだ。しかし、衝撃波が音波にまで減衰しないうちに地上に到達すると、建物の窓ガラスが割れたり、屋根瓦が落ちたりという被害をもたらすことになる。これがソニックブームと呼ばれる現象だ。, ソニックブームはかなり高空を飛んでも地上に影響を与えることがあり、高度5000mを飛行する機体が地上の窓ガラスを割ることもある。気象条件や飛行速度によっては、1万m―2万mを飛行する機体からもソニックブームが観測されることがある。, 1960年代末にヨーロッパで開発されて、1970年代から実用化された超音速旅客機コンコルドは、ソニックブームの被害に対する住民の反対運動で航路は限られたものになり、超音速飛行を行うのは大西洋上のみとされた。最高速度マッハ2前後を誇る軍用機でも、平時に於いては超音速で飛行できる空域は限定されていて、そのほとんどは地上に影響のない海上になっている。そして、近年、開発されている次世代の超音速旅客機ではソニックブームを減衰する、または発生させない設計が研究されている。, 航空ショーなどで、特に湿度の高いとき、機体中央部付近に円錐状の水蒸気の傘を発生させながら飛行する戦闘機を見ることがある。見慣れない光景で、いかにも壁を突き破ったように見えるため、いろんなメディアで音速を超えた瞬間やブレーキング・サウンドバリアー(音の壁を破った)などとして紹介されていることも多い。しかし、これは遷音速域で部分的に圧縮された空気の温度が高くなり、それより後ろで急減圧されることにより、温度が下がって空気中の水蒸気が結露してできるもの。このとき、機体全体が音速を超えているわけではなく、もちろん、音の壁を突破した瞬間でもない。そもそも、音の壁とは、先に説明した通りで実在しない。, この雲はベイパーコーンと呼ばれ、実際にはごく短時間の間に数回、断続的に発生することが多い。このように、ベイパーコーンは衝撃波やソニックブームとは別の現象で、衝撃波やソニックブームは、通常目に見えないものだ。音速を超えなくてもベイパーコーンは発生するし、音速を超えてもベイパーコーンが発生するとは限らない。, https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F&fr=necctp-win8_sa&ei=UTF-8&mfb=P058&ts=26176&aq=-1&oq=&at=&ai=X50xd6lVR9S_Np4sxVoSaA, 大きなフロートを持った水上機だったイタリアのマッキMC72が最高時速709km/hを記録した。, がそのロケットエンジン機X-1に搭乗し、人類史上初めて音速を越えることに成功した。, 1967年10月3日に記録したマッハ6.7だ。高度3万1100mでの記録なので、ほとんど宇宙船とも言える。, 音の伝わる速度は海面上(高度0m)、気温15℃に於いて、時速約1,225km/h(秒速約340m/s)であり、軍用機の性能などを表す場合、一般的にこの値をマッハ1としている。, 高度10,000mで気温が-50℃の場合では、音の速さは時速約1,084km/hとなり、この速度がマッハ1となる。, 飛行速度がマッハ0.9あたりに近づくと、それらの部分では空気の流れが音速を越えるようになり、機体各部に衝撃波が発生する(この速度域を遷音速域という)。, 空気の流れが乱れ、翼の揚力を失って失速したり、激しい揺れを起こしたりして操縦が困難になる。, エンジン出力が不足していたり、機体の構造が充分でなかった頃には、この遷音速域を超えるのが難しく、まるで壁があるかのように感じられたため、"音の壁"と呼ばれていた。, 航空機が飛行するとき、機体の周りには音と同じ速さで空気の波紋が広がる。航空機の速度が増すにつれ、機体より前方の波が圧縮されて密度が高まる。そして、飛行速度が音速と同じになると空気の波紋は航空機より先に逃げられなくなって大きな抵抗となる。, 機体全体の飛行速度が音速を越えると、機体の先端部分と後方部分(主翼の後縁付近)の2か所で衝撃波が発生する。, 衝撃波というのは空気の中を伝播する圧力波で、伝播するうちに減衰して音波(音)となる。つまり、, 空高く飛行する航空機が音速を越えると、通過した地上では機体の先端部分と後方部分で発生した衝撃波が前後2回の爆発音として聞こえるということだ。, 衝撃波が音波にまで減衰しないうちに地上に到達すると、建物の窓ガラスが割れたり、屋根瓦が落ちたりという被害をもたらすことになる。これがソニックブームと呼ばれる現象だ。, 高度5000mを飛行する機体が地上の窓ガラスを割ることもある。気象条件や飛行速度によっては、1万m―2万mを飛行する機体からもソニックブームが観測されることがある。, 航空ショーなどで、特に湿度の高いとき、機体中央部付近に円錐状の水蒸気の傘を発生させながら飛行する戦闘機を見ることがある。, 見慣れない光景で、いかにも壁を突き破ったように見えるため、いろんなメディアで音速を超えた瞬間やブレーキング・サウンドバリアー(音の壁を破った)などとして紹介されていることも多い。, 遷音速域で部分的に圧縮された空気の温度が高くなり、それより後ろで急減圧されることにより、温度が下がって空気中の水蒸気が結露してできるもの。. ソニックブーム(Sonic Boom),なぜマッハ1で衝撃波が起こるか,飛行機がマッハ1(音速)をちょうど越えると、飛行機の音がまとめて一時点に来るため、その膨大なエネルギーで、しばしば地上の窓ガラスが割れるなどの被害がある。衝撃波,マッハ,爆音,戦闘機,攻撃機,爆撃機,音速 2004年現在、ソニックブーム低減のための研究 SSBD(Shaped Sonic Boom Demonstration 低ソニック・ブーム設計手法飛行実証) が、DARPA の予算の下で NASA ドライデン飛行研究センターで実施する。 使用している機体はノースロップF-5で、機首の形状を整形することによりソニックブームの低減を試みる。 hirax.net::inside out::2012年07月26日. ソニックブームとは、戦闘機などが超音速飛行することにより発生する衝撃波のことである。また、音速飛行をしたときに発生するといわれているのが、まるで飛行機がスカートを穿いているような形の雲「ベイパーコーン」。, ベイパーコーンは湿度と気圧が高い場所で発生し、実際は音速以下でも発生する現象だが、そんなソニックブーム&ベイパーコーンを発生させながら飛び去るUFO動画が物議を醸している。, 問題の動画のタイトルは「UFO SIGHTING 10 JUNE 2011 ORLANDO INTERNATIONAL AIRPORT」。タイトル通り、日時は6月10日、場所は米フロリダ州のオーランド国際空港の近く。撮影者は母親と会話しながら、飛行機を撮影していたのだという。, わずか14秒の動画には、たしかに一瞬、謎の飛行物体が猛スピードで画面を横切り、輪っか状のベイパーコーンを残していく姿が。見方によっては、雲の中を突き抜けていくようにも見える。この動画を分析した有志によると、推定されるスピードは時速3万8000キロ。マッハ31以上とのことである。, 現在のところ、この動画に関しては「フェイクだ!」との反応が多いが、「すごい!」と素直に絶賛する人も多い。果たしてこれは本物のUFOなのだろうか? それとも……。いずれにせよ、真相は闇の中だ。, 「UFO SIGHTING 10 JUNE 2011 ORLANDO INTERNATIONAL AIRPORT」, 【ポケモンGO】マスクド・ピカチュウをゲットしろ! カントーカップ用のオススメポケモン8選, 【猪突猛進】大阪発祥のステーキ店「ステーキリバーべ」に行ってみた!! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. プラントル・グロワートの特異点(プラントル・グロワートのとくいてん、英: Prandtl-Glauert Singularity)とは、ルートヴィヒ・プラントルとハーマン・グロワート(英語版)が見いだしたプラントル=グロワートの法則(英語版)における特異点のこと。, 物体が気体中を高速移動すると、進行方向では圧縮により圧力と温度が上昇する。速度が音速に近づくと断熱圧縮に近づき高温となるが、音速に達すると急に低下する。これは、圧力係数(圧力を無次元化したもの)[1]の理論式が特異点を持つ、つまり特定の値で無限大に発散してしまうことで表される(実際には圧力係数は有限の値を取る)。, 理論式は、Cp :圧力係数(圧縮)、Cp0 :圧力係数(非圧縮)、M :マッハ数のとき、, と表される。この式で、M = 1 のとき(分母がゼロとなるので)Cp は無限大になり、極端な気圧差(高圧と真空)が発生する。, プラントル・グロワートの特異点では、高温だった物体周囲の気温が急低下する。これが露点を下回った場合、周辺の湿度次第では雲が発生する可能性がある。これは、通常見られる飛行機雲とは異なり、リング状に広がると考えられる。, 一方、飛行機が海面上など湿度と気圧が高いところで遷音速飛行している時、機体の周りに右の画像のような円錐型の雲が発生することがある。ベイパーコーン(vapor cone、水蒸気の円錐)などと呼称されるこの雲は、機体周辺で生じる減圧(断熱膨張)による温度低下が露点を下回り、水蒸気が一時的に凝結する現象が機体とともに移動するもので、特異点によるものとは限らない。, また、しばしば音の壁を突破した「瞬間」の現象としてメディアなどで紹介されるが、飛行速度が音速未満でも発生し[2]、音速を突破しても発生するとは限らない[3]。付け加えると、遷音速飛行では機体周辺の一部で超音速流が発生するため、特異点による雲も飛行速度が音速未満でも発生しうる。, なお、ソニックブームや衝撃波として紹介されることもあるが、いずれも肉眼では見えず、別の現象である。ただし衝撃波に関しては、圧力波面で発生する光学屈折を利用して間接的に観測が可能である。, Potential Flows: Prandtl-Glauert Similarity Laws, Sonic Boom, Sound Barrier, and Condensation Clouds, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=プラントル・グロワートの特異点&oldid=77860513. この雲はベイパーコーンと呼ばれ、実際にはごく短時間の間に数回、断続的に発生することが多い。このように、ベイパーコーンは衝撃波やソニックブームとは別の現象で、衝撃波やソニックブームは、通常目に見えないものだ。 ベイパーコーン(vapor cone、水蒸気の円錐)などと呼称されるこの雲は、機体周辺で生じる減圧(断熱膨張)による温度低下が露点を下回り、水蒸気が一時的に凝結する現象が機体とともに移動するもので、特異点によるものとは限らない。

ソニックブームとは、戦闘機などが超音速飛行することにより発生する衝撃波のことである。また、音速飛行をしたときに発生するといわれているのが、まるで飛行機がスカートを穿いているような形の雲「ベイパーコーン」。 短期間で急速に店舗拡大中, 【群馬】伊香保の超巨大寺院で台湾グルメが堪能できるってマジかよ / 念願のタピオカデビューを果たしてきた!, 人生で初めて「ドルチェ & ガッバーナ」の香水を試してみたら、瑛人さんの気持ちがわかり過ぎるほどよくわかった!, スシローの2貫100円皿で高コスパなのはこれだ! 回転寿司マニアに聞いた「オススメ3選」(2020年11月版), 【実録】突然「声が出るよ」と書かれた謎の段ボールが届いた → 開封してみた結果 …, 2021年の福袋はどうなる? 人気どころ40社以上に聞きまくった結果 / 2020年11月13日時点, 【マジかよ】『TSUTAYA10年間見放題』が当たるだと!? 今、ソニックなブームなんだとか・・・。 ソニックブーム とは、飛行機が音速を超えて飛行する際に生じる機首および翼後縁付近で発生した衝撃波のエネルギーのことをいう。 一方、混同され易いのがヴェイパーコーン(vapor corn)。 衝撃波とソニックブームについて質問させていただきます。教えて!goo内を見てみましても、統一された見識を得られなかったので、詳しい方がいらっしゃいましたらご教授下さい。疑問は2つあり、・ソニックブームと衝撃波は同義であるか?

最新記事(inside out)へ | 年と月を指定して記事を読む(クリック 実際どれくらい価値があるか計算した結果 ….