KANGOO CAMP 2020を開催!今年のテーマは「ワーケーション」です。  ェイプフロントL…, メーカー・車名から中古車検索:車名一覧(ルノー)トップへ, "カーセンサーは安心"その理由. ルノー R8 ゴルディーニ Blue 7 Jaguar Etype S1 FHC ジャガー Eタイプ シリーズ1 クーペ White 8 Karmanghia Type34 コレクターズアイテム カルマンギア タイプ34 コレクターズアイテム White 9 MG B Mk1 MG B マーク1 Red 10 Austin Healey 100/4 BN1 11/7(土)・8(日)、 11/14(土)・15(日)に全国のルノー ディーラーにて、新型ルーテシア デビュー フェアを開... ALL NEW Renault LUTECIA ローンチ記念キャンペーン開催 . 機能美とデザイン美を重視するフランスの自動車メーカー・ルノーの現行車種は全8種類。石畳の狭い路地からワインディングの多い山岳地帯など、フランスの道路事情を汲んだ高い操縦性やしなやかな足回りをもつモデルが多いのが特徴。, 欧州では既に受注開始されているBセグメントのコンパクト・ハッチバック。東京モーターショー2019で国内初披露、2020年内の国内導入予定が発表されています, スポーツ活動からフィードバックを受ける「R.S. ルノーの車カタログでお気に入りのルノーの新車・新車情報をみつけよう。車種ごとのスペックやクチコミで気になるルノー車の情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセン …

カーラインアップ. 1つ目に紹介する日本の車のエンブレムは、トヨタです。 今のトヨタの車のエンブレムは、1989年10月にトヨタの会社創立50周年を記念して発表されたもので、このエンブレムになるまでに企画からおよそ5年もの時間が掛けられています。 エンブレムのデザインで特に重視されたポイントは、「遠くから見てもトヨタのクルマ」だと分かることだそうです。 トヨタの車のエンブレムは、3つの楕円が左右対称に組み合わされています。 … 在しています。グレードの詳細画面まで進むとどちらの価格かがわかります。中古車相場については消費税込み価格です(一部、福祉車両を除く)。新車時価格はメーカー発表当時の価格です。また基本情報など、その他の項目についてもメーカー発表時の情報に基いています。, ご希望のメーカーをクリックしてください。, "カーセンサーは安心"その理由, ルノー(新車)のカタログ一覧. (ルノー・スポール)」モデルは、エアロダイナミクスやエンジン効率を高める6速デュアルクラッチを採用するなど、サーキットでも通用する本気度を誇る。, ルノー トゥインゴは、日本の軽自動車並みのマイクロボディとRRレイアウトが特徴のコンパクトカー。一見してシンプルな2ドアスタイルに見えるが、実際はリアドアがサッシュに隠された5ドアスタイル。フロントが大きく開くキャンバストップ仕様も用意される。, 特筆すべきはフロントタイヤの切れ角が大きさで、最小回転半径はわずか4.2m。フランスの細い路地を想定した小回り性能は、日本の道路事情との相性は抜群。, ルノー ルーテシアは、現地フランスでは国民的人気を誇るコンパクトカー。5ドアボディでありながら伸びやかで躍動感のあるクーペ風のプロポーションが特徴で、内装はモダンで機能的かつ上質感のある空間が広がる。, 足回りは、フランスに多い山岳のワインディングロードや石畳の路地でも快適に走行できるしなやかなセッティング。人間工学に基づいた疲れにくいというシート設計も相まって、長時間運転も難なくこなす1台。, ルノー ルーテシア R.S.は、モータースポーツ部門のルノー・スポールが手掛けたルーテシアベースのホットハッチ。空力性能を向上させる各種パーツを外装に、ホールド感を高めるスポーツシートを内装に備えた本格仕様。, アクセルレスポンスに優れたターボエンジンや、パドルシフトで操作する6速デュアルクラッチなど、刺激的なドライビングフィールが楽しめる仕掛けが満載。ドライブモード「レース」では横滑り防止装置なしの限界走行に挑戦できる。, ルノー キャプチャーは、ツートンカラーと丸みを帯びたルーフが特徴のコンパクトSUV。張り出したホイールアーチやフロントに突き出すスキッドプレートは力強さを感じさせる。, 路面状況に応じて最適な走行モードを選択するエクステンデッドグリップとマッド&スノータイヤの組み合わせにより高い走破性を確保。目的に合わせて自由度が高いレイアウトが可能なロングスライド式リアシートを採用し、多目的用途をサポートする。, ルノー カングーは、個性的なデザインとユーティリティが特徴のミニバン。フラットフロアに高天井の室内は高い積載性を誇り、レジャーの道具入れに最適な24.4L容量の3連式オーバーヘッドボックスを備える。, 両側スライドドアと観音開きのバックドアを採用し、狭い場所での乗り降りや積み下ろしがしやすい。悪路での適切な駆動力を確保するエクステンデッドグリップや、コーナリング時の安定走行をサポートするESC(横滑り防止装置)などを装備し、アウトドアシーンでも安心。, ルノー メガーヌ GTは、4ドアセダンと5ドアハッチバックを用意する欧州Cセグメントモデル。日本はハッチバックタイプのGTラインのみ正規輸入している。曲線とエッジで構成されたスポーティなデザインと、ルノー固有のCシェイプLEDライトの先進感が融合。, 4WS(四輪操舵システム)と高剛性の「GTシャシー」が搭載され、走行安定性とコントロール性能が大幅に引き上げられている。エンジンレスポンスやサウンドなどを自由自在にセッティング可能で、スポーツ走行を存分に楽しめる。, ルノー メガーヌ スポーツツアラー GTは、メガーヌのボディとホイールベースを延長し、使い勝手をプラスした5ドアステーションワゴン。スポーティな雰囲気やコーナーに強い走行性能はそのままに、リアシートはフルフラット化可能となり、荷室セパレーターも内蔵され、積載能力と荷室の多用途性が大幅に向上している。5人フル乗車時でも荷室容量は580L(ハッチバックは434L)を誇る。, ルノーメガーヌR.S.は、2020年4月現在で量産FF車最速記録(※)保持する5ドアホットハッチ。フロントサイドで大型エアインテークが口を開けるアグレッシブな外装に加え、内装はカーボン調素材とレッドステッチが施されたレーシーな雰囲気漂う。, パワートレインは1.6L 4気筒直噴ターボと6速デュアルクラッチが組み合わさり、最高で279PS/390Nmを発生。4WSや専用サスペンションブレーキを採用し、タイトコーナーでは俊敏に、高速コーナーでは安定した挙動を実現する。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 新型ルノー・ルーテシア 国内発売は10月か!EV走行可能なハイブリッドも?最新情報スクープ. フェラーリやランボルギーニなど、イタリアには有名なスポーツカーメーカーが。レースで培った技術を活かした市販モデルは、本格的なスポーツ走行が楽しめる。, ブランド名は「FABBRICA ITALIANA AUTOMOBILI TORINO(トリノの自動車製造所)」の略。周りの円はテクノロジーや最新技術を意味する。, 跳ね馬のエンブレム。イタリア軍のエースパイロット フランチェスコ・バラッカが、フェラーリの創業者 エンツォ・フェラーリに受け継いだ戦闘機のものに由来。, 猛牛のエンブレム。創始者 フェルッチオ・ランボルギーニが、フェラーリの跳ね馬に対抗したとの説も。, 「三又の槍」のエンブレムは、ポセイドンに由来する古都 ボローニャの紋章からデザインしたもの。ボローニャのマジョレー広場には海の神・ポセイドンがある。, 左側はミラノの市章・赤十字、右側はヴィスコンティ家の紋章・大蛇を表す。王冠を被った大蛇は、異教徒であるイスラム系のサラセン人を飲み込んでいると言われる。, 「サソリ」を描いたエンブレム。創設者のカルロ・アバルトの誕生月の星座「蠍座」にちなんでいるが、コンパクトながら毒の効いた走りのアバルト車にぴったり。, その他、「ランチア」「ベルトーネ」「デ・トマソ」「イノチェンティ」など、日本への正規輸入がないイタリア車メーカーも複数存在。, 安全性を第一に自動車作りを行なっているメーカーであり、シートベルトを世界で初めて採用した。スウェーデンの「鉄」のシンボルマークを用いており「頑丈で信頼性が高い」というイメージを表している。, 1994年に実業家クリスティアン・フォン・ケーニグセグが設立したスーパーカーメーカー。エンブレムは創業者一族であるケーニグセグ家の家紋をモチーフにしている。, 大排気量エンジンが魅力のアメリカ車。日本への正規輸入メーカーは以前に比べて少なくなったものの、未だ人気は衰えず。電気自動車の先駆者「テスラ」も、今ではアメリカを代表する自動車メーカーとなった。, 創設者ルイス・シボレーはレーサー兼エンジニアで自分の作った車にシボレーと命名したのが社名の由来。エンブレムはデュラント社長が旅行先で行ったフランスのホテルでみた壁紙が、視点を無限の彼方へといざなう模様に見えたことから採用したのがきっかけであり、「ボウタイ(蝶ネクタイ)」と呼ばれている。, アメリカの開拓時代、デトロイトの町を開きその町の父とされるフランスの探検家「アントワーヌ・ド・ラ・モス・キャデラック」に敬意を表し、その名を冠したブランド。キャデラックの家の紋章をアレンジしたものがエンブレムとして採用されている。, クライスラー社が発売している四輪駆動車のブランド。第二次世界大戦中の1941年にアメリカ軍の偵察車「ジェネラル・パーパス」の頭文字「GP」を早口で発音したという説が有力だが、未だ解明されていない。, テスラはアメリカのシリコンバレーを拠点に、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品を開発・製造・販売している自動車会社。社名の由来は電気・物理学者であるニコラ・テスラ。エンブレムもテスラの「T」を基調としたものが採用されている。, 「フォード」「GM」「GMC」「クライスラー」「ダッジ」「リンカーン」など、アメリカでは有名な自動車メーカーは現在、日本への正規輸入を行っていません。, ラーダはロシアの自動車メーカー「アフトヴァース」のブランド。ラーダはバイキングの帆船のことでエンブレムにデザインされてる。, ダチアはルノーグループに属するメーカー。ルノーと共通するコンポーネントを使う実質兄弟メーカー。設立は1966年、現在も製造販売中。, 1913年から乗用車を製造。現在はGM(ゼネラルモーターズ)傘下。「石を転がしているライオンの観察が車輪の発明に繋がった」という古い言い伝えをモチーフにしたエンブレム。, HYUNDAIの頭文字を斜めにしスピード感と客との絆と信頼を象徴する架け橋をモチーフにしたエンブレム。, ボルボの親会社。自動車の製造は1997年から。設立は1986年、冷蔵庫のメーカー。1992年からバイクを製造。, 北朝鮮唯一の自動車メーカー。中国の自動車メーカーから部品供給を受けてノックダウン生産。いずれ自動車事業からの撤退という話も。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 【アルファロメオジュリアヴェローチェQ4試乗】このクルマを相棒にしたくなる4つの理由, 【シボレー カマロSS 試乗記】普通のクルマでは悪口になるのが魅力に変わる7つのポイント, 【車エンブレム一覧】ロシア車/オーストラリア車などその他のマーク(ロゴ)を完全網羅!.