島根県 腕時計の種類は、大きく分けて2種類あります。機械式腕時計とクォーツ腕時計です。特に、クォーツ時計は電池交換が必要な時計であり、長年使用していれば必ず電池交換をしなければならない日が訪れま … チャットと通話を利用すれば、キャンペーンの対象ということですが、対象になったかどうかの確認はできますでしょうか?, auからUQモバイルに乗り換えるのですが、auショップで手続きすると事務手数料かかりますか?, さっきアメリカが国家非常事態宣言を出したそうです。ネットで「これはやばい」というコメントを見たのですが、具体的に何がどうやばいんですか?. 腕時計の種類は、大きく分けて2種類あります。機械式腕時計とクォーツ腕時計です。特に、クォーツ時計は電池交換が必要な時計であり、長年使用していれば必ず電池交換をしなければならない日が訪れます。そんなとき気になるのが、時計の電池交換をする際の料金です。, もし1回の交換料金が高額であれば、何度か電池交換が必要になってしまったとき困りますよね。今回は、腕時計の電池が切れて電池交換をする際にかかる料金についてご紹介します。, 機械式腕時計は、内蔵されているゼンマイを巻いてそれにより動くゼンマイの力を動力としているのに対し、クォーツ腕時計は、内蔵している電池の電力を動力として動きます。, 機械式の腕時計は、自動巻き、手動巻きなど種類はありますが、とにかく、動かすためにゼンマイを巻く必要があります。しかし、ゼンマイさえ巻ければ、ゼンマイが壊れない限り半永久的に動作することが可能です。, クォーツ腕時計は、ゼンマイを巻くような手間は不要で、電池だけで長時間の動作が可能です。しかし、電池の電力がなくなれば、時計を動かす動力がなくなるので、その時点で時計機能が止まってしまいます。, 前述のようにクォーツ時計は、動作するためには電池の電力が必要で、電池の電力がなくなれば止まってしまいます。そのため、クォーツ時計を継続的に使用するには、電池内の電力がなくなる度に電池の交換が不可欠となります。, 腕時計の電池交換を実施するには、腕時計の蓋を外す特殊な工具が必要となります。町のホームセンターやネットショップには、その特殊な工具が電池交換キットとして販売されています。, またネットには、自力での腕時計の電池交換手順を公開したWebサイトも多くあます。それらを参考にして、電池交換キットと市販されている電池を入手すれば、腕時計の電池交換は自力でも可能となります。, しかし、自力での電池交換に失敗してしまうと、最悪の場合腕時計が壊れる危険性があります。腕時計が壊れてしまえば、修理店やメーカーに送付して修理が必要となり、時間と料金がかかることになります。, また、腕時計の電池を交換する作業中に、手が滑るなどして、腕時計本体を傷つける危険性もあります。腕時計に傷が付くと、特に高額なブランド時計は、大きく価値が下がる場合があり、状態を回復させるには、オーバーホールなどが必要となります。, 上記のようなリスクを回避するためにも、電池交換については、できれば修理店やメーカーに依頼したほうがいいでしょう。, 腕時計が電池切れになったとき、自力で電池交換ではなく修理店・メーカーに依頼すべき理由として、上記に挙げたリスクをご紹介しました。しかし、理由はそれだけではありません。, 腕時計の電池交換料金は、修理のプロに依頼してもそれほど高い料金にはならないのです。修理店などに安い料金で電池交換してもらえるのなら、わざわざリスクを負って自力で交換する必要もないでしょう。, 修理店に依頼した場合の電池交換料金ですが、こちらは時計の種類や依頼する修理店によって異なります。, クォーツ時計は、安価で製造が可能であることから、国産の一般的な腕時計などに多く用いられています。, 一般的な腕時計の電池交換料金は、修理店で1,000円?実施されているようです。また、時計修理店は街中に数多くあり、料金設定もそれぞれの店舗によって異なります。, 修理店によっては、国内メーカーと国外メーカーで電池交換料金を変えているところもあります。, その場合、国内メーカーの電池交換は1,000円?、国外メーカーの電池交換は1,500円?と国外メーカーが若干料金の高い傾向にあります。, 有名高級ブランドの腕時計の多くは機械式腕時計ですが、中にはクォーツを内蔵したクォーツ時計もあります。, それらの電池交換は少し高額となり、修理店で2,000円?という料金が相場になっているようです。, メーカーによる腕時計の電池交換料金は、3,000円?6,000円が相場になります。, 有名高級ブランドの腕時計の中には、修理店で電池交換は実施できず、ブランドでの対応が必要なものもあります。その場合は、ブランドでの対応の料金も必要となるため、さらに料金がかかります。, 時計の電池交換は、修理店やメーカーでの受付だけではありません。家電量販店やホームセンターでも電池交換を行ってくれます。, しかも、その料金は安いところで500円?と驚きの安さ。電池交換の料金をとにかく安く抑えたいという方は、お近くの家電量販店やホームセンターに相談してみてください。, 上記でご紹介した通り、腕時計の電池交換料金は、「家電量販店やホームセンター<時計修理店<メーカー」という順に高くなります。一番高いメーカーと一番安い家電量販店などでは、どうしてこれほど電池交換の料金に差があるのでしょうか。, 理由として、対応してくれる人の技術力の違い・電池交換後の保証の有無が挙げられます。, メーカーは、その腕時計を製造した大元ですから、腕時計の仕組みやら部品やらを熟知しています。電池交換をする際も、腕時計を故障させてしまう恐れなく、電池交換を行ってくれます。, 腕時計の電池交換を依頼する側も、故障の心配なく安心安全に依頼できるという点は大きいメリットですよね。, 一方、最安の家電量販店やホームセンターは、技術力が全くないというわけではありません。しかし、必ずしも腕時計専門の人が滞在しているわけではないことから、製造元であるメーカーの職人さんのほうが技術力は高いでしょう。, 料金だけを見ると、家電量販店やホームセンターにて電池交換をしてもらったほうがいいかもしれませんが、対応してくれる人の技術力の面も考慮して、依頼先を決めるといいでしょう。, では、そんなメーカーと家電量販店の中間の料金である、時計修理店の技術力はどうなのでしょうか。修理店は、料金設定が中間であるのと同様、技術力も中間と言えます。, 時計修理店なので技術力があって当然ですが、全国に多くある修理店なので、技術力にばらつきがあり一概には言えません。メーカー同等の知識や技術力を持つ職人さんが滞在する修理店はありますが、正確には技術力にばらつきがあることから、中間と捉えていいでしょう。, そのため、修理店に依頼する場合は、信頼できるところかどうかを見極めることをおすすめします。, 腕時計の電池交換料金に差がある理由のもう一つは、電池交換後の保証の有無です。家電量販店やホームセンターで腕時計の電池交換をすると、その後の保証が付いていないというケースがあります。, そのため、もし腕時計の電池交換後に何かあっても、追加で修理料金などがかかる可能性があります。, 一方、メーカーで腕時計の電池交換を依頼した場合は、その後の保証もしっかり付いてきます。なので、電池交換後に何かあっても保証があれば再度対応してくれるでしょう。, 時計修理店の場合は、保証が付いているところは多いですが、保証期間や保証内容はメーカーと異なります。修理店を選ぶ際は、料金だけでなく保証期間や保証内容について確認することをおすすめします。, 参考:SEIKO腕時計の故障時に!メーカー保証情報・修理費用まとめ