関 榮一(せき えいいち、1947年8月13日 - )は日本の実業家。みずほ銀行常務執行役員(日本興業銀行出身)。国内信販代表取締役社長、楽天KC代表取締役会長、ポラリス・キャピタル・グループ特別顧問、エルビー取締役会長、総合メディカルホールディングス取締役等を歴任。, 富山県出身。両親は歯科医師。富山大学教育学部附属小学校、富山大学教育学部附属中学校、富山県立富山中部高等学校を経て、一橋大学商学部卒業[1][2][3]。1971年株式会社日本興業銀行(現株式会社みずほ銀行)入行[4]。1993年ロンドン支店副支店長[3]。1999年営業第7部長。2000年執行役員福岡支店長[2][4]。2002年株式会社みずほ銀行常務執行役員[4]。, 2003年から国内信販株式会社で同社の再建にあたり、企画開発本部顧問、常務取締役執行役員、代表取締役副社長を経て、2005年には代表取締役社長に就任。楽天株式会社との包括提携を実現し、国内信販の楽天グループ入りを主導した[5][3][2][4]。2006年にはクレジットカード事業及びファイナンス事業に集中するため、オリエントコーポレーションにクレジット事業を事業譲渡した[6]。, 楽天KC株式会社代表取締役社長や、同社代表取締役会長を歴任[4]。楽天カード、楽天KCカード、HOME'S楽天KCカードなどの発行を行い、世界初のネット型クレジットカード事業をてがけた[3][7]。2005年、兼楽天株式会社執行役員[2]。2006年楽天株式会社執行役員KC事業長。兼イーバンク銀行株式会社(現楽天銀行株式会社)取締役を経て、2009年同社監査役。2010年兼楽天銀行株式会社監査役[8][9][3]。2011年楽天KC株式会社特別顧問[10]。, 2011年からポラリス・キャピタル・グループ株式会社特別顧問を務め[4]、クリーンサアフェイス技術株式会社取締役会長、関東運輸株式会社取締役会長、淀川変圧器株式会社取締役会長などとして企業価値向上にあたった。2011年総合メディカル株式会社顧問[4]。, 2013年楽天銀行株式会社監査役を退任、株式会社イノーバ監査役に就任[8]。2016年総合メディカル株式会社取締役[4]、クリーンサアフェイス株式会社取締役会長。2017年淀川変圧器株式会社取締役。2018年総合メディカルホールディングス株式会社取締役。2019年エルビー取締役会長[11]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=関榮一&oldid=76158343. ポラリス・キャピタル・グループ(株)は、企業の事業再編・再構築を支援するプライベートエクイティ(未公開株)ファンド運営会社です。 投資実績(4号ファンド) – ポラリス・キャピタル・グループ … 2014年8月28日、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループが創業家などから江戸一の全株式を取得した 、ポラリス傘下のファンドが旧法人の江戸一を吸収合併する形で新法人となる江戸一を設立し …

2019年1月ポラリス・キャピタル・グループ取締役、ポラリス・アドバイザーズ取締役会長。2019年4月日立オートモティブシステムズメジャメント取締役 。2019年6月lixilグループ取締役兼監査委員会 委員長兼報酬委員会 委員 兼暫定ceo 。 略歴 [編集] 2016年8月 - 子会社の株式会社lixilの子会社(当社孫会社)だったハイビック株式会社の全株式をポラリス・キャピタル・グループ株式会社傘下のファンドへ譲渡 。 2017年 3月 - 株式会社日本住宅保証検査機構の一部株式を売却し、連結の範囲から除外。 三浦 善司(みうら ぜんじ、1950年1月5日 - )は、日本の実業家。青森県出身。株式会社リコー特別顧問・元代表取締役社長執行役員兼CEO、LIXILグループ取締役兼監査委員会委員長。, 青森県で技術者の子として生まれ、東京都で育った[1]。1973年、東京理科大学工学部経営工学科卒業[2]。1976年、上智大学大学院経済学研究科修士課程修了[3]。同年4月、株式会社リコーに入社。1993年にRicoh France S.AのPRESIDENT兼CHAIRMAN、2000年にリコー執行役員経理本部長、2003年に上席執行役員、2004年に常務取締役、2005年に取締役専務執行役員兼CFO、2006年に総合経営企画室長、2011年に代表取締役副社長を経て、2013年に代表取締役社長執行役員兼CEOに就任[3][4]。, 経理部門畑からの初の同社社長就任となった[5]。経理部門出身だが、フランスや米国等、海外経験が長く、営業や企業買収にも携わってきた。2016年3月コカ・コーラウエスト取締役。2017年にリコー特別顧問に就任。2018年4月から2019年3月26日までコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス社外取締役を務めた[6]。2018年8月Tri Med.代表取締役。2019年1月ポラリス・キャピタル・グループ取締役、ポラリス・アドバイザーズ取締役会長。2019年4月日立オートモティブシステムズメジャメント取締役[7]。2019年6月LIXILグループ取締役兼監査委員会委員長兼報酬委員会委員[8][9]兼暫定CEO[10]。, リコー次期社長の三浦善司氏が記者会見、「本社が現場を100%信頼できる体制を確立したい」, 1995年 Gestetner Holdings PLC, UKマネージング・ディレクター, 2009年 取締役 専務執行役員 総合経営企画室長 CFO 兼 CIO 兼 CSO, 2019年 ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 取締役、ポラリス・アドバイザーズ株式会社取締役会長、. 株式会社江戸一(えどいち)は、東京都足立区西綾瀬に本社を置き、外食チェーン「すたみな太郎」などを経営する企業である[1]。, 社章は青と黄色と赤の同心円で、中心の赤は顧客、中間の黄色は取引先、外側の青は従業員を表し、これら三つの信頼を基礎とする経営理念を形にしたものである[1]。, 1965年(昭和40年)、東京都足立区の東武伊勢崎線五反野駅前に「大衆酒蔵店」として創業[1]。1970年(昭和45年)9月5日に株式会社江戸一を設立して法人化した[1]。現在に至るまで創業の地である五反野駅前に本社を置いている[1]。, 1978年(昭和53年)、焼肉・寿司バイキングレストラン「すたみな太郎」1号店となる環七店を足立区内で開店[1]。1970年代にはまだなかった食べ放題レストランという新業態を確立した先駆けとなる。, 1984年(昭和59年)、中華・和食割烹料理専門店「江戸一 別館」を開店(現在は閉店)[1]。, 1991年(平成3年)、東京都足立区綾瀬(綾瀬駅北口)に結婚披露宴会場を備えた和食・中華料理専門店「江戸一 万来館」[2]を開店[1]。, 1996年(平成8年)、東京都足立区栗原にバイキングと和食・宴会場がひとつのビルになった複合店舗「江戸一 西新井館」を開店(現在は閉店)[1][3]。, 1998年(平成10年)には埼玉県草加市に「江戸一 草加館」を開業[1]、1階はバイキングレストラン、2階は和食・中華お座敷バイキング、3階は宴会場として営業中である[4][5]。, 2001年(平成13年)には、バイキングレストラン直営店が100店舗を達成した[1]。, 2014年8月28日、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループが創業家などから江戸一の全株式を取得した[6]、ポラリス傘下のファンドが旧法人の江戸一を吸収合併する形で新法人となる江戸一を設立した[7]。ポラリスは、当初は「すたみな太郎」の積極出店を進め、不採算事業は一部を整理し、将来の株式上場を目指すとしていた[8]。, しかし、2015年3月期から5期連続で最終赤字を計上するなど経営改善が見られなかったことから、ポラリスは2019年7月に山田コンサルティンググループの子会社であるキャピタルソリューションへ全株式を譲渡。その直後に、パチンコホールを運営する株式会社ダイエー(スーパーマーケットのダイエーとは無関係)のグループ会社へ全株式が譲渡され、ダイエー傘下に入った[7]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=江戸一&oldid=80296549. 2014年8月28日、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループが創業家などから江戸一の全株式を取得した 、ポラリス傘下のファンドが旧法人の江戸一を吸収合併する形で新法人となる江戸一を設立し … ポラリス・キャピタル・グループ(株)は、企業の事業再編・再構築を支援するプライベートエクイティ(未公開株)ファンド運営会社です。 株式会社オーネット – ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 関 榮一(せき えいいち、1947年 8月13日 - )は日本の実業家。 みずほ銀行常務執行役員(日本興業銀行出身)。 国内信販 代表取締役社長、楽天kc代表取締役会長、ポラリス・キャピタル・グループ特別顧問、エルビー 取締役会長、総合メディカルホールディングス 取締役等を歴任。 株式会社LIXILグループ(リクシルグループ、英: LIXIL Group Corporation)は、サッシ・建材・住宅機器メーカーを傘下とする持株会社。, 2001年のトステムとINAXの経営統合により誕生した株式会社INAXトステム・ホールディングス(イナックストステム・ホールディングス)が持株会社としての前身にあたる。会社分割により持株会社化しているため、法人としての前身は初代トステムである。その後2004年に株式会社住生活グループ(じゅうせいかつグループ)に商号変更し、2010年に新日軽、サンウエーブ工業を完全子会社化した。, またグループ内でLIXILの名を冠した株式会社LIXIL(初代)が存在し、グループのマーケティング戦略を担当していた。同社は2011年4月1日に、トステム、INAX、新日軽、東洋エクステリアの各社と合併し、(2代目)株式会社LIXIL(存続会社はトステム)が発足した。, 2020年12月1日に子会社の株式会社LIXILと合併し持株会社体制を解消、(3代目)株式会社LIXILへの商号変更が予定されている[1]。, “完全子会社(株式会社 LIXIL)の吸収合併(簡易合併・略式合併)、商号変更および定款の一部変更に関するお知らせ”, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/tdnet/1809050/00.pdf, 株式会社住生活グループによる株式会社川島織物セルコンの完全子会社化に関するお知らせ, 株式会社住生活グループによるハイビック株式会社の株式交換による完全子会社化に関するお知らせ, “(株)住生活グループは、7月1日から(株)LIXILグループに社名変更いたしました。”, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/announcement/9933/00.pdf, 株式会社LIXILがASD Americas Holding Corp.社の全株式を取得 ~水回り事業のリーディングカンパニーを取得し、北米市場へ本格進出~, 株式会社LIXILグループとの資本業務提携ならびに第三者割当による新株式発行及び自己株式の処分に関するお知らせ, https://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/070_company_0122_01.html, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/announcement/23181/00.pdf, https://www.lixil.com/jp/news/pdf/20180416_LIXIL_nishikori_j.pdf, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/announcement/24351/00.pdf, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/tdnet/1383417/00.pdf, https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/tdnet/1541150/00.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=LIXILグループ&oldid=80399495, STATE STREET BANK CLIENT OMNIBUS OM04 3.34%, ウォーターテクノロジー事業、ハウジングテクノロジー事業、ビルディングテクノロジー事業、キッチンテクノロジー事業、流通・小売り事業、住宅・サービス事業等, 4月3日 - トステムとINAXが、共同持株会社を設立して、経営統合することに合意。, 10月21日 - INAXと株式交換を行い、同社をINAXトステム・ホールディングス傘下の完全子会社とする。, 10月1日 - トステムとINAXの購買・物流機能を統合し、新会社「株式会社住生活サプライ」を設立。, 4月1日 - 株式会社LIXIL(初代)を設立。新日軽およびサンウエーブ工業を完全子会社化。システムキッチンのシェアは27.9%で業界1位(2007年度指標)。, 4月7日 - 日新製鋼がサンウエーブ工業の株式20%を譲り受け、再び同社の第2位株主となる。, 完全子会社であるトステム、INAX、新日軽、東洋エクステリア、LIXIL(初代)の5社を2011年4月1日付で合併するとともに、存続会社であるトステムの商号を, 11月19日 - 株式会社住生活グループと子会社の株式会社住生活リアルティが、株式会社, 4月1日 - 先述のトステム、INAX、新日軽、東洋エクステリア、LIXIL(初代)の5社合併を実施、トステムを存続会社にした2代目LIXIL誕生。発足に合わせ、一部のグループ会社もLIXILを冠した商号に変更(トステムビバ→, 1月22日 - ドイツを中心に欧州で最大規模を誇る水栓金具製造・販売のリーディングカンパニーである, 4月1日 - 子会社の株式会社LIXILが同社子会社(当社孫会社)のサンウエーブ工業株式会社を吸収合併。, 6月26日 - 当社子会社だった株式会社LIXIL住宅研究所、株式会社クラシス、株式会社LIXILリアリティの3社の全株式をトステムマネジメントシステムズ株式会社からの商号並びに, 2016年8月 - 子会社の株式会社LIXILの子会社(当社孫会社)だったハイビック株式会社の全株式をポラリス・キャピタル・グループ株式会社傘下のファンドへ譲渡, 2018年3月22日 - 子会社の株式会社LIXILの子会社(当社孫会社)だったGraceA株式会社を吸収合併, 2020年12月1日 - 子会社の株式会社LIXILを吸収合併し、持株会社体制を解消。当社は(3代目), LIXILグループファイナンス株式会社 - 旧トステム系のモーゲージバンク・ファクタリング会社。2012年7月1日に住生活グループファイナンス株式会社から商号変更。, LIXILホームファイナンス株式会社 - 2014年6月に設立し、翌2015年3月1日に事業を開始した、.