アガサ・クリスティ, ポワロ, ミステリ, 1920年アガサ・クリスティのデビュー作であり名探偵エルキュール・ポワロ初登場でありヘイスティングズ、ジャップ警部初登場でありアルファでありオメガでもあるスタイルズ荘が舞台のそのものずばりの作品です。アガサ・クリスティは30歳でした。ここから50年以上が始まります。, 傷病兵として第一次世界大戦の前線から送還されていたヘイスティングズは陸軍病院で数ヶ月過ごしたあと一ヶ月の療養休暇が与えられました。, しかし行く当てもないヘイスティングズが心を決めかねていたとき少年時代の知りあいであるジョン・カヴェンデッシュにバッタリ出会います。, 昔話にふけったのちジョン・カヴェンデッシュはヘイスティングズがかつて少年時代によく泊まっていた彼の母親の邸宅スタイルズ荘に招待してくれました。, しかしそのスタイルズ荘の女主人エミリイ・イングルソープの周囲は昔日とは変わっていました。70歳に届こうとしている富豪の彼女は20歳下の素性のよくわからない男と結婚していたのでした。, 翌日その村の郵便局でヘイスティングズはベルギーで知り合ったエルキュール・ポワロと偶然の再会を果たします。彼を含む七人のベルギー人亡命者はエミリイ・イングルソープ夫人に助けてもらっていたのです。, ポワロの探偵としての非凡な実力を知るヘイスティングズはジョン・カヴェンデッシュに彼の助力を仰ごうと提案します。, ヘイスティングズはこのとき30歳です。招待してくれたジョン・カヴェンデッシュは15歳年上の45歳。15年ぶりくらいの再会のようです。, ジョンとローレンスのカヴェンデッシュ兄弟は亡き父の連れ子でエミリイ・イングルソープ夫人とは血がつながっていません。, 財産は本来彼らの父のものです。当然継承するのは兄弟のはずですが義母であるエミリイ・イングルソープ夫人が相続し管理しています。今まではそれでなんとかやってきました。, しかしそのイングルソープ夫人が20歳若い男と結婚したあたりからギクシャクした関係の家族になっています。, この「スタイルズ荘の怪事件」の出版は1920年ですが、事件が発生したのは第一次世界大戦の真っ只中の出来事となっています。, ヘイスティングズは「ゴルフ場殺人事件」で激戦が繰りひろげられたソンムの戦い(1916年7月1日~11月18日)に参戦してそののち負傷したと語っています。, その後本ミステリ「スタイルズ荘の怪事件」では数ヶ月陸軍病院で過ごしているとあるため本事件は1917年夏の出来事でしょうか。, この戦いでは初めて新兵器である戦車が投入されました。ソンムの戦いは塹壕戦であり酸鼻を極めた戦闘です。, イギリス軍の死者は7月1日初日だけで死者二万人弱負傷者六万人近くです。最悪です。このソンムの戦いでは数ヶ月で両軍合わせて百万人の人的損耗がでています。もはや狂気の沙汰です。, そしてこの「スタイルズ荘の怪事件」が発生した七月はちょうどドイツ軍が禁断のC兵器マスタードガス(糜爛性(びらんせい)のガス)を塩素ガスの代わりに砲弾に詰めて使用しだしました。, 遅れて連合国側も使用します。皮膚に触れただけでただれるガスです。人類終わってます。, この冬にはフランス軍は酒を飲んでやる気を失う兵が続出しました。そりゃそうです。むちゃくちゃです。, そしておろかな人類に追い討ちかけるようなスペイン風邪の大流行です。毒性の強いインフルエンザのパンデミックですね。ゲッソリです。, しかしここスタイルズ・セント・メアリ村は海の向こうで凄惨な戦いが繰り広げられているとはにわかに信じられないのどかな田舎の田園風景です。, それでもやはり戦時中であることが至るところでうかがえます。名誉の負傷兵ヘイスティングズ。, V.A.D (Voluntary Aid Detachmentイギリス赤十字直下の速成でつくられたボランテア看護婦独立班)のシンシア・マードック。, キャラクターの造形がすごいですね。違和感を感じません、とくに女性に暴走するヘイスティングズとか推理をはずしまくるヘイスティングズとか。, ポワロを認めてはいますがアタマが少しおかしいのじゃないかと当初から疑っていそうなジャップ警部とか。, そして本格謎解きの複雑さです。わたしは難しすぎて全然ダメでしたが、たしかにヒントは与えられています。非常にフェアです。, 推理はポワロのエキセントリックな動きに惑わされがちです。でもそういうキャラ仕様ですからしかたないですね。, とにかくクリスティは30歳弱でこの「スタイルズ荘の怪事件」を大正時代に書き上げたわけですから天才としか言いようがありません。これが昭和40年代までつづくのです。ありえません。, まだヴィクトリア朝時代の名残があるはずですのでクリスティは女のクセにとかいわれたりもしたでしょう。, 1920年, ジャップ警部, デビュー作, ヘイスティングズ, ポワロ, 田村隆一, 1934年。時代を先取りしたニート、ボビィ・ジョーンズと伯爵令嬢フランキーの強運コンビの活躍を描いた冒険推理小説です。昭和九年にまったく自立する意思をもたず親がかりを決意しているボビィはそれでも元海軍軍人です。イチバンハラハラしているのは牧師のオヤジさんでしょう。なぜボビィがこうなったのか。, アガサ・クリスティ1939年ミステリです。数々の舞台、映画がつくられました。マザーグースを軸に場所的集中、時間的集中、人的集中が結晶した教科書のようなミステリです。過不足なく調和のとれた人物描写はさすがアガサ・クリスティ。アガサ・クリスティ自選10のひとつ。, クリスティの80歳誕生日記念作品です。1970年にこの世界に対して感じた印象を結実させた作品とも言えます。まえがきに書かれたとおりの内容です。パイカウェィ大佐とロビンスン氏が登場します。どんな時代でも真の教養を身につけた人物は影響は受けないのがわかります。, 第二次大戦中から27年後、1968年英国病が蔓延したイギリス。鉛管工の技術があれば二人でたんまり稼げたのに、と冒頭あいかわらず金の話です。しかしトミーとタペンスはもはや初老で子供たちも独立しました。もうやることは老人ホームにエイダ叔母さんを見舞うだけ?いやここから本番です。, 「チムニーズ館の秘密」の事件から四年後1929年です。ふたたびチムニーズ館に事件が発生します。今回のヒロインは危険人物アイリーン・ブレント、バンドル嬢です。まわりの男たちを軽々と手玉に取りアタマを抱える父親を尻目にドンドン進みます。それはロンドン警視庁のバトルの予想を上回りました。, アガサ・クリスティ最晩年の作品。1972年古き良き時代は過ぎ去りポワロは過去の人。しかしオリヴァ夫人とともに若者のため一肌ぬぎます。ポワロとアガサ・クリスティの分身オリヴァ夫人は私たちに最後に大切なことばを残してくれました。ありがとう、アガサ・クリスティ。. アガサ クリスティー『スタイルズ荘の怪事件』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 これは怒りますね。 「スタイルズ荘の怪事件」のまとめ.

第3659回は、「名探偵ポワロ全集、第6巻、スタイルズ荘の怪事件、その2、ストーリー、ネタバレ」です。映画は、戦時下のロンドンの街並みから始ります。ヨーロッパ戦線を映し出したニュース映像が流されます。傷病兵のために、映画会が開かれていたのです・・・・。, 観客の一人、ヘイスティングス中尉に声がかけられます。友人のジョン・カベンディッシュが見舞いに来たのです。ジョンは、ヘイスティングスに、母親が経営している高級下宿スタイルズ荘に招待します。汽車の中で、ジョンは、母親が20歳も下の男性と再婚したとカミングアウトします。村でも噂になっているようです・・・・。, ① エミリー・イングルソープは・・・・ 実質的な家長です。全てを取り仕切っています。, ② アルフレッド・イングルソープ・・・・ エミリーの20歳年下の夫です。鬢(びん)から顎にかけてと、鼻下にヒゲを生やしています。ハゲなのですが、普段は帽子を被っています。全身黒い服を身にまとっていますので、(私の)印象としては、ラビ(ユダヤ教の指導者)を思わせる雰囲気があります。, ③ ジョン・カベンディッシュ・・・・ エミリーの長男です。万一、母親が亡くなったときには、夫のイングルソープとほぼ同額の遺産を贈られることになっています。生計は母親に依存しています。ヘイスティングスの友人です。, ④ メアリ・カベンディッシュ・・・・ ジョン(③)の妻です。ジョンと未亡人レイクス夫人(未亡人)との交際を極端に嫌っており、夫人には嫉妬すら感じています。, ⑤ ローレンス・カベンディッシュ・・・・ エミリーの次男、未婚です。兄のジョンが、母親の支援を期待するのに対し、医師として自立しています。, ⑥ シンシア・マードック・・・・ エミリーの友人の娘です。両親が亡くなったため、エミリーの庇護下にあります。, ⑦ エヴィ・ハワード・・・・ エミリーのレディズ・コンパニオンです。コンパニオンは、召使いとは一線を画しており、家族と同等の扱いを受けています。エミリーとは長年の友人です。そんなエヴィが、イングルソープとの結婚には猛反対しました。いまでも、彼への嫌悪感を隠していません。, エヴィは、露骨にイングルソープを非難したため、エミリーからスタイルズ荘からの退去を求められます。一方、エミリーとイングルソープが、激しく夫婦喧嘩をしているのを、メイドが立ち聞きします。「夫婦の醜聞を、世間に知られるわけにはいかない!」、エミリーは激怒していたようです(大伏線です)。, そんな中で、ヘイスティングスとポワロが再会したのです。ポワロは、第一次世界大戦のため、仲間のベルギー人たちと共に、イギリスに疎開していたのです。, 暑い夜、不機嫌なエミリーは、早々に食事を切り上げます。食後のコーヒーは、部屋に運ばせます。そして、深夜・・・・。エミリーが苦痛の叫びを上げたのです。家族全員が駆けつけます。ですが、家族が見守る中、エミリーは息を引き取ります。主治医は、ストリキニーネによる中毒死だと断定します。, なぜか、次男のローレンス(⑤)は、自然死を主張します・・・・(伏線です)。ですが、予審にかけられます。陪審員全員は、「単独または複数犯による謀殺」と評決します。殺人事件として認定されたのです。法廷には、ポワロと顔なじみのジャップ警部補と上司がいました。ジャップの上司は、エミリーの配偶者であるイングルソープを疑います。, ポワロは、イングルソープを逮捕するなと警察に警告しますが・・・・(伏線です)。ポワロは、ヘースティングの推薦で、長男ジョン(③)の依頼を引き受けます。事件を、警察とは別に調査をすることにしたのです。ポワロは、まずエミリー夫人の寝室を調べます。数々の証跡が遺されていました。, 絨毯には、ロウソクの跡、こぼされたコーヒー、粉々に砕けたコーヒーカップ、わずかに動かされたマントルピース(暖炉)上の品々、割れたランプ、残された緑色の糸くず、・・・・。当夜、暑いにも関わらず、暖炉が燃やされていました。何かを燃やしたようです。ポワロは、焼け残りから、遺言書だと断定します。, そんな状況の中、警察がイングルソープ逮捕の動きに出たのです。村の薬剤師が、イングルソープにストリキニーネを売ったと証言したのです。毒物ですので、サインをしています。ですが、イングルソープは、サインは偽造だと反論しますが、詳細を語ろうとはしません。ヘイスティングスは、そんなイングルソープを、「逮捕されたがっているようだ」と指摘します(大伏線です)。, 警察は、イングルソープの逮捕状を取ります。今回も、警察の動きを止めようとしたのは、ポワロでした。薬剤師が、イングルソープにストリキニーネを売った時間には、12キロ離れた村にいたのです。ポワロは、5人の目撃者を記したメモを、ジャップ警部補に渡します。ジャップは上司に言います。「だから言ったでしょう」、ジャップはポワロを評価していたのです。, そんな警察が、ジョンを逮捕します。裁判が始ります・・・・。以下、最後まで書きますので、ネタバレとなります。, 1. ストリキニーネは、コーヒーに入れられたのか・・・・ 実は、ドラマ版では、最も説明不足の部分です。ポワロは、コーヒーではなく、ココアの中に入っていたと推理します。持病のため飲んでいた薬に、ストリキニーネの成分が入っていたのです。ストリキニーネだけを抽出するために、臭化カリを使っています。臭化カリを溶液に入れると、ストリキニーネだけが沈殿するのです。, ですが、犯人と思える人間は、ストリキニーネをイングルソープに変装して購入しています。イングルソープ(②)は、帽子をかぶり、顔中ヒゲだらけです。しかも、黒服に身を包んでいるとなりますと、極端に身長差がなければ、誰にも変装は可能です・・・・。ですが、なぜ、犯人は買ったストリキニーネを使わなかったのでしょうか・・・・・。, 2. 医師である次男ローレンス(⑤)は、自然死を主張したのか・・・・ 犯人をかばっているのでしょうか。事件が解決した後に、ポワロがヘイスティングスに、その答を提示することになります。, 3. 遺言状を燃やしたのは誰か・・・・ 普通に考えれば、犯人だと思いますが、暖炉に火に入れるように命じたのは、殺されたエミリーでした。自らが書き直した遺言書を、自ら焼却しています。何があったのでしょうか。書き直した遺言書には、何が書かれていたのでしょうか。, ポワロは、家族全員を呼び集めます。部屋に最初に侵入したのは、ジョンの妻のメアリだと断じます。メイドが口論していると思ったのは、イングルソープではなく、長男のジョンとエミリーだったのです。「夫婦の醜聞を、世間に知られるわけにはいかない!」とエミリーが言った夫婦とは、息子夫婦のことでした。ジョンとレイクス夫人の不倫問題でした。メアリは、その証拠の手紙を探していたのです。, エミリーが書き直した遺言状は、ジョンに不利な内容のものでした。ですが、エミリーは、さらなる事実に気付いたのです。そのため、書き直した遺言書を焼却したと・・・・。(ポワロは、ここからは憶測だと断りますが、真実であることに間違いないと断言します), エミリーは、弁護士に連絡しようとしたのですが、切手がありませんでした。夫の机の中にないかと、鍵を使って開けたときに、夫が愛人にあてた書きかけの手紙が入っていたのです・・・・。, 犯人は、犯行を証明することになる手紙を、処分する前に、やむを得ずある箇所に隠しました。ポワロは、事件関係者を召集する前に、その手紙を回収しています。そこには、共犯者の名前が記されていました。犯人は、筆跡から明らかでした。, イングルソープと、コンパニオンのエヴィの犯行だったのです。事件を主導したのは、常にエヴィでした。イングルソープを法の網から逃すための策略も彼女のたくらみでした。"一事不再理"、一度裁かれたものは、同じ罪で二度裁かれることはない、という法理です。, そのため、エヴィは、イングルソープに変装し、ストリキニーネを購入したのです。その頃、多数の目撃者によってアリバイが作られていました。だから、わざと裁判に持ち込もうとしたのです。そして、裁判中に、目撃者の証言を求めることにする・・・・。ヘイスティングスが、イングルソープが逮捕されたがっていると思えた理由が、このことだったのです。ポワロが、イングルソープの逮捕を妨害した目的も、そこにありました・・・・。, ジョンが釈放されます。夫婦仲も戻ったようです。ジョンは、ポワロに礼を言います。「すべて、ポワロを信じることです」、ポワロらしい返答です。ヘイスティングスは、事件中、シンシア(⑥)に相談を受けたことがありました。「エミリーが亡くなると、私どうなるのかしら。メアリもローレンスも私を敬遠しているのよ」、ヘイスティングは心細がるシンシアにプロポーズします。ですが、シンシアは、ジョークと考え、まともに相手をしません・・・・。, そんなシンシアが、ポワロとヘイスティングスに報告に来ます。ローレンスと婚約したというのです。ローレンスは、シンシアが事件に関与していたと考えました。そのため、自然死説を強調したのです(コーヒーカップなどもわざと割っています)。, 悄然とするヘイスティングスに、ポワロは言います。「すべてについて、このポワロがお教えしますよ」、最後にささいな解決を提示する、にくい演出です。, (蛇足) イングルソープは、高齢者女性が基本的に好きなようです。コンパニオンのエヴィも、エミリーと同じ年恰好でした。, (追記) テレビドラマ版「ポワロ」シリーズにつきまして、興味がありましたら、ブログトップ左側の"ブログ内検索"欄に、"ポワロ全集"と御入力ください。随時書いていく予定です。, 第3659回「名探偵ポワロ全集、第6巻、スタイルズ荘の怪事件、その2、ストーリー、ネタバレ」 | 新稀少堂日記. アガサ・クリスティ 田村隆一 訳, そして誰もいなくなった AND THEN THERE WERE NONE アガサ・クリスティ 清水俊二 訳, フランクフルトへの乗客 PASSENGER TO FRANKFURT アガサ・クリスティ 永井 淳訳, 親指のうずき BY THE PRICKING OF THUMBS アガサ・クリスティ 深町真理子 訳, 七つの時計殺人事件 THE SEVEN DIALS MYSTERY アガサ・クリスティ 蕗沢忠枝 訳, 象は忘れない ELEPHANT CAN REMEMBER アガサ・クリスティ 中村能三 訳, 雲をつかむ死 DEATH IN THE CLOUDS アガサ・クリスティ 加島祥造 訳, 死との約束  APPOINTMENT WITH DEATH アガサ・クリスティ 高橋 豊 訳, ゴルフ場殺人事件 THE MURDER ON THE LINKS アガサ・クリスティ 田村隆一 訳, ポアロのクリスマス HERCULE POIROT’S CHRISTMAS 村上啓夫 訳.

第3659回「名探偵ポワロ全集、第6巻、スタイルズ荘の怪事件、その2、ストーリー、ネタバレ」.

第3659回は、「名探偵ポワロ全集、第6巻、スタイルズ荘の怪事件、その2、ストーリー、ネタバレ」です。映画は、戦時下のロンドンの街並みから始ります。ヨーロッパ戦線を映し出したニュース映像が流されます。傷病兵のために、映画会が開かれていたのです・・・・。 世界が愛した名探偵、エルキュール・ポワロ。2020年はアガサ・クリスティーの生誕130年を迎える。節目の年に、彼女が生み出した大人気シリーズ『名探偵ポワロ』ハイビジョンリマスター版の第1シーズンから第6シーズン(全45回)を放送。土曜の夕方に「灰色の脳細胞」の推理が冴えわたる! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 推理はポワロのエキセントリックな動きに惑わされがちです。でもそういうキャラ仕様ですからしかたないですね。 . 2017/7/28 あらすじ ポワロとヘイスティングスは、ライチョウ狩りに出かけた。ヘイスティングスが友人のロジャーから、彼の叔父ハリントン・ペイス所有の猟場で行う狩りに招かれたのだ。その夜、猟人荘から客人が去り、ロジャーがロンドンのクラブで一晩過ごすために出かけた後、ハリントンが彼�

.

名探偵ポワロ ♦︎ スペシャル / AGATHA CHRISTIE'S POIROT // アガサ・クリスティー, スタイルズ荘の怪事件 / DAVID SUCHET / HUGH FRASER / PHILIP JACKSON / The Mysterious Affair at Styles / by AGATHA CHRISTIE / Dramatized by CLIVE EXTON