海外製の革靴の情報ほとんど無い当時の日本人にとってリーガルは良い靴の代名詞でした。特にウイングチップは若者の憧れだったと思います。 色は黒と茶。茶についてはかなり明るめですのでオレンジに近いかも知れません。 さて定番のウイングチップには2235NAの型番がつく革底モデルと2585Nと呼ばれるゴム底モデルがあります。

Copyright © 2020 ヨイモノローグ All Rights Reserved. 3割程度の違いです。この差をどのように考えるかですね。, 冒頭にも書きましたように30年ほど前に購入したものになります。

2235NA 33000円(税抜き) フォーマル・ビジネス・カジュアルと、あらゆるシーンでの活躍が期待できる「ストレートチップシューズ」。大人の男性なら1足は持っておきたいところです。今回は、ストレートチップシューズのおすすめのブランドと人気アイテムを一挙にご紹介します。  ※お取り寄せ商品。入荷に2~3営業日、お時間を頂きます。また、商品自体の在庫数が少なくなってきております。メーカーに在庫がない場合はお断りする事もございますので、ご了承ください。高品質/新品をお届いたします。, 履き心地の良さを実感できるのは勿論、馴染むにつれて自分の足のカーブに合わせて革が変形しフィット感が増していき自分の靴になります。こういう靴を一度は履いて経験をして頂きたいですね。これぞ伝統、本物、そして、これが靴であると感じられます。REGAL最高グレード。靴も友として生きてくれる。サイズは大きめで、自分より1サイズ落としたサイズをお選び下さい。ウイングチップデザインは足元のアクセントが、より強調されますね。海外ブランドと比較しても、コストパフォーマンスは高めだと私は思います。, グッドイヤー・ウェルト製法[Goodyear Welt] 遠目には新品は言いすぎかな? 足, お客様都合によります商品の返品・サイズ交換は原則行なっておりませんので、ご購入の際は十分ご注意くださいますよう、お願いいたします。, また、商品自体の在庫数が少なくなってきております。メーカーに在庫がない場合はお断りする事もございますので、ご了承ください。高品質/新品をお届いたします。, この製法は、甲革や裏革など甲の部品を縫い合わせて、出来上がった「アッパー」と、「底」をジョイントする方法に最大の特長があります。中底に付けられた「リブ」と「アッパー」をすくい縫いした後、「中物」と「シャンク」(靴の背骨となる心材)を詰めてから、「表底」と「細革」を出し縫いするものです。他の製法にはない「リブ」と「細革」が、この製法ならではの履き心地の良さの秘密です。また、中物をタップリと入れられるために、長時間歩いていても疲れにくいという長所があります。履き始めは堅めですが、履いているうちに、足裏の形をなぞるように中物が変形して、フィット感が高まります。, 爪先の革の切り替えに使われる革片(チップ)が、翼(wing)のような形をしているので、名付けられました。爪先のブローグ(W型の模様穴飾り)も特徴で「おかめ飾り」ともいわれます。クラシックな雰囲気を演出するのに適したシューズです。. 木型についても似ていますが完全に同じでは無いそうです。 靴 通販 regal online shop | ストレートチップ(gore-tex フットウェア)(23.5 ブラック) | リーガルコーポレーションが運営する靴の通販サイト。regalをはじめ紳士靴・婦人靴・子供靴を販売いたします。3000円以上で送料無料。返品送料も無料です。

次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 24.5cm 逆に打ち解けた相手の場合は、着用しても良いと思います。 当然2235が上質の革になります。 靴の中の表記は2585Nでは無く2585です。現行モデルはどうなのでしょうか。  この製法は、甲革や裏革など甲の部品を縫い合わせて、出来上がった「アッパー」と、「底」をジョイントする方法に最大の特長があります。中底に付けられた「リブ」と「アッパー」をすくい縫いした後、「中物」と「シャンク」(靴の背骨となる心材)を詰めてから、「表底」と「細革」を出し縫いするものです。他の製法にはない「リブ」と「細革」が、この製法ならではの履き心地の良さの秘密です。また、中物をタップリと入れられるために、長時間歩いていても疲れにくいという長所があります。履き始めは堅めですが、履いているうちに、足裏の形をなぞるように中物が変形して、フィット感が高まります。, ウイングチップ[Wing Tip]  もちろん製法はグッドイヤーウェルト製法、無骨な張り出したコバが製法を主張しています。  表底: 革 商品検索

インソールのマーキングは昔ながらのリーガル。定番の証ですね。

32,670円(税込), :  製法: グッドイヤーウエルト式 通常はブランド名でリーガルと呼びますね。, 戦前は軍靴を主に製造していましたが戦後、グッドイヤー・ウェルト製法の紳士靴の生産を開始します。 現在は海外生産の低価格モデルからパターンオーダまだ取りそろえています。, 海外のエドワードグリーンなどの高級紳士靴やビスポーク(オーダーメイド)など特別な嗜好が無い限りほとんどの社会人に満足出来る一足が選べるメーカーだと思います。, 個人的な意見ですが、リーガルを購入するなら国産のグッドイヤー・ウェルト製がおすすめです。 25.5cm ... 「リーガル」50年以上変わらない、ものづくりへのこだわりと歴史とともに進化を重ねてきたregal。 時代を超えて愛され続けてきた定番から、現代風のアレンジを施したカジュアルシューズまで幅広い商品を提案します。 違いがわかる今だったら2235を購入していたと思います。 選択してください 今でも少々残念な記憶です。, さてコンディションですが、あまり履いていなかったため30年を経た今でも現役です。少々ゴム製のソールが固くなり滑りやすくまた返りも悪いような気がします。, 全体です。結構きれいじゃないですか。 残念ながらライニングは布製です。 革靴を選ぶときに国産ブランドを選択肢に入れているという方も多いと思います。熟練された職人による製品を探している方には国産ブランドが特におすすめ。そこで今回は、数ある国産ブランドの中から「スコッチグレイン」と「リーガル」の革靴をご紹介します。 靴のホールドはボールジョイント付近では無く、靴紐の締め付けで行っているような感覚です。 こいつが滑るんですけどね。, 履き心地はリーガルの定番モデルらしくつま先にゆとりが感じられます。 26.5cm, : 逆さまにしてみるとアウトソールが革と合成ゴムの違いもみてとることができます。