© 1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. このホームページに掲載されている内容の著作権は(æ ª)クリーチャーズ、(æ ª)ポケモンに帰属します。 このホームページに掲載された画像その他の内容の無断転載はお断りします。, ハイクラスパック「GXバトルブースト」, ポケモンカードゲーム プレイヤーズクラブ, スターターセット伝説 ソルガレオGX ルナアーラGX. 超超超無 コズミックバーン 230 次の自分の番、このポケモンは「コズミックバーン」が使えない。. くわしいデッキレシピはこちらから! 小林さん:ミュウツー&ミュウgxの特性「パーフェクション」を使ってソルガレオgxの「ターボストライク」でエネルギーをつけたり、ラティオスgxの「タッグパージ」を使って相手のtag teamを敬遠しながらたたかっていくデッキです。 こんばんは。おしろです。 ドリームリーグの収録カードが公開されましたね。 前回はレシラム&ゼクロムgxのデッキを考察しましたが、今回はもう一枚のタッグチームのソルガレオ&ルナアーラgxのデッキを考察していこうと思います。 レシラム&ゼクロムのデッキ考察はコチラ。 ソルガレオgxとルナアーラgxが確定で手に入る!更には新登場のサポート、シロナも収録! 強力なポケモンgxであるソルガレオgxルナアーラgxが入った、60枚デッキ。さらには新登場のシロナはは6枚山札を引くことができる強力なサポートのカード。 ソルガレオ&ルナアーラ(スターミー採用型)デッキ. 超超超無 コズミックバーン 230 次の自分の番、このポケモンは「コズミックバーン」が使えない。, 超超無+ めがみのひかりGX 200 追加でこの番、手札から「リーリエの全力」を出して使っていたなら、次の相手の番、自分のポケモン全員は、ワザのダメージや効果を受けない。. ワザ コズミックバーン 230.

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ソルガレオ&ルナアーラGXは主にスペシャルレーザーネクロズマなどの超デッキに使われる。複数枚採用してメインアタッカーとして使うというよりは最後の締めに使うポケモンとしてドリームリーグ環境では採用されている。, 残りサイド的に相手を2体倒したら勝てるという場面まで温存しておき、機が熟したらベンチに置き、女神の光GXで相手を倒す。, 追加効果でダメージは受けない。次のターン、コズミックバーンを撃ちもう一体倒すことで勝利する。, 女神の光GXもコズミックバーンも火力的に耐えられてしまうこともあるが、しかし呪いの御札ややぶれたとびらのダメカンにより戦法が成立しやすい。, ソルガレオ&ルナアーラGXはレシラム&リザードンGXのフレアストライクの超版ともいえるワザ「コズミックバーン」を持つ。, ギラティナの10ダメージ+こだわりハチマキでHP270のタッグチームを倒すことができる。抵抗力込みでゾロアークGXをコズミックバーンで倒すことができるのも魅力的。メインウェポンとしては十分すぎる火力といえるだろう。, ただし炎タイプと違いカキが存在しないため、エネの調達にはひと手間かかることになるか。, リーリエの全力 自分の手札を4枚引く。このカードを使った番の終わりに、自分の手札が3枚以上あるなら、その手札が2枚になるように、山札に戻して切る。, ややデメリットが厳しく使いづらいカードを使う必要があるが、強力なカードであることには間違いない。リーリエの全力は、後続に繋げることができるように「リーリエ」や「シロナ」を手札に残すといいだろう。, ただしダブルブレイズGXの追加効果などに無力化される点には注意。炎デッキを相手にする場合は、相手がGXワザを使ったタイミングで使うのがベストか。, という順番に処理されるため、たとえタッグチームGXを倒してサイドを獲得したとしても手札は2枚になる点には注意。, 仮にジラーチGXが相手の場・自分の場に出ていたとしても、HP270のミュウツー&ミュウGXをストレンジウェーブ+コズミックバーンで倒すことができる。, また、逃げるエネルギーが0のためコズミックバーンと相性が良い。ポケモンいれかえでスターミーを前に出し、スターミーを逃がすことで毎ターン連続でコズミックバーンを使うといったことも可能だ。, 超タイプ版「レシラム&リザードンGX」ともいえるフレアストライクと同じワザ「コズミックバーン」を持つ。. hp270 超タイプ たねポケモン tag team. 次の自分の番、このポケモンは「コズミックバーン」が使えない。 gxワザ めがみのひかりgx 200. ソルガレオ&ルナアーラgx. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 対ミュウツー炎相手にはソルガレオ&ルナアーラGXデッキ側は細心の注意を払う必要がある。, 相手はジラーチGXで超弱点を消しつつ、リザードンGXのワザで一撃でソルガレオ&ルナアーラGXを倒しにかかってくる。, ジラーチGXの特性を消しつつ、ソルガレオ&ルナアーラGXがエネルギーのついたミュウツー&ミュウGXを「めがみのひかりGX」で倒すことができれば勝利に近づくだろう。, 他にもこだわりハチマキ+ギラティナでミュウツー&ミュウGXを撃墜することができる。ただし基本的にはソルガレオ&ルナアーラGXはタッグチーム全般に強いミュウツー&ミュウGXに対してはやや不利。無人発電所やめがみのひかりGXの使うタイミングを見極める必要がある。, レシラム&リザードンGXはダブルブレイズGXで相手のめがみのひかりGXを無効化するため非常に相性が悪い。, 幸い、ギラティナの特性の10ダメージとこだわりハチマキを持ったソルガレオ&ルナアーラGXのコズミックバーンの260ダメージで倒すことができる。, 最後に別の記事ではあるが、ここでは触れられなかったリーリエの全力について解説のリンクを貼るのでこちらもぜひ参考にされたい。, 「レッドパーフェクション」と呼ばれるミュウツー&ミュウGXとリザードンGXやゲッコウガGXと組み合わせたデッキを紹介しています。, ポケモンカードのパック「ドリームリーグ」に収録されるリーリエの全力について詳しく解説しています。. ソルガレオ&ルナアーラgxデッキの使い方. 化しよう!. 1ターン目はハイパーボールやミステリートレジャーでカプ・テテフgxをサーチしリーリエを使い必要なカードを揃える。 追加でこの番、手札から「リーリエの全力」を出して使っていたなら、次の相手の番、自分のポケモン全員は、ワザのダメージや効果を受けない。 1ターン目はハイパーボールやミステリートレジャーでカプ・テテフGXをサーチしリーリエを使い必要なカードを揃える。, 必要なカードは主にマーイーカ・カラマネロ・ギラティナ・ネストボール・基本超エネルギーなど。, 他の超タイプカラマネロ系デッキと同じく、マーイーカを並べエネ加速をし、やぶれたとびらギラティナで攻撃し相手のポケモンのHP削ったり非GXポケモンを倒していく。, コズミックバーンは威力が230あるが、一度ベンチに戻らない限り毎ターン連続で使うことができない。グズマやジラーチと組み合わせて対応しよう。, 基本的な動きはギラティナのシャドーインパクトで攻めていくデッキだが、ソルガレオ&ルナアーラGXの「めがみのひかりGX」リーリエの全力を使用しないといけないとはいえ、マーイーカたちを守ることができる無敵の能力を持っている。, またワザの威力も200とGXたねポケモンを倒すには十分な威力で、カプ・テテフGXやデデンネGXを倒しながら無敵状態になることができる。, さらにカラマネロに安全に進化させることで強力なテンポ・アドバンテージを獲得しながらで戦っていくことができる。, ただしリーリエの全力を使ったターンにサイドをとると、サイドをとったあとにリーリエの全力の処理が入るためたとえタッグチームを倒したとしても残る手札は2枚になってしまう点には注意。リーリエなどを残して次のターンに備えよう。, ソルガレオ&ルナアーラGXのめがみのひかりGXは強力だが、270以上のポケモンを一撃で倒すことができないという弱みを併せ持つ。, そこで今回のデッキレシピは環境の上位に君臨することができるレシラム&ゼクロムGXに対するアタッカーとしてゲンガー&ミミッキュGXを奇襲用に採用した。, 相手のレシラム&ゼクロムGXをはじめとするグッズを多く採用しているであろうデッキに対して手札からベンチに出し、カラマネロでエネ加速をし、ポケモンいれかえやエスケープボードがついたジラーチをベンチに逃げて奇襲を行う。, このカードは本来3枚目のソルガレオ&ルナアーラGXをゲンガー&ミミッキュGXにしているため、好みや仮想敵、プレイなどであわなければ3枚目のソルガレオ&ルナアーラGXに変更することをおすすめする。. © 2020 Pokémon. 本日のジムバトルは、8人の参加でした! 優勝はフジ君の「ソルガレオ&ルナアーラ」デッキでした!