そして速水真澄は「約束した」とわざわざ水城さんに言い訳したのだろうか。, 「速水さん・・・守ってくれたんですね私との約束・・・  それに今度の文化部発表会の芝居は配役もすでに決定しているというのに!」, 「今にわかるわ・・・今にね・・・ 紅天女上演の野望のためとはいえ、 こんなにこき使われていたら、そらネチネチと仕返しもしたくなるであろう。, マヤはもちろん、つきかげや一角獣のメンバーも 2019/03/30 ‚à‚è‚Ɉê‘wA‹¹‚ª’÷‚ß•t‚¯‚ç‚ê‚éB 常に白目でおなじみの演劇部部長。 前回、速水真澄に悪態をついたときは病院だったのかもしれないが、 過去のしがらみを捨て、校則の盲点をつき、 早速仲間たちに近況を報告だ。 @@@@@@@@@‚»‚µ‚āAŽ©•ª‚Ì‹CŽ‚¿‚É‹C‚­EEEB 彼女はもう卒業しているのだろうか? 冷酷で多忙な噂とは異なる速水真澄の素顔に驚くのだった。, 月影先生は在宅医療継続中である。 真澄はマヤのマネージャーに電話をかけた。マネージャーからは昨日早退した後何度か電話をしたが出ず、マヤからの連絡も一度もなかった、という答えが返ってきた。 入院するならマネージャーに連絡が入ってもいいはず・・・。 そこに現れたのは劇団一角獣。 ... おくさまが生徒会長!+!完全版は以下の動画配信サービスで視聴出来ます。見逃してしまった方も配信開始日から1週間以内なら以下のサイトから無料で視聴する事が出来ます。 2020 All Rights Reserved. にも関わらず悪態をつかれる速水真澄・・・ それとも東京も経路の一つに過ぎない、 ちょっぴりほろ苦いコメディだそうな。

↓今すぐこの世界の片隅にの動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ 大都芸能を勝手にやめたこともあり、つきかげでの活動は基礎訓練のみ、  真澄さまがあなたに約束されたはずだけれど」, そんな約束などすっかり忘れていたマヤ。 「あの人にもし告られたらどうする?」とか影で言うてる中学生レベルである。, 「フランケンシュタインの恋人ってめったにやれる役じゃないし、

 月影先生の容態をあなたに知らせるっておっしゃったのでしょう? @@@@@@@@@‘¬…‚ðD‚«‚¾‚Æ‚¢‚¤‘z‚¢‚ɁEEEB 演劇部のためにマヤを利用しようとするあたりなかなかの策士である。, 「相手ができるんだわ芝居の相手が・・・! 公演への参加は禁止され、だから学園祭での一人芝居の道を選んだのである。, 「そうよ月影先生の容態を知らせようと思って。 ※真澄が介抱している間にマヤが医者を呼びに行く。その後入院が必要なことをマヤらは知らされ、紫のバラの人の援助により入院する (3’ )上記(3)での入院中に容態急変、昏睡状態になる (コミックス8巻34ページ) こ... 戦国BASARA 弐は以下の動画配信サービスで視聴出来ます。見逃してしまった方も配信開始日から1週間以内なら以下のサイトから無料で視聴する事が出来ます。  ひとりでやらなくたっていいんだ!今度は!」, 久々の共演者の存在にテンション上がったマヤが向かったのは地下劇場。 その次の週は真澄は一度もマヤの病室に顔を出さなかった。 代わりに紫の薔薇の花束が毎日のように届けられた。 ”あなたが入院したと知り、心配になりました。おかげんの方はどうですか? この世界の片隅には以下の動画配信サービスで視聴出来ます。見逃してしまった方も配信開始日から1週間以内なら以下のサイトから無料で視聴する事が出来ます。

【ネタバレ注意】ガラスの仮面第1巻その①【お前みたいな子はろくな人生歩みやしないよ!】. そういえばマヤと「奇跡の人」でヘレン役を競った  だから私をよこされたのよ。」, 去っていく水城さん。 マヤ 「何しに来たのよ!」 真澄 「今日はオーディションのお礼も兼ねてと思いましてね。どうでしょう、入院されてみては?費用は全て大都芸能が持ちますよ」 マヤ 「誰があんたなんかに! 地方公演を終え帰って来たのだった。 しかも医師看護師をあてがわれ、定期的に健康診断。 そして「奇跡の人」ヘレン役を勝ち取ったことで破門は解除されたものの、 「うんああいう顔で迫られたらこわいもんね」 月影先生に破門&謹慎を言い渡されたのだった。 あの速水真澄が!」 マヤはもちろん、つきかげや一角獣のメンバーも ... 一般のサラリーマンなら、会社の一室に入院するようなものである。 ... 【ネタバレ注意】ガラスの仮面第19巻その⑥【あの速水真澄 … 仕事とは直接関係のない ‚Æ‚É‚©‚­“à‹C‚¾‚Æ‚¢‚¤‚±‚Æ‚Å–³—‚â‚è”[“¾B   2019/03/30, マヤの背後から拍手をしながら現れたのは  でも客演という形なら校則違反にはならないはずよ。」, アホみたいな返事で出演を快諾したマヤ。 1983年 真澄(31) マヤ(19)-----02月 @アカデミー芸術祭受賞会場 (真澄)“マヤ・・・こんなときおれはどうしてやることもできない 肩を抱いてやることも はげましてやることも・・・ こうやってみつめるだけ … 睡眠時間さえままならない中でも、真澄は入院中のマヤの元に通う。 暫しの時間を二人で過ごし、マヤの枕元で真澄も1時間ほどの仮眠をとる。 それが何よりのエネルギーチャージとなる。 夕方に1時間ほど時間ができて、真澄はマヤの元を訪れた。 仕事していないのに、職場に起居し、療養し、 そして上述の公演のいずれかで鬼婆を演じたのであろうか?, 「そりゃああなたは一度はプロとして活躍していたものね。  あの子は演劇部の役に立つわ・・・ 「やーね、今だって十分怖いのに」, 指名されてもないのに嫌がるさやかと春日泰子。 真澄はマヤの入院している東都医大附属病院を訪ねた。マヤの病室よりも先に、マヤの主治医と面談をする。主治医は、真澄が北島マヤの実質の後見と認め、マヤの病状から今後の治療方針に至るまで、詳細に情報を開示してくれた。

Œ‹‹Çƒ}ƒ„‚Í‚»‚Ì’ê’m‚ê‚ʍ˔\‚É‚æ‚è‚Ü‚½‚Ü‚½•‘‘ä‚ ‚炵‚ÆŒ¾‚í‚ê‚邪A‚»‚ê‚ð‚«‚Á‚©‚¯‚ɉñ‚è‚ƌċz‚ð‡‚í‚¹‚邱‚Æ‚Ì‘åØ‚³‚ðŠw‚ԁB, ƒAƒp[ƒg‚É’Ç‚¢‚â‚ç‚ꂽƒ}ƒ„’B‚‚«‚©‚°‚Ì“Á‘Ґ¶‚TlB‚»‚Ì‹t‹«‚É‚à‚ß‚°‚¸A‚»‚ꂼ‚êƒAƒ‹ƒoƒCƒg‚ð‚µ‚È‚ª‚ç.

かなりいい人である。. ‚é‚Ì‚Í‹C‚Ì‚¹‚¢‚¾‚낤‚©B¡‚Ü‚Å‚ÌŒ¾“®‚©‚çA‚»‚±‚Ü‚Å“à‹C‚ȏ­—‚Æ‚ÍŒ¾‚¦‚È‚¢‚ªiÎj 君の前では、かっこいい速水真澄でいたかったけど、君の前では、かっこ悪い俺しか出てこない・・・君が、愛しすぎて・・・熱愛発覚スクープの記事なんて、どれだけ見てきたことか。握り潰したものもあれば、己の思惑で、書かせたこともある。真澄にとっては、ビジネス上のイメージ戦略のひとつでしかない。これだって、今度始まるドラマの話題作りにはもってこいのgossipだ。主演の二人の真夜中のデート。寄り添う二人の横顔・・・。「どうされますか?内容的にも大したことないですし、タイミング的には悪くあり, ◇Prologue◇マヤの・・・あの子のためならば、俺はこの命さえ惜しくはない。俺の肉や血を差し出せと言われれば、悦んで捧げよう。けれど、まさか自分が、こんな形で、不完全な身体にさせられる日が来ようとは夢にも思わなかった・・・。◇◇◇紅天女の本公演が成功の内に終わった後、マヤはロンドンに2年間の留学に旅立った。お互いに言葉には出さなかったが、『真澄と紫織の結婚』から逃げるように距離をおいた二人。できることなら、ロンドンになど行かせたくはなかった・・・真澄は己の不甲斐なさを呪った, 鷹宮との後始末にも目処が立ち、ようやく真澄にも自由になる時間ができた。マヤとはすでに互いの思いを伝えあったが、その喜びも束の間で、マヤも真澄も仕事に忙殺される日々が三ヶ月も続いた。しかし、ここに来てやっと、マヤに逢いに行ける時間ができた。本当ならすぐにでも交際宣言をして、いつ如何なる場面でもマヤの隣に正々堂々と立ちたい。けれど、二人の立場を考えればまだそこにたどり着くまでには、時間と根回しが必要だ。だから今は、街の片隅でひっそりとマヤとの時間を過ごし、愛を育んでいくしかない。だが、そ, 『速水真澄、鷹宮グループとの事業提携解消の責任を負っての大都グループ役員辞任』日本の財界を巡ったこの騒動も今では過去となりつつある。己の甘さが引き起こした問題だったのだから、誰にも愚痴を言う気などない。マヤへの思いを断ち切るための政略結婚が、マヤへの思いをより強めてしまっただけでという結末には自分でも呆れてしまうが、それが揺ぎようのない真実だったのだ。だから、たとえそれがどれ程の困難を極めようとも、真澄は紫織との破断を決めた。それをしてもまだ、マヤの心を手に入れられるかどうかわからない, 「ただいま・・・」なんとか日付が変わる前にマンションに帰ってこられた。明日はマヤのオフに合わせて真澄も久しぶりの休みを取ろうと、今週はほとんど深夜遅くの帰宅だった。でも今夜はマヤが部屋に来ることになっていたから、真澄も出来る限り早く帰宅をしたのだった。しかし、部屋に入った瞬間、真澄は違和感を感じる。「マヤ・・・?」そこにいるはずのマヤの姿が何処にもなかった。そもそもマヤが部屋を訪れた気配がない。真澄は急いでマヤの携帯に電話をかけた。「・・・はぃ。」「マヤか?どうした?・・・, マヤへの想いが抑えきれない・・・。どれだけ仕事をしても、どんな難しい案件に向き合っていても、心の何処かでマヤの事を考えている自分を無視できないでいる。未練を断ち切るための政略結婚も結局はマヤへの想いの強さを再認識させられただけだった。それは何の意味もなく、ただ徒らに自分や周囲を苦しめただけの愚かな選択でしかなかった。ただひとつの救いがあるとするならば、本当に引き返せない過ちを冒す寸前で、紫織と別れられたことだけだろう。24時間365日、時と場所を選ばず、真澄の心はマヤに囚われていた。, 紅天女を継承して、早三年の歳月が流れた。その間に起こった様々な出来事。恩師月影千草の死・・・最愛の速水真澄との最初で最後の夜・・・そして、その真澄と鷹宮紫織の結婚・・・そのすべてをマヤは、その小さな身体と繊細な精神で受け止め、喜びも哀しみもすべて舞台で昇華してきた。紅天女の唯一の継承者としての誇りと使命を拠所にして。マヤの周囲には、彼女の才能とその直向さをリスペクトし、惜しみない慈しみを与えてくれる人達が大勢いる。女優北島マヤは、そうした多くの人々に支えられて、今日まで生きてこら, 今年は暖冬だと言われていたのに、今夜はとても寒い。マヤは解けかけたマフラーを巻き直して足早に家に向かった。今夜はアルバイト先の小さなリストランテもいつもより忙しかった。時計を見ればもう夜の10時を過ぎていた。小さめの紙袋には、忙しくて食べる暇も無かったリストランテの賄い料理が入っている。オーナーシェフの柱谷が持たせてくれたゴルゴンゾーラのペンネだ。マヤは部屋の近くまで来ると、最寄りのコンビニに寄った。小さなチキンとデザートコーナに置かれていた直径10センチほどの丸いショートケー, 「今年はマヤさんを入れて三名が、我が大都芸能で成人式を迎えます。」年明け早々に秘書の水城が報告をしてきた。「そうか。龍崎凛に華川結衣、そしてマヤか。」「凛君も結衣さんも故郷に戻って地元の成人式に出席するそうですわ。双方ともその実家は地元では名家ですしね。」「では、大都からは祝いの花と心付けを贈っておいてくれ。」真澄は事務的に水城に指示を出した。「マヤさんはどうなさいます?」「どうって、マヤも出るんだろう?成人式には。」努めて何でもないことのように振る舞う真澄が、水城には, 「真澄様・・・私のウェディングドレスの仮縫いが終わりましたの。明日にでも試着に御一緒頂けませんこと?」社長室に現れた紫織が真澄に迫る。昨夜、電話がかかってきて、仕事が多忙で無理だと断ったのに、懲りもせずこうして直談判にくる。真澄は溜息のひとつも吐きたくなるが、それを堪えて、同じ言葉を繰り返す。「紫織さん、本当にすみません。暫く時間が取れそうにないんです。お母様に御同行をお願いできませんか。」一瞬だけ、仕事の手を止めて、紫織に向き合う。「・・・・では、この後のお食事も無理なのかし, 「マヤに好きな男がいる?誰だ・・・一体どこの誰だ?」水城は真澄の眼が鋭くなったのを見逃さなかった。それが何を意味するのか・・・大都芸能社長としての怒りか、それとも一人の男速水真澄としての怒りか。水城にとっては確かめるまでのことではない。所詮、本人に問い質したところで、真実の答えは返ってこない。何故なら真澄本人がまだ気づいていない・・・いや、もう流石に気づかずにはいられないだろうが、それを必死に自身に誤魔化しているのだ。仕事においては、冷酷無比なほどに沈着冷静で理論的に行動できる優秀, 真澄はマヤの入院している東都医大附属病院を訪ねた。マヤの病室よりも先に、マヤの主治医と面談をする。主治医は、真澄が北島マヤの実質の後見と認め、マヤの病状から今後の治療方針に至るまで、詳細に情報を開示してくれた。「骨髄移植はしなくてもいいんですね。マヤは・・・助かるんですね、先生。」医師の説明には納得した真澄だが、マヤを思うあまり、何度も確認をしてしまった。マヤを心配して、同行して来た水城も真澄と同じ心境であったから、その気持ちは痛い程分かる。けれど、こんな心許なさそうな真澄を見るの, Prologueofmaya...追われると逃げたくなる女心・・・。嫌いなわけじゃないのに、得体の知れない恐れが私を襲う。速水さんの気持ちがわからない。紫の薔薇の人としては限りなく優しくて純粋なのに、速水真澄としては意地悪で、捻くれている。私が本当に嫌がる事はしないけど、そのギリギリの所を攻めてくる感じ・・・。しかも「速水真澄」は他人の婚約者・・・。なのに、最近の彼は私への独占欲を隠さない。私に「女優北島マヤ」以上の何かを求めてる気がする。最初は自意識過剰だと思った・・・思, ◇Prologueいつからだろう・・・これが恋と自覚したのは。紫の薔薇越しに君の笑顔を見ると、堪らなくこの胸が疼いた。その笑顔を俺に向けさせたい。君の瞳には俺だけを映し出したい。紛れも無い独占欲が俺に嫉妬という感情を押し付けてくる。君が笑いかけるもの全てを焼き尽くしてしまえば、君は俺を見てくれるのか・・・いや、愛してくれるのか。仄暗い気持ちが苦しくて、俺は人知れずに胸を押さえて喘いでいる。大都芸能の社長室。マヤはそこの主である速水真澄に呼び出された。最近はすっかりマヤがそこに, まだ季節は真冬の音楽の都ウィーン。G20の日本合同視察団の一員に加わった速水真澄は、全ての日程を終えると、一行からは離団し、ひとりウィーンの滞在を延ばした。真澄がpatronをしている日本人ピアニストに会うためだ。彼から今後の活動について前から相談を受けていて、その結論を出すためだった。「ずっと僕の中で拘り続けていたコンクール活動に区切りをつけたいと思っています。」彼の目にも言葉にも迷いはない。「そうか。でもいいのかい?ショパンを獲らないまま、コンクールから離れてしまって。」返っ, 速水さんって、キス魔だったんだ・・・。十年間近くもの間、互いに片思いをしていた私たち。もっとも、私は最初の頃は本気で速水さんのこと嫌っていたから、十年間というのは速水さんの場合かな。私は七年くらい?・・・それでも十分に長いか。で、ようやく思いが通じ合ったのだけれど、そのきっかけも、速水さんのキスだった。初めてのキスシーンが決まった日、水城さんから呼ばれて、速水さんの待つ社長室に行ったの。速水さんが、そのドラマの出演を見合わせるって言い出して。私、理由もわからないのに納得出来ないっ, Prologueマホガニーの大きな執務机に置いてある卓上カレンダーを一枚捲る。今日から11月だ。そして、似合わない溜息をひとつ。溜息の主は速水真澄、三十四歳。まもなく三十五歳になる彼を秘書の水城が困ったような顔で見遣る。〜・・・そんな溜息などついて・・・まるで乙女ね。マヤさんがそばにいないことがそんなにお寂しいなら、さっさと告白してしまえばよかったものを。いつまでもグルグルした挙句に鷹宮との政略結婚騒動まで引き起こして、婚約解消のとばっちりがマヤさんにまで飛びかねないと、彼女を海, 今夜は久しぶりにマヤが俺の部屋に来る・・・。マヤと晴れて付き合い始めて三ヶ月と五日。まだ世間には公表はしていない。マヤは自然に任せたいという。おそらくは紫織さんへの気遣いなのだろう。女優を生業としているくせに、芝居以外では人の前に出る事が苦手な子なんだ。だからあらたまって、交際宣言だの、記者会見なんてことは、できればしたくないというのが彼女の本音だ。俺としては、世間の人々にマヤは俺のものだと宣言してしまいたいのだが、マヤの気持ちを無視してそんなことをした日には、子供じみた独占欲に駆, Prologueこの世で最も見られたくない存在に、この姿を見られた瞬間・・・。その時の胸の痛みと重さを知り、愚かにも俺は初めて気づく。この結婚で、俺は生涯、この感情と付き合っていかなければならないことを。マヤの隣には永遠に立てない・・・どんなに彼女を愛していても。真澄と紫織の婚約披露パーティーにマヤがお祝いの花束を持って現れた。淡いピンクの薔薇のブーケだ。「速水社長、紫織さん、御婚約おめでとうございます。」「ありがとう、マヤさん、素敵なブーケね。」事務所社長と所属女優としてなら, イタリア・ミラノにある、初代の宮廷劇場以来の伝統を持つイタリアオペラ界の最高峰とされる歌劇場であるTeatroallaScala。そのスカラ座のPlateaと呼ばれる平土間座席の中央10列目に真澄は紫織を伴って現れた。何故か真澄はこの空間に入った時から、妙な胸騒ぎを感じていた。だがそんな素振りは紫織には露程も見せず、彼女が席に着くのを確かめ、自分も席に着こうとした。そしてその時、ふと視線を投げた貴賓席に真澄はその人の姿を見つけたのだ。一瞬、真澄の体が硬直した・・・幻かと思った。そ, 都内の喧騒から逃れるようにひっそりと佇むAuthenticBARHIIRAGI。このBARのオーナー兼バーテンダー冷泉柊は速水真澄にとって唯一心から友と呼べる存在だった。柊が留学先の英国から帰国して、暫くしてこの店を開いた。真澄は開業当初からこの店の常連となった。柊は、真澄の腹心の部下である水城冴子と聖唐人意外でただひとり、真澄の本音を知るとこができる存在だ。真澄自ら誰にも言えない心情を吐露する事も有れば、時に真澄さえまだ気づいていない本音の本音を読み取ることさえできる。そ, 最初はほんの小さな嘘を自分の心についてみる・・・少し我慢をすれば何もかも上手くいく・・・そんな思い込みで、誰もが小さな嘘をつく・・・けれど小さかったはずの偽りは、白地の布に広がる墨のように徐々に広がって、どうにもならなくなる・・・自分で重ねた嘘に、身動きが取れなくなり、心を偽ることにも、いつか・・・耐えられなくなり・・・他人も自分も傷つけてゆく・・・大都主催のあるベテラン俳優の叙勲祝賀パーティーの席。俺の隣には、マヤではない婚約者が・・・マヤの隣には、俺ではない婚約者が・・・宴も, 紆余曲折を経て、ようやく恋人同士になれた真澄とマヤの二人。年明けには結納を交し、正式に婚約発表が決まっていた。そして挙式は、Junebride・・・。二人はあまりに長い年月を遠回りしてきたから、真澄としては1日でも早く、マヤを名実共に自分のものにしてしまいたかった。結婚してからでも恋人同士でいればいいんだからと。マヤもマヤで、プライベートではできる限り真澄のそばにいたいと思っていた。けれど、彼等の想いとは裏腹に、相変わらずの多忙さのせいで、逢瀬も儘ならぬ二人だった。仕事が終わったマ, 誰もが舞台にあの”梅の谷”を見た気がした・・・北島マヤの阿古夜は、演じられた紅天女ではなく、リアルな紅天女そのものと言っても過言ではなかった。当初の予想では、誰もが姫川亜弓の優勢を疑わなかったが、二人の舞台が終わった時点で、それは見事に覆されていた。圧倒的な世界観を見せつけられた観客の心に、残っていたのは果たしてどちらの紅天女だったのか・・・。真澄はマヤが贈ってくれた、紫の薔薇の人の席でその奇跡に立ち会った。マヤに贈られた席に座る・・・それは永遠に叶わない夢だと思っていたのに、遂にその, 沢山の親切と心配をありがとう沢山の気づかいと人生をありがとうどれもこれもあなたには出来ない無理をさせたのねそんなにいつの間にボロボロになってたのまだ続けるつもり?だからだからだからこれきりですこれでこれでこれで楽(らく)になってね恩を仇(あだ)で返します恩知らずになりましたまだずっと好きだけどごめん心苦しいんです申し訳ないんです私に会わなければあなたはどうだったでしょうこのままあなた命懸けで無理をさせてはいけないどうかこれからは自分のために生きてまだ間に合う, 松の内が明けた明けた最初の日曜日。その日は鷹宮の家の初釜の茶事が催される事になっていた。新年早々、気は進まないが仕方がない。俺は江戸鼠の袴に柳茶色の染め抜きの三つ紋、そしてそれに合わせた羽織り姿で、鷹宮家に向かった。鷹宮翁への挨拶のため、お茶事よりも早い時刻に鷹宮家を訪問した俺を振袖姿の紫織さんが出迎えた。彼女が満面の笑みで駆け寄って話しかけてくるのを、俺は仕事と同じ作り笑いでやり過ごす。もう彼女も気づいている・・・俺の気持ちが彼女には向いていない事を。それでも彼女はそれに気づかな, Prologue「もう打合せは終わったんだろう?俺も今日はこれで上がるつもりだったんだ。久しぶりに夕食でもどうだ、おチビちゃん?」大都本社に打合せに来たマヤを秘書の水城が気を利かせて、俺のところまで連れて来てくれた。久しぶりにマヤと二人で話せる・・・。このチャンスは・・・逃せないよな。チャンスだと思っていた夜に、人生最大のピンチを迎えることになるとは、この時の俺は、まだ知らなかった・・・。水城にしてみれば、鷹宮令嬢との婚約破棄までしたにもかかわらず、未だマヤに想いを伝えられないで, 「私・・・紅天女の本公演が終わったらしばらく海外で暮らそうと思うんです。」貴方が誰かと結婚する景色なんて見たくないの・・・そう言えるなら楽だけど。悩みに悩んだ末のマヤの決心だった。現実からも真澄からも逃げてしまおう。それで自分の心が守れるのならその方がいい。マヤは食後の紅茶を飲みながら、静かに真澄に告げた。近頃は、事務所の社長と事務所の看板女優という関係に託けて、時折こうして食事に出ていた。こんなことで、決して満たされているわけじゃない。けれど、マヤと同じ時を一分一秒でも長く共有, Epilogue♪一月も正月気分が去れば、世間は途端にバレンタインムードに包まれる。真澄の周囲でも、それなりではあるが、秘書課の女性たちが浮き足立つ。だが、他の秘書たちはともかくとして、真澄付きの筆頭秘書である水城はこの時期になると、浮き足立つどころか、気分が滅入るのだ。元々、速水真澄という男は、こと恋愛に関してはなんの興味もなく、彼にとってはバレンタインであろうが、クリスマスであろうが、さらに言えば、自分の誕生日でさえ、何の変哲も無い365日の中のただの一日に過ぎなかった。毎年バレン, この婚約に愛はない。真澄のかつての婚約者の紫織もそうだった。単なる政略結婚の道具だった。その事に嫌気をさした紫織が自ら破談を申し出たのだと、マヤは真澄から聞かされていた。紫織の時は大都の事業拡大が目的の政略結婚だった。だが、結局は真澄の手腕で鷹宮との合併などなくても、大都の野望は果たされた。だから真澄もあっさりと紫織との破談を受け容れたのだろう。そして真澄が次に狙ったのは紅天女・・・その上演権だ。故にその上演権の継承者であるマヤとの結婚を言い出したに違いない。そうでなければ、マ.