あのぉ、「スケール覚えたんだけど、アドリブってどうやるの??」という質問への回答。 [覚え方]ペンタトニック・スケールの全ポジションが身につく考え方と練習方法③「コード・フォーム+各弦1音の …

ベースでスケールを弾くときの運指を指板図を交えて解説。 ... 【指板図で解説】最初に覚えておきたいベースのスケール.

※ここで解説するのは、あくまで基礎練習です。 まずはスケールの位置を頭に叩き込んで体に覚え込ませるためのトレーニングとして有効ですが、 「これを繰り返してるだけで、自動的にかっこいいソロが弾ける!」・・とは限りませんのでご了承下さい。, 今回のトレーニングで扱う「Cメジャースケール」の1つのポジションです。 (他にも、同じCメジャースケールを弾くためにいくつかのポジションがあります。ここではその中の1つのポジションです), いわゆる普通にスケールを1つずつ弾きながら下から駆け上がっていき、上まで行ったら今度は下りてくるという練習です。 弦を下から順にピッキングする練習には有効ですが、スケールの地図をこれだと覚えにくいのが難点ですね。, これが結構楽しい練習です。なんか「弾いてる!」という実感がわきます。「タタタ/タタタ/タタタ・・・」と、3つずつの音の塊でスケールの音を弾いていく練習方法です。, ↑まずは図の「1」「2」「3」と書いてあるフレットを順番に弾きます。(このポジションにおいて、一番左下から始めるということです。), ↑次に、図の「1」「2」「3」を弾きます。(さっきより2歩戻って、一番左下から2番目の音からスタートするということです。), それを繰り返して、3つずつスケールの音を駆け上がっていくというのがこの練習方法です。, これが「練習2」の応用です。4歩進んで、3歩戻りながら、スケールの音を駆け上がっていきます。, 「練習2」の、「3歩進んで2歩戻る」という練習方法をどんどん応用して、もっと長いスケール練習をすることも可能です。, 頭が完全にこんがらがってくるので(笑)、ひとまず「練習3」くらいまでで良いのではないかと思います。, また、最初の方で言いましたが、今回、練習したポジションは、数あるメジャースケールのポジションの中の1つのポジションです。, メジャースケールが弾けるポジションは、他にもいくつかあるので それも同じような練習方法で練習をしてみると良いかもしれません。, (※ちなみに僕自身は、マイナーペンタばっかり練習している野郎なので メジャースケールについてはそんなに網羅的に練習していません。(苦笑)最低限やってきたエクサイズはここまです。), 今回は「Cメジャーキー」におけるスケールを練習しましたが、他にも例えば「Aメジャーキーだったらどう弾けば良いのか?」ということを考えて同じように基礎練習をしてみると良いです。, キーがAになってくると、一般的には4弦の5フレット音を「A」としてスケール練習を始めることになるはずです。すると、(ポジション的に)今回やった練習とはまた違ったポジションになってくるので、別途練習は必要となります。, メジャースケール編でやったようなトレーニングを、同じようにマイナースケールでも行っていきます。, ベースのかっこいいフレーズをTAB譜つきでわかりやすく解説。スラップの練習方法をネットで学べる!3000人以上が受講したベース講座淳ちゃんねるの公式サイトです。, 10日間で初心者からていねいにスラップベースを学べる、無料メール&ビデオ講座はこちら. 長さ:約864mm(34インチ)前後. ロングスケール.

スケールもたくさんあり、覚えては忘れての繰り返し。 今回は、スケールの覚え方について初心者?なりに書いていきたいと思います。 スケールは、コードトーン + テンション ! これを見てから何となくスケールへの認識が変わりました。

コード表を渡されて、初心者の方はルート音以外どの音を弾けば良いの?と迷ってしまう場面がありますよね。この教則本はウォーキングベースの基礎を学べる一冊になっています。 2019/04/10 2分 . もちろん覚え方は自由ですが、このように範囲を限定して覚えてみるのもいいでしょう。 ... スケール・音階 (19) ベースのスケール指板表 (13) コードの音楽理論 (13) ベースラインの作り方 (14) ジャズ入門 (17) ベースラインの練習 (8) 2019/04/10 SHARE. © 2020 ベースログ All rights reserved. 現役ベース講師の経験録です。今よりちょっぴり上手くなりたいあなたを応援 はいどうもベーシストぴんはげ(@pinkhage2)です! 今回は ベースを弾く上でのスケールの覚え方 について書いていこうと思います。. 一体所有しているベースのスケールがどれに当たるか、すぐ答えらない方もいらっしゃると思います。, まず、スケール(弦長)とは、「ナットからブリッヂのサドル」までの長さのことを指します。, ベースのスケール(弦長)は結構重要で、弦の張替えをする時にご自身のベースのスケールがわかる事でどの弦を購入すれば良いのかわかるようになります。, また、スケールを知っている事でご自分にあった楽器選びとしてどのくらいのスケールだと弾きやすくて好みなのか、よりご自身に合う楽器選びに役立てる事ができます。, これから初心者の方で、楽器を選ぶ一つの要素としてもスケール(弦長)について記憶していると選びやすくなると思います。, スーパーロングスケール、ロングスケール、ミディアムスケール、ショートスケールです。, では、各スケールはどのくらいの数値でどんな楽器が採用しているのかみていきましょう。, 別名エクストラロングスケールとも言われ、スケールを長くする事で多弦ベースのLow-BやドロップDチューニングした時のテンションを保ち、ピッチが安定したりするため採用される事が多いです。, フレットの間隔が広くなるため、女性など手が小さい方にとっては弾きづらいかもしれません。, 最も一般的なスケールであり、プレジションベース、ジャズベース、スティングレイなどがロングスケールを採用しています。, その他、Gibson サンダーバード(34 1/4インチ)やRickenbacker 4003(33 1/4インチ)などの34インチ前後を採用したベースもロングスケールとしてカテゴリー化されています。, ロングスケールより、約5センチ短い長さとなっているためテンションがやや弱いため演奏面で弾きやすかったり、サウンド面で音色が柔らかい傾向があります。, フレット間がショートスケールより短すぎず、ロングスケールより長すぎないため早弾きをするのに最適であると言われています。, マスタングやバイオリンベースの様にスケールが短い分、フレットの感覚も短い為、子供や女性など体や手が小さい方でも弾きやくすくベースを始めやすいです。, その他、Gibson EB-1(30 1/2インチ)などの30インチ前後を採用したベースもショートケールとしてカテゴリー化されています。, ショートスケールのベースは、弾きやすさはありますがスケールが短い分、弦のテンションが弱い為、出音の輪郭が低音でぼやけてしまう傾向があります。, 代表的な楽器:ムスタング、バイオリンベース、Gibson EB-1(30 1/2インチ)、PIGNOSE PGB-200, 通常の測り方は、ベースのヘッドにある「ナットからブリッヂのサドル」の部分までの長さを測り、その数値がスケールとなります。, しかし、弦楽器はオクターブ調整も行なっているので、各弦に対してサドルの位置が異なるので正確なスケールを測る事が難しいです。, その為、別な方法として「ナットから12フレットまでを測り、その数値を2倍にする」事で安定したスケールの数値が測れるようになります。, スケール(弦長)によって各スケールのベースがご自身に合う合わないはあるかと思いますが、スケールを知る事で楽器選びや弦の選びなどの基準になると思いますので一度所有しているベースのスケールを測ってみることをお勧めします。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 代表的な機種:Fender ジャズベース / プレシジョンベース / Gibson サンダーバード(34 1/4インチ) / Rickenbacker 4003(33 1/4インチ) ベースのスケールの中でも最も一般的といえるスケール です。

よくある、スケールを使ったベースの「基礎練習」を特集していきます。 ※ここで解説するのは、あくまで基礎練習です。 まずはスケールの位置を頭に叩き込んで体に覚え込ませるためのトレーニングとして有効ですが、 「これを繰り返してるだけで、自動的にかっこいいソロが弾ける! その他、Gibson サンダーバード(34 1/4インチ)やRickenbacker 4003(33 1/4インチ)などの34インチ前後を採用したベースもロングスケールとしてカテゴリー化されています。 ロングスケール:34インチ(約863.6mm)前後 役にたったベース教則本10冊 1週間で完全習得!ウォーキングベース超入門.

2分, スケールって世の中に沢山ありますよね。その中で、きっと一番耳馴染みのあるスケールは『ドレミファソラシ』ではないでしょうか。, そして、一番オススメしたいスケールが『ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ』のスケール。, 3弦3フレットの『C音』から始まるメジャースケールです。一番よく見かけるポジションです。, 上のカタチを4弦8フレットの『C音』から始めたポジションです。指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。, Cメジャースケールと同じ指のカタチであり、4弦1フレットの『F音』から始めたポジションです。, 上のカタチを3弦8フレットの『F音』から始めたポジションです。指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。, これも上の2つと同じ指のカタチです。4弦3フレットの『G音』から始めたポジションです。, 3弦10フレットの『G音』から始めたポジションです。さっきと指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。, ベースで弾くドレミ、3つの方法では、運指(ポジション)が違うメジャースケールの解説をしています。あなたの手に馴染む運指が見つかりますよ。, メジャースケールの6番目から音を始めるとナチュラルマイナースケールになります。(そう!ずらすだけです)なので、メジャースケールを覚えたら半分覚えているようなもの。, 4弦5フレットの『A音』から始めたポジションです。一番よく見かけるポジションです。, Aナチュラルマイナースケールと同じ指のカタチであり、3弦5フレットの『D音』から始めたポジションです。, 4弦10フレットの『D音』から始めたポジションです。さっきと指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。, 3弦7フレットの『E音』から始めたポジションです。上の2つと指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。, 開放弦のポジションです。どのナチュラルマイナースケールも指のカタチが同じでしたね。, 指のカタチが同じだと言うことは、簡単に応用が利きます。カタチさえ覚えてしまえば、始める場所がどこであれスケールが弾けるようになります。, カタチが分かっているので、スケールを始める音名が分かるとスケールの名前も分かります。便利ですよね。, 覚えたいオススメのスケールがクロマチックスケールです。日本語で半音階です。平べったく言うと音階全部です。, 3弦3フレットの『C音』から始めて2弦2フレット・1弦1フレットへと進んだポジションです。半音ずつ上がったり下がったりするスケールです。, 3弦3フレットの『C音』から同じ弦で進んだクロマチックスケール。指使いは上も含め一例なので参考程度に。, 3つ目のアプローチについてもう少し言うと、ハーモニーのインターバルを覚えるとどんなスケールにもクロマチックスケールを潜り込ませることができます。, この使い方をマスターすると、間違えたと思った音が間違いでなくなったように演奏できます。, スケールを知った上で、どんな響きがするのか耳で覚えることが大切です。スケールを覚えること自体が本質ではないので、耳を使いましょう。, カタチを覚えたら響きを覚えることに専念できるので、それぞれのスケールのインターバルを吟味してみて下さい。.

エレキベースの基礎知識 (11) タブ譜面とチューニング (8) 弦の押さえ方 (10) エレキベースの弾き方 (11) 音楽理論の基本 (9) 演奏テクニック (14) 譜割り・符割(ふわり) (14) エレキベースのコード (30) ベースのコード一覧表 (15) スケール・音階 (19) Photo byyokadatube.