BBスタジアム)、4回2/3を3失点. 萩原 淳(はぎわら じゅん、1973年8月20日 - )は、東京都西東京市出身の元プロ野球選手(内野手、投手)、プロ野球コーチ。, 東海大甲府高校で1990年と1991年に選抜高等学校野球大会に出場。高校通算25本塁打の強打を誇り、強肩強打が持ち味の内野手として注目を集めた。1991年度ドラフト会議にてオリックス・ブルーウェーブから2位指名を受けて入団。, 新人時代は田口壮・イチローと同じく期待されたが才能が開花せず、プロ入り9年間で1安打に終わる。そんな萩原の現状を重く見た仰木彬は2000年シーズン途中、投手へ転向させた。, 投手転向2年目の2001年シーズンに一軍初登板を果たすと1回無失点に抑えた。同年はこの1試合の登板に終わった。, 2002年シーズンには一から鍛え上げた直球を武器に活躍し、夏にはヘルニアで離脱した大久保勝信の後を受けて抑え投手も務め、48試合で10セーブ・防御率2.64と安定した活躍を見せた。当初は直球や多少変化するムービングファストボールしかなく変化球と呼べるものが全く投げられなかった。, 変化球を投げられず直球を狙い撃ちされたことで翌年2003年シーズンは42試合に登板したものの防御率が6.90と悪化。チーム防御率5.95と投壊の一因となった。, そして翌年2004年シーズンも前年同様投手陣崩壊は変わらず、33試合の登板で防御率7.00とさらに悪化。2年連続でチーム防御率5点台後半の一因となった。オフの球団合併・選手分配ドラフトによってオリックス・バファローズに残留することが決まった。, 合併球団1年目の2005年シーズンは中継ぎだけでなく中1日で先発したり(3回限定)、8回から延長12回まで一人で投げ抜くなどフル稼働し、新たにカーブを習得して49試合に登板して3勝2敗1セーブ・防御率3.89という好成績を挙げた。, 2006年シーズンは前年の疲労から不本意な成績で二軍落ちも味わったが5年連続30試合以上の登板とチームに貢献した。, 2007年シーズンは開幕からチームが不調だったが一軍での登板機会を与えられず、6月28日、清水章夫・木元邦之との交換トレードで歌藤達夫とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍。, 移籍後の2007年はそれほど登板機会を多く与えられなかった。一軍再昇格後の9月28日に移籍後初勝利を挙げた。同年は5試合に登板するも防御率5点台と不調だった。チームはリーグ2連覇を果たし、CSも制して11月2日の日本シリーズ(対中日ドラゴンズ戦)でも中継ぎとして登板した。自身初の日本シリーズだったが、シーズン終了後に選手の若返りを図るチーム方針から戦力外通告を受けた。, 11月7日の12球団合同トライアウトに参加した直後、同年まで日本ハムのゼネラルマネージャーを務めていた高田繁が来季から東京ヤクルトスワローズの監督へ就任するのに伴い高田から契約の誘いを受けて、12月4日に東京ヤクルトスワローズへ入団。, 2008年シーズンはロングリリーフや敗戦処理ながらも完全に再生を果たし、150km/hを超える直球を連発するなど安定した投球を見せ磐石のリリーフ陣の一角を担ったが、安定感を欠き、25試合の登板に終わった。, 2009年シーズンには自己最速の154km/hを計測するなど、衰え知らずの一面を見せた。しかし、9月中旬に右肩痛を発症したことで二軍へ降格。そのままシーズンを終えた。, 2010年シーズンは移籍後初の一軍登板なしに終わり、10月3日に2度目の戦力外通告を受け、現役を引退。, 2011年から2013年まで四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの投手コーチを務めた[1][2]。退任理由は、在任中にチームがリーグ優勝を達成できず、指導者を一新したいという球団側の理由によるものだった[3]。, 2014年からは愛媛と同じリーグに所属する高知ファイティングドッグスの野手コーチを2シーズン務めた[4][5]。, 2016年3月1日、森山一人の後任として愛媛のコーチに就任することが発表され、3年ぶりに愛媛に復帰[6]。ただし、前回が投手コーチであったのに対し、今回は野手コーチである。このシーズン、愛媛は2年連続となるリーグ総合優勝を達成している。2018年は愛媛は後期優勝したが、チャンピオンシップで香川オリーブガイナーズに敗れてリーグ総合優勝はならなかった。チャンピオンシップ終了後の10月10日、契約満了により同年シーズン限りで愛媛を退団することが発表された[7]。, 2019年1月23日、ルートインBCリーグ・滋賀ユナイテッドベースボールクラブの総合コーチへの就任が発表された[8]。, ドラフト会議では、阪神タイガースから1位指名を受けた同姓の萩原誠と並ぶ超高校級の野手として注目され、マスコミに「もう一人の萩原」と評された。, 高校時代は強打の内野手として注目されたがプロ入り9年目に投手へ転向。転向のきっかけは、練習で150km/hの速球を投げたことが仰木の目に留まったことからである。もし、投手転向を拒否した場合は、球団から戦力外になっていたことが明らかになっている。, 投手転向後は150km/h前後の速球を中心に投げる中継ぎ投手として活躍した。変化球の球種自体は少ない分、速球派投手として、打者1人に対する短い登板から敗戦処理までこなせるほどのスタミナの持ち主。, http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20131016/news20131016337.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=萩原淳_(野球)&oldid=79291963, 2006年キャンプで同学年のイチローが訪れ、旧交を温めた。その際にイチローは紅白戦に出場し、萩原と対戦した。高校時代に「投手・鈴木(イチロー)、打者・萩原」として対戦したことがある2人は(イチローが萩原を抑える)、お互いに転向したことで当時と立場が全く逆になって対戦することに対し、感慨深いものがあったという。結果はイチローが「あいつ(萩原)に抑えられるわけにはいきませんから」の宣言どおり安打を放ち、高校時代からイチローの2連勝となった。, 初先発:2003年7月30日、対日本ハムファイターズ18回戦(Yahoo!

帝京第五高に入学後、投手転向 。2 ... 指名したヤクルト ... 2016年6月6日、育成選手から支配下選手へ再登録された。背番号は育成登録以前と同じ67となった。このシーズンは平井にとって飛躍の一年と …

 ともにソフトバンクからの加入組である山中、山田大も来季の構想から外れた。唯一、育成選手で通告されたジュリアスは「5年間も続けさせてもらって、感謝の気持ちしかない」と振り返った。7投手ともに現役続行を希望している。, MLB公式サイト記者がサイ・ヤング賞予想 好数値並ぶダルビッシュか、終盤好投続けたバウアーか, オリックス ルーキー・紅林 プロ初打席初安打「思い切っていきました」球団31年ぶり, オリックス ドラ6・阿部に指名あいさつ、28歳“オールドルーキー”同期高卒らに「無礼講」呼びかけ, DeNA ナゴヤドームで9連敗 中日に1・5差と離されラミレス監督悔し「ベストを尽くしているが…」, 格闘家転身の西武・相内に“先輩”がエール 古木克明氏「絶対、強くなるよ。本気ならね」, DeNA・大貫 今季ワースト5失点 8連敗中ナゴヤドームで勝ち頭も悪い流れ断ち切れず, 巨人・戸郷、プロ初完封&2カ月ぶり9勝目逃す 広島・菊池涼の土壇場同点弾で引き分け, 西武・戦力外3選手 相内は「野球界に対応できないところもあった」渡辺GMが経緯説明, 【3日プロ野球見どころ】巨人・戸郷、2カ月ぶり白星なるか 目が離せないパの2位争い, 気がつけば40年(29)1990年の巨人 吉村のサヨナラ弾で決めた2リーグ分立後最短優勝, 【阪神のV逸検証(1)】痛かった誤算 「力の差ない」巨人に開幕3連敗 徹底練習も昨年と変わらぬ拙守, 侍J・稲葉監督 フェニックスLで日本ハムを2試合限定指揮 実戦感覚戻し五輪へ再出発, 巨人「血の入れ替え」 ドラ1右腕・鍬原&堀田と育成契約へ リハビリ最優先も競争促す, 逆転CSへ西武1差! 「救世主」榎田が425日ぶり1勝 「必死に」7回1死まで無安打投球, 西武・栗山 初回、好機で打席に「ちょっと勘弁してほしい」も 先制V撃お見事!4戦連続打点, 巨人5位、二松学舎大付“ジャイアント”秋広 「16文のパンチ力」で「40本塁打」目指す, 中日ドラ1・高橋宏 夢は球団日本人最速157キロ 保持者の与田監督「そんな数字、すぐ抜く」, 阪神・藤浪 4日は念願の先発「やりたいなって個人的に思ってる」 ブルペンデーは4回1失点で好投, 阪神・糸井 登録抹消で今季終了 来季は年俸4億円からの大減俸必至も球団は戦力として期待, 阪神ドラ1・佐藤輝 関西№1で卒業するぞ! アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」.

Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。.

萩原淳(内野手→投手、高校以降転向まで投手経験なし) 上原厚治郎(投手→捕手→投手) - 捕手へのコンバートを巡ってヤクルトを退団し西武へ移籍した経緯がある; 遠山奬志(投手→外野手→投手) 嘉㔟敏弘(外野手→投手、ただし、高校時代は投手) Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS.

投手成績 1軍 打撃成績 1軍 投手成績 ファーム 打撃成績 ファーム 選手登場曲 メディア出演情報 出場選手登録 公示 2020春季キャンプ情報 監督・コーチ プロ入り後に、阪神・糸井嘉男外野手、ヤクルト・雄平外野手など、投手から野手に転向する選手はいるが、野手から投手にコンバートとなるケースは少ない。これまでに野手から投手にポジションを変更となった投手を調べてみると、元オリックスの嘉勢敏弘氏が当てはまる。

Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. home 選手情報 選手成績1軍投手成績 ページの先頭 HOME チケット購入 試合日程・結果 観戦・イベント 選手情報 グッズ購入 ファンクラブ 社会貢献活動 球団情報 ニュース エンタメ スポンサー 広島・佐々岡監督 ドラ1・栗林“も”新人王獲れ! All Rights Reserved. 現役選手では、DeNAの梶谷隆幸(遊撃手→外野手)、桑原将志(二塁手→外野手)、日本ハムの西川遥輝(二塁手→外野手)、大田泰示(三塁手・一塁手→外野手)、巨人の立岡宗一郎(三塁手→外野手)、陽岱鋼(遊撃手・三塁手→外野手)、広島の鈴木誠也(遊撃手→外野手)、西川龍馬(三塁手→外野手)、西武の金子侑司(遊撃手→外野手)などの例がある。, 左翼手は他の外野と違い、守備範囲が狭い上に強肩も中堅手、右翼手に比べると必要とされず、比較的守りやすいポジションである。そのため他ポジションからのコンバートが多く、「最もハードルが低いポジション」とも言われる。中には内野手としての適性を見切られた選手や、一塁手や指名打者に起用したい選手が複数いる場合などにやむを得ず左翼を守らせたり、打撃が好調だが内野にポジションが無いなどといった、いわば「後ろ向きのコンバート」もある。また、現役晩年に内野手では守備範囲が狭くなり、左翼にコンバートされるケースも多い。, 代表的な例としては、松中信彦(ダイエー・ソフトバンク、一塁手→左翼手)、筒香嘉智(DeNA→MLB、一塁手・三塁手→左翼手)が挙げられる。また、現役晩年に左翼を守ったケースとして、有藤通世(ロッテ、三塁手→左翼手)、高橋慶彦(広島→ロッテ→阪神、遊撃手→左翼手)、原辰徳(巨人、二塁手→三塁手→左翼手)、立浪和義(中日、遊撃手→二塁手→三塁手→左翼手)、松井稼頭央(西武→MLB→楽天→西武、遊撃手→左翼手)などがある。現役選手では、ソフトバンクの内川聖一(二塁手→一塁手→左翼手・一塁手)、日本ハムの中田翔(三塁手→一塁手→左翼手→一塁手)、清宮幸太郎(一塁手→左翼手)、ヤクルトの畠山和洋(一塁手→左翼手→一塁手)、中日の遠藤一星(遊撃手→左翼手・右翼手)などがある。, プロ野球では、肩や守備力の衰えた外野手が打撃力を活かす目的で一塁手へコンバートされる事がよくある。主な例としては大島康徳(中日→日本ハム)や、山﨑武司(中日→オリックス→楽天→中日)や、稲葉篤紀(ヤクルト→日本ハム)などが挙げられる(ただし、その場合は過去に豊富な打撃成績を残していることが求められるケースが多い)。, また、プロ野球では比較的少ないが、外野手から一塁手以外の内野のコンバートで成功したケースとしては、日本ハムからトレードで移籍してきた張本勲(東映・日拓・日本ハム→巨人→ロッテ)に左翼手のレギュラーポジションを奪われる形で三塁手へ転向した高田繁(巨人)が挙げられる。, 日本球界では、プロ入り後、他のポジションから投手や捕手にコンバートされる例は極めて珍しい。, ここに挙げた5人はいずれもプロ入り前のコンバートであるが、プロ入り後のコンバートは、以下の選手が挙げられる程度である。, 例外に、元広島のフェリックス・ペルドモが内野手から投手へ転向(二刀流)した例がある。新庄剛志は、阪神時代に投手としてオープン戦に出場した事がある。山川晃司はヤクルト時代、捕手登録ながらイースタン・リーグの公式戦で登板経験があり、2019年の12球団合同トライアウトは捕手として参加する一方でマウンドにも上がり、その後富山GRNサンダーバーズには投手として入団した。, コンバートとは異なるが池辺巌(元阪神)[2]、五十嵐章人(元ロッテ)、金村義明(元近鉄)、井生崇光(元広島)などは捕手を全部使い切ったときに急造捕手として出場したことがあった。, マイナーリーグでは選手の適性を見極めて育成が行われるためコンバートが頻繁に行われる。, アメリカや中南米のアマチュア野球では最も身体能力の優れた選手は投手ではなく遊撃手になる。 プロ野球の戦力外通告期間が2日から始まり、巨人で14選手、ヤクルトで7選手(育成含む)が戦力外通告を受けた。ソフトバンクは内川聖一内野手(38)の退団を発表した。例年はポストシーズン前後で通告期間を第1次と第2次に分けていたが、今季はコロナ禍による日程変更の影響で期間が分割されず、日本シリーズ終了翌日までとなる。, ヤクルトは育成を含む7投手に対し、都内の球団事務所などで戦力外通告を行った。巨人・岩隈の引退を受け、最後の近鉄出身の現役投手となっていた近藤も通告を受けた。小川淳司GMは「総合的な判断でそういうふう(戦力外)な決断をしたということです」と口にした。近藤は16年途中にオリックスからトレードでヤクルトに加入。17年から救援に転向すると才能が開花し、18年には42ホールドポイントで最優秀中継ぎのタイトルも獲得したが、今季の1軍登板が20試合にとどまっていた。 そのため、日本とは違い投手から野手へのコンバートは意外に少なく、遊撃手から投手を含めた他のポジションにコンバートされることのほうが多い。そのため、遊撃手から投手へコンバートされた選手も少なくない(トレバー・ホフマン、ジョー・ネイサンなど)。, また、肩の強さを生かすために捕手から投手へと転向する選手もいる(トロイ・パーシバル、ジェイソン・モット、ケンリー・ジャンセンなど)。, ナックルボーラーとして有名なボストン・レッドソックスのティム・ウェイクフィールドもピッツバーグ・パイレーツ時代にナックルボールを習得し、内野手から投手に転向している。, 日本プロ野球では、これまでに高橋博士、五十嵐章人の2名が投手を含めた9ポジションでの出場を達成している。, 過去のプロ野球では投手と野手を兼任する選手も少なくなく、投手でノーヒットノーラン、野手で首位打者を達成した呉昌征、投手と外野手の両方でオールスターゲーム・ファン投票選出された関根潤三、規定投球回に到達した投手が後年外野手に転向し規定打席に到達した畠山準などの例がある。現在では大谷翔平が投手と野手を兼任している(登録は投手)。, メジャーリーグではユーティリティープレーヤーでありながら試合毎に守備位置を変えながらレギュラーとして活躍する選手が少なくない(代表的な事例ではショーン・フィギンズ、ライアン・フリール、ビル・ホール、現役選手ではベン・ゾブリスト、ダニー・バレンシア、エドゥアルド・ヌニェス、クリス・テイラー、マーウィン・ゴンザレス、ダニエル・デスカルソなど)。日本プロ野球に比べて、移籍やマイナーリーグへの降格、レギュラー選手の休養などでチームのメンバーが大きく代わってしまうことが多いこと、あるいは打者よりもリリーフ投手にベンチ入りの枠を多く割り当てることが少なくないメジャーリーグにおいては、日本以上に重宝される傾向が強い。, 【5月26日】1992年(平4) 予告していた!新庄剛志 92年初打席は初球プロ初本塁打, http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/mouko/kiji/K20120327002919050.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=コンバート_(野球)&oldid=78345564.

日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!.

オリックスの育成・張奕選手が、外野手登録ながら9日の阪神との二軍戦に登板。1イニングを投げ、被安打1、1奪三振、無失点に抑える好投を見せた。, 従兄に巨人の陽岱鋼選手がいることでドラフト時に話題を集めた張選手は、2016年の育成ドラフト1位でオリックスに入団すると、プロ1年目の昨季は59試合に出場して、66打数6安打、打率.091に終わり、2年目の今季もここまで7打数0安打だった。, プロ入り後に、阪神・糸井嘉男外野手、ヤクルト・雄平外野手など、投手から野手に転向する選手はいるが、野手から投手にコンバートとなるケースは少ない。これまでに野手から投手にポジションを変更となった投手を調べてみると、元オリックスの嘉勢敏弘氏が当てはまる。, 嘉勢氏は1994年のドラフト1位でオリックスに入団し、プロ2年目の1996年に1軍デビュー。この年は5安打を放つ活躍を見せた。翌97年には外野手登録ながら、2試合に登板。98年と99年は投手としての登板がなく、99年には野手で80試合に出場し、6打点を挙げた。, しかし、2000年に再び1軍のマウンドに上がると、プロ初勝利をマーク。この年は21試合に登板した。投手登録に変更した2001年は、リーグ最多の70登板。防御率3.21という成績を残した。02年も33試合に登板したが、03年以降は登板機会が減少し、04年を最後にユニホームを脱いだ。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ).